CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

女性の日 [2015年03月09日(Mon)]
前回に続いて女性のお話ですが、3月8日は「女性の日」でした。
これを最初に知ったのは、1987年、中国北京の中日友好病院に勤務した時、彼の国の「国際労働婦人節<コージィ・ラオドン・フーニュ・ジェ>」の式典に招いて頂いたからです。

この日が決まったのはいずれもアメリカですが、1904年3月8日、ニューヨークの女性労働者が参政権を求めてデモしたことから、1910年の国際社会主義者会議(コペンハーゲン)で、ドイツの女性解放運動の母ともよばれる社会主義者クララ・ツェトキンが提唱したという説と、1909年のこの日、アメリカのシカゴで、女性労働者が大規模ストライキやデモをして、8時間労働や給料の引き上げを訴えたことに始まるとの二つの由縁があります。

中国では、3月8日なので3・8節<サンパージエ>とよばれますが、人民公会堂大ホールの晩餐会に参列させて頂きました。当時の中国での女性の最高峰にして集団トップでもあったのは、周恩来国務院総理夫人で、ご自身も高名な政治家であり、女性解放活動家、数々の要職も兼ねられていたケ穎超<ドン・イン・チャオ>氏でした。メインのテーブルには、当夜のゲストとしてタイのソムデットプラ・テープラッタナラーチャスダーサヤームボーロムラーチャクマーリー殿下、つまりシリーントン殿下がお成りでした。厚かましくもミーハーして、テーブルに割り込んで、ケ穎超氏と写真を撮って頂きました。

さて、前回の書きましたが、女性議員数で、わが国は先進国最低グループという記事があります。調査対象190ヵ国の女性議員比率は平均で22.4%、最高はアフリカのルワンダで63.8%、日本は、衆議院9.5%の113位、去年の127位よりは増えてはいますが、あまり芳しい状況ではありません。が、最高のルワンダは、1994年の人道の危機で、多数の男性が虐殺された後、女性進出が進んだとされています。紛争や虐殺を肯定してはいけませんが、女性が国政を担えることを証明したことは大きな進歩です。

さて、今年の女性の日の色々な組織の活動を見ていました。
国境なき医師団OxfamMSHら、老舗の国際的NGOは、皆、この日に女性プログラムの広報をしています。

また、アメリカ開発庁では、189の国が参加して女性の権利を議論した1995年の北京会議の20年後の経過を追うものですが、その北京会議の附フォローは、国連のHPにある文書に International Women's Day to highlight the Beijing Declaration and Platform for Action,とあります。そして日本のJICAにも特集があります。

保健医療の世界的雑誌Lancetにも、短い記事ですが、Empowering Women,
Empowering Humanity; Picure it!
が出ています。

最後に、私ども笹川財団では、世界ハンセン病連合(ILEP)のメンバーとして、「ハンセン病」、「女性・女児」、「差別」という三重の困難を排除することを改めて意識した活動を思いました。なお、この日本語訳を、本財団のHPにアップいたしました。 
ご高覧下さい。

テープカットと女性 [2015年03月04日(Wed)]
3月2日、常磐道自動車道が全線開通したとの報道がありました。
間もなく満4年になる東北大震災、そしてその後の東電福島第一原発事故のために遅れていた、富岡と浪江両インターチェンジ間の14.3Kmの工事が終わり、全長300Kmがつながったそうです。この路線の決定は1966年といいますから、ほぼ半世紀も昔に計画されていたのですが、被災地と首都圏をつなぐ大動脈が完成し、復興が加速されるとの期待もあるようです。

首都圏から東北部に向かっては、もうひとつ東北自動車道がありますが、常磐道は、より太平洋側なので降雪の影響が少ないとか。ただ、今回開通した区間は、「富岡」「大熊」「双葉」「浪江」と、原発事故後にお馴染みとなった地域、つまり、未だ帰還困難だったり、居住制限されていたりの地域を走り抜けるため、1時間当たり空間放射線量を知らせる電光掲示板が設置されています。国によれば、車で同区間を1走行した際の被曝線量0.2μシーベルトは、胸部レントゲン撮影時の1/300としています。

TVでも放映されたテープカットの光景には、首相以下お歴々らしき方々がお並びでしたが、女性は一人も見えません。住民の半分以上は女性、ここを通るだろうドライバーの中にも女性は相当数に上るだろうにと思い、ちょっと調べてみましたら・・・

古いのですが、平成2年の自動車安全運転センターによる152ページの報告書「女性運転者の運転の実態と意識に関する調査研究」には、「わが国の運転免許保有者数は増加を続け、昭和63年末現在で5,700万人に達した。 このような増加は、特に女性において顕著で、昭和63年末現在での女性の運転免許保有 者数は、10年前の2倍強の約2 , 100万人に達し、全体の約36%を占めている。」とあり、新しくは「女性ドライバーの事故が増加中!クルマ選びも女性目線が大切?」には、「1970年代には1,000万人程度だった女性の免許保有者数は、2010年には3,500万人を突破。男女比でも、女性の割合が徐々に大きくなりつつある。」とありました。いずれにせよ、ドライバーの半数近くは女性であることが判ります。ですから、利用者の立場からは、テープカット者の半分近くが女性であって欲しいと思いったのですが・・・・

前者の報告書の続きには、「女性運転者による交通事故件数は、昭和63年においては全体の約20%に当たる約12万件で、10 年前の約2.2倍に達し、男女全体での同様な対比の約1.3倍をはるかに超えている・・・・」、後者には「女性ドライバーによる交通事故件数も、年々増加傾向にある。1995年〜2004年の10年間で比べてみると、交通事故件数の増加率は、男性の場合20%弱だが、女性は40%を超える。」とありました。ガァァーン!! ですね。
一方、女性が少ないことに関して、10日ほど前の新聞に、全国地方議会1788のうち、約2割にあたる379市町村議会では、女性議員が一人もいないとの記事がありました。特に町と村では35%を越え、九州や東北で目立つともありました。九州や東北という広大な地域では、車なしには生活できないところでもありまして、女性のドライバーは多いと思います。そのような地域でこそ、もっともっと女性が社会進出しなければならないのですが、何はともあれ、安全で適正な運転は必須ですね。

テープカットから、調べた女性ドライバーから事故と、少し脱線してしまいましたが、道路上では、安全運転を心がけます、ではなく、必ず、安全運転を、です。