CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
岡山県自然保護センターのブログです!
センターの最新情報を発信中♪

ワクワク!ドキドキ!生き物情報や施設見学、イベント情報、タンチョウの話題などもどんどんアップしていきます!

お楽しみに〜♪♪

« 2017年07月 | Main | 2017年09月 »

<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
生きものなまえしらべ隊♪[2017年08月28日(Mon)]
8月27日(日曜日)、夏休み宿題応援企画として「生きものなまえしらべ隊」を開催しました!
032.JPG
参加してくれた子ども達、なんと夏休みの宿題ほとんど終わっているとのこと!
すっばらしい〜^^

034.JPG
生きものの名前とグループについて分かりやすく解説してもらいました。

036.JPG
さぁ!
現場にレッツゴー♪

038.JPG
虫の原っぱに到着!

039.JPG
ミズオオバコのお花が咲いていました!

むむっ!
ミズオオバコの花を揺らす水生昆虫発見!
054.JPG
その正体は…
「ガムシ」
環境省のレッドデータブックでは準絶滅危惧種に選定されている昆虫です。

さぁ!
みんな、水の中に入って生きものを捕りました!
041.JPG
057.JPG

044.JPG
ドジョウが捕れたよ〜!

059.JPG
060.JPG
いっぱい生きものが捕れたよ〜!!

066.JPG
063.JPG
067.JPG
捕ってきた生き物をじっくり観察!
専用の図鑑でその特徴を見分けてもらいました。

072.JPG
細かいところは顕微鏡でじっくり観察!!

以下、参加者の声です。
【子ども】
・センターのいろんな生きものがとれて楽しかった。
・いろいろ調べて楽しかった。
・ドジョウが捕れてびっくりした。
・ドンコが捕まえられてうれしかった。
・ドキドキした。
・顕微鏡を使って見えたのがよかった。

【保護者】
・子どもと一緒に参加して、日頃なかなか見ることができない水の中の生きものを実際に自分で捕まえて、調べて、見て、触って感動しました。小さな生きものに興味を持つことができました。
・今日みたいなイベント、よかったです。生きもののいるところに行って、自分でとって観察できて良い体験ができました。
・水辺の生きものはいろんな種類のものがつかまえられるので(普段身近なところでとれないものも多く)とても楽しかったです。
・普段の生活ではなかなか体験することができない泥をじゃぶじゃぶするといったことができたので、子どもが喜んでいました。昆虫だけでなく、水辺の生きものもこれから見つけてみようと思いました。
・親子の触れ合いができ、夏休みの思い出になりました。

また来年も実施したいと思います。
今回参加できなかった方、来年も楽しみにしておいてくださいね〜!

Posted by 山田 at 14:10 | イベント報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

チリメンモンスターを探せ![2017年08月27日(Sun)]
8月26日(土曜日)に「チリメンモンスターを探せ!」イベントを開催しました!

チリメンモンスターとは、ちりめんじゃこの中に入っている小さな生き物たちのことです。
チリメンモンスターには、いろいろな魚のこども、タコやイカ、貝の仲間、エビやカニ、クラゲやヒトデなど、たくさんの種類があるんです。

チリメンモンスターについて詳しく知りたい方はこちらのアドレスをご覧ください♪
http://www.chirimon.jp/index.php

015.JPG
岡山県立玉野高等学校から「藤田 学」先生をお招きして、イベントを実施しました。
当日は藤田先生のご家族もスタッフとしてお手伝いに来てくださいました!

018.JPG
チリメンジャコの説明の後、まずは和歌山県沖のチリメンモンスター探し!

022.JPG
チリメンジャコの中から、たくさんのモンスターを仕分けてもらいました。

026.JPG
このモンスターはなにかなぁ〜??

029.JPG
皆さん、真剣な眼差しでモンスターを探しています!

033.JPG
タチウオ、ゲットだぜ!!

037.JPG
タチウオの顔を拡大すると、鋭い牙が見えました!

お気に入りのモンスターを4種類選んで…
039.JPG
044.JPG
043.JPG
ラミネートしました♪

さぁ!
お次は岡山県牛窓沖のチリメンモンスターを探しました!!
047.JPG
あっ!
タツノオトシゴ、ゲットだぜ〜♪
牛窓沖にはアマモ場が多いため、タツノオトシゴが多く含まれているというお話でした。

050.JPG
保護者も夢中になるおもしろさ!
これがチリメンモンスターの魅力のひとつ♪

こちらもお気に入り4種類のチリメンモンスターを選んで…
052.JPG
054.JPG
ラミネートしました♪

当日、確認されたチリメンモンスターは以下のとおりでした!
055.JPG
夏休みの自由研究のひとつになったかな?

056.JPG
藤田先生が学生とともに研究されていることについてもお話していただきました。

以下、当日の参加者の声です。
【子ども】
・楽しかった。またやりたい。
・知らない魚や生物が分かった。
・いろんなことがわかって面白かった。
・めちゃくちゃ面白かった。
・ちょっと難しかったけど、面白かった。

【保護者】
・自然への優しさを知る機会になり良かったです。
・海の世界に入り込んだような感じでした。楽しい時間が過ごせました。
・子どもよりも張り切ってチリメンモンスターを探して楽しめました。
・チリメンモンスター探しは大人の方が夢中になりました。
・「チリメンモンスターを探せ!」という本を見てから、興味がありました。教材も良くて、やってみて、発見がたくさんでした。先生の楽しそうに話される様子から何事も好きなことを見つけて深めていくということはとても素晴らしいなぁと思いました。また参加したいと思います。
・子ども達は海や魚に興味があり、とても楽しめました。
・普段、食べているチリメンはしっかり選別されていることが分かりました。まれに小さなエビやタコが入っていて、子ども達はそれを探すのも楽しみにしていました。教材用のチリメンがあることにビックリ!機会があれば家でもやってみたいです。またセンターでもこのイベントを開催して欲しい。
・センターのイベントに初参加でした。他のイベントにも興味がわきました。丁寧に分かりやすく説明してくださり、子どもの学習のためにとても有難かったです。
・大変勉強になった。
・産地によって含まれるチリメンモンスターの種類が違うことに驚きました。子どもも大人も真剣に選別して楽しかったです。

海の生態系を学ぶプログラムとして最高ですね!
そして環境教育にも!!
またセンターで実施したいと思います。

今回、講師で来てくださった「藤田先生とご家族の皆様」、チリメンモンスターの名前使用について快諾してくださった「きしわだ自然資料館の風間様」、本当にありがとうございました!

Posted by 山田 at 15:47 | イベント報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

季節の花など(サギソウ、ミズオオバコ、キキョウ、ナンバンギセル等)[2017年08月20日(Sun)]
暑さに押されて出不精になっている間に様々な花が咲き始めています。

DSCN3404_キキョウ(s)_2017-08-07.jpg
キキョウ(野草園、2017/08/07)
お盆の前からですが、野草園の周囲の観察路沿いでキキョウが花盛りになっています。

IMG_5680_ナンバンギセル(s)_2017-08-18.jpg
ナンバンギセル(虫の原っぱ、2017/08/18)
IMG_5847_ナンバンギセル(s)_2017-08-20.jpg
ナンバンギセル(タンチョウ棟近くの観察路沿い、2017/08/20)
こちらは直近のまさに咲き始め!いつものお客様情報です。
煙管に似た風貌が名前の由来ですが、全く葉緑素を持たない配色からしても、とても奇異な植物です。
似たものとしてオオナンバンギセルがありますが、そっちは珍品でセンターにはありません。
オオナンバンギセルの特徴として、花弁の縁に歯牙状のギザギザがありますが、ナンバンギセルもよく見ると適当なギザギザは発達しています。このギザギザ具合…どっちだろう?と悩む程度のギザギザならナンバンギセルでよいでしょう。
あと苞の先端が尖っているのもナンバンギセルの特徴です。

IMG_5688_ミズオオバコ(s)_2017-08-18.jpg
ミズオオバコ(虫の原っぱ、2017/08/18)
ここ数年、野草園の田んぼに見に行けてないですが、虫の原っぱ上流の浅池では変わらず見ることができました。
名前は沈水葉がオオバコみたいだから。
周囲に見える四つ葉のクローバーの様なものはデンジソウ。シダとしては珍しい水生です。

IMG_5743_サギソウ(s)_2017-08-20.jpg
サギソウ(湿生植物園、2017/08/20)
湿原ではサギソウが見頃でした。

IMG_5751_コバギボウシ(s)_2017-08-20.jpg
コバギボウシ(湿生植物園、2017/08/20)
IMG_5752_ミズギボウシ(s)_2017-08-20.jpg
ミズギボウシ(湿生植物園、2017/08/20)
IMG_5748_ミズトンボ(s)_2017-08-20.jpg
ミズトンボ(湿生植物園、2017/08/20)
カモノハシの茂みに紛れてこれらの花も見られました。コバギボウシ、ミズギボウシは見頃。ミズトンボは咲き始め。他、サワギキョウも咲き始めていました。

IMG_5710_オミナエシ(s)_2017-08-18.jpg
オミナエシ(タンチョウ棟近くの観察路沿い、2017/08/18)
こちらも見頃。秋の七草、センターでいくつ見つけられるでしょう?

IMG_5838_ナツアカネ(s)_2017-08-20.jpg
ナツアカネ(湿生植物園、2017/08/20)
キンミズヒキの花で吸蜜しているわけではありません。さばって休んでいるだけのようです。
ナツアカネというと、翅以外真っ赤に成熟しますが、写真のような中途半端に若いのをみる機会がなかなかなくって、いっぱい写真撮ってしまいました。
この場合、胸部側面の模様を確認し、中央の黒条が太いまま途切れているのでナツアカネ。

IMG_5704_オオイトトンボ(s)_2017-08-18.jpg
オオイトトンボ(水生植物園、2017/08/18)
お客さんがアオモンイトトンボ(センター発確認)の確認をされているので、私も見ておかないと…といってもなかなか見つけられません。
写真は後頭紋をつなぐようにある後頭条が遠めにもわかり、尾部第8節のふた山
模様もあり、センターではごくごくよく見られるオオイトトンボでした。

というような見分けポイントに着目したセンターのトンボ一覧のページをアップしましたので、ご笑覧ください。
http://opnacc.eco.coocan.jp/do-shokubutsu/do-shokubutsu02-1.html
掲載種は62種。偶然の確認もあるのでしょう、通常見られない8種も含めて掲載しています。
年間を通じて50数種を観察できる公園はなかなかないですぞ!

文/写真:難波

Posted by 山田 at 22:04 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

妖怪捜索隊員自然保護センター♪夏のネイチャーゲーム♪[2017年08月19日(Sat)]
夏のスペシャルイベント「妖怪捜索隊」を実施しました!

たくさんの写真とともにイベントの様子をお知らせします。

005.JPG
岡山理科大学の小谷くんがホワイトボードに妖怪の絵を描いてくれました♪
参加者の前で、ササッと描いてくれました!

妖怪クイズのあとは、みんなでウチワの片面を作製。
ウチワといえば、天狗(笑)
009.JPG
天狗の絵が描かれている紙に、好きな色で塗ってもらいました。

010.JPG
むむ!
僧侶が悪さをする妖怪をバラバラにしてこらしめたとのこと…
可哀想なので、妖怪おたすけ大作戦スタートです!

016.JPG
バラバラにされた妖怪を救出している様子。
あ!
この絵とこの絵は繋がっている!!

020.JPG
道中、オニヤンマがお出迎え!
オニヤンマは鬼のような顔しているかな?(笑)

022.JPG
カエルも発見!
かわいいね♪^^

018.JPG
妖怪ビンゴゲームも同時に実施!
自然の中にはたくさんの妖怪が潜んでいることに子ども達は気がついたようです!

025.JPG
タラヨウの葉っぱに、妖怪へのメッセージを書きました!

028.JPG
妖怪達はこのメッセージをしっかり見てくれることでしょう!!

バラバラになった妖怪をとりあえず救出した後は、妖怪が潜んでいるところに紙をあてて、それを写しとる「妖怪プリント」。
033.JPG
いろんな所に潜んでいる妖怪を子ども達は発見し、プリントしてくれました!

036.JPG
はい!
このとおり♪たくさんの妖怪をプリントして、その妖力を取り込むことに成功!
ウチワの片面は、この紙を使って完成させました!

さて、バラバラにされた妖怪をみんなで繋げて助ける作業をスタート!
037.JPG
こちらはカッパ?

038.JPG
こちらは天狗?

バラバラになった絵がひとつになると…
040.JPG
なんと!
本物のカッパと天狗が出現!

僧侶の罰が堪えたようで、「もう悪さはしない!」って言っていました(笑)

でも、悪さをしていたのは、自分たちが暮らす川や沼、森が人間に汚されたり、切られたりしていたからとのこと…。

人間と妖怪が自然で仲良く暮らしていく方法をイベント参加者の方々に考えてもらうことを約束しました。

最後にカッパと天狗と一緒に記念写真をパチリカメラ
042.JPG
小さい子どもは、カッパと天狗が出現したことに心からビックリしていたようですわーい(嬉しい顔)

以下、本日の参加者の声です。
【子ども】
・妖怪にあえてうれしかった!
・楽しかった。また妖怪捜索したい。

【大人】
・自然の中を歩きながら妖怪を探して童心に返った一時でした。2回目の参加ですが、毎回楽しんでいます。
・とても楽しく、夏休みのよい思い出になりました。森の中を妖怪を捜しながら歩いていると色々な発見がありました。本当に楽しかったです。また参加したい!
・幼児も楽しめた内容だった。大人も楽しめた。ビンゴゲームが楽しかった。
・娘は虫が嫌いですが、ここでは見ることができてよかったです。

参加者の方々に「妖怪捜索」を楽しんでいただけたようです!

自然保護センターには妖怪がたくさんいます。
また秋に捜索隊を結成する予定なので、興味のある方は是非、参加してみてくださいね!

最後に、きびのくにネイチャーゲームの会の皆様、今回もイベントへの協力、ありがとうございました!次回もよろしくお願いします!!

Posted by 山田 at 13:51 | イベント報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

便乗中…(汗)[2017年08月13日(Sun)]
現在、岡山県自然保護センターで開催中の「妖怪お化け屋敷」。

そんななか…
先日に続き…タンチョウ棟にも妖怪が来ていたみたいです…


衝撃の写真はこちら!!



↓↓

↓↓↓

IMG_3120.JPG

どうやら、暑さにまいっているようです…(笑)
IMG_3123.JPG

★★★★

さて、6月6日に生まれたタンチョウのヒナ君は、順調に育っています。ぴかぴか(新しい)

IMG_3244.jpg

現在もヒナの名前募集中です。たくさんの方のご応募、お待ちしております。
詳細はこちら





Posted by 山田 at 14:30 | タンチョウ | この記事のURL | トラックバック(0)

脱走中…(汗)![2017年08月11日(Fri)]
現在、岡山県自然保護センターで開催中の「妖怪お化け屋敷」。

夏休みに入り、たくさんの子ども達が怖がってくれています!

そんななか…
お化け屋敷の妖怪が脱走してしまったようです…

衝撃の写真はこちら!!



↓↓

↓↓↓

カッパ.JPG
室内が暑すぎて、頭の上のお皿が乾いてしまったのかもしれませんね(笑)

★★★★

先ほど「妖怪お化け屋敷」をのぞいてみると…

ちゃんと帰ってきてくれていました(笑)

Posted by 山田 at 14:18 | 最新情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

「リアル妖怪肝試し」をやりました!![2017年08月09日(Wed)]
ここは自然保護センターエントランス広場。
外灯もない、ま〜〜っくら闇の中です。
なにやら、あやしい影が集まってきました。
河童に天狗に狐さん???そう、今日は年に一度、妖怪達が集まって踊って遊ぶ祭りの日なのです!
「♪妖怪踊りだポンポコポン、妖怪踊りだポンポコポン、今日は楽しい妖怪祭り、朝までみんなで踊っちゃえ、ランララッララン、ランララッララン(^^♪)」

youkaiodori.jpg

人間の子供達やお父さん、お母さんも集まってきて一緒に踊っています。
妖怪たちの怪しい気配にも負けずに真っ暗闇の中で「肝試し」をみごとにやりとげた強者達です。
お月様も笑いながら、みんなを見守ってくれています。
木々と池に囲まれた草原の中、大小さまざまな影が楽しそうに舞っています。

これは夢の中のできごとだったのでしょうか?

kimodameshi.jpg

追伸.
この「妖怪祭り」をのがしちゃったアナタ。大丈夫です。自然保護センターでは9月3日まで「妖怪おばけ屋敷」をセンター棟でやっています。まだ間に合いますので、妖怪の世界を是非堪能しに来てください!

文/写真:阪田

Posted by 山田 at 16:46 | イベント報告 | この記事のURL | トラックバック(0)

自然素材の温もりを感じよう!クラフト教室♪[2017年08月05日(Sat)]
満喫自然体験イベント「自然素材の温もりを感じよう!クラフト教室♪」が開催されました!

029.JPG
講師はセンターボランティアの橋本先生!
このほかボランティアの浜田さん、迫さんがお手伝いに来てくださいました!
ありがとうございました!

026.JPG
まず最初は、「どうやって作られたか分からない」、不思議な『気になる木の矢』。
どうやって作られたかわかったかな〜(笑)

さて、今日のメインは竹でつくるけん玉です!
ボディーは竹、玉はドングリやオニグルミ、トチノキの実などで作りましたよ!
035.JPG
みんなで輪になって作りました!

あっ!
036.JPG
ちょっと慣れてきた頃に…
指を切ってしまいました…(涙)
絆創膏で応急措置!
大丈夫!すぐに治るよ〜♪^^

048.JPG
僕が作ったけん玉だよ〜!

041.JPG
僕にも作れたよ♪

047.JPG
けん玉大会!

050.JPG
みんな真剣な目でけん玉を頑張っていました!

最後はみんなで記念写真をパチリ!
058.JPG
見てください!
この嬉しそうな子ども達の表情♪

以下、参加者の声です。
・楽しかった!
・また来たい!
・けん玉をつくるのが楽しかった!
・今日は子どもについて一緒に作っていただきありがとうございました。楽しかったです!
・自然の素材を使った工作ができてとてもよかったです。なかなか普段はできないので…。

来年も橋本先生にこのイベントをお願いしましたよ〜!

この体験を通して、自然の素材が持つこの温かさを多くの方々に感じていただけるとうれしいです!

Posted by 山田 at 14:00 | イベント報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

野鳥のニュース(ヒクイナ繁殖、サメビタキ)、サギソウほか[2017年08月03日(Thu)]
センターでは元来ヒクイナの確認はなかったのですが、2013年夏に湿生植物園で声を初確認して以来、毎年声の確認が続きました。
ここ数年は目撃例も増えてきて、センター内で繁殖しているのではないかと期待が高まっていました。

http://blog.canpan.info/sizenhogo-center-01/img/IMG_3951_E38392E382AFE382A4E3838A(s)_2015-11-03.jpg
2015/11/03、タンチョウケージ

http://blog.canpan.info/sizenhogo-center-01/img/IMG_3644_E38392E382AFE382A4E3838A(s)_2016-05-29.jpg
2016/05/29、昆虫の森

今年は確認頻度が高く、撮影の機会も4/25、7/19にありました。
7/20には水生植物園で成鳥の声に混じり、あちこちでピヨピヨと雛らしき声が四方八方から聞かれました。その時はどうやらイタチに追い回されていた様子。

IMG_4931_イタチ(s)_2017-07-21.jpg
イタチ(おそらくホンドイタチ、2017/07/21、水生植物園)
翌朝気になり訪れてみると、相変わらず成鳥がイタチに追い回されていました。
雛らしき声は聞こえず、成鳥の方の身も危うい気がしました。
巣立ち雛を見てみたかったですが、半ば諦め気分でいたところ、成鳥確認の情報をお客さんからいただきました。

14172[1]_ヒクイナ(s)_2017-07-31_てぃ.jpg
ヒクイナ(2017/07/31、水生植物園、てぃさん撮影)
とりあえず、親は無事だったということで、ホッとしました。
反面、水辺の背景に顔・胸・目の赤色や、クチバシの青味が生えるイイ写真にウズウズです。

P1050269_ヒクイナ(巣立ち雛)(s)_2017-08-03_石井.jpg
ヒクイナの巣立ち雛(2017/08/03、水生植物園、石井さん撮影)
そして、しばらくして、もうスッカリ諦めていた巣立ち雛の目撃情報が!
リアル「カリメロ」!見たかった!久しぶりのお客様に持って行かれた感にウズウズです。
これで、ヒクイナはセンターでの繁殖確定ということで良いかと思います。
てぃさん、石井さん、いつもお越しいただき貴重な情報提供ありがとうございます。

続きましてサメビタキ情報です。
サメビタキは日本へは夏鳥として飛来し、本州中部以北で繁殖する種ですが、今回センター内での確認情報がありましたので、お知らせします。

http://opnacc.eco.coocan.jp/img/contents/migoro/20121005/samebitaki_2012-10-05.jpg
サメビタキ(2012/10/05、ピクニック広場)
この仲間に似た種が計3種おりまして、エゾビタキはセンターでは秋に旅鳥として観察されます。サメビタキも渡りの時期に希に観察され、上記の写真のとおり、秋に一度見たことがあります。コサメビタキは夏鳥として九州以北に飛来するので、センターではもちろん、地域一帯でキビタキ等とともに繁殖しているものと思われます。

EN1A0307_サメビタキ(s)_2017-08-02_栗岡.jpg
サメビタキ(2017/08/02、虫の原っぱ、栗岡さん撮影)
私は秋に確認した成鳥の中でも比較的よく撮れた写真であってもピンとこないものがありましたが、見る人が見るとわかるものなのですね。
写真のとおり当年巣立った幼鳥ですので、この地域で繁殖した可能性があるということです。
2017年の今年は、春の渡りの時期にはクロツグミ、ノゴマといった、希な種が一時滞在し観察されました。また、センターでは初確認と思われるエゾムシクイの一時滞在もありました。
サメビタキなどは本来東日本で繁殖する種なので、ちょっとセンターにこの時期見られることは考えられないですが、梅雨時期までは過ごしやすい気候であったことが影響したのかもしれません。

IMG_5364_アオゲラ(s)_2017-08-02.jpg
IMG_5325_アオゲラ(s)_2017-08-02.jpg
アオゲラ(2017/08/02、昆虫の森)
少し離れた位置から成鳥のケッ、ケッ、キョッとけたたましい声が聞こえてきました。
で、頭上から2羽ぐらいでしょうか、バタバタとキツツキ類特有の羽ばたき音が頻繁に聞こえてきます。撮れた写真を見ると、もうだいぶ落ち着いた若鳥?。もう巣立ち雛とか幼鳥とは言いにくいしっかりした個体でした。
主な種の巣立ち雛などを紹介してきましたが、これでそろそろ締めくくりかな?時期的にもそう思います。
野鳥のニュースは、ヒクイナ巣立ち雛やサメビタキといった、ビッグなお客様情報でした。

IMG_5285_サギソウ(s)_2017-07-31.jpg
サギソウ(湿生植物園西の谷、2017/07/31)
7/31に1花のみ確認されました。お客さんから連絡あり、見に行ってきました。
ここ数年ほど、初報が早かったですが、今年は開花が少し遅く、例年並みになったのかなという印象です。見頃はもう少し先かと思います。お楽しみに!

IMG_5237_オオルリボシヤンマ(s)_2017-07-27.jpg
オオルリボシヤンマ(2017/07/27、湿生植物園東の谷奥の平成池)
こちらも連絡がおそくなりましたが、毎年定番の本種を見ることが出来ました。

追伸.
田尻大池の水位は2014〜2016年の3年間ほとんど満水のままなのですが、今年は少し水位が下がってきています。ナニワトンボが出やすい雰囲気になってきていると思い、8/2に水辺を少し散策してみましたが発見できませんでした。
いつもスミマセンが皆様の目に期待してよろしいでしょうか?
よろしくお願いします。

文/記名のない写真:難波

Posted by 山田 at 10:00 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山田さんの画像
http://blog.canpan.info/sizenhogo-center-01/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sizenhogo-center-01/index2_0.xml