CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
岡山県自然保護センターのブログです!
センターの最新情報を発信中♪

ワクワク!ドキドキ!生き物情報や施設見学、イベント情報、タンチョウの話題などもどんどんアップしていきます!

お楽しみに〜♪♪

« 2017年06月 | Main

<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
タンチョウのヒナの公開について[2017年07月21日(Fri)]
「タンチョウのヒナの公開についてのお知らせですexclamation×2

今後のヒナ公開のスケジュール(予定)
7月22日(土)
7月23日(日)
7月24日(月)
7月27日(木)
7月28日(金)
7月29日(土)
7月30日(日)
に観察することができます。
7月31日(月)からは公開終了となります。
見に来てね〜わーい(嬉しい顔)
※急遽中止する場合がございます。ご了承ください。
※上池で公開しているタンチョウ2羽は通常どおり、観察することができます。

Posted by 山田 at 13:20 | タンチョウ | この記事のURL | トラックバック(0)

ヒナくん 45日目[2017年07月21日(Fri)]
皆さんこんにちわ。タンチョウ班です。
最近のヒナくんの紹介。ぴかぴか(新しい)1m超えたかな?
IMG_3007 (2).jpg
だいぶ大きくなっています。わーい(嬉しい顔)
IMG_3122.jpg
羽軸もだいぶ伸びてきています。羽軸が赤いのはまだ血液が入っています。
IMG_3075.jpg
今日は珍しいところに親子3羽で来ていましたexclamation
竹を背景に記念撮影

おっきいけど、まだまだ可愛いので見に来てね晴れ

Posted by 山田 at 06:49 | タンチョウ | この記事のURL | トラックバック(0)

ルリモンハナバチ!遂に登場![2017年07月19日(Wed)]
昨日は不安定な天気でしたね。
今朝も微妙な雲天でしたが、早々にカラッと晴れ、気持ちの良い天気となりました。
聞くところによると、どうやら梅雨明けしたそうな?
今日のセンターは30℃を超えることも無く、心地よい夏日となりました。

さて、お昼に常連さんがセンター棟に訪ねて来られ、情報交換しました。
※実際には情報提供をいただいているだけだったりして(笑)
最近のトレンドですが、オオムラサキ熱はやや冷めた模様、専らオニヤンマの産卵行動が狙いのようです。
そんな中、もう少し先(ミソハギが見頃になる頃)だと思っていたルリモンハナバチの初報が入りました。

P7191344_ルリモンハナバチ(s)_2017-07-19_てぃ.jpg
アキノタムラソウで吸蜜するルリモンハナバチ(2017/07/19、てぃさん撮影)

まだ、吸蜜植物の開花が不十分で、観察路沿いで点々と見られる程度のアキノタムラソウに寄っているところを撮影されたみたい。すぐ見失ったようで、安定して見られるようになるのは、湿生植物園等でミソハギが咲きそろう頃ではないかと思います。
(ミソハギは盆花と呼ばれるぐらいですから、もう少し先!)

P7191221_ハッチョウトンボ(s)_2017-07-19_てぃ.jpg
ハッチョウトンボの交尾の様子(2017/07/19、湿生植物園東の谷、てぃさん撮影)
私は、今季、まだ見れていないのです。
常連さん情報によると、時間帯としては、11〜12時頃が良いそうです。
私は、お昼の食休みにたまに訪れるのですが、それではなかなか見れないようですね(残念)
ハッチョウトンボは、数は少し減ってきているようですが、まだ若い個体が発生してきている様子も見られ、お盆の頃まではコンスタントに観察できるのではないかと思われます。

P7190842_ショウジョウトンボ(s)_2017-07-19_てぃ.jpg
ショウジョウトンボ(2017/07/19、てぃさん撮影)
主に、水生植物園で観察することができます。
ハッチョウトンボの少し朱っぽい色合いに対し、まさに深紅。まさに猩猩!
日本一小さいハッチョウトンボ(体長約2センチ)に比べ、こちらは4〜5センチあり、離れていてもしっかりわかります。
くれぐれも、ショウジョウトンボをハッチョウトンボと勘違いしてそのまま帰らないでくださいね!
がんばって湿生植物園まで足をのばしてみてください!

IMG_4862_ヒクイナ(s)_2017-07-19.jpg
ヒクイナ(2017/07/19、水生植物園)
紅つながりで…
春の渡りの季節に目撃情報があったヒクイナですが、その後音沙汰なし…
ただ、その後上池周囲での目撃情報は時々聞かれました。
私は、直近で先週、水生植物園の木道を横切る姿を目の前で見ました!
(カメラ持ってませんでした…)
そんなこともあって気にかけていたのですが、今日、比較的似た時間帯(午後1時頃)、同じ所を横切るのを見ることができました。
写真はド逆光ですが、深紅の顔や虹彩が辛うじて写っていました。
シギ類とまではいきませんが、水辺を歩きまわりやすいよう、足長美脚スタイルです。
上半身を大きく前後に動かしながらユーモラスなウォーキングを見せてくれました。
キビタキ、コサメビタキ、センダイムシクイ等とともに、夏鳥定番種の仲間入りですね。

P7190707_ジャノメチョウ(s)_2017-07-19_てぃ.jpg
ジャノメチョウ(2017/07/19、あちこち、てぃさん撮影)
夏の定番の地味なチョウです。
ガじゃないよ!

IMG_4482_クロヒカゲ(s)_2017-07-16.jpg
クロヒカゲ(2017/07/16、虫の原っぱ)
ジャノメチョウ、ヒメウラナミジャノメ、ヒカゲチョウ等とともに夏の林縁の定番チョウです。
クロヒカゲはヒカゲチョウと近似しますが、違いは色合いだけではないので、よく見比べてみてください。
写真は、暗かった時の非常手段、フラッシュを使ってしまいました。
普段わかりにくい種の特徴、美しい部分に気付かせてくれます。
眩しかったでしょう。ゴメン、ありがとう!

IMG_3979_ヒメアカネ♀(s)_2017-07-10.jpg
ヒメアカネ(2017/07/10、水生植物園)

IMG_4820_ナツアカネ(s)_2017-07-17.jpg
ナツアカネ(2017/07/17)

アカネというと赤とんぼの仲間。秋のイメージですがもう発生しているんですネ!
今年はひどい熱帯夜続きがまだなく、夜は過ごしやすいですよね。秋と勘違いしていたりして?
例年ベースなのか、ちょっと時期が早いのか、おいおい様子もわかってくるでしょう。
※ハッチョウトンボもショウジョウトンボも赤いけど赤とんぼじゃないです!念のため!
でもやはり、例年、ウスバキトンボ(これも赤とんぼではない)に馴染んでから、赤とんぼがおいおい見られ始めるのが定番のスケジュールと思ってましたので、何かと年により格差があるようですネ。

追伸.
明日から妖怪展!
子供の頃感じた得体の知れないものへの恐れ、知らないものへの不安、それらを知らぬうちに己が内で更なる恐れに育て上げてしまう負の連鎖。
同年代の方々には素直に共感いただきたい!
(私は超ビビリだったので!超共感です!)
また、小さいお子さんたちとは、いっしょに学び(知り)、喜々として危機回避していただけると、こちらとしても本望です。
お気軽にお越しください。何度でも!

文:難波/写真:明記の無いもののみ難波





Posted by 山田 at 18:53 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

水浴びしたい!(キビタキ、カワラヒワ、ヤマガラ)他[2017年07月16日(Sun)]
暑くなってきましたネ!梅雨明け?
県南市街地やその近郊にお住まいの方は既に35℃越え(猛暑日)を体験されてますね?
センターも日中はコンスタントに31℃程。いわゆる真夏日に突入です。
とはいえ、観察路の中には、樹木が繁った緑のトンネルにより、過ごしやすい場所も結構多いものです。
是非、ぶらり散策されてはいかがかと思います。

今日は、春頃から3月ぶりぐらいに再開したお客さんネタから。

EN1A0156_キビタキ(s)_2017-07-16_栗岡氏撮影.jpg
キビタキ成鳥♂(虫の原っぱ、2017/07/16、栗岡氏撮影)
昨年の今頃の写真も見せていただいたのですが、もっと良いの撮られてますね。
氏は、季節的には暑くて客足が遠のくタイミングでお越しいただいています。
しかし、それにはちゃんと訳があるわけですね〜
ちなみに私は、今シーズン、キビタキ成鳥の姿をほとんど目撃出来ておりません…
声はず〜と耳に入ってきているんですけどね…
うらやましい映像です。見てみたいものです。
(写真提供の栗岡さんには以前、幼鳥の水浴び写真も提供いただきました!)

IMG_4708_カワラヒワ(s)_2017-07-16.jpg
カワラヒワ家族?(虫の原っぱ、2017/07/16撮影)
家族風呂?
お父さんが周囲に目配りし、奥さんや子供達は自由奔放に水浴びです。
いっしょに浴びたい!

IMG_4695_ヤマガラ(s)_2017-07-16.jpg
ヤマガラ成鳥(虫の原っぱ、2017/07/16撮影)
お父さんかお母さんか不明ですが、豪快に浴びたあとのようです。
気持ち良さそう!

IMG_4686_ヤマガラ(s)_2017-07-16.jpg
ヤマガラ巣立ち雛(虫の原っぱ、2017/07/16撮影)
親ほど弾けた浴びっぷりではなかったようです。
クールな感じ。

IMG_20170706_121243_てぃさん.jpg
ヤブヤンマ♀(センター棟、2017/07/06、てぃさん撮影)
以前、自然保護センターあるあるとして、建物に入ってきたオオムラサキをご紹介しました。
今回はこのヤブヤンマ。
私は、自然保護センターでまだヤブヤンマを野外で確認したことがありません(笑)
捕獲しては野外に放すのですが、その後も繰り返し建物に入ってきて迷子になります。
身近な種なのですが、野外の生息スポットがベールに包まれたままという不思議な種です。

14119[1].jpg
チョウトンボ(2017/07/15、てぃさん撮影)
真夏の水辺の代表種。
繁殖行動に余念がありません。
しっかり、暑さ対策していただいて、水生植物園の木道でしばらく観察いただくと、結構な確率で目撃は可能です。
ただ…、撮影は結構難しいです。
がんばってみてください…

14117[1].jpg
オニヤンマ(2017/07/15、てぃさん撮影)
産卵行動の初物をお客さんに持って行かれました(笑)
トンボ愛好家のOさんもお越しいただいていたそうです。
(久しぶりにお会いしたかったです。)

IMG_4050_オグラセンノウ(s)_2017-07-11.jpg
オグラセンノウ(湿生植物園東の谷、2017/07/11撮影)
湿生植物園では、他にクサレダマが見ごろの他、チダケサシが咲き始めています。
オグラセンノウは咲き始めからひと月が経過しようとしており、そろそろ見ごろもお終いかなと思います。
見ておきたい方はお早めに!
ノカンゾウはお知らせが遅れてしまい申し訳なかったですが、もうお終いです。
他、コオニユリも咲き始めています。

追伸.
前回の大雨の時に虫の原っぱの堰の一つが壊れ、上流部のデッキ周囲の水が涸れ涸れになっており、午前中にちょっとした復旧作業をやってました。
すぐに汗だくになり、近くで水浴びするカワラヒワといっしょに水に飛び込みたかったです! 

文:難波
写真:明記のないものは難波

Posted by 山田 at 19:09 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

田んぼの学習♪[2017年07月14日(Fri)]
岡山県自然保護センターでは、地元の小学生と一緒に田んぼでお米を作っています!

もちろん昔ながらの方法で!

昨日は、田んぼの中にいっぱい生えている雑草の除草と落ち葉などを肥料として田んぼに入れる「はせごえ」作業でした。

P7130343.JPG
機械は使わず、手で除草しました!

P7130383.JPG
森からの恵み「落ち葉」を田んぼに入れることで美味しいお米ができあがるのです!

031.JPG
みんな泥んこ!!(笑)

田んぼの作業が終わったら、田んぼで暮らしている生きものの観察会!
044.JPG

047.JPG
田んぼを生活の場所としている生きものに触れ、しっかり学んでもらいました!

051.JPG
次回は10月の「稲刈り」。
たくさんのお米が実っているとうれしいな!

最後に、センターボランティア&シルバー人材センターの皆さん、当日のサポートありがとうございました!次回もよろしくお願いします!!

Posted by 山田 at 14:40 | 最新情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

33日目のヒナくん[2017年07月09日(Sun)]
皆さんこんにちわ、タンチョウ班です。
ヒナくん誕生から1か月が過ぎました。ぐんぐん成長中です。
IMG_2906.jpg
90pを超えてきました!美脚ですわーい(嬉しい顔)
IMG_2912.jpg
お母さんの後ろから背比べぴかぴか(新しい)
IMG_2798.jpg
アジもパクリ お母さんが心配そうに見ています。

大きくなりましたが、まだまだ親子のふれあう姿を見ることができます。是非会いに来てね。
また、ヒナくんの名前も募集中です。可愛いヒナくんのクリアファイルがもらえるよぴかぴか(新しい)詳細こちら

おまけ
最近のヒナくん



Posted by 山田 at 13:16 | タンチョウ | この記事のURL | トラックバック(0)

夏のスタンプラリーを開催します♪[2017年07月05日(Wed)]
この夏、岡山シティーミュージアム、瀬戸内市立美術館、岡山県自然保護センターでは、妖怪やオバケに関する展示が開催されます。

どの展示もドキドキ!ヒヤヒヤ!
妖怪やオバケ、水木しげる先生の魂の作品などについてしっかり学べますよ!

この夏は妖怪やオバケ、偉大な漫画家を対象とした自由研究も良いかもしれませんね♪

この3館をワクワク!しながら巡れるよう「スタンプラリー」を企画しました!

詳細はこちらのチラシをご覧ください♪
2017_夏のスタンプラリーチラシ.jpg

印刷用のPDFはこちらをどうぞ!(約2.3M)
2017_夏のスタンプラリーチラシ_最終.pdf

3つの展示を好きな順に巡って、スタンプを集めよう♪

開催期間中に3つのスタンプを集めたら〜…
小説家「化野燐」先生のオリジナルコメントが入っているスペシャルなポストカードをプレゼントします!(どのようなデザイン、コメントかはナイショです!)

限定先着1000枚となっていますので、はやめにスタンプを集めて、ゲットしてくださいね!
ポストカードは3つめのスタンプを押してもらうところでスタッフにもらってくださいね♪

さぁ!
この夏は妖怪オバケ三昧!
ドキドキ!ヒヤヒヤ!の夏をお楽しみください♪

Posted by 山田 at 16:23 | 最新情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

妖怪お化け屋敷の招待券![2017年07月05日(Wed)]
子供の頃、「トイレの天井から急に手が出てこないか」とか「変な音がしたけどなんだろう」とか急に怖くなったことはありませんか。
昔の夜は灯りもなく、まっくらでした。そんな中で妖怪がいるということは、むしろ当たり前だったのでしょう。
このような思いからうまれた企画展「妖怪お化け屋敷 妖怪がでた〜」が7月20日から始まります。
まじめに妖怪を考えました。暗闇の中で妖怪を感じてみてください。

関連イベントとして「リアル妖怪きもだめし!」を行いますが、これは夜のセンターの夜道を灯りなしでグループごと(または一人)で歩いていくというもの。
「妖怪が出た〜」と言って泣きわめいても、「鬼○郎」は助けにきません。
申し込みは慎重にお願いします(特に低学年の子ども)。

さて、このブログをお読みの幸運なアナタに企画展の招待券をプレゼント。
この招待券を印刷して持って来た方と同伴者何名さまでも無料で入場いただけます。
妖怪お化け屋敷_招待券.jpg
皆様の来場を、心からお待ちしております。

PS
ちなみに、この招待券がなくても入場できます(笑)
つまり無料です。

Posted by 山田 at 11:58 | 最新情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

夏到来!ナツツバキ![2017年07月04日(Tue)]
今年の6月は本当に過ごしやすかったですね!
特に、早朝は肌寒く、夏本番の種は出遅れてる印象。
ところが7/1から気温が上昇。7/2もぐんぐん上昇、そのまま熱帯夜。
7/3の日中の岡山市街地の車外温度ピークは39℃でした(涙)
急すぎる…
でもセンターは31℃!
市街部にお住まいの皆様。センターのほうがダイブ涼しいですよ!
木陰もありますし!

IMG_3539_ナツツバキ(s)_2017-06-30.jpg
ナツツバキ(2017/06/30、ササユリ保全地近く)
さて夏の到来を告げるナツツバキが開花しています。
場所はササユリ保全地近くと、虫の原っぱ奥部です!
※名前は常緑樹で冬咲くヤブツバキ(冬椿)に対し、夏緑紅葉で夏咲くから。

IMG_3527_クチナシ(s)_2017-06-30.jpg
クチナシ(2017/06/30、虫の原っぱ四阿近く)
撮影時満開。お知らせが遅れてしまいました。
樹液の木で待機する合間、少し振り返ってみてください。
豊潤な香りに誘われて何かが吸蜜に訪れて来るかもしれませんよ!

IMG_3559_オニヤンマ(s)_2017-07-02.jpg
オニヤンマ(2017/07/02、湿原)
例年のスケジュールで羽化狙いを続けていましたが、冒頭で述べたように、気温が低く振られ続き…
暑くなってからやっと見れました。
当日、初心者のための自然観察会「日本一小さいハッチョウトンボを探せ」が開催されました。夏本番の種は数が少なかったみたいですが、定番は一通り確認できたようです。
当日の確認種はキイトトンボ、チョウトンボ、オオシオカラトンボ、フタスジサナエ、ショウジョウトンボ、コシアキトンボ、モノサシトンボ、ハッチョウトンボ、シオカラトンボ、ヨツボシトンボ、クロイトトンボ、
オニヤンマ、オオイトトンボ、ヤマサナエでした。
途中、降雨があり、消化不良の感も否めません。是非天気の良い日に復習にきてください!

IMG_3596_カワラナデシコ(s)_2017-07-02.jpg
カワラナデシコ(2017/06/02、平成池近く)
直近の6月末は3花ほどでしたが、一気に咲きそろいました!

IMG_1326_ホシベニカミキリ(s)_2017-07-02.jpg
ホシベニカミキリ(2017/07/02、タブノキ)
ハッチョウトンボ観察会の午後、 講師の先生やボランティアさんらで発見!

IMG_3512_コサメビタキ(巣立ち雛)(s)_2017-06-30.jpg
コサメビタキの巣立ち雛(2017/06/30、センター棟近く)
この夏、なかなか成鳥を見かけることが出来ませんでしたが、人知れずチャッカリ営巣していたようです。

本日、台風一過。
暫く天気はスッキリしないですが、梅雨らしい花や生きものが皆様をお待ちしております。

文/写真:難波

Posted by 山田 at 21:34 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山田さんの画像
http://blog.canpan.info/sizenhogo-center-01/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sizenhogo-center-01/index2_0.xml