CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
岡山県自然保護センターのブログです!
センターの最新情報を発信中♪

ワクワク!ドキドキ!生き物情報や施設見学、イベント情報、タンチョウの話題などもどんどんアップしていきます!

お楽しみに〜♪♪

« 2017年01月 | Main | 2017年03月 »

<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
冬鳥情報(マヒワ、ミソサザイ)、他マンサク見頃![2017年02月23日(Thu)]
今日、スタッフと「今季まだミソサザイ見れない」という話をしていた矢先、お昼の食休みにやっと!やっと見ることができたのでお知らせします。

IMG_2861_ミソサザイ(s)_2017-02-23.jpg
ミソサザイ(湿生植物園東の谷、2017-02-23撮影)
そういえば今季は、年末に一度タンチョウスタッフと花の広場を歩いているときにタンチョウスタッフ目撃、私は鳴き声のみ確認というのがありましたっけ?毎年確立の高い昆虫の森や虫の原っぱは注意してたのですが見られず、久しぶりに湿原にあがってみたところ元気な地鳴きとともに出迎えてくれました。

IMG_2654_マヒワ(s)_2017-02-12.jpg
マヒワ(虫の原っぱ近く、2017/02/12撮影)
20羽ほどの群れでしたが、その後なかなか見れないです。

IMG_2680_アオジ(s)_2017-02-12.jpg
アオジ(花の広場近く、2017/02/12)
こちらはマヒワほど鮮やかな色では無いですが、同じ黄緑色系で、冬鳥定番種です。

IMG_2745_オシドリ(s)_2017-02-15.jpg
オシドリ(昆虫の森近く、2017/02/15)
どんより暗い日はオシドリの方も視界が悪いのか、思いのほか近づけていることがあります。といっても50メートル。もうバレています。泳ぐのが早くなり、ファーファー鳴き始めます。じっくり待ちましたが、♀の方がかなり早めに飛び立ってしまいました…。なかなか同時とはいきませんね…。

IMG_2609_亜種オオダイサギ(s)_2016-02-10.jpg
亜種オオダイサギ(亜種ダイサギ)(虫の原っぱ、2017/02/10)
昨季も掲載しましたが、ダイサギが亜種オオダイサギ(亜種ダイサギ、冬鳥)と亜種チュウダイサギ(夏鳥、若しくは越冬)に区別されるようで、ここのところセンターで見られるのは亜種オオダイサギの方。

290219huyudori11[1].jpg
初心者のための自然観察会「冬鳥観察会」2017/02/19の様子(左が講師の宮林先生)
写真は参加者の一人、塩見さんのホームページから拝借しました。勝手にスミマセン。
この観察会、私が言い出しっぺですし、出来るだけ参加したい気持ちはあるのですが、今季は事もあろうにインフルA、Bを一人リレーしてしまい、どうにもなりませんでした…。大変申し訳ない。ボランティアの福島さん、清水さんスミマセンね〜。ヘルプありがとうございます〜。
参加者は20名以上と盛況だったようで、確認種は25種ほどだったとか。普段お知らせしているような種が一通り見れていれば素晴らしいです!今季はウソなんかは声だけでお預けくっていますし、キクイタダキやヒガラは全く見ていません。トラツグミもまだ。全体的に少ないのかもしれないですが観察シーズンはしばらく続きますので、是非、今季初物探しにお越しくださればと思います。

IMG_2813_シナマンサク(s)_2017-02-23.jpg
シナマンサク(ササユリ保全地近く、2017/02/23)
随分前から開花していたシナマンサク。エントランスでも見れます。

IMG_2790_マンサク(s)_2017-02-22.jpg
マンサク(昆虫の森、2017/02/22)
先ず咲くマンサクがやっと、しかも急に見頃!今日見に行ったスタッフによると、もう花びらが伸びているものもあるそうですよ!

日中寒さが緩むようになると、小さな春探しというか、自然に花を探すようになります。観察路沿いではまだコハコベ、ミチタネツケバナ(外来種)の小さいのがちらほら見られるぐらいかな〜

文/写真:難波





Posted by 山田 at 14:40 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

参加者募集中!「えいごdeネイチャーガイド」♪[2017年02月13日(Mon)]
2月18日、土曜日の13時から開催するイベント「えいごdeネイチャーガイド」の参加者を現在募集中です♪

164.JPG
講師は、アメリカで野生動物保護管理学を学んだ「kana先生」るんるん

148.JPG
154.JPG
センターのフィールドで自然をじっくり観察しながら、英語を楽しく学びますひらめき

022.JPG
ビンゴゲームも楽しいですよ〜ぴかぴか(新しい)

203.JPG
kana先生が描いたイラスト黒ハート
心がほっこり温かくなります手(チョキ)

以下、イベントの詳細ですexclamation
日時:2月18日(土) 13:00〜15:00
集合場所:岡山県自然保護センター センター棟研修室
対象:親子
定員:8組限定
準備物:筆記用具、メモ帳
その他:時期的に寒いので防寒対策をしっかりお願いします!
申込先:sizen-entry@kankyo.or.jp(イベント名、参加者全員の氏名、年齢、住所、電話番号の情報をお願いします!)

198.JPG
皆様の参加を心からお待ちしています!

Posted by 山田 at 14:48 | 最新情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

平成28年度_自然学習リーダー養成講座【まとめ】[2017年02月12日(Sun)]
042.JPG
本日、自然の素晴らしさ、大切さを伝える方々が15名も誕生しましたるんるん

今後ともよろしくお願いします黒ハート

受講生の皆様、そして講師の皆様、ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

Posted by 山田 at 17:00 | イベント報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

本日のセンターの様子♪[2017年02月12日(Sun)]
おはようございます!

本日(2/12)のセンターの様子です。
005.JPG
とても良い天気晴れ
センター駐車場までの道路の積雪、凍結は目視ではありませんでした。
でも道中の運転はご注意くださいねexclamation

可愛い冬鳥達が皆様をお待ちしていますハートたち(複数ハート)
IMG_3218_E382B8E383A7E382A6E38393E382BFE382AD(s)_2016-10-31.jpg
ジョウビタキ(♂)難波所長撮影

Posted by 山田 at 08:52 | 最新情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

氷柱♪[2017年02月11日(Sat)]
おはようございます!

本日(2/11)、午前8時30分の気温は−3℃exclamation
センター駐車場までの道路には雪はほとんどなく、凍結も目視ではなかったように思います。
でも運転は十分注意してくださいね!

さて、山際の斜面に、氷柱ができていました!
067.JPG
ピンぼけでごめんなさい…(汗)

太陽に反射してキラキラと…
まるでサンキャッチャーのようでした晴れ

068.JPG
今日は午後2時から冬のスペシャルイベント、「親子のための自然教室」が開催されます。
どんな生きものが観察されるか、今から楽しみです♪

Posted by 山田 at 08:43 | 最新情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

センター降雪状況、津山リサイクルプラザ展示[2017年02月10日(Fri)]
昨日に続き、2日連続、センターは雪化粧となりました。

KIMG1245_景色:上池、センター棟(s)_2017-02-09.jpg
上池、センター棟の様子(2017/02/09)
KIMG1251_景色:センター棟、水生植物園(s)_2017-02-09.jpg
センター棟、水生植物園の様子(2017/02/09)
KIMG1280_景色:花の広場、大池(s)_2017-02-10.jpg
花の広場、大池の様子(2017/02/10)
今朝の積雪でいうと、5センチほど。
センターまでの経路は、降雪がほとんどなく、凍結も無く、朝一番でもスタッドレスがあれば問題なし(無くても問題なかったかも)
結構な雪景色ですが、日中にはほとんどが溶けてなくなってしまいます。
週末はもう一歩更に冷え込むようですので、朝は注意が必要かも。

KIMG1256_カルガモ、足跡(s)_2017-02-09.jpg
カルガモの足跡(2017/02/09)
3/5に初心者のための自然観察会「フィールドサインを探せ」が開催されますが、積雪があるとこういった足跡の痕跡探しも楽しみの一つになります。

IMG_2497_ホオジロ(s)_2017-02-10.jpg
ホオジロ(2017/02/10、中堤)

IMG_2513_オシドリ(s)_2017-102-10.jpg
オシドリ(2017/02/10、大池)

IMG_2598_ジョウビタキ(s)_2017-02-10.jpg
ジョウビタキ(2017/02/10、花の広場)

IMG_2593_シナマンサク(s)_2017-02-10.jpg
シナマンサク(2017/02/10、ササユリ保全地近くの観察路沿い、大池側)

雪が降っても野鳥観察はOKです。
せっかくのシナマンサクの開花が…

KIMG1290_津山リサイクルプラザ展示(s)_2017-02-10.jpg

津山圏域クリーンセンターが正式名称で、その中の一画に「リサイクルプラザ」という環境学習施設が併設されています。
http://www.replaza.jp/
日差しがさんさんと差し込む、明るく開放的なロビーにセンターの写真や情報を展示させていただきました。写真は当施設の中平所長に設置を手伝っていただいているところ。
展示パネルは、代表的な冬に見られる野鳥として、ルリビタキ、オシドリ、アトリ。まれに見られるテン。センターで見られる越冬トンボ2種のうちの1種、ホソミオツネントンボ、春に先立ち、先ず咲くマンサク、春を待ち焦がれる雰囲気のタンチョウとカキツバタ、センターの概要になります。
今回の展示は、マンサクの花期が終わる3月中旬頃までを目安にしています。
津山、美作方面の方々に知っていただくきっかけづくりとして、これからも定期的に展示させていただければと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

文/写真:難波

Posted by 山田 at 14:45 | 最新情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

自然学習リーダー養成講座【考えをまとめる・伝える】[2017年02月09日(Thu)]
岡山県自然保護センターでは、主にセンターのフィールドを舞台に、里山やそこに暮らす生きものについて体験を通じて幅広く学習する講座を開催しています。

その名も「自然学習リーダー養成講座」。

講座の開催は今回で8年目。
自然とのつきあい方、楽しみ方、伝え方を学んだリーダー達が様々なフィールドで自然保護や環境学習などの活動に関わっています!

さて、先日の養成講座(1/22)では、新規で「考えをまとめる・伝える」を開催しました。

030 (2).JPG
講師は、フリーアナウンサーの「森田 恵子」さん。

午前中は、受講生全員に「実は私、○○なんです!」という自己紹介を30秒でおこないました。
この30秒でまとめるのが難しい…(汗)

037.JPG
森田先生の熱い指導!
それを見つめる受講生達!

035.JPG
腹式呼吸、そしてお腹から声を出す練習も行いました。

039.JPG
声を出すためには「喉」を開かなくては…
ということでみんなで大きな欠伸^^
喉が開いていく動きを確認しました♪

001.JPG
午後は16個のマスを使用した考えをまとめる技術のレクチャー!
結論を最初に書く。
その理由や関連することで残りのマスを埋めていく方法は考えをまとめていくのにとても便利でした。

さぁ!
実習スタート!
お題は…
004.JPG
3分間の持ち時間で発表を行いました。

005.JPG
受講生の皆さん、真剣です!

発表スタート!
011.JPG
直立不動で発表!

016.JPG
ホワイトボードに絵を描いて発表!

受講生の皆さん、いろいろなスタイルで3分間の発表を頑張りました!

017.JPG
最後は森田先生から各受講生へのフィードバック!
素晴らしい点、修正点をコンパクトに伝えていただきました。

インプットした情報をアウトプットすることの大変さ、難しさ。
しかし、コツが分かればそれが楽しさ、嬉しさになる。
その体験を今回の講座で学んでいただけたのではないでしょうか。

以下、受講生の感想です(一部改)。
・「まとめて、伝える」ことの大切さを学んだ。
・自分の声が好きではなかったが、「Only One」の声と信じることができた。
・森田先生からのフィードバックは、全身に衝撃をうけるものだった。
・口の運動、話し方の改善、腹式呼吸を毎日続けていく。
・これからも「まとめる、伝える」を意識して生活の知恵としていきたい。

来年度も自然学習リーダー養成講座を開催する予定です。
そしてこの「考えをまとめる、伝える」講座も森田先生にお願いしています!
講座の日程など詳細はまた後日。

森田恵子先生、講師を受けていただきありがとうございました!
おかげさまで受講生の方々の「伝えたい!」という気持ちの「扉」が「ギギーッ」と開いたようです!
また来年もどうぞよろしくお願いいたします!

Posted by 山田 at 15:22 | イベント報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

妖怪捜索隊♪[2017年02月08日(Wed)]
自然がいっぱいの岡山県自然保護センターには「妖怪」もいっぱいわーい(嬉しい顔)

毎回大人気の「妖怪捜索隊」を1月29日(日)に開催しましたるんるん

008.JPG
岡山理科大学のK谷くんが描いてくれたホワイトボードアート目
すごいぴかぴか(新しい)
テンションがアップグッド(上向き矢印)

010.JPG
た〜べ〜ちゃ〜う〜ぞ〜!(笑)
迫力満点の絵るんるん

011.JPG
風格漂う天狗exclamation
めちゃくちゃ強そうですねわーい(嬉しい顔)

021.JPG
妖怪捜索隊にも「天狗」が出現ひらめき
現代風の衣裳であるところはご愛敬ということであせあせ(飛び散る汗)

022.JPG
天狗の宝物をこっそり盗みに行くゲームは大盛り上がり手(チョキ)

次は妖怪ウォンテッド目
035.JPG
この写真の「妖怪タコチュ〜!」を探し出せ〜ぴかぴか(新しい)

036.JPG
次は「妖怪六つ目」exclamation
あっちだ〜!!!!と走り出す子ども達exclamation×2
自然に潜む妖怪達を次々に発見してもらいました目

最後は妖怪プリントひらめき
041.JPG
プリントしたいところに紙をあてて…
クレヨンでゴシゴシすると〜…

043.JPG
あら不思議exclamation&question
妖怪が紙にプリントされちゃいましたひらめき

044.JPG
樹皮に潜む妖怪をソッとプリント手(グー)

045.JPG
石の中に潜む妖怪をフワッとプリントぴかぴか(新しい)

049.JPG
055.JPG
056.JPG
060.JPG
大人も子どもも自然の中に潜んでいるいろんな妖怪をしっかりプリントしてくれましたるんるん

最後は妖怪の不思議な「力」がプリントされているこの紙を使って、「うちわ」を完成させましたexclamation
066.JPG
067.JPG
「あ!このうちわで扇ぐと温かい!」という声がわーい(嬉しい顔)
うん!
それは間違いなく妖怪の力だ手(チョキ)

069.JPG
完成した妖怪うちわを手に持って記念写真をパチリexclamation


自然があるから妖怪が暮らしていける。
妖怪が暮らしていける自然が私たち人間にも必要。
このイベントで自然が更に大切であることを感じてもらえたらうれしいなぁ〜ハートたち(複数ハート)

参加者の皆様、きびのくにネイチャーゲームの会、岡山理科大学の学生さん、今日はありがとうございましたるんるん
このイベントは毎回大人気なので、春のスペシャルイベントでもやりたいなぁ〜わーい(嬉しい顔)

Posted by 山田 at 11:16 | イベント報告 | この記事のURL | トラックバック(0)

カワセミが見られました。冬鳥情報はシメ、スズガモ等[2017年02月06日(Mon)]
2/4の土曜日は、ポカポカ陽気で風も少ない春みたいな天気でした。
そんな中、虫の原っぱの浅い池でカワセミが盛んに餌捕りを繰り返していました。

IMG_2279_カワセミ(s)_2017-02-04.jpg
カワセミ(2017/02/04)
デッキのところに設置してある看板にとまっているところ。こちらはアキニレの隣にある大きな看板にかくれて様子をうかがいます。距離はそれほど近くなく、カワセミもあまり気にしていないようでした。

IMG_2346_カワセミ(s)_2017-02-04.jpg
カワセミ(2017/02/04)
天気が良かったのでシャッタースピードを少し早めに固定して、ピントもとまっているところで固定しておいて動きものを狙ってみました。…が、真下に飛び込んでくれるわけでもなく、どうしてもずれがあってピントはあわないようですね。
何度かは、小魚も捕れているようでしたので安心。あまり邪魔をしてもいけないので、早々に撤収しました。

IMG_2243_ミサゴ(s)_2017-02-04.jpg
ミサゴ(2017/02/04、上池上空)
留鳥ですが、センターでは晩冬から初夏にかけて、まれに飛来します(もちろん、他の時期にも見られることはあります)。様子見に立ち寄っただけでしょうか、ダイビングまでは見られませんでした。

IMG_2185_シメ(s)_2017-02-02.jpg
シメ(2017/02/02、センター棟付近)
センターではあまり見られない冬鳥です。クチバシを見ていただけるとわかるとおり、イカルやウソに通じる植物食主体の種類です。ウソは今朝、声を聞きました。

IMG_1961_オシドリ(s)_2016-01-06.jpg
オシドリ(2017/01/06、大池の虫の原っぱ近くの岸辺)
20前後はコンスタントに滞在しているようです。用心深く近くで見れないのがネックですが、時々、野鳥観察小屋、花の広場、昆虫の森デッキ等の岸辺で休んでいることがあり、静かに近寄って草むらの隙間から狙ってみたりしています。だいたい先に気付かれて飛んで行ってしまいますが…
普段は昆虫の森より一本南の入り江状のワンドで休んでいることが多いです。

IMG_2056_スズガモ(s)_2017-01-06.jpg
スズガモ(2017/01/06、上池)
キンクロハジロによく似た冬に飛来する水鳥です。センターでは記録はありますが、私は実は過去6年間の勤務中でセンター初見となります。決して珍しい種類ではないはずですが縁がなかったのかどうなのか。
写真は♀タイプ。キンクロハジロは♀でも冠羽があるようですが、この個体は無い。またこの個体はクチバシの付け根付近に白班があり、スズガモの特徴がよくわかります(キンクロにもこの模様があることがある?ように図鑑に書かれていますが、その曖昧さはちょっと困りますね…)。
例年、キンクロも1羽入るかどうか。このスズガモも単独でした。
カモ類は他にはカルガモ、ホシハジロ、マガモ、ヨシガモ、コガモ、オシドリが見られます。

IMG_2176_アセビ(s)_2017-02-04.jpg
アセビ(2017/02/04)
昨日、春の七草観察会では生憎の天気の中、参加いただいたお客様、大変ありがとうございました。まだまだ寒いですが、足もとには小さな草花が咲いている様子を見ることが出来たのではないでしょうか。樹木の花はまだまだですが、虫の原っぱと中堤の間の観察路沿いではアセビの花が少しだけほころんでいました。昆虫の森のマンサクのつぼみはまだかたく、少し先が開きかけている程度。エントランス方面に植えてあるシナマンサクは咲きかけているものがあると聞きます。

冬鳥観察を楽しみつつ、少しずつ感じられる春の訪れご覧になってはいかがでしょう。
文/写真:難波

Posted by 山田 at 09:32 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山田さんの画像
http://blog.canpan.info/sizenhogo-center-01/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sizenhogo-center-01/index2_0.xml