CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
岡山県自然保護センターのブログです!
センターの最新情報を発信中♪

ワクワク!ドキドキ!生き物情報や施設見学、イベント情報、タンチョウの話題などもどんどんアップしていきます!

お楽しみに〜♪♪

« 2016年06月 | Main | 2016年08月 »

<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
オニヤンマの産卵[2016年07月31日(Sun)]
本日の午前中、久しぶりに、とんぼ好きのOさんと虫の原っぱでお会いすることができました。

今、何が見られるのだろうと思って話しかけてみると、オニヤンマの産卵が始まっているとのことでした。

IMG_8573_オニヤンマ(s)_2016-07-31.jpg

オニヤンマは6月中に羽化が始まり、今の時期に始まった産卵は9月に入っても見られます。
成虫としての活動期間は昆虫としては長いと思いますが、ヤゴとして暮らす期間は更に長く4〜5年におよびます。

産卵は、そのオニヤンマの長い生涯の一大イベントになります。

オニヤンマ♀は浅い水場を巡回し、気に入った場所があると、ホバリングしながら腹部の先にある尖った産卵弁を水底に突き刺し産卵します。
センターでは出水の度に新しいマサ土が供給されるような水辺でよく産卵が見られます。
フィールドとしては虫の原っぱの奥部で観察しやすく、湿生植物園のハンノキ林内でも見ることができます。

産卵時の「ザクッ」「ザクッ」「ザクッ」…という連続音はよく耳につきますので、探す際は音もたよりにしてみてください。

文/写真:難波

Posted by 山田 at 09:16 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

竹とんぼ・竹笛つくり♪[2016年07月30日(Sat)]
竹とんぼ.jpg
夏休み宿題応援企画「竹とんぼ・竹笛つくり」が自然保護センターで開催されています!

062.JPG
「小刀」や「錐」などを使って、オリジナルの竹とんぼ、竹笛を作ってみましょう♪

054.JPG
製作時間は竹とんぼ30分、竹笛10分ほどです。

タイミングがよければ、ドングリ笛やガリガリ棒、空気鉄砲なども作れるかも?(笑)

詳細は以下のとおりです。
日時:7月30日(土)〜31日(日) 10〜15時
場所:岡山県自然保護センター センター棟入口付近
対象:小学5年生以上(ただし、保護者作成補助であれば低学年もOK!)
定員:なし(材料が無くなるまで)
申込:不要(時間内で自由に作ってください!)
参加費:もちろん無料!

皆様の来場をお待ちしております〜♪

ウッドプール.jpg
お兄ちゃん、お姉ちゃんが竹とんぼ、竹笛を作製している間、小さなお子さんは是非、ウッドプールで遊んでください^^
木の温もり、ヒノキの薫りに癒されますよ〜v^^v

Posted by 山田 at 15:36 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

サギソウが咲き始めました[2016年07月29日(Fri)]
タンチョウ班の方で、日常業務をお手伝いいただいている中学生の皆様、お疲れ様です。
暑い中、大変ですけどもよろしくお願いいたします。

さて、久しぶりに湿原へ
花の方はだいぶ衣替えされておりました。

IMG_8120_サギソウ(s)_2016-07-29.jpg

先ずは東の谷の奥部でサギソウの開花が始まっていました。
花数はまだ10ほど。

IMG_8136_サワギキョウ(s)_2016-07-29.jpg

その近くでサワギキョウも咲きつつありました。
背景のピンク色はチダケサシの花です。

IMG_8124_ビッチュウフウロ(s)_2016-07-29.jpg

東の谷の中程ではビッチュウフウロが咲き始めていました。
まだ1花!

IMG_8142_フシグロセンノウ(s)_2016-07-29.jpg

西の谷では、サギソウはこれから。開花は1花!
ハッチョウトンボは数が減ってきた気がします。
ぽつぽつとコバギボウシやミズギボウシの花も見られます。
四阿で一休みすると、そばにフシグロセンノウが咲いていました。

湿原全体を見渡すと、クサレダマはほぼ終了。
盆花とも呼ばれるミソハギが咲き始めの状態です。
オグラセンノウは少しだけ残っています。

IMG_8149_コオニユリ(s)_2016-07-29.jpg

道中の林縁やススキ原でコオニユリが立派な咲きっぷりです。

サギソウの開花、今年はちょっと早め?
8月第1週中は、まだそれほど花数は増えないかも。
第2週からお盆前後にかけて花数が増えてくるのが例年の様子です。

厳しい暑さですが、センターならではの湿原の花々を
是非ご覧になっていただければと思います。

文/写真:難波

Posted by 山田 at 19:00 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

夏のボランティア体験 実施中[2016年07月29日(Fri)]
皆さんこんにちわ、タンチョウスタッフの西中です。
今年も和気町の社会福祉協議会佐伯支所が行っている、夏のボランティア体験で今年は9名の地元の中学生が参加してくれています。A班B班に分けて実施中です。
27日からはまずA班が夏のボランティア体験に来てくれています。その様子を少し紹介します。

朝はタンチョウの餌やりから始まります。
そして今日の仕事はタンチョウケージ内のつる取り
SI7A4683-1.jpg

SI7A4696-1.jpg

SI7A4710-1.jpg
暑い中、お疲れ様でした。もう一日頑張りましょうわーい(嬉しい顔)








Posted by 山田 at 10:31 | タンチョウ | この記事のURL | トラックバック(0)

カワセミ[2016年07月25日(Mon)]
今朝、昆虫の森の水辺、木道の近くでカワセミが餌捕りを繰り返していました。

1P9A7438_カワセミ(s)_2016-07-25.jpg

直接近づくとバレバレなので、迂回してみることにしました。

1P9A7606_カワセミ(s)_2016-07-25.jpg

マコモの茂みの向こう。
低いところにいます。

1P9A7612_カワセミ(s)_2016-07-25.jpg

しばらく待つと枝先に移動しました。
ここから何度かダイビングを繰り返しました。

1P9A7780_カワセミ(s)_2016-07-25.jpg

木道にも移動し、何度かダイビングを繰り返していました。
あまり成功率は高くないようです…
しばらくするともう一羽やってきました!!

カワセミの幼鳥は、全体に黒っぽい、脚も黒ずんでいる、くちばしが短め等の特徴があるようですが、二羽とも多少そういう雰囲気があるような気がします。
この夏生まれの若鳥でしょうか?
あとから来た一羽はすぐにどこかに行ってしまいましたが、兄弟だったりして。

センターには大、中、小の池があり、カワセミの餌場には事欠きませんで、なかなか的を絞れないのが悩ましいところですが、出会えたときの喜びもひとしおです。

文/写真:難波

Posted by 山田 at 13:55 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

キキョウ[2016年07月23日(Sat)]
026.JPG

Posted by 山田 at 15:04 | 本日の一枚 | この記事のURL | トラックバック(0)

大きいの(オニヤンマ)から小さいの(ハッチョウトンボ)まで健在です![2016年07月22日(Fri)]
日中、コンスタントに30℃を上回るようになってきました。
印象としては梅雨明けのイメージで、比較的カラッとしているからか、今のところ爽やかな暑さ。
観察路も、木陰等、場所によっては過ごしやすいものです。

センターでは見られる生きものも、夏模様〜

13070[1]オニヤンマ(てぃさん)(s)_2016-07-20.jpg
オニヤンマ(2016/07/20、てぃさん撮影)
よく観察路等を巡回しています。

13075[1]チョウトンボ(てぃさん)(s)_2016-07-21.jpg
チョウトンボ(2016/07/21、てぃさん撮影)
夏といえばチョウトンボ。
水生植物園等の水草の茂る岸辺で、メタリックな翅なびかせ、ヒラヒラと飛んでいる姿がよく目に付くようになってきました。
♂同士の牽制、交尾、♀の産卵など、活発な様子が観察されます。
いそいそしていても、どこかしら優雅な感じが漂っています。

13065[1]ハッチョウトンボ(てぃさん)(s)_2016-07-19.jpg
ハッチョウトンボ(2016/07/19、てぃさん)
ピークに差し掛かる時期ですが、まだ未成熟の個体が見られたりと、センターでは割と息が長く観察することができます。
小さいので観察しがたいですが、マナーを守って観察・撮影してくださるようお願いします。

間違っても、木道から、湿原内に足を踏み入れることなどないようにお願いします。

周囲の他の方が残念な気持ちになりますので、くれぐれもよろしくお願いいたします。

IMG_7468_チダケサシ(s)_2016-07-14.jpg
チダケサシ(2016/07/14、湿生植物園にて撮影)
今年は、長雨で十分潤ったのか、なかなかの見応えです。
湿生植物園の開花状況ですが、クサレダマはもうピーク過ぎました。オグラセンノウはまだ開花が続いています。見に行けてはないですが、そろそろサワギキョウ、ミソハギが咲き始めるのではと思います。そして8月になるとサギソウが開花し始める予定です。

IMG_7337_キイトトンボ(s)_2016-07-04.jpg
キイトトンボ(2016/07/04、虫の原っぱにて撮影)
やっと見れた…
デンジソウ(田字草)の浮葉の上で産卵中。
四つ葉のクローバーじゃないよ!

今年はミズオオバコが虫の原っぱの奥の浅池で見られます!
開花はしばらく先なので、またお知らせしま〜す。

IMG_7891_オオムラサキ(s)_2016-07-22.jpg
オオムラサキ(2016/07/22撮影)
やっと撮れた…
♀だけど…
暗かった…
オオムラサキは飛翔力が半端なく、目撃する機会はあれども、なかなか撮影にこぎ着けることができません。
本日てぃさん情報をいただけましたので、早速見に行ってまいりました!
いつもありがとうございます!

追伸
自然保護センターは県の施設ですので、広く県民に知ってもらい、楽しんでいただくべきであります。ただ、来ていただき、楽しんでいただくためには、そもそも論として知っていただく必要があるわけで、そのあたりがなかなか改善できなくて苦労しております。

知っていたくための機会づくりとして、昨年から、センター写真展入賞作品を各所で展示しています。昨年は、熊山英国庭園、モンベル、里山センター、アスエコを転戦しました。

今年は既にアスエコ、熊山英国庭園、生涯学習センターでの展示を終え、先日7/20に地元和気町の鵜飼谷温泉内ギャラリーに設置してまいりました。
写真展入賞作品だけでなく、センターがどんなところか、タンチョウってどんな鳥か、そんなことがわかるようなパネル等もあわせて展示しています!
これをきっかけに、初めての方がセンターに足を運んでくだされば幸いです。

KIMG0566_ペッパー君_pepper(s)_2016-07-20.jpg

そんな鵜飼谷温泉のロビーにて、和気町観光大使であるPEPPER君が「自然保護センター」を紹介してくれました!!
和気町さんのご助力には、いつも感謝いたしております!!

文/写真:難波(てぃさん撮影のものは明記しています)

Posted by 山田 at 13:51 | 最新情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

イベントお知らせ「タンチョウを身近に感じよう」[2016年07月15日(Fri)]
タンチョウイベントのお知らせです。

夏休みの期間中(7/19〜8/31)の毎週土曜日、日曜日にタンチョウ観察会を開催します。
近くでタンチョウを観察しながら専属スタッフによる詳しいお話やコスチューム飼育で使用するタンチョウコスチュームを、実際に着てもらい、気分だけでも飼育員になれます。申し込みは不要です。タンチョウ棟へお集まりください。10:30集合 観察会(10:30〜11:30) 
なお、タンチョウパネル展も同時開催しています。この機会に是非自然保護センターへお越しください。
わーい(嬉しい顔)
0001.jpg

夏休み タンチョウイベントH28.pdf

Posted by 山田 at 11:03 | タンチョウ | この記事のURL | トラックバック(0)

イベントのお知らせ【旭川うなぎ探検隊】♪[2016年07月15日(Fri)]
今年で5回目を迎える「旭川うなぎ探検隊」。
毎年、たくさんの専門家と一緒に、旭川の中に入り、網で魚を捕ったり、川を流れて遊んだり…
旭川の生きもの(特にウナギ)について学べるイベントとなっています。
2016_うなぎ探検隊_旭川協働調査_チラシ_表_L.jpg

2016_うなぎ探検隊_旭川協働調査_チラシ_裏_L.jpg

チラシはこちらをどうぞ♪
2016_うなぎ探検隊_旭川協働調査_チラシ.pdf
チラシを熟読していただき、参加希望の方は「往復ハガキ」での申込をお願いします(電話での申込はおこなっておりません。ご注意ください!)。

昨年の様子はこちら!
128.JPG
でっかいウナギ!
これはイベント前日までの仕掛で捕れたウナギ!
漁師さんの協力でウナギを見ることができました!
今年は参加者の子ども達が捕ってくれるかな?

100.JPG
大学生のお兄ちゃん、お姉ちゃんたちと一緒に旭川に入るよわーい(嬉しい顔)
「うなぎ探検隊」は、小学生以下の子どもも参加できる県内でも数少ない水辺イベントのひとつです!

108.JPG
昨年は8月1日に実施。
こんな青空の下、たくさんの子ども達が参加してくれました黒ハート

107.JPG
明星堰の下。
たっくさんの子ども達の楽しんでいる声が響いていましたるんるん

135.JPG
網で岸際をガサガサすると、たくさんの魚が捕れたよexclamation

119.JPG
当日、たくさん捕れた魚の一部。
みんなが分かりやすいように、1種類ずつ水槽に入れて展示しましたひらめき

1121.JPG
去年はでっかい「カワアナゴ」も捕れたよぴかぴか(新しい)

最後は専門家による捕れた魚の解説、ウナギを中心とした生態系のお話、そして川と海のつながりについて分かりやすくお話しして、探検隊イベントは終了晴れ

旭川に直接入ることで、水の冷たさ、気持ちよさを感じたり、そして魚を自分の力で捕る体験はこの夏のスペシャルな記憶になること間違いなしですハートたち(複数ハート)
是非、ご家族、ご友人をお誘いの上、このイベントに参加してくださいわーい(嬉しい顔)

※7月28日現在の受付状況
(募集は終了となりました。たくさんの申込ありがとうございました!)

Posted by 山田 at 09:34 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

セミの抜け殻[2016年07月09日(Sat)]
055.JPG

Posted by 山田 at 11:25 | 本日の一枚 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ

検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山田さんの画像
http://blog.canpan.info/sizenhogo-center-01/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sizenhogo-center-01/index2_0.xml