CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
岡山県自然保護センターのブログです!
センターの最新情報を発信中♪

ワクワク!ドキドキ!生き物情報や施設見学、イベント情報、タンチョウの話題などもどんどんアップしていきます!

お楽しみに〜♪♪

« 2015年10月 | Main | 2015年12月 »

<< 2015年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
お知らせ[2015年11月29日(Sun)]
みなさんこんにちわ、タンチョウスタッフの西中です。
今日はお知らせです。
タンチョウ棟横の南側放飼場で行っていたタンチョウ2羽の公開をしばらくの間お休みします。
なお、センター棟下の上池放飼場でのタンチョウ2羽の公開は通常通り行っていますので、是非足を運んでみてください。晴れ

IMG_9741.JPG
カワとピー夫婦

Posted by 山田 at 16:47 | タンチョウ | この記事のURL | トラックバック(0)

キクイタダキが入ってきました。[2015年11月27日(Fri)]
皆様、こんにちは

ここ数日寒かったですが、今朝は一段と冷え込みました。
センターでは霜が降りましたよ〜。

観察フィールドの各所にある木道では、開園間近や日陰では、まだ霜が残っていたり、濡れて滑りやすくなっていたりしますので、転ばないように足もとに十分ご注意いただければと思います。

さて、今回も日曜日の初心者のための観察会「池のまわりの野鳥」で見られそうなものをお送りしていきます。

IMG_6101_ヨシガモ(s)_2015-11-26.jpg
ヨシガモ(2015/11/26撮影)
たまたま上池で撮影しましたが、普段は田尻大池の方にいることが多いです。後頭部、人でいうとうなじの辺りの飾り羽根がナポレオンハットのように見えるのが特徴です。

IMG_6159_ツグミ(s)_2015-11-26.jpg
ツグミ(2015/11/26撮影)
郊外の集落周辺や農耕地周辺でも見られるので、皆様にもお馴染みの冬鳥かと思います。
似たシルエットとサイズのシロハラも見られます。写真は虫の原っぱにて。

IMG_6229_ヤマガラ(s)_2015-11-26.jpg
ヤマガラ(2015/11/26撮影)
ニーニー鳴きながら、アカマツ等の種子を盛んに採餌しています。写真はヤマハゼ?。シジュウカラと混群しながらネムノキの果実の鞘を開いている様子も観察されます。写真はササユリ保全地にて。

IMG_6283_メジロ(s)_2015-11-26.jpg
サザンカとメジロ(2015/11/26撮影)
今年はサザンカの花付きがよろしいようです。メジロはヒヨドリとともに、このサザンカ、もうすこししてから春にかけてが花期のヤブツバキ、春の桜で吸蜜する様子がよく見られます。

IMG_6338_シジュウカラ(s)_2015-11-27.jpg
シジュウカラ(2015/11/27撮影)
ヤマガラとともに、ジュクジュク鳴きながら、アカマツ等で採餌しています。写真はイベント広場と花の広場の間の観察路沿いにて撮影。ネムノキの果実をつつきながら枝移りをしているところです。

IMG_6412_キクイタダキ(s)_2015-11-27.jpg
キクイタダキ(2015/11/27撮影)
おでこに菊の花びら一枚。
初見は昨日の昼、ササユリ保全地近くのアカマツ樹上でした。
今朝はイベント広場と花の広場の間の観察路沿いにて撮影。アカマツの枝葉をせわしなく移動しながら昆虫やクモ類等を採餌しているようです。

IMG_6443_ミヤマホオジロ♂(s)_2015-11-27.jpg
ミヤマホオジロ(2015/11/27撮影)
その後、花の広場周囲でコンスタントで見られます。
写真はセンター棟からヤマセミ橋の間の観察路にて。

あなたは何種見れるでしょうか。
ウソも相変わらず声はしています。

文/写真:難波

Posted by 山田 at 09:46 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

ミヤマホオジロが入ってきました。[2015年11月25日(Wed)]
皆様こんにちは
天気がすっきりしませんね・・・
センターはどんよりした雲天のため、建物の中もしんしんと冷えています。

今朝方、「ヒー、ヒー」という消え入るようなウソの声がどこからともなく聞こえ、花の広場付近にあたりをつけてみましたが、残念ながら出会えませんでした。
かわりに、ミヤマホオジロ♂、ジョウビタキ♂に出会えました。
ミヤマホオジロは群れておらず、単独でした。すぐに見失ってしまいました。

IMG_6015_ミヤマホオジロ(s)_2015-11-25.jpg
ミヤマホオジロ(2015/11/25、花の広場付近の観察路沿いにて撮影)

IMG_6062_ジョウビタキ♂(s)_2015-11-25.jpg
ジョウビタキ(ミヤマホオジロと同じく。アキニレの木にて)

IMG_6075_ルリビタキ♀(s)_2015-11-25.jpg
ルリビタキ(2015/11/25、センター棟近くの林縁にて撮影)
先々週末に♂を見かけた虫の原っぱにも訪れてみましたが、本日は出会えず。
センター棟近くでは、♀、或いは若♂というどっちつかずの個体を見かけました。

週末は初心者のための自然観察会「池の周りの野鳥」が開催されます。
その名の通り、上池や田尻大池をめぐる平坦な観察路をゆったり散策します。
エナガ、メジロ、シジュウカラ、ヤマガラ等の留鳥
ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ等の冬鳥
カルガモ、ホシハジロ、ヨシガモ、カイツブリ、オオバン等の水鳥などなどが見られるかと思います。

数は限られますが、双眼鏡もお貸しできますので、初心者の方大歓迎です。

是非ご参加ください。

文/写真:難波


Posted by 山田 at 13:13 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

イベント「ニン!ニン!忍者体験」♪[2015年11月21日(Sat)]
本日の一枚!

たくさんの申込があったイベント「ニン!ニン!忍者体験〜自然の中で森の忍術を学ぼう〜」、無事、終了〜わーい(嬉しい顔)

161.JPG
お決まりの忍者のポーズでパチリるんるん

イベントの詳細報告は後日、アップする予定です〜exclamation

Posted by 山田 at 14:09 | 本日の一枚 | この記事のURL | トラックバック(0)

ツメレンゲ♪[2015年11月20日(Fri)]
秋も深まってきました!

458.JPG
センター棟の南西にある石垣で「ツメレンゲ」が花を咲かせていますわーい(嬉しい顔)

457.JPG
花の部分を拡大すると…
小さな花がかたまって着いている様子が分かりますねるんるん

Posted by 山田 at 14:46 | 本日の一枚 | この記事のURL | トラックバック(0)

ルリビタキが入ってきました。[2015年11月13日(Fri)]
皆様こんにちは

10月は好天続きでしたが、11月はやや天候が不順ですね。
寒空ですが、生きものの方は天候関係なく、活動しているようです。

IMG_1131_ルリビタキ♂(s)_2015-11-13.jpg
ルリビタキ♂を虫の原っぱの四阿近くで見かけました。
暗かったので色が出ていないですが、とはいえ、このブルーを見ると冬の到来を意識させられます。

IMG_1100_メジロ(s)_2015-11-13.jpg
留鳥も目に付くようになってきました。
イベント広場近くのピラカンサの実をメジロがついばんでいました。

今朝はウソの声も聞かれました。

話はかわりますが、この土日はライフパーク倉敷で科学の祭典が開催されます。
センターも「タンチョウのお話」「紙トンボ」で出展しますので、是非お立ち寄りください。

文/写真:難波

Posted by 山田 at 10:20 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

ベニマシコとかけて紅葉[2015年11月09日(Mon)]
あいにくのお天気ですが、お客様情報と、紅葉情報をお知らせしておきます。

12371[2].jpg
例年、秋、センターのススキ原がある場所に神出鬼没なベニマシコです。
てぃさんからいただきました。
今年は湿生植物園でのこと。2015/11/07撮影と思います。

12368[1].jpg
紅葉の季節、こんなジョウビタキのショットも。
このお写真もてぃさんのをいただきました。

KIMG0318_景色:センター棟周囲(s).jpg

KIMG0320_景色:タンチョウ(s).jpg
本日、雲天後雨天でしたが、紅葉はなかなか良いようです。
写真(ベニマシコ、ジョウビタキ):てぃさん
他:難波

Posted by 山田 at 17:09 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

紅葉♪[2015年11月05日(Thu)]
センター棟近くのイロハモミジるんるん
176.JPG
とても美しく紅葉しています黒ハート
秋本番ですね〜わーい(嬉しい顔)

Posted by 山田 at 12:51 | 本日の一枚 | この記事のURL | トラックバック(0)

ヒクイナ見たどー![2015年11月03日(Tue)]
こんにちは

朝はよく冷え込んでいますが、今日の日中はポカポカ陽気
とても良い祝日、行楽日和になりました。

本日は、バスのお客様も、ネイチャーゲームのお客様もストレス無く楽しめたのではと思います。

さて、10月を振り返る際、忘れてはならないのが台風被害なのですが、一昨年の5発、昨年の2発に対し、今年は0!
過ごしやすい月度となりました。

風で痛んでいない木々の葉っぱ
日中の好天
寒暖差

今年の紅葉は良さそうです。

RIMG2439_紅葉(s)_2015-11-03.jpg

RIMG2438_紅葉(s)_2015-11-03.jpg

RIMG2450_紅葉(s)_2015-11-03.jpg

センターでは植栽してあるイロハモミジ、ヤマボウシ、ニシキギ、ヤマザクラ、ハゼノキ等が紅葉していますが、やはり例年に比べ綺麗だと思います。
山肌に多いコナラ等の野生の夏緑広葉樹はこれから徐々に色づき、12月にピークを迎えます。
長〜く楽しめますよ。

紅つながりで…
IMG_3951_ヒクイナ(s)_2015-11-03.jpg
今朝、タンチョウケージの屋根解放区画でヒクイナを見ました。
3年ほど前から、夏に湿生植物園で声が聞かれることに気付き、気にはかけていたのですが、姿を見ることは全く叶わずでした。
昨年は、確か、声も聞きそびれていて、今年は湿生植物園、虫の原っぱ、上池等、様々な場所で聞かれました。でもどっちにしても声だけ。
そんなこんな状況だったので、証拠写真にも厳しい遠距離写真ですが、大喜びなのです。
とはいえセンターでは夏鳥のはずなので、これから南に向けて移動していっちゃいます。

紅つながり、その2
IMG_4017_ナツアカネ交尾(s)_2015-11-03.jpg
お客さん曰く、必ずこの看板の辺りにいる。というその場所でナツアカネの交尾が見られました。
こんなに赤いのだから、イロハモミジの枝先とか、コバノガマズミの果実にとまれば保護色になるのに…と思うのですが。

IMG_4231_オシドリ(s)_2015-11-03.jpg
10/22(アンさん)、10/24(塩見さん)にお客様情報のあったオシドリ。今回はタンチョウスタッフから情報で見てきました(笑)
14羽でした。

年末までの行事は、紅葉を楽しみながらのウォーキング系、クラフト系、冬鳥観察系などが続きます。
まだインドアにこもるのは早いですよ。

文/写真:難波

Posted by 山田 at 14:07 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

ナニワトンボ、ナツアカネ、ウグイス、リュウノウギク[2015年11月02日(Mon)]
皆様こんばんは
自然保護センターの難波です

昨朝ついに10℃をきり、肌寒くなってきました。
お出かけの際は、そろそろ手袋、フリース、暖パン、ヒー○テッ○…

まだまだ行事に事欠きませんが、服装の準備にはご注意を

RIMG2391_ナニワトンボ♀(s)_2015-11-01.jpg
雄・雌ともに赤くならないナニワトンボ。
センターでの確認状況は安定していません。
水辺の裸地に打空産卵するナニワトンボは、かんがい期以降水位が下がるため池のほうが過ごしやすいのでしょう。
2年連続満水位が続く田尻大池はさすがに過ごしにくいのか…
昨年は雄をチラッと確認。
今年はあきらめてましたが、先日、センター棟前で雌を見ることができました。
豚鼻模様(正式には眉斑)からマユタテっぽさがありますが、全体の色の印象、胸の模様、眼の色等の雰囲気からピンとくるはず。
来年はどうなることか…

RIMG2395_キチジョウソウ(s)_2015-10-29.jpg
センター棟前の植え込みでキチジョウソウを見ました。
導入した種だと思います。
花が咲くと縁起がよいそうで。
庭に植えられることもあるそう。山陰に訪れた際、社寺植栽を見たことがあります。
野生はまだ未見。皆様は?

IMG_3767_ナツアカネ♂(s)_2015-10-28.jpg
少しずつ紅葉めいてくるセンター
冬鳥や留鳥は別にして、動物の気配は減ってきますが、まだ赤トンボの仲間は見ることができます。
その一種、ナツアカネ♂が一際赤い姿を見せてくれました。
さて季節がら名前的にもアキアカネが一般的であってほしいものですが、近年見られなくなっているようです。
最近の新聞記事では農薬成分が原因では?とか。
農業形態そのものが?とも言われていますが、何れにしてもセンターでは近年確認されていません。
センターでは昔ながらのたんぼの営みを再現をしているにも関わらずです。
野生生物はなんと微妙なバランスのうえに成り立っているのでしょう。

IMG_3765_ウグイス(s)_2015-10-28.jpg
晩冬の時期、小春日和にあわせて囀りや採餌を見せてくれるウグイス
今年は暑い盛夏から急に過ごしやすくなったこととも関係するのか、時折囀りモドキが聴かれます。
今回もグゼリとも囀りとも言えないのを交えながら、ほぼ地鳴きですが、イヌツゲの茂みのなかで、ラシイせわしない動きを見せてくれました。

IMG_3854_リュウノウギク(s)_2015-11-01.jpg
秋は野菊の季節。
分かり易いのは葉の形等が特徴的なリュウノウギク。
他、ノコンギク、ケシロヨメナ、シラヤマギク、オオユウガギク等、様々見られますのでご注意ください。

県中北部の紅葉のメッカは,もう見頃はお終い?
センターでは、まさにコレからちょうどイイ!

是非お越しください。

文/写真:難波

Posted by 山田 at 18:49 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山田さんの画像
http://blog.canpan.info/sizenhogo-center-01/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sizenhogo-center-01/index2_0.xml