CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
岡山県自然保護センターのブログです!
センターの最新情報を発信中♪

ワクワク!ドキドキ!生き物情報や施設見学、イベント情報、タンチョウの話題などもどんどんアップしていきます!

お楽しみに〜♪♪
<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
冬鳥情報(ウソ、キクイタダキ)[2017年12月05日(Tue)]
ここのところの冷え込みの影響か、冬鳥情報が増えてきましたょ。

IMG_2763_ウソ(s)_2017-12-04.jpg
ウソ(亜種アカウソ、2017/12/04、催し広場近くのヤマザクラの梢)
フィー、フィーと繊細な声で鳴く冬鳥です。
11月から声だけはちょいちょい聞かれはしていましたが、姿はどこやら。
やっとのことで今季の初見となりました。
この声、細い割に以外に通るので距離感がつかみにくく、よく失敗します。
盛んに鳴き始めたら警戒されている証拠。
近づきすぎていて、飛び立たれるのがオチ。
今回は初見をモノにするため慎重に慎重に。
ウソは、ピンクの襟巻模様とお腹の灰色模様が明瞭に別れているものを亜種ウソ。お腹もピンクがかっていて襟巻との境界が明瞭でないものを亜種アカウソといい、区別することもあるようです。
センターでは冬鳥としてどちらも飛来し、どっちが多い少ないということもないのですが、図鑑を見ると繁殖地の拠点は微妙に違うようなことが書かれています。ちょっとした変異幅で色合いが違うだけ、ということではないようですね。
センターでは、冬の間、家族単位程度の数でまとまって滞在していることが多いので、今回の個体は見張り役かなと思ったのですが、飛び立った時に誰もついていくものがおらず、寂しい一人旅のようでした。良い仲間が見つかると良いですね。
ウツギやツツジ類の果実を食べる事が多く、野鳥観察小屋一帯や、今回の目撃場所である催し広場で見られる場合が多いです。

IMG_2844_キクイタダキ(s)_2017-12-04.jpg
キクイタダキ(2017/12/04、センター棟周囲)
やっと見れたですが、エナガの群れと絡んでいて惑わされました。追いかけた方にはエナガしかおらず、急いで引き返して…、たぶん3〜4匹程度の小群だったと思います。
表現しにくい小刻みな声を発し、馴染むと声をたよりにすることができますが、シーズン初めは耳が慣れず、難しいですね…。
小さいうえに、落ち着きなく、すばしっこいので、カメラで追いかけるより双眼鏡でじっくり観察する方がいいかも。
写真の個体は、頭頂の一枚の菊の花びらにオレンジ色が混じり、オスっぽい印象でした。
針葉樹に多いとされ、センターではアカマツだけでなくスギ、ヒノキ等にも絡む事があります。
ただ、基本小さな動物質食なので、あらゆる場所で餌採りします。
今回はケヤキ、コナラ、ヒサカキ等を移動しました。フェンスなんかの人工物もありえます。

追伸.
12/4(月)は天気は悪かったですが、当たり日で、花の広場付近でミソサザイの地鳴きも聞くことができました。しばらく待ちましたが現れず、初見はおあずけとなりましたが、今後の楽しみといたします。

文/写真:難波







Posted by 山田 at 12:00 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

12月のイベントのお知らせ♪[2017年12月04日(Mon)]
岡山県自然保護センターで開催される12月のオススメイベントをお知らせします♪

よかったら参加してくださいね!

どのイベントも無料ですが事前の申込が必要です!
(申込先はこのブログの一番最後にあります!)

その@
ニン!ニン!忍者体験〜森の中で忍術を学ぼう〜
064-3bd7f.jpg
日時:12月9日(土)10〜12時
集合場所:センター棟研修室
対象:親子(5歳以上推奨)
定員:20名
講師:自然体験リーダーズクラブの皆様
E3838BE383B3E3838BE383B3EFBC81E5BF8DE88085EFBC81EFBC81.jpg
落ち葉がいっぱいの森の中が修行の舞台!
様々な忍術を学んで忍者になろう!
イベントに参加してくれた子ども達には「森の忍者認定書」をプレゼント♪

そのA
満喫自然体験「リースづくり」
218.jpg
日時:12月10日(日)10〜15時
集合場所:センター棟研修室
対象:親子、一般
定員:50名
持ち物:弁当、水筒、剪定ばさみ、軍手、飾り付けたい小物類、リボンなど
227.jpg
センターに自生しているヤマフジなどのツル植物をクルッと輪にして、ドングリやマツボックリなどをデコレーション!
世界にひとつしかないオリジナルのリースが完成!
是非、クリスマスに飾ってください♪

そのB
満喫自然体験「しめなわづくり」
547.jpg
日時:12月17日(日)10〜12時
集合場所:センター棟研修室
対象:親子、一般
定員:50名
持ち物:水筒、ハサミ、タオル
講師:丸山 美男 氏(センターボランティア)
575.jpg
完全無農薬の藁(ワラ)を使って、素敵なしめなわを作りましょう!


申込は以下のアドレスにイベント名、参加者全員の氏名、年齢、住所、連絡のつく電話番号を記載してお送りください。
sizen-entry@kankyo.or.jp
たくさんの皆様の参加を心からお待ちしておりますわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)


Posted by 山田 at 07:00 | 最新情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

日本の侵略的外来種100(ソウシチョウ)冬鳥情報(キクイタダキ)[2017年12月03日(Sun)]
ほとんど普通に見られる冬鳥となりつつあるソウシチョウが、今朝センターで見られました。

IMG_2521_ソウシチョウ(s)_2017-12-03.jpg
ソウシチョウ(2017/12/03、キロポスト10番〜13番)
朝、出勤前、虫の原っぱに差し掛かると奥部でソウシチョウの囀りが聞こえました。
その後、昆虫の森に移動中、昆虫の森の方からソウシチョウの囀りが混じる一群がこちらに移動してきました。さっきの一尾根超えて来たのかな?
常緑樹の茂みから茂みへ、10羽まではいないほどの群れが素早く移動していきます。
茂みの中ではせわしなく動き回り、木から木への移動は一直線で素早いものです。

私がソウシチョウを初めて見たのは平成23年1月19日。センターではないのですが、同じ旧佐伯町内でした。そんな経験もふまえ、センターだより(平成24年10月1日号)に記事を書いたのですが、その頃はまだそれほど一般に知られてはおらず「こんな鳥が渡りの時期や冬に普通に見られるようにはならないことを願う!」と書きましたが、見事に状況は悪化しましたね。
去年ぐらいから、センターではコンスタントに声が聞かれるようになり残念な気分です。

ソウシチョウは鑑賞目的移入されたものが野生化している状態です。アライグマやミシシッピアカミミガメのように、「飼えなくなったけど、かわいそうだから…」と野に放した結果、様々な問題を引き起こしている種とあまり違いはありません。

夏にオオルリに会いに県立森林公園(鏡野町)に訪れたら、ソウシチョウしかいなかった…みたいなことにならなきゃいいですが…

IMG_2589_ルリビタキ(s)_2017-12-03.jpg
ルリビタキ(2017/12/03、同じ場所)
先日のと同じと思われるルリビタキ♂!
ソウシチョウの騒がしさに右往左往…

IMG_5169_キクイタダキ(s)_2014-11-12.jpg
キクイタダキ(2014/11/12の掲載写真を引用)
昨日、2017/12/02に、キロポスト10番〜13番の観察路で群れが確認されたそうです。
Y先生、情報ありがとうございました。

文/写真:難波




Posted by 山田 at 10:03 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

冬鳥情報(ルリビタキ他)[2017年12月01日(Fri)]
やっと青いのが見れました…
ルリビタキの初見は、例年は11月中旬頃なのですが、今年は少し遅れて11月下旬に差し掛かってからになってしまいました。
IMG_2104_ルリビタキ(s)_2017-11-26.jpg
ルリビタキ♀タイプ(2017/11/26、花の広場周囲)
♀タイプの確認は今のところ、花の広場周囲、キロポスト9番〜10番の間、3番〜4番の間など。

IMG_2374_ルリビタキ(s)_2017-12-01.jpg
ルリビタキ♂(2017/12/01、キロポスト10番〜13番の間)
♂は昨年の初見と同じ場所!ですが、半月遅れとなりました。

今年はジョウビタキの♂が比較的多く入ってきているので、初心者の方にも探しやすいかと思います。目立つところに出てくるジョウビタキと違い、ルリビタキは茂みの低いところをウロウロしているので見つけにくいかもしれませんが、是非、幸せの青い鳥探しをしてみてください。

IMG_2059_ヒドリガモ(s)_2017-11-22.jpg
ヒドリガモ(2017/11/22、上池)
IMG_2048_キンクロハジロ(s)_2017-11-22.jpg
キンクロハジロ(2017/11/22、田尻大池)
冬鳥として、センターではあまり見ないヒドリガモが見られたので記念にパチリ。田尻大池では例年通りホシハジロがまとまって入って来ていますが、それに混じってキンクロハジロが複数羽見られました。キンクロもセンターにはあまり多くは入ってこないので記念にパチリ。

IMG_1844_アトリ(s)_2017-11-19.jpg
アトリ(2017/11/19、花の広場周囲)
イロハモミジは落葉が進んでいるものと、まだ紅葉が見頃のものがあったりします。
植物質食のアトリは、そんなイロハモミジの実をついばみに来ていました。

IMG_1688_コゲラ(s)_2017-11-13.jpg
コゲラ(2017/11/13、花の広場周囲)
留鳥ですが、紅葉との雰囲気が良かったのでパチリ。

IMG_2342_エナガ(s)_2017-12-01.jpg
エナガ(2017/12/1、キロポスト9番〜10番の間)
留鳥ですが、久しぶりに頭上を群れが通過してくれました。
最も小さい部類のエナガですが、至近距離で振り返り、大きくパチリ。

DSCN0587_アオゲラ(s)_2017-11-22.jpg
アオゲラ(2017/11/22、センター棟近く)
建物にぶつかってしまったのか、ショックでうずくまったままです。
センター棟のスタッフでは、どうしてよいやら右往左往。
傷病鳥獣の対応もしているタンチョウ班にお願いすると、速攻で野生復帰してしまいました!
大事が無くて良かったと思う反面、特に手を貸すべきでもなかったのかと反省も…

追伸.
この一週がセンターでは紅葉の見納めになろうかと思います。
日々、落葉がすすむ頃ですが、まだ良い色のイロハモミジや様々な木々が見られます。野鳥観察がてら、週末は是非センターへ。

文/写真:難波


Posted by 山田 at 13:20 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

タンチョウ散策についてのお知らせです[2017年11月30日(Thu)]
タンチョウの散策についてのお知らせです。晴れ
SI7A8089-1.jpg
日程は12月3日(日)12月10日(日)1月7日(日)1月8日(月祝)に行う予定です。時間は10:20頃から12:00頃まで数回行います。
大自然の中を散策するタンチョウの姿をお楽しみください。
※なお、雨天・荒天時は予告なく中止する場合がございますので予めご了承ください。

Posted by 山田 at 11:06 | タンチョウ | この記事のURL | トラックバック(0)

オオムラサキ♪[2017年11月23日(Thu)]
オオムラサキ幼虫.JPG
僕(私)を捜しにおいでよ♪^^

Posted by 山田 at 16:53 | 本日の一枚 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

イロハモミジの紅葉が見頃です![2017年11月15日(Wed)]
主に池沿いに点在するイロハモミジの紅葉が見ごろを迎えています。

KIMG0864_大池(s)_20171115.jpg
大池沿いのササユリ保全地辺りから対岸を望んだ様子。
ほぼ終日順光です。

KIMG0862_大池(s)_20171115.jpg
大池沿いの花の広場辺りから虫の原っぱを望んだ様子。
ここもほぼ終日順光です。

KIMG0861_上池(s)_20171115.jpg
中堤からタンチョウ放飼場を望んだ様子。
ここは朝早い時間帯が順光です。午後は半分陰ります。

KIMG0868_上池センター棟(s)_20171115.jpg
野鳥観察小屋からセンター棟を望んだ様子。
昼前後が順光です。この写真は朝ですが、半分陰っています。

KIMG0871_上池(s)_20171115.jpg
上池とケージ間の観察路沿いです。
朝はさんさんと陽が降り注いでいます。
日中もセンター棟やタンチョウ放飼場、水生植物園が順光になります。

KIMG0858_上池(s)_20171115.jpg
水生植物園から先ほどのタンチョウ放飼場を望んだ様子。
朝が順光になります。
日中はやや逆光になります。

センターは、最も一般的なルートで、景色はほぼ順光となります。
紅葉を楽しみながらのぶらり散策、お勧めです。
今、見ごろのイロハモミジですが、場所によってはゆっくり紅葉するものもありますので、しばらく楽しめます。
山容を覆うコナラ等の落葉樹は、これからオレンジ色を増していき、12月上旬まで楽しめます。
息の長いセンターの紅葉を是非見に来ていただければと思います。

タンチョウ散策もあわせて是非!

写真コンテストの応募締め切りが11/24!差し迫ってきておりますので、こちらもお忘れなく!

文/写真:難波
2017/11/15

Posted by 山田 at 19:36 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

紅葉とタンチョウ♪[2017年11月13日(Mon)]
1641.jpg
撮影場所:上池湖岸
撮影時間:8時30分ごろ

今日はもう一枚追加!!
1H2A1207-1   ok.jpg
撮影:坪井氏

Posted by 山田 at 11:33 | 本日の一枚 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

冬鳥情報(アオジ、シロハラ、ハイタカ)他[2017年11月06日(Mon)]
10月の天候不順が嘘のようなポカポカ陽気
まあ、朝晩は10℃を下回り、コンスタントに冷え込むようになってはきましたが…
日中の青空は素晴らしい。
センターの紅葉もイロハモミジを主に、良い感じに紅葉に深みが増してきました。

IMG_1008_イロハモミジ、ヤマザクラ(紅葉)(s)_2017-11-05.jpg
イロハモミジ(2017/11/05、昆虫の森近く、大池沿いの観察路沿い)
上池、大池沿いに植わっているイロハモミジは随分色づいてきました。
他、ヤマボウシ、ニシキギ、コマユミ、カマツカ、ヤマウルシ、ハゼノキ、ヤマザクラ等の紅葉が見ごろ。ケヤキの紅葉のピークは過ぎ、落葉が進んでいます。
山容を広く覆うコナラ等の夏緑広葉樹がオレンジに染まるのはまだしばらく先。
それまではイロハモミジが比較的長く楽しませてくれるでしょう。

IMG_0795_カトリヤンマ(s)_2017-10-27.jpg
カトリヤンマ(2017/10/27、水生植物園)
日中の陽気に誘われて、チョウやトンボも賑わいます。
アカタテハ、キタテハ、ルリタテハ、テングチョウ等のチョウ。
ナツアカネ、マユタテアカネ、キトンボ、オオアオイトトンボ等のトンボ。
まだまだ動きが見られますが、お客様情報によると、越冬トンボのホソミオツネントンボ、ホソミイトトンボ等の確認もあり、昆虫もオフシーズンの様相を呈してきました。
カトリヤンマの成虫の確認は夏から秋。センターでは秋になって上池周辺で茂みの枝にぶら下がって休んでいるのを確認することができます。産卵は田間の素掘りの溝の土壁面等なので、センターでは野草園のたんぼまわりが産卵場所だと思っていたのですが、この水生植物園も産卵場なのかもしれません。
♂が2頭、採餌しながらのホバリングを続けていました。♀待ちなのだとは思うのですが、残念ながら現れず…まだ見ぬ交尾行動等はおあずけとなりました…

IMG_0852_ジョウビタキ(s)_2017-10-30.jpg
ジョウビタキ(2017/10/30、ヤマセミ橋のイヌザンショウ)
今年は大量に入ってきてます。
今、入ってきてる個体が冬季、全て居座るとは限りませんが、そうはいってもこれだけの数。
この冬は、冬鳥の代表種、ジョウビタキのおかげで退屈しないかもしれません。

IMG_0551_キビタキ♀(s)_2017-10-27.jpg
キビタキ♀(2017/10/27、ヤマセミ橋のイヌザンショウ)
例年、夏鳥であるキビタキの確認は、タンチョウフェスタの頃までというのが一般的。
今年はまだ上池周りで地鳴きが聞こえることがあります。
他、通過確認が主のムシクイ類(メボソムシクイ?エゾムシクイ?)も、お客さんらに確認されているようです。
ノゴマのその後の確認は残念ながらありませんでした…
ムギマキも気にしてはいたのですがボーズです。

IMG_0404_マヒワ(s)_2017-10-27.jpg
マヒワ(2017/10/27、大池上空)
群れてあっち行ったりこっち来たり。
冬鳥ではあるのですが、のんびり居付いている感じではないです。
湿生植物園のハンノキ林にも来たりします。
しかし、ひどい写真。
まともなのが撮れたらまたお知らせします。
他には…。冬鳥ではないですがイカルや、招かれざる客、ソウシチョウが美しい声を聞かせてくれたりしています。

1P9A5051_アオジ(s)_2017-10-31.jpg
アオジ(2017/10/31、湿生植物園)
園内各所で見られ、かなりの数が入ってきているようです。
冬鳥で、センターではこれからの冬季、安定して見ることができます。

IMG_1322_シロハラ(s)_2017-11-06.jpg
シロハラ(2017/11/06、花の広場近くの観察路沿い)
例年、今頃は警戒心が強く、なかなか目撃は出来ないのですが、今年は幸先良い?
ばっちり目撃できました。
シロハラも冬季の間、安定的に確認できる冬鳥です。
散策中、近くの林床でガサゴソ音がしたらシロハラを疑って探してみてください。

他、オオバンが10羽近く上池に入っていたり、大池にはホシハジロ、マガモの他、センターにはあまり来ないヒドリガモ等も見られます。オシドリが入ったような情報もありました。

IMG_2785_ハイタカ(2羽)(s)_2017-10-31.jpg
ハイタカ(2017/10/31、湿生植物園)
2羽が交錯。いずれもピンボケ(涙)
IMG_1110_ハイタカ(s)_2017-11-05.jpg
ハイタカ(2017/11/05、上池・大池上空)
10月下旬からコンスタントにハイタカが確認されています。冬鳥です。
日中、小鳥の存在が閑散としているのは、このような上位種が暗躍しているからかもしれません。
この日は本当に天気が良く、この日中の時間帯、上昇気流が良かったのかトビのタカ柱や、ノスリも見られました。

IMG_1353_オオタカ(s)_2017-11-06.jpg
IMG_1365_オオタカ(s)_2017-11-06.jpg
オオタカ(2017/11/06、上池上空)
昨日の今日。
連日のハイタカかと思ったらオオタカのようです。
タンチョウケージの方角から、中堤に向けてすごいスピードでやってきたと思ったら身をひるがえし職員駐車場の方へ、いったん姿を消しました。この間、素早すぎて撮影できず。
稜線からこちらにやってきて、どうにかキャッチ。
そのままタンチョウケージ上空から湿生植物園の方角へあっという間に飛んで行ってしまいました。
ハイタカとはちょっと違うダイナミックな動きのオオタカでした。捉え続けたと思ったのですが、大した写真ではなかったです。遠かったか…、或いはカメラのせいにしておきましょう(笑)
オオタカは留鳥なんですが、そうはいっても通年確認はできません。
センターでは、だいたい秋・冬の確認です。

IMG_0973_ワケタン(飛翔)(s)_2017-11-05.jpg
ワケタン(左)とロクハ・アオの三つ巴飛翔(2017/11/05)
3年前の6/6に生まれたナイン♂は自然孵化・自然飼育で普通に育っちゃいましたが、ワケタン♂は自然孵化と少しの自然飼育の後、スタッフとの接触を密にして育った時代の寵児。
後楽園もそうですが、飛翔個体は人とのコミュニケーションに大らかな♀が普通。センターのロクハ・アオも♀。
ワケタンは♂でありながら、今後の人とタンチョウとの連携の可能性が期待されています。

ワケタンは、飛翔可能な体になる頃、タンチョウの両親より、スタッフとの交流が密になっていた状態でした。飛翔を始める頃、屋根なしケージを活用しており、屋根なしケージがワケタン自身の安心できる場所として刷り込まれたのでしょうか。

素晴らしい3羽の飛翔シーンですが、この後、十中八九ワケタンは屋根なしケージに急降下します。

IMG_1126_タンチョウ、ワケタン(s)_2017-11-05.jpg
IMG_1176_タンチョウ、ワケタン(s)_2017-11-05.jpg
IMG_1185_タンチョウ、ワケタン(s)_2017-11-05.jpg
ワケタン(2017/11/05、催し広場)決してモデル撮影会ではありません。
上池の湖岸放飼場にはワンペアが縄張りを主張しているし、ワケタンとしては色々気になることが多いのかも。センターは広いので、色々な場所があるのを確認するのも良いかもしれません。ということで、スタッフとのんびり散策し、他の場所からの飛翔体験を促したりもしています。
これらは試行錯誤の意味合いが強く、決まったルーチンではありませんので悪しからず。
ワケタンやロクハ・アオの飛翔訓練として、日程はホームページのトップページにも示していますが、内容はまさに試行錯誤。一定したプログラムはありませんので、ご来場のお客様におかれましては、のんびりお付き合いいただけるとありがたいです。

追伸.
ワケタンの追っかけをしている間、上池湖岸では2羽のカワセミが行ったり来たりしていました。
IMG_1260_カワセミ(s)_2017-11-05.jpg
カワセミ(2017/11/05、上池)

文/写真:難波




Posted by 山田 at 19:55 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

タンチョウフェスタ♪[2017年11月05日(Sun)]
10月29日(日)、台風接近による大雨雨台風

自然保護センターを会場にしての「タンチョウフェスタ」は中止…もうやだ〜(悲しい顔)
(タンチョウフェスタはサエスタで開催されました。)

でも、恐竜くんのトークライブ、南壽あさ子さんのライブ、イノシシベーコン試食、毎年恒例の「丹頂ぜんざい」「東粟倉村の愛の水を使ったコーヒー」「クラフト教室」(友の会の皆様)はセンター棟で開催しました!

【恐竜くんトークライブ】
午前、午後と違う内容でお話ししてもらいました。
192.JPG
午前はティラノサウルが中心のお話♪

やっぱりティラノサウルスは大人気の恐竜!
子どもたちの食いつきが違うひらめきひらめき
歯の化石や筋肉のつき方など、ティラノサウルスが他の肉食恐竜よりどのくらい凄かったかを熱く語る恐竜くん!

229.JPG
午後は植物食恐竜について。

パキケファロサウルスが子どもの頃から年を重ねるにつれてだんだん頭骨の形が変わってくる様子にみんなびっくり!
その形の変化がよく分かるスライドでした♪

恐竜くんのお話は、参加者の方々から「へぇ〜〜!」「ほぉ〜〜!」と声が出るくらいの大盛り上がり♪

ここから未来の恐竜博士が生まれてくれたら嬉しいなぁ〜わーい(嬉しい顔)

【南壽あさ子さんのライブ】
219.JPG
透明感あふれる歌声がセンター棟展示室に響きわたりましたるんるん

215.JPG
準備した席はほぼ満席!
遠くは東京や福岡、三重などからのお客様も来られていました♪(センターへのお土産もありがとうございました!)

南壽あさ子さんの素敵な歌声はこちらの動画をどうぞ♪


173.JPG
「あつたや」さんが準備してくれた『イノシシベーコン』試食が大人気!

171.JPG
イノシシベーコンを口の中に入れ、ひとくち噛むとジュワッと広がる天然の旨味!
脂が口の中でゆっくりとけて、噛むごとに幸せな気持ち♪
ここで美味しいものを食べて、みんな笑顔になりましたわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

198.JPG
ドングリや木の枝を使ったクラフト教室!
たくさんの方々に楽しんでいただきました♪

203.JPG
丹頂ぜんざいも大人気ぴかぴか(新しい)

足元が悪いなか、300名を越える方々がセンターに来てくださいました♪
来場の皆様、本当にありがとうございました!
そして恐竜くん、南壽あさ子さん、熱田安武さん、ボランティア、友の会の皆様にも感謝の気持ちでいっぱいです!!
ありがとうございましたるんるん

来年は晴天でありますように!
また楽しい企画をスタッフで考えたいと思いまするんるん


【おまけ】
ハロウィンの仮装をしてきてくれた子どもたち黒ハート
163.JPG
180.JPG
とっても可愛いお化けがいっぱい♪
センター棟がパッと明るくなりました!
仮装してきてくれた子ども達、ありがとうハートたち(複数ハート)

Posted by 山田 at 11:39 | イベント報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

前へ | 次へ

検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山田さんの画像
http://blog.canpan.info/sizenhogo-center-01/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sizenhogo-center-01/index2_0.xml