CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
岡山県自然保護センターのブログです!
センターの最新情報を発信中♪

ワクワク!ドキドキ!生き物情報や施設見学、イベント情報、タンチョウの話題などもどんどんアップしていきます!

お楽しみに〜♪♪
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
渡り鳥(ノゴマ目撃)と冬鳥(アトリ)の飛来[2017年10月18日(Wed)]
ノゴマ(2017/10/18、目撃)
センターでは春と秋の渡りのシーズンにのみ希に見られる通過鳥です。
キロポストの9番〜10番の間の観察路沿いの茂みの中で♂を目撃しました。
(ヤマセミ橋から虫の原っぱの間の観察路沿いです)
本日、10/18の午後2時頃です。
鳴き声はありません(全く無いわけではないのですが、ほぼ無い…)。目撃のみです。すぐ見失いました。この春の事を考えると、写真が撮れるのを待つのも良くないと思い取り急ぎお知らせしておきます。
過去の観察日は次のとおり。2011/11/01、2012/04/27、2013/10/21、2017/04/23-28
http://blog.canpan.info/sizenhogo-center-01/img/1P9A9319_E3838EE382B4E3839E(s)_2017-04-25.jpg
場所はだいたい同じようなヤマセミ橋から虫の原っぱにかけての茂みです。

ヤブサメ(2017/10/18、地鳴き)
場所はノゴマに同じです。ヤブサメの地鳴きは明確ではないのですが、バードリサーチ鳴き声図鑑のサイト情報を聞いてみたところ間違いなさそう。この声は、湿原への途中で確認して以降、催し広場周囲でも聞いているので、まだ少しの間(月末まで)ぐらいは目撃のチャンスがあるのではと思って期待しています。
http://blog.canpan.info/sizenhogo-center-01/img/IMG_8174_E383A4E38396E382B5E383A1(s)_2017-09-22.jpg

IMG_9445_アトリ(s)_2017-10-18.jpg
アトリ(2017/10/18、虫の原っぱ奥部)
新しい情報から。今朝、アキニレ、ノグルミに採餌に来ていました。30前後のそこそこの群れでした。

IMG_9516_ノジコ(s)_2017-10-18.jpg
たぶん、ノジコ(2017/10/18、虫の原っぱ入り口アキニレ)
逆光でピントがあいませんでした。センターでは春か秋に希に見られます。
ノゴマと同じぐらい、滅多に見られません。

IMG_9397_オオバン(s)_2017-10-18.jpg
オオバン(2017/10/18、上池)
オオバンはセンターでは冬鳥でしょうか。一週間ほど前から見られ始めました。バンはもう少し前、初旬頃から幼鳥・成鳥のペアで見られたりしていました。

IMG_8677_エゾビタキ(s)_2017-09-30.jpg
エゾビタキ(2017/09/30、花の広場)
古い写真でスミマセン。もう抜けてしまっているでしょうけど、記録として挙げておきます。
センターでは秋に見られる通過鳥です。

IMG_9285_アサギマダラ(s)_2017-10-09.jpg
アサギマダラ(2017/10/09、催し広場)
旅鳥ならぬ、旅蝶です。
お知らせが遅くてスミマセン。

IMG_9308_ナツアカネ♀(s)_2017-10-09.jpg
ナツアカネ♀(2017/10/09、虫の原っぱ)
秋の七草の最後発、オバナならぬススキが見ごろ。あわせて赤とんぼも最盛期。

IMG_9223_ナツアカネ(s)_2017-10-08.jpg
ナツアカネ連結産卵(2017/10/08、虫の原っぱ)
稲穂がたわわに実る頃、稲刈りのシーズンですが、ナツアカネも産卵のピークを迎えているようです。本日10/18の日中も、雲天雨天続きの中の貴重な晴れ間、交尾・産卵が盛んに行われていました。
連結産卵中、ホバリング時はピン合わせはまずまずですが、打空産卵時、動きがあるためピンが外れます(涙)。卵が写っていて、まずまず見れるものを探してみました。

IMG_8867_キトンボ(s)_2017-09-30.jpg
キトンボ(2019/09/30、水生植物園)
黄トンボという赤とんぼの仲間も見られました。

IMG_8875_オニヤンマ(s)_2017-09-30.jpg
オニヤンマ(2017/09/30)
夏を謳歌したオニヤンマのシーズンもお終いです。

IMG_8966_ヤマガラ(s)_2017-10-08.jpg
IMG_8945_ヤマガラ(s)_2017-10-08.jpg
ヤマガラ(2017/10/08)
センター内のあちこちにあるエゴノキの実にヤマガラが集まっています。ドングリも好きでシイノキにも採餌に訪れますが、まだまだエゴノキで待機するのが効果的です。

IMG_9525_ケヤキ(紅葉)(s)_2017-10-18.jpg
ケヤキの紅葉(2017/10/18、虫の原っぱ)
センターの紅葉はまだ本格的ではありません。野鳥観察小屋付近の観察路沿いに多くあるニシキギやコマユミが先陣をきっています。ヤマザクラ、ハゼノキ等は更に早い時期から紅葉していましたが、目にとまるほどではない状況。ここのところ天候不順で冷え込んでいますが、寒暖差がありません。上池・田尻大池外周に多いイロハモミジが赤く染まるのはいつごろになるでしょう。

9月にも台風が来て、この週末から来週始めにかけても台風の影響がありそうです。
土砂が出たりとフィールドのあちこちで影響が見られますが、どっこい生きものはがんばっているようです。おいおい手入れいたしますので今後ともよろしくお願いします。

追伸.
本日、ネイチャーフォト講座の講師をお願いしている虫上さんがセンターに下見に来られました。私がセンターに勤務する以前から、湿生植物園のハッチョウトンボの撮影の通っていただいたりしていたようで驚きました!今のところ天気が不安ですが、うまく実施できれば楽しい行事になることうけあいです。よろしくお願いします!

文/写真:難波

Posted by 山田 at 20:55 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

最近のヒナ君[2017年10月13日(Fri)]
みなさんこんにちわタンチョウ班です。
ヒナ君の飛翔訓練をご紹介晴れ

SI7A8532-1.jpg
現在ヒナ君は先輩のお姉さんたちと一緒に飛翔訓練中ぴかぴか(新しい)
SI7A8570-1.jpg
どや〜〜ぴかぴか(新しい)
・・・なお、お姉さんたちはちゃんと帰ってきますが、ヒナ君はまだ一方通行ですsoon
帰りは歩いて帰ってきます目

Posted by 山田 at 17:20 | タンチョウ | この記事のURL | トラックバック(0)

スパイダー調査隊〜センターのクモを観察しよう〜[2017年10月13日(Fri)]
 ディープな企画第三弾!(注:第二弾はハチ追い大作戦です。別にブログで紹介します)
 講師は岡山県が誇るクモ博士の野嶋宏一氏(以下敬称略)です。では、実況中継始まり。
参加者「このクモは何ですか?」
野嶋「ナガコガネグモです」
参加者「このクモは何ですか?」(以下しつこいのでこの質問略)
野嶋(以下すべて野嶋)「コクサグモです。このように棚網をつくっています。」
コクサグモ.jpg 
「ジョロウグモです。この大きいのがメス、その横にいる小さいのがオスです。そしてこのとっても小さいクモ見えますか?これが、シロカネイソウロウグモです。ジョロウグモの巣に住み着いて、ジョロウグモの餌をかすめとる、文字通り居候のクモです。」
「シボグモです。」「デーニッツハエトリです。」「トラフカニグモです。お尻がとがっています。」「アシナガサラグモです。この小さいのがチリイソウロウグモで、これはちょっと気が強くて、宿主(注:巣の主)から餌を奪うタイプの居候グモです。イソウロウグモの中には宿主を襲う種もいます。」「ハツリグモです。昼間は葉の中にこのように隠れています。」「この小さいのがチリイソウロウグモの卵のうです。」「カタハリウズグモです。巣の真ん中が白い隠れ帯になっています。」「オオシロカネグモです。主に水辺に巣を張ります。」「ジョウロウグモです。このように巣は馬蹄形で上に糸がありません。足場の糸(注:巣をつくる時に足場にする糸)は回収しません。」「アオオニグモです。夜に出てきます。」「ゴミグモです。このように回りにゴミをくっつけています。どこにいるのかわかりませんね。ほら、このように採ったらわかります。」「ヤサコマチグモです。弱い毒があります。」「イオウイロハシリグモです。」「ネコハエトリです。」
 「こうやって落ち葉をとって篩にかけると下にいっぱいクモが落ちてきます。こうやって採集したら新種のクモもとれることがあります。」
新種.jpg 
「あっ、カトウツケオグモがいました。これとっても珍しいクモなんです。(注:野嶋さんがデレーとした笑顔になる)」
「アリグモがいました。アリにそっくりでしょ。」「ヒシガタグモです。」「イタチグモです。」「ウデブトハエトリです。腕が太いです。」「コデーニッツサラグモです」「この小さいのがミナミアリマネグモです。アリに似ていますね。」「ヨロイヒメグモです。硬い鎧を着ているみたいです。」「オトヒメグモです。ちなみにウラシマグモという名前のこれに似たクモもいるんです。」
「全部で30種確認できました。このように沢山の種類のクモが棲むためには、草地や樹林などいろいろな環境があることが必要です」
 ということで、これまたセンターの自然の豊かさをみせつけることができました。
 この長文を読んでくれたアナタ、ありがとうごいました。次はアナタがクモ博士?

Posted by 山田 at 15:05 | イベント報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

秋の鳴き虫観察会[2017年10月13日(Fri)]
 自然保護センターの3連休は、ディープなイベント3連ちゃんでした。
 まず、そのトップを切ったのは夜、暗闇の中で、コオロギやキリギリス等虫の声を聞くというもの。日本人はこの虫の音を「声」として認識できる稀有な民族だそうで、この風流な企画も日本ならではです。ちなみに他の国の人は雑音として聞こえるそうです。
 まず、講師の池田氏より、センターにいる実物の虫とその鳴き声の紹介。とても覚えきれませんが、とにかくそれぞれの虫は、種ごとに地面、草、樹木の中で好きな所にすんでいるということだけ覚えて、いざ網を持って出発。
生息場.jpg
 声をたよりに探し続けます。お父さん、もう風流を飛び越して採集に夢中です。これは樹上のカネタタキを採集しています。
真剣採集.jpg
 しばらくすると、シカまでが俺も俺もと参戦して、鳴きだしました。ますます、風情が増してきました。
 この日確認できた鳴く虫は、エンマコオロギ、オカメコウロギ、シバスズ、カネタタキ、アオマツムシ、カンタン、ササキリ、ホシササキリ、オナガササキリ、ツユムシ等でした。
釣果?.jpg
 ちょいとめずらしいカヤコウロギもたくさん採集されて、センターの自然の豊かさをみせつけることができました。


 

Posted by 山田 at 14:49 | イベント報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

団体利用_二宮連合町内会さま♪[2017年09月30日(Sat)]
本日、快晴のなか、二宮連合町内会の皆さんがセンターを訪れてくださいました!
010.JPG

タンチョウのお話をスタッフから聞き、そして羽や卵に触れていただきました!
016.JPG

子ども達はカマキリやバッタを捕まえて大喜び♪
021.JPG
007.JPG

秋の思い出のひとつになっていたらうれしいなぁ〜!

Posted by 山田 at 13:59 | 最新情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

オオルリ若、ヤブサメ、ホトトギス、赤とんぼ等[2017年09月29日(Fri)]
今年のタカの渡り観察会はしっかり見れたみたいです。
私自身は全く機会に恵まれずです。
期間中に見られた、それ以外の渡り要素?の種を含め、季節の生きものをざっと紹介します。

1P9A2195_ホトトギスの仲間(s)_2017-09-01.jpg
ホトトギスの仲間(2017/09/01、センター棟近く、坪井撮影)
ど逆光の悪条件で撮っていただきました。
センターでは、秋の渡りのシーズン中は、だいたい9月中旬から10月上旬まで確認実績があります。ただ、毎年は見れるほどの密度はないようで、難しい。

IMG_7669_ゴイシシジミ(s)_2017-09-10.jpg
ゴイシシジミ(2017/09/10、虫の原っぱ)
観察ポイントがあずまや近くに絞られていたようで、一枚の葉に多数が群れて止まっている状況など、なかなか見られない情景を捉えられたお客さんもおられたようです。
私はそのような出合いもなく…、渾身の一匹です。
夜露がススキの葉を滑り落ちる瞬間だったのですが、表現できませんでした。
なんとなくイメージしていただけるとありがたいです。

IMG_8113_ツマグロキチョウ(s)_2017-09-21.jpg
ツマグロキチョウ(2017/09/21、虫の原っぱ)
9月中旬ごろからちょいちょい見かけていたのですが、はっきり分かる写真が撮れず。下旬になってやっと撮れたという感じです。
お客さんもそうだったと思うのですが、同時にシルビアシジミも目を皿のようにして探してみたものの、今季は出合えずでした…。

IMG_8174_ヤブサメ(s)_2017-09-22.jpg
ヤブサメ(2017/09/22、タンチョウ棟から湿原への途中)
ヤブサメは普通の夏鳥だと思います。…が、なかなか見れない、撮れない種ではないでしょうか。
普通というのは、夏、囀り声は各所で普通に聞けるから。センターでも聞かれない年は無い。
ところが、私はセンターでは目撃はしたことないのです。
県内の別の場所では目の前の小枝でクルクル回ってくれる様子をじっくり見たことはありますが、カメラを持っていなかったからサービスしてくれたのでしょうか。
今回は、聞きなれない地鳴きに気をひかれ、撮影したところヤブサメでした。
この春、エゾムシクイの声だけ確認があったので、そういう思い込みがあったのですが、ヤブサメでした。
初撮りです!が、天気が悪く、しかも場所的にも暗く、結局真っ暗だったのが残念。5mの距離だったのに悔やまれます。
そういえば、今回もクルクル回っていました…
その後、同じ場所では見られず、昨日、野鳥観察小屋付近からタンチョウケージにかけての薄暗い観察路沿いで、一声囀り聞きました。まだ、どこかにいるのか、次々移動しているのか。

IMG_8303_アオモンイトトンボ(s)_2017-09-25.jpg
アオモンイトトンボ(2017/09/25、昆虫の森デッキ)
お客さん(てぃさん)だよりのアオモンイトトンボでしたが、やっと自分でも見れた…
いろいろ情報ありがとうございました。
昆虫の森デッキ付近では、水生植物園で繁殖していたヒクイナが、今、こちらでゆっくりしているらしいです。

IMG_7996_ミズアオイ(s)_2017-09-15.jpg
ミズアオイ(2017/09/15、水生植物園)
昨年の暮にカサスゲの除去を行った場所で、たくさんのミズアオイが発生しました。台風の影響で土砂が大量に入ってきたりして、場が少し荒れてしまい残念ですが、現在多くの株で開花が最盛期を迎えています。なんと、オニバスも発生していますので探してみてください。

IMG_7831_マユタテアカネ(s)_2017-09-13.jpg
マユタテアカネ(2017/09/13、水生植物園)
天気の良い昼下がり、マユタテアカネが尻上げをしていました!
現在、この♂は随分くたびれてしまっていますが、マユタテアカネは他の観察フィールドでも見られるようになってきました。

IMG_8433_オオルリ(s)_2017-09-29.jpg
オオルリ若♂(2017/09/29、ヤマセミ橋近くの観察路沿い)
数日前から、気になる地鳴きが聞かれ、気にしていたのですが、やっと見れました。
滞在中なのか、次々入れちがいなのか不明。
この観察の後、この個体はイベント広場の方まで飛んで行ってしまいました…。

IMG_8510_ナツアカネ(s)_2017-09-29.jpg
IMG_8492_ナツアカネ♀(s)_2017-09-29.jpg
ナツアカネ(2017/09/29、虫の原っぱ)
数日天気が悪く、赤とんぼ散策の雰囲気ではなかったですが、良かった。ちゃんと出てたナツアカネ。♂♀ともにしっかり見れました。

IMG_8549_タカネトンボ♂(s)_2017-09-29.jpg
タカネトンボ(2017/09/29、湿生植物園)
昨年、多くみられたヒメアカネを求めて湿原へ。
残念ながら見られずです。
平成池近くで採餌飛翔するエゾトンボの仲間を、とりあえず撮る!
全体的にはピンボケですが、尾部先端がはっきりしたのでタカネトンボ♂で間違いなしです。
コウホネ池付近でオオアオイトトンボも見れました。

追伸.
10/1(日)は初心者のための自然観察会「赤とんぼを探そう!」が開催されます。ここのところ、発生状況が微妙で当日が心配されていましたが、今日見た限りでは一通り観察できそうな雰囲気でした。赤とんぼだけでなく、平成池が定番のオオルリボシヤンマが大池周囲に降りてきているとも聞きますし、まだまだオニヤンマやオオヤマトンボも見られます。じっくり見るとイトトンボの仲間もまだ見られますのでお楽しみに!

文/写真:記載のあるもの以外は難波

Posted by 山田 at 23:00 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

参加者募集♪「秋の鳴き虫観察会」♪[2017年09月29日(Fri)]
朝晩と涼しくなってきました!

夜、耳を澄ますと秋の虫の声が聞こえます♪

ということで、秋の鳴いている虫を観察するイベントを自然保護センターで開催します!

その名も「秋の鳴き虫観察会」わーい(嬉しい顔)

日時:2017年10月7日(土)19〜21時
集合場所:岡山県自然保護センター 研修室
対象:一般・親子
定員:30名
申込方法:往復ハガキ、FAX、メール(sizen-entry@kankyo.or.jp)

昨年は雨のため中止…
以下、2015年に開催したときの様子です。

053.JPG
まずは研修室に集合!
秋の鳴き虫について学びました。

064.JPG
講師の池田先生が事前に捕獲した秋の鳴き虫を実際に観察。

094.JPG
真っ暗な屋外へ!
あっちこっちから秋の鳴き虫の声が聞こえます!

109.JPG
あっ!捕れたよ〜!

084.JPG
鳴き虫以外も捕獲!
こちらはタイワントビナナフシ!

113.JPG
みんなで力を合わせて捕獲した昆虫を研修室で観察。

115.JPG
いっぱい捕獲!

124.JPG
当日、捕獲した昆虫は13種類でした♪

いつも聞こえているあの鳴き虫の正体を突き止めるチャンスです!

たくさんの方々の参加を心からお待ちしておりま〜すわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

Posted by 山田 at 14:01 | 最新情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

タンチョウ散策とヒナくんの近況についてお知らせ[2017年09月23日(Sat)]
皆さんこんにちは、タンチョウ班からのお知らせです。

【タンチョウ散策について】
今年も10月29日(日)に佐伯タンチョウ愛護会主催で行われる「タンチョウフェスタ」の開催に向けて、10月2日(月)より26日(木)まで「タンチョウ散策」の練習を行います。
IMG_2889_タンチョウ飛翔(1)(m)_2016-10-30-1.jpg
H28.920hishou[1].jpg
時間は10:20分頃から12時まで数回行う予定です。
なお、毎週火曜日、金曜日と11日(水)、25日(水)はお休みします。
※雨天・荒天時は予告なく中止する場合がございますので予めご了承ください。晴天時であっても風のある日は同様に中止する場合がございます。中止する風の状況は、風力階級で3以上、若しくは風速で3m/秒以上。顔に風が感じられ、木の葉や細かい小枝がたえず動くようになった場合を目安にしています。

【ヒナの飛翔訓練について】
1H2A8092.JPG
現在、今年生まれたヒナの飛翔訓練を行っています。
時間は10:30〜15:00の間に数回行う予定です。
※毎週火曜日、祝日の翌日はセンター休所日のため行っていません。
なお、ヒナの様子を見ながらの為、時間が前後したり、中止したりする可能性もあります。
ご了承ください。

IMG_4422.JPG
やる気満々のヒナ君

1H2A8071.JPG
コッコッ
1H2A8094.JPG
どや〜〜

一部始終は来てみてねぴかぴか(新しい)



Posted by 山田 at 16:07 | タンチョウ | この記事のURL | トラックバック(0)

2017_センターしんぶん_秋号♪[2017年09月15日(Fri)]
センターの秋のイベントが決定しました〜♪

今回の新規イベントは…

なんと!ハチを追いかけるイベント!!
ハチ獲りのプロ「熱田 安武」氏からスズメバチの素晴らしい生態や自然界での役割を学びましょう!

このほか、クモや妖怪、忍者などなど盛りだくさんです♪
大自然から元氣を分けてもらう「ヨガ体験」も開催!
毎年恒例の無料バスツアー(抽選)もあります。

10/29(日)は「タンチョウフェスタ」を開催します!
南壽あさ子さんや恐竜くんがセンターにやってくるよ♪
素敵な歌声や恐竜のお話など盛りだくさん♪

秋の思い出づくりはセンターにおまかせ!!

詳細は「センターしんぶん_秋号」をご覧ください!

センターしんぶん 表面
センターしんぶん_秋_表.jpg

センターしんぶん 裏面
センターしんぶん_秋_裏.jpg

↓↓ 印刷用のPDFはこちらからどうぞ♪(約1.4M) ↓↓
2017_センターしんぶん_秋.pdf

秋のスペシャルイベントは「9/29(金)」から申込スタート♪

たくさんの方々の参加を心からお待ちしてま〜す♪

Posted by 山田 at 17:13 | 最新情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

緊急連絡:臨時休所のお知らせ(9/17)[2017年09月15日(Fri)]
お客様各位

■17日(日)は、台風18号の影響により臨時休所(イベントも中止)いたします。危険ですのでセンター内へは立ち入らないでください。

■17日(日)は、郷の茶屋もお休みさせていただきます。

■17日(日)に予定していた「ネイチャーフォト講座」は10/22(日)に延期といたしました。ご応募いただき、参加を予定されていた方々におかれましては、ご迷惑をおかけしますが、万障繰り合わせのうえ、スケジュールの変更をお願いいたします。延期になった事によって、止むを得ず参加いただけなくなる方がおられた場合、再募集を行うことがあるかもしれません。この点、大変申し訳ありませんが、ご了承の程、よろしくお願い申し上げます。

■台風の速度によっては前後の16日(土)18日(月)にも何らかの影響が予測されます。是非ともお客様の身の安全を最優先にお考えいただき、センター内への立ち入りについては細心のご注意をお願いいたします。

2017/09/15
岡山県自然保護センター
難波

Posted by 山田 at 14:19 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

前へ | 次へ

検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山田さんの画像
http://blog.canpan.info/sizenhogo-center-01/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sizenhogo-center-01/index2_0.xml