CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
岡山県自然保護センターのブログです!
センターの最新情報を発信中♪

ワクワク!ドキドキ!生き物情報や施設見学、イベント情報、タンチョウの話題などもどんどんアップしていきます!

お楽しみに〜♪♪

« 2017年05月 | Main

<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
花情報(トキソウ、マイヅルテンナンショウ、ササユリ他)[2017年06月02日(Fri)]
今日は6/2。
昨年は暖冬だったせいか、シーズン前半の開花がどれも早めで、センターを代表する花のひとつ、ササユリの初咲きも5月末だったそうです(私の初見は6/2だったんですが…)。
そんなこともあって、昨日、スタッフが現地確認を行ったところ、まだまだといった印象とのこと。

ササユリの開花はあと数日はかかりそう。
ここ数年の自然観察会「ササユリ咲くとこどんなとこ」では、「観察会の時に花が終わりそう…」という心配がつきまといましたが、今年(6/11開催)はちょうど良さそう。

ササユリの観察会までの一週間の過ごし方は…

IMG_9287_トキソウ(s)_2017-05-31.jpg
トキソウ(湿生植物園、2017/05/31)が見頃です!
ピークの花見が可能なのはこの週末が最後かもです。

鴇色のトキソウを満喫いただいたあとは、鶴はいかがでしょう?

IMG_9399_マイヅルテンナンショウ(s)_2017-06-01.jpg
マイヅルテンナショウ(2017/06/01)
国内分布は本州、四国、九州で希。県内でも産地は限られているそうで絶滅寸前と聞きます。
センターのものは、重井薬用植物園にて大切にしている県内産系統の個体を、リスク分散のため分けていただき大切に保護しているものです。
マイヅルテンナンショウはサトイモ科の植物で、よく聞くマムシグサの仲間です。蛇が鎌首をかまえ、舌をペロペロしている様子が目に浮かぶのではないでしょうか。
そんなチョット負のイメージのあるマムシグサの仲間ですが、このマイヅルテンナンショウの名前や容姿は一線を画しています。なんせ舞鶴なんですから!
マイヅルテンナンショウの外観を見てみると、細長い附属体と呼ばれる部分が天に向かって伸びています。また複葉が左右対称に展開し、鳥が翼を広げているように見えます。
そして二株が向かい合っていれば、まるで夫婦鶴の舞に見える!ところなのですが、残念ながら写真のものは右側の個体がそっぽを向いて残念でした…

IMG_9421_ヤマボウシ(s)_2017-06-01.jpg
ヤマボウシ(2017/06/01)
園内各所(センター棟周囲、虫の原っぱなど)で見頃です。当たり年だった昨年と比べてしまうと今年はすごく少なめですが、不思議な格好の花(花びらに見えるのは総包)をご覧ください。

IMG_9280_ノハナショウブ(s)_2017-05-31.jpg
ノハナショウブ(湿生植物園、2017/05/31)
園芸のハナショウブと違い、センターのノハナショウブは生粋の野生種です。園内各所の水辺には、まだカキツバタの咲き残りがありますので、ノハナショウブと見比べてみてください。

IMG_9275_ウツギ(s)_2017-05-31.jpg

IMG_9273_ウツギ(s)_2017-05-31.jpg

IMG_9271_ウツギ(s)_2017-05-31.jpg
ウツギ(2017/05/31)
園内の観察路沿い各所でウツギが花見頃です。
ここ数日、夜の間に雷雨が訪れたりしていますが、日中はビックリするぐらいの快晴です。
ウツギというと梅雨の花、どんよりとした天気の中で、雨に打たれて花びらがちりぢりにというイメージを持っていますが、青空の下で見るウツギはありふれているけど美しい。

IMG_9430_アカシジミ(s)_2017-06-02.jpg
アカシジミ(2017/06/02)
常連のお客様から、色んな写真を見せていただいています。イシガケチョウ、黒系のアゲハの仲間、様々発生しているようです。テングチョウが大量に見られ、羽化がピークなのかも。ヒオドシチョウの羽化もそろそろでしょう。
トンボも夏のシーズンに向けて、コシアキトンボ、モノサシトンボが数を増やしており、キイトトンボ、ショウジョウトンボ、チョウトンボ等も見られ始めているようです!(ほとんどお客様情報です…)

IMG_9437_アカハライモリ(s)_2017-06-02.jpg
昨夜の雨で潤ったのか、道に迷ったのか、危うく踏むところでした。アカハライモリです。
メガネに老眼鏡入れると足もとが見えないんですよね…

DSCN2847_コサメビタキ(s)_2017-05-29.jpg
コサメビタキ(2017/05/29、水生植物園近く)
水生植物園で水の巡りがうまくいかず、タンチョウ班と悪戦苦闘。クタクタになってぼーっとしているところで、聞き慣れない警戒音がし、注意してみるとコサメビタキのようでした。
すごい近くでの出来事ですが私の事は眼中にないようで、大変な危機でも迫っていたのかもしれません。アオダイショウが近くにいたので、それに対しての事だったのかも。

キビタキも地鳴きや警戒音が混じるようになり、巣立ちがそろそろなのかも。

追伸.
一通り、書き終えたところ、お客様からでしょうか、ササユリ開花の情報あり!
スタッフ急行!
咲いてた!
ササユリ(s)_2017-06-02(地職).jpg
ササユリ初咲(2017/06/02、撮影者はスタッフ地職)
急には咲き揃わないので慌てなくても大丈夫ですヨ!

文/記名の無い写真:難波

Posted by 山田 at 10:21 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

| 次へ

検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山田さんの画像
http://blog.canpan.info/sizenhogo-center-01/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sizenhogo-center-01/index2_0.xml