CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
岡山県自然保護センターのブログです!
センターの最新情報を発信中♪

ワクワク!ドキドキ!生き物情報や施設見学、イベント情報、タンチョウの話題などもどんどんアップしていきます!

お楽しみに〜♪♪

Main | 最新情報 »

<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「リアル妖怪肝試し」をやりました!![2017年08月09日(Wed)]
ここは自然保護センターエントランス広場。
外灯もない、ま〜〜っくら闇の中です。
なにやら、あやしい影が集まってきました。
河童に天狗に狐さん???そう、今日は年に一度、妖怪達が集まって踊って遊ぶ祭りの日なのです!
「♪妖怪踊りだポンポコポン、妖怪踊りだポンポコポン、今日は楽しい妖怪祭り、朝までみんなで踊っちゃえ、ランララッララン、ランララッララン(^^♪)」

youkaiodori.jpg

人間の子供達やお父さん、お母さんも集まってきて一緒に踊っています。
妖怪たちの怪しい気配にも負けずに真っ暗闇の中で「肝試し」をみごとにやりとげた強者達です。
お月様も笑いながら、みんなを見守ってくれています。
木々と池に囲まれた草原の中、大小さまざまな影が楽しそうに舞っています。

これは夢の中のできごとだったのでしょうか?

kimodameshi.jpg

追伸.
この「妖怪祭り」をのがしちゃったアナタ。大丈夫です。自然保護センターでは9月3日まで「妖怪おばけ屋敷」をセンター棟でやっています。まだ間に合いますので、妖怪の世界を是非堪能しに来てください!

文/写真:阪田

Posted by 山田 at 16:46 | イベント報告 | この記事のURL | トラックバック(0)

自然素材の温もりを感じよう!クラフト教室♪[2017年08月05日(Sat)]
満喫自然体験イベント「自然素材の温もりを感じよう!クラフト教室♪」が開催されました!

029.JPG
講師はセンターボランティアの橋本先生!
このほかボランティアの浜田さん、迫さんがお手伝いに来てくださいました!
ありがとうございました!

026.JPG
まず最初は、「どうやって作られたか分からない」、不思議な『気になる木の矢』。
どうやって作られたかわかったかな〜(笑)

さて、今日のメインは竹でつくるけん玉です!
ボディーは竹、玉はドングリやオニグルミ、トチノキの実などで作りましたよ!
035.JPG
みんなで輪になって作りました!

あっ!
036.JPG
ちょっと慣れてきた頃に…
指を切ってしまいました…(涙)
絆創膏で応急措置!
大丈夫!すぐに治るよ〜♪^^

048.JPG
僕が作ったけん玉だよ〜!

041.JPG
僕にも作れたよ♪

047.JPG
けん玉大会!

050.JPG
みんな真剣な目でけん玉を頑張っていました!

最後はみんなで記念写真をパチリ!
058.JPG
見てください!
この嬉しそうな子ども達の表情♪

以下、参加者の声です。
・楽しかった!
・また来たい!
・けん玉をつくるのが楽しかった!
・今日は子どもについて一緒に作っていただきありがとうございました。楽しかったです!
・自然の素材を使った工作ができてとてもよかったです。なかなか普段はできないので…。

来年も橋本先生にこのイベントをお願いしましたよ〜!

この体験を通して、自然の素材が持つこの温かさを多くの方々に感じていただけるとうれしいです!

Posted by 山田 at 14:00 | イベント報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

田植えダ!田植えダ![2017年06月11日(Sun)]
センターでは昔ながらの田んぼの運用をしており、総合学習のテーマとしたり、一般向けに「たんぼの一年」という体験学習も行っていました。
ところが近年ではイノシシやシカの食害や掘り返しの影響がひどく、田んぼの存続、どうしようかなという側面もあったりしました。
昨年度末、県の対応もあって(センターは県の施設です)、イノシシ柵を設置する事ができ、当面、総合学習は存続し、一般向けは様子を見ながら進める事にしました。

本日、6/11!
その様子を見ながらの一般向け田んぼ行事の第1発目、
「田植えダ!田植えダ!」が開催されました。

集合場所のセンター棟から「田んぼ」までは、スタッフ阪田のアドバイスにならい「準備運動だと思って」移動します。

IMG_0168_田植えダ!シルバー指導(s)_2017-06-11.jpg
地元シルバー人材センターの古老、中家さんが田植えの極意を伝授します。

IMG_0230_田植えダ!田植え(s)_2017-06-11.jpg
今回は、田んぼの一年行事のうち「田植え」のみ。
気軽さも手伝ってか、この参加者数!賑わっています。
苗は、多めの束で、シルバーが予めあちこちに置いておいてくれています。
等間隔の印のついたひもを張ってあり、それに沿って植えていきます。
植える苗は、5株ほどを取り分けて一箇所に植えます。
自分の足跡がたくさんついているあたりに、次を植えるようになるため、足もとをならしながら移動します。
たくさん参加いただいたのでどんどん作業がすすみます。

IMG_0209_田植えダ!お母さんと(s)_2017-06-11.jpg
上手にできるかな!

IMG_0296_水生生物観察(s)_2017-06-11.jpg
無農薬、化成肥料無しのいわゆる有機栽培です。
自然に優しいので昔ながらの田んぼの生きものがいっぱい観察されるでしょうか?

IMG_0313_田植えダ!名前調べ(s)_2017-06-11.jpg
みんなで見つけた生きものの名前調べを行います。
ざっと見回し、コオイムシの仲間、トンボのヤゴ(シオカラトンボ等)、ドジョウ、アカハライモリ、カスミサンショウウオ(幼生)、カエルのオタマジャクシ等の定番がずらり!

我々のお腹を満たす恵みのお米を得ながらも、自然の生きものたちの命も育む田んぼ。
これからも大切にしていきたいです。

文/写真:難波

Posted by 山田 at 14:34 | イベント報告 | この記事のURL | トラックバック(0)

スパイダー調査隊[2017年06月11日(Sun)]
今年度の新規行事の一つ。
クモ(蜘蛛)に特化した観察会「スパイダー調査隊」が開催されました。
期日は6/10の10〜12時。
当日は、株式会社ウエスコで自然関係の調査やコンサルティングをなさっている野嶋先生をお招きしての野外観察会となりました。
センターで野嶋先生に講師をお願いするのは初めてのことでしたので、わたくし難波も少しだけ顔を出してきました!

IMG_9560(s)_スパイダー導入(s)_2017-06-10.jpg
冒頭は室内でアイスブレイクがてらの導入を行いました。
セアカゴケグモのような、注意すべき種の紹介がありましたが、専らスクリーンのヒーロー「ス●イダー●ン」を引き合いに出し、実際のクモの生態や活動と比較し「割とよくクモを分析して表現できている」とのご講評が楽しく聞けました。

IMG_9570_スパイダー音叉を使っての誘引(s)_2017-06-10.jpg
知る人ぞ知るテクニックなのでしょうね。
追っても逃げるので、音叉を使ってクモを誘引しています。

IMG_9591_クモ名前調べ(s)_2017-06-10.jpg
正直、ちょっと歩いて、そんなにたくさんの種類がいると思ってなかったもので、次々聞き慣れない名前が飛び出してきて驚きでした!
巣にもいろんなタイプがあるようでしたが、同じ巣に、複数種が居ついているのも興味深い話でした。イソウロウグモ(居候蜘蛛)なんてウソのようなホントの話。
個人的にきつかったのは、結構サイズが小さい種類がいて、見えない…。子供達は目がいいので全然大丈夫そうでしたね!

IMG_0023_ジグモ解説(s)_2017-06-10.jpg
途中、常連のお客様とのお話しなどで離脱してしまいましたが、最後の方で、ジグモというとてもクモの巣には見えない巣を張る種が紹介されました。
私も含め、ジグモの存在を知らなかった方は多かったのではと思います。
写真をご覧になってわかると思うのですが建物近くの場所でも見られるということで、おそらく一般の方にとって最も身近な種類かもしれないと思いました。

このあたりがこの行事のキーになるのかも。
「知らない事(もの)が一番怖い」「知る事で距離が縮まる、身近になる、気付く」

IMG_0027_野嶋さん(ジグモ解説)(s)_2017-06-10.jpg
笑顔でクモのお話しをされる野嶋先生でした。
野嶋先生は子供の頃、このジグモの巣を慎重に引っ張り出し、ジグモを捕まえる遊びをしていたそうで、スタッフ阪田よりそのマニアックぶりが紹介されたものの、今回の捕獲実演では失敗されていました…。残念…。でも先生も子供時代を思い出し、参加者ともどもリフレッシュ出来ていれば幸いです!

野嶋先生もお仕事忙しいかと思いますが、クモファンの裾野を広げるためにも、今後ともご協力をよろしくお願いいたします。

スタッフも目から鱗な話が多く、視野の広がった行事となりました。
ありがとうございました。

文/写真:難波

【以下、追記!】
当日観察したクモは40種類でした。
・ハンゲツオスナキグモ(巣)
・クサグモ
・コモリグモの一種
・ハリゲコモリグモ
・アオオビハエトリ
・フタオイソウロウグモ
・ハラジロムナキグモ
・ウロコアシナガグモ
・ジョロウグモ
・アサヒエビグモ
・チビコモリグモ
・コシロカネグモ
・オオシロカネグモ
・オオヒメグモ
・シロカネイソウロウグモ
・チャイロアサヒハエトリ
・コハナグモ
・ムネグロサラグモ
・ゴミグモ
・ネコグモ
・オナガグモ
・ナガコガネグモ
・ユウレイグモ
・バラギヒメグモ
・ニホンヒメグモ
・チリイソウロウグモ
・ウデブトハエトリ
・シマゴミグモ
・マネキグモ
・オトヒメグモ
・オオイオリヒメサラグモ
・アシナガグモ(ヤサガタアシナガグモかも)
・ミナミオダカグモ
・ヤハズハエトリ
・チュウガタシロカネグモ
・ヤミイロカニグモ
・カバキコマチグモ
・ヤマシロオニグモ
・アリグモ
・ジグモ

以下、参加者の声です♪
・たくさんのクモの種類があることに驚きました。意外に身のまわりにいろんなクモがいるんだなぁと思いました。
・ぜんぶたのしかった!
・クモは図鑑を見てもよく分からなかったですが、説明を聞いて少し分かるようになりました。
・非常に楽しいイベントでした。クモの巣の不思議についても知りたくなりました。遠いなぁと思いましたが来たかいがありました!
・今まで知らないクモや面白いクモがいたので楽しかったです。
・たくさんのクモが見られて思った以上に楽しかったです。先生の知識が深かったのですごく勉強になりました。また次回も参加したいです。
・ジグモが印象に残った!
・クモの種類の多さに驚きました。先生のクモの種類や生態の知識が非常に勉強になりました。
・素晴らしい観察会で2時間では時間が足りないほどでした。今後も実施して欲しいです。

Posted by 山田 at 13:14 | イベント報告 | この記事のURL | トラックバック(0)

人とみどりと野鳥のつどい(知恵の輪づくりの解答)[2017年05月29日(Mon)]
4/29に開催された「人とみどりと野鳥のつどい」から一月が経過しました。
当日は一時雷雲が立ちこめたりしましたが、終日まずまずの暖かい一日となり、たくさんのお客様で賑わいました。

今回は、新たな取り組みとして「知恵の輪づくり」のクラフトコーナーを実施しました。センターボランティアのHさんによる全く新しいアイディア行事で、お客様のリアクションも上々であったと思います。

DSCN1862_クラフト(s)_2017-04-29.jpg

準備した対象人数を満了。満員御礼となり大変ありがとうございました。

斬新なアイディアによる知恵の輪で、解くのはなかなかの難しさ。

Hさんによると、一月後にセンターHPにて解答を公表することとしたそうで、ここにアップいたします。

3穴解答PDF.pdf

追伸.
巣箱づくりでは、従前からつきあいのあった業者さんが引退され入手が難しくなった関係で、ここ2年ほど既製品で対応しておりました。
ところが、この巣箱づくりを指導してくださっている別のHさんによると、実際に巣箱を利用するかもしれない野鳥にとっては幾つか問題点があるとのこと。
次回はこの別のHさんに設計図を書いていただき、特注対応する予定です。

文:難波

Posted by 山田 at 09:32 | イベント報告 | この記事のURL | トラックバック(0)

初夏のとんぼ観察、はんみょうクラブ活動、ハッチョウトンボ他[2017年05月28日(Sun)]
初夏のとんぼ観察(5/21)のご報告
春の羽化観察と、夏のオニヤンマやハッチョウトンボの観察時期のちょうど中間にあたります。
出現種も中間的なものですが、連続して参加すると年間の出現種の移り変わりがよくわかって良いのではと思います。
今回の出現種はアサヒナカワトンボ、ホソミオツネントンボ、クロイトトンボ、セスジイトトンボ、ヤマサナエ、フタスジサナエ、クロスジギンヤンマ、ヨツボシトンボ、ハラビロトンボ、ハッチョウトンボ、シオヤトンボ、シオカラトンボ、モノサシトンボ、以上、計13種でした。

DSCN2685_オリエンテーション(s)_2017-05-21.jpg
センターは生きもの採取禁止ですが、観察会に限り、講師の指導のもと捕獲観察をしていただくことができます。スタッフをトンボに見立ての捕獲テクニックを教わっています。

DSCN2705_クロスジギンヤンマの抜け殻(s)_2017-05-21.jpg
羽化したあとのヤゴの殻からも生息するトンボの種類がわかります。写真はクロスジギンヤンマの大きな羽化殻を皆で観察しています。

IMG_7815_モノサシトンボ(s)_2017-05-21.jpg
振り返りの時に発表し忘れていたモノサシトンボ(2017/05/21)

IMG_8965_ハッチョウトンボ(s)_2017-05-28.jpg
ハッチョウトンボ♂成熟(2017/05/28)

IMG_8959_ハッチョウトンボ(s)_2017-05-28.jpg
ハッチョウトンボ♂成熟(2017/05/28)

IMG_7883_ハッチョウトンボ(s)_2017-05-22.jpg
ハッチョウトンボ♀成熟(2017/05/22)
未成熟の時は色が薄く、雄と雌の区別がはっきりしませんが、成熟すると違いは明らかです。
ただ、雌は成熟しても草陰に同化し見つけがたいです。

IMG_8440_ハッチョウトンボ(羽化)(s)_2017-05-26.jpg
羽化後しばらく時間が経過したハッチョウトンボ雄です。
お客さんの中には見られている方もいるようですが、私も幸運にも出会う事ができました。
(教えていただいたスタッフにも感謝です…)
年々、ハッチョウトンボの発生が早まり、初夏のとんぼ観察時に少ないながら観察出来るようになってきました。7/2に開催予定の「日本一小さなとんぼハッチョウトンボ」でも運が良ければ、羽化や交尾などの生活史の一面が見られるのではないかと期待しています。

IMG_8918-8939_ハッチョウトンボ羽化殻(2017-05-26採取)(s)_2017-05-28.jpg
ハッチョウトンボの成虫は1円玉サイズ。
ヤゴはもっと小さくて体長8ミリ程度。せっかく目についたので撮影目的で採取しました。
さて、立体的なものの撮影って結構難しい事はご存知かと思いますが、近年は便利なもので深度合成撮影が気軽に出来るコンデジがあるそうです。
私は、センターボランティアでもあるOさんのブログを参考に、深度合成を行ってみました。
結局、1枚撮影では、立体的な被写体のピントが合う部分は限られてしまうので、色々なところにピントをずらしながら撮影し、それを合成し、全体にピントが合ったような不思議な画像を作り上げるのです。
結果、ピントをずらす際、三脚が動いてしまっていたようであまりうまくいきませんでした。どうにか見れるものを1枚ご紹介しておきます。
かなりもろくて、写真のも脚がなくなっています。あと、ちょっとした風で行方不明になるし、ちょうどイイ体勢落ち着きません。
皆さんも機会があれば試してみてください。

はんみょうクラブ活動(5/21同日)のご報告
ボランティア活動グループであるはんみょうクラブさんには、キロポストづくり、案内マップづくり、ボランティア案内所の開設、フィールド整備等、様々な活動をしていただいています。
この日は、エントランスのヤマセミ門の整備。
センターには現在はヤマセミの繁殖ありませんが、なぜヤマセミ門やヤマセミ橋、センター棟にはヤマセミ君があるのか?どんな思いが込められているのか?そんなお話しを共有しながら夢と希望を胸に整備していただきました。

DSCN2752_塗装作業(s)_2017-05-21.jpg
塗装作業中の様子

DSCN2761_ヤマセミ取り付け作業(s)_2017-05-21.jpg
予めリペイントされたヤマセミ(雄雌の番です!)を設置しています

DSCN2758_ヤマセミ取り付け作業(s)_2017-05-21.jpg
真剣なまなざしです

DSCN2766_記念撮影(s)_2017-05-21.jpg
記念撮影!
この日、いつものメンバーの中にどうしてもご都合が合わない方がおられ、ちょっと少なめ。
でも、暑い中、元気で楽しく作業していただきました。
ありがとうございました。
(最後だけ、チョロッと顔出しただけの私をお許しください…)

追伸.
まだ寒暖差があって朝晩が肌寒かったりしますね。
くれぐれも体調にお気をつけください。

季節感の中では、そろそろ梅雨近しの頃あいです。

恵みの雨を期待し、フィールドの草木は更に色濃く茂るでしょう。
夏に向けて、昆虫等の小動物も次々と増え、巣立ち雛の無邪気な鳴き声でまた騒々しくなりそうです。

IMG_7861_テイカカズラ(s)_2017-05-22.jpg
(2017/05/22)
良い香りとともにテイカカズラが満開です。

IMG_8036_ホソミオツネントンボ(s)_2017-05-22.jpg
ホソミオツネントンボ(2017/05/22)
寒暖差の影響なのか、越冬色の消えない雌との交尾にいたる様子

IMG_8451_ゴマダラチョウ(s)_2017-05-26.jpg
ゴマダラチョウ(2017/05/26)
6月の初旬から中旬にかけて夏型の蝶が出現し始めます。先行してゴマダラチョウをタンチョウ棟で目撃です。

文/写真:難波

Posted by 山田 at 15:53 | イベント報告 | この記事のURL | トラックバック(0)

ニン!ニン!忍者体験!![2017年05月20日(Sat)]
快晴の自然保護センターで忍者体験!

今日もたくさんの忍者が誕生しましたわーい(嬉しい顔)
064.JPG
忍者たちと一緒に写真をパチリカメラ

Posted by 山田 at 13:46 | イベント報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ヨガ体験in自然保護センター♪[2017年04月22日(Sat)]
昨年の春から実施している「ヨガ体験」わーい(嬉しい顔)

今年も本日、晴天晴れの中、開催することができましたるんるん

DSC01144.JPG
太陽が眩しすぎる(笑)
少し風がありましたが、とても気持ちの良い気温でしたぴかぴか(新しい)

自然保護センターに初めて来られた方もいたので少しだけセンターの紹介と、五感を使って自然を感じていただくお話をさせてもらいました。

DSC01158.JPG
最初はストレッチで身体をほぐしました!

山のポーズや太陽礼拝のポーズ、戦士のポーズなど、代表的なヨガのポーズを体験していただいたほか、瞑想する時間もありました。

太陽礼拝のポーズの連続写真はこちら!
031.JPG
032.JPG
033.JPG
034.JPG
035.JPG
036.JPG
037.JPG
038.JPG
039.JPG
040.JPG
041.JPG
042.JPG
参加者の皆さん、それぞれ自分のできる範囲で無理なく「ヨガ」を楽しんでいただけたと思います。

さて、同伴の子ども達は…
010.JPG
池本先生と阪田先生と一緒にセンターの自然観察へ!

009.JPG
たくさんの春を見つけてくれました!

018_オグマサナエ.JPG
オグマサナエも見ることができました!

以下、参加者の声です。
・ヨガ、気持ちよかったです!自然の音をなかなか聞くことがなかったので癒されました。
・ヨモギの味!なかなか美味しかったです^^
・日常の忙しさで忘れていたもの、ゆっくりした時間を過ごすことができました。来てよかったです!
・自分を見つめる時間がとれてとてもリラックスできました。参加してとても良かったです。
・子ども達も楽しい時間が過ごせ、貴重な体験ができたと思います。
・すごく身体も心も安らかな気持ちになりました!
・気持ちの良い時間を過ごすことができました。
・ゆっくりした時間が過ごせて自然が感じられた。
・鳥や風、緑が気持ちよかった。
・と〜〜っても気持ちよかったです。自然からのパワーをしっかりいただきました。こんなに穏やかに周りの音に耳を澄ませて聞いたのは久しぶりでした。次回も参加したいです。
・素晴らしい自然の中でリラックスして自分の時間を持てたことに感謝します。

自然の中でしっかりリラックスしていただけたようでとてもうれしいですわーい(嬉しい顔)

次回の開催は秋を予定しています。
お楽しみに待っていてくださいねるんるんるんるん

Posted by 山田 at 16:23 | イベント報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ニン!ニン!忍者体験(動画)[2017年03月12日(Sun)]
ニン!ニン!忍者体験の様子を動画でご覧ください!
「砦を落とせ!」の巻
楽しそうな雰囲気が伝わるでしょうか♪^^


Posted by 山田 at 11:19 | イベント報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ニン!ニン!忍者体験♪(速報)[2017年03月11日(Sat)]
097.JPG
たくさんの忍者と写真をパチリぴかぴか(新しい)

116.JPG
ホワイトボードアートの前でもパチリ♪

自然を守る忍者としての活躍を期待します黒ハート

Posted by 山田 at 17:14 | イベント報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ

検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山田さんの画像
http://blog.canpan.info/sizenhogo-center-01/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sizenhogo-center-01/index2_0.xml