CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
岡山県自然保護センターのブログです!
センターの最新情報を発信中♪

ワクワク!ドキドキ!生き物情報や施設見学、イベント情報、タンチョウの話題などもどんどんアップしていきます!

お楽しみに〜♪♪
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
人とみどりと野鳥のつどい(知恵の輪づくりの解答)[2017年05月29日(Mon)]
4/29に開催された「人とみどりと野鳥のつどい」から一月が経過しました。
当日は一時雷雲が立ちこめたりしましたが、終日まずまずの暖かい一日となり、たくさんのお客様で賑わいました。

今回は、新たな取り組みとして「知恵の輪づくり」のクラフトコーナーを実施しました。センターボランティアのHさんによる全く新しいアイディア行事で、お客様のリアクションも上々であったと思います。

DSCN1862_クラフト(s)_2017-04-29.jpg

準備した対象人数を満了。満員御礼となり大変ありがとうございました。

斬新なアイディアによる知恵の輪で、解くのはなかなかの難しさ。

Hさんによると、一月後にセンターHPにて解答を公表することとしたそうで、ここにアップいたします。

3穴解答PDF.pdf

追伸.
巣箱づくりでは、従前からつきあいのあった業者さんが引退され入手が難しくなった関係で、ここ2年ほど既製品で対応しておりました。
ところが、この巣箱づくりを指導してくださっている別のHさんによると、実際に巣箱を利用するかもしれない野鳥にとっては幾つか問題点があるとのこと。
次回はこの別のHさんに設計図を書いていただき、特注対応する予定です。

文:難波

Posted by 山田 at 09:32 | イベント報告 | この記事のURL | トラックバック(0)

初夏のとんぼ観察、はんみょうクラブ活動、ハッチョウトンボ他[2017年05月28日(Sun)]
初夏のとんぼ観察(5/21)のご報告
春の羽化観察と、夏のオニヤンマやハッチョウトンボの観察時期のちょうど中間にあたります。
出現種も中間的なものですが、連続して参加すると年間の出現種の移り変わりがよくわかって良いのではと思います。
今回の出現種はアサヒナカワトンボ、ホソミオツネントンボ、クロイトトンボ、セスジイトトンボ、ヤマサナエ、フタスジサナエ、クロスジギンヤンマ、ヨツボシトンボ、ハラビロトンボ、ハッチョウトンボ、シオヤトンボ、シオカラトンボ、モノサシトンボ、以上、計13種でした。

DSCN2685_オリエンテーション(s)_2017-05-21.jpg
センターは生きもの採取禁止ですが、観察会に限り、講師の指導のもと捕獲観察をしていただくことができます。スタッフをトンボに見立ての捕獲テクニックを教わっています。

DSCN2705_クロスジギンヤンマの抜け殻(s)_2017-05-21.jpg
羽化したあとのヤゴの殻からも生息するトンボの種類がわかります。写真はクロスジギンヤンマの大きな羽化殻を皆で観察しています。

IMG_7815_モノサシトンボ(s)_2017-05-21.jpg
振り返りの時に発表し忘れていたモノサシトンボ(2017/05/21)

IMG_8965_ハッチョウトンボ(s)_2017-05-28.jpg
ハッチョウトンボ♂成熟(2017/05/28)

IMG_8959_ハッチョウトンボ(s)_2017-05-28.jpg
ハッチョウトンボ♂成熟(2017/05/28)

IMG_7883_ハッチョウトンボ(s)_2017-05-22.jpg
ハッチョウトンボ♀成熟(2017/05/22)
未成熟の時は色が薄く、雄と雌の区別がはっきりしませんが、成熟すると違いは明らかです。
ただ、雌は成熟しても草陰に同化し見つけがたいです。

IMG_8440_ハッチョウトンボ(羽化)(s)_2017-05-26.jpg
羽化後しばらく時間が経過したハッチョウトンボ雄です。
お客さんの中には見られている方もいるようですが、私も幸運にも出会う事ができました。
(教えていただいたスタッフにも感謝です…)
年々、ハッチョウトンボの発生が早まり、初夏のとんぼ観察時に少ないながら観察出来るようになってきました。7/2に開催予定の「日本一小さなとんぼハッチョウトンボ」でも運が良ければ、羽化や交尾などの生活史の一面が見られるのではないかと期待しています。

IMG_8918-8939_ハッチョウトンボ羽化殻(2017-05-26採取)(s)_2017-05-28.jpg
ハッチョウトンボの成虫は1円玉サイズ。
ヤゴはもっと小さくて体長8ミリ程度。せっかく目についたので撮影目的で採取しました。
さて、立体的なものの撮影って結構難しい事はご存知かと思いますが、近年は便利なもので深度合成撮影が気軽に出来るコンデジがあるそうです。
私は、センターボランティアでもあるOさんのブログを参考に、深度合成を行ってみました。
結局、1枚撮影では、立体的な被写体のピントが合う部分は限られてしまうので、色々なところにピントをずらしながら撮影し、それを合成し、全体にピントが合ったような不思議な画像を作り上げるのです。
結果、ピントをずらす際、三脚が動いてしまっていたようであまりうまくいきませんでした。どうにか見れるものを1枚ご紹介しておきます。
かなりもろくて、写真のも脚がなくなっています。あと、ちょっとした風で行方不明になるし、ちょうどイイ体勢落ち着きません。
皆さんも機会があれば試してみてください。

はんみょうクラブ活動(5/21同日)のご報告
ボランティア活動グループであるはんみょうクラブさんには、キロポストづくり、案内マップづくり、ボランティア案内所の開設、フィールド整備等、様々な活動をしていただいています。
この日は、エントランスのヤマセミ門の整備。
センターには現在はヤマセミの繁殖ありませんが、なぜヤマセミ門やヤマセミ橋、センター棟にはヤマセミ君があるのか?どんな思いが込められているのか?そんなお話しを共有しながら夢と希望を胸に整備していただきました。

DSCN2752_塗装作業(s)_2017-05-21.jpg
塗装作業中の様子

DSCN2761_ヤマセミ取り付け作業(s)_2017-05-21.jpg
予めリペイントされたヤマセミ(雄雌の番です!)を設置しています

DSCN2758_ヤマセミ取り付け作業(s)_2017-05-21.jpg
真剣なまなざしです

DSCN2766_記念撮影(s)_2017-05-21.jpg
記念撮影!
この日、いつものメンバーの中にどうしてもご都合が合わない方がおられ、ちょっと少なめ。
でも、暑い中、元気で楽しく作業していただきました。
ありがとうございました。
(最後だけ、チョロッと顔出しただけの私をお許しください…)

追伸.
まだ寒暖差があって朝晩が肌寒かったりしますね。
くれぐれも体調にお気をつけください。

季節感の中では、そろそろ梅雨近しの頃あいです。

恵みの雨を期待し、フィールドの草木は更に色濃く茂るでしょう。
夏に向けて、昆虫等の小動物も次々と増え、巣立ち雛の無邪気な鳴き声でまた騒々しくなりそうです。

IMG_7861_テイカカズラ(s)_2017-05-22.jpg
(2017/05/22)
良い香りとともにテイカカズラが満開です。

IMG_8036_ホソミオツネントンボ(s)_2017-05-22.jpg
ホソミオツネントンボ(2017/05/22)
寒暖差の影響なのか、越冬色の消えない雌との交尾にいたる様子

IMG_8451_ゴマダラチョウ(s)_2017-05-26.jpg
ゴマダラチョウ(2017/05/26)
6月の初旬から中旬にかけて夏型の蝶が出現し始めます。先行してゴマダラチョウをタンチョウ棟で目撃です。

文/写真:難波

Posted by 山田 at 15:53 | イベント報告 | この記事のURL | トラックバック(0)

一番♪[2017年05月26日(Fri)]
恐竜の塗り絵コンテスト、今、スタッフが頑張って入賞された方々に電話しております!

まだ電話がつながっていない方もいます。
しばらくお待ちください!

さて、本日、一番に景品を取りに来てくれた男の子!
113.JPG
一番に取りに来てくれてありがとう!
入選、おめでとうございま〜す!

Posted by 山田 at 15:48 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

トキソウ♪[2017年05月26日(Fri)]
104.JPG
トキソウは、湿生植物園で咲いています!

Posted by 山田 at 13:56 | 本日の一枚 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ヒヨドリの卵の殻[2017年05月24日(Wed)]
5/21(日)の観察会の際、お客様が池のほとりで卵の殻を見つけました。

DSCN2708_ヒヨドリ(卵)(s)_2017-05-21.jpg
湿生植物園コウホネ池のほとりにて採取、長い方の径はちょうど3センチほど

場所がら、亀か蛇かと思ったのですが、それなら白いでしょうとのこと。マムシの多い場所なのですが、マムシは卵胎生とのことでそもそも違うそうです。結局、野鳥の卵が何らかの原因でどこからか…という話に落ち着きました。

後ほどセンターの図書室から「日本の野鳥 巣と卵図鑑、世界文化社」を見つけ、その中から探してみました。

大きさや模様を見ると、第一候補がヒヨドリ、第二候補がヒクイナとなり、他に該当しそうなものはありませんでした。

ヒヨドリはセンターではエナガやメジロに次ぐ最も普通の種。どこかで誰かに襲われ、食べられ、殻だけ捨てられた可能性は十分考えられるでしょう。
ヒクイナの夏鳥としての飛来はセンターでは2013年が初認識。当初から2年ほどは湿生植物園で声が聞かれましたので、可能性が全く無いわけではないのですが、今季は専ら上池を行動範囲にしているようでチョッと違う気がします。

ヒヨドリは身近な野鳥なので卵の情報もネットでいっぱい出てきます。それらと見比べていると、どうやらヒヨドリで良さそうですね。

文/写真:難波

Posted by 山田 at 12:54 | この記事のURL | トラックバック(0)

ハッチョウトンボと一円玉♪[2017年05月22日(Mon)]
ハッチョウトンボと一円玉.JPG

Posted by 山田 at 13:23 | 本日の一枚 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

塗り絵コンテスト入賞作品決定♪[2017年05月21日(Sun)]
大恐竜展の開催中、たくさんの方々が塗り絵にチャレンジしてくださいました!

その作品の数、なんと約700点!!

ほんとうにありがとうございます!

032.JPG
本日、難波所長を中心にスタッフで入賞作品を選定しました!

029.JPG
入賞された方には難波所長が持たれているダンボールクラフト(ティラノサウルス、トリケラトプス、ステゴサウルスのなかからひとつ)をプレゼント!

入賞作品はこちら!
035.JPG
どの作品も力作ばかりで選ぶのがとても難しかったですあせあせ(飛び散る汗)

入賞された皆さん、おめでとうございまするんるん
入賞されなかった皆さん、ごめんなさい!次回、頑張ってください!!

入賞された方には、近日中にセンターのスタッフから電話で連絡させていただきますわーい(嬉しい顔)
しばらくお待ちくださいね!!

Posted by 山田 at 15:26 | 最新情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ニン!ニン!忍者体験!![2017年05月20日(Sat)]
快晴の自然保護センターで忍者体験!

今日もたくさんの忍者が誕生しましたわーい(嬉しい顔)
064.JPG
忍者たちと一緒に写真をパチリカメラ

Posted by 山田 at 13:46 | イベント報告 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

ハッチョウトンボが赤く染まりました![2017年05月19日(Fri)]
センターでは例年より早くハッチョウトンボの発生が見られましたが、1週間が経過した今日、しっかり赤く染まった♂個体が観察されました。

IMG_7714_ハッチョウトンボ(s)_2017-05-19.jpg
成熟した♂

IMG_7689_ハッチョウトンボ(s)_2017-05-19.jpg
朝、夜露をかぶったハッチョウトンボ
今年はシオヤトンボという、中型のとんぼが非常に多く発生しており、小さいハッチョウトンボは捕食される対象になります。例年より水面近くの目立たないところで、なるべく動かないように対処しているような気がします。

IMG_7707_ハッチョウトンボ(s)_2017-05-19.jpg
今日は快晴。真夏でもないのに尻上げをしています。
この個体は眼の部分が赤く染まっており、成熟しつつあります。

IMG_7254_クロスジギンヤンマ(s)_2017-05-15.jpg
湿生植物園東野谷の奥部にある平成池ではクロスジギンヤンマが縄張り飛翔を繰り返しています。

5/21は初心者のための自然観察会「初夏のとんぼ観察」が開催されます。他にはホソミオツネントンボ、クロイトトンボ、オオイトトンボ、キイトトンボ(お客様情報で出始めとの事)、カワトンボの仲間、ホソミイトトンボ(お客様情報ありですが、確認は難しい)、シオヤトンボ(たくさん)、シオカラトンボ(出始め)、トラフトンボ、ヨツボシトンボ、ハラビロトンボ、フタスジサナエ、オグマサナエ、タベサナエ(確認は難しい)、ヤマサナエ等が観察可能です。

IMG_7784_アヤメ(s)_2017-05-19.jpg
水生植物園でアヤメが咲き始めています。

DSCN2619_エゴノキ(s)_2017-05-15.jpg
観察路沿いの各所でエゴノキが咲いています。

樹木の花は、他にはモチツツジ、キシツツジ、ヤマツツジ、ヒラドツツジ、カマツカ、ゴマギ、ヤブデマリ、テイカカズラ等。

野草は、ニガナやオヘビイチゴ等の他、黄色い花が結構たくさん。タツナミソウも綺麗に咲いています。

DSCN2593_カイツブリ親子(s)_2017-05-15.jpg
雛が一羽減りました。自然界は厳しい…
仕留めているのはウシガエル?
職員もがんばって外来種駆除していますが、カイツブリも貢献してくれてる?

樹木の葉がしっかり展葉してしまい、野鳥観察は難しくなってきましたが、思わぬ出会いがあるかもしれません。
キビタキやセンダイムシクイの声はよく聞こえていますよ!

文/写真:難波



Posted by 山田 at 15:50 | 最新情報 | この記事のURL | トラックバック(0)

講座のお知らせ♪[2017年05月19日(Fri)]
講座のお知らせです!

野外にでて自然と親しむことが多くなる季節となりました!
そこで気をつけたいのがダニや蚊の仲間。
ダニや蚊による感染症、蚊の駆除について専門家から学びませんか?

タイトル:蚊やダニによる感染症を防ぐために〜私たちにできること〜
日時:平成29年7月1日(土)13:30〜15:30
場所:岡山県環境保健センター 第2会議室
定員:40名
問い合わせ先:岡山県保健センター企画情報室(086-298-2682)

詳細は以下のチラシをご覧ください。
チラシ_蚊やダニによる感染症を防ぐためには.pdf

Posted by 山田 at 11:30 | 最新情報 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)

| 次へ

検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

山田さんの画像
http://blog.canpan.info/sizenhogo-center-01/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sizenhogo-center-01/index2_0.xml