CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«平成28年度支援金配布履歴 | Main | 缶バッチコンテスト選考の様子»
<< 2018年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
http://blog.canpan.info/sisakuren/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sisakuren/index2_0.xml
平成29年度事業計画 [2017年05月26日(Fri)]
TEAM3 平成29年度事業計画

■基本方針
 被災した障がい関係事業所へ直接支援金を送ることを継続しつつ、被災地域の現状や支援金の使用状況を訪問し調査等に加え、横浜でのシンポジウムの開催を行います。被災地の障がいのある方との息長くつながり、横浜に大規模災害時が起こった際、障がいがある方の命を守るためにはどんな取り組みが今必要か考え続けます。

■被災した障がい福祉関係事業所への支援
 つながりのある被災した障がい福祉関係事業所への支援に加え、被災地調査等の新しい情報収集の中から、切実に支援を必要としている障がい福祉関係事業所にも支援を行いたいと思っています。
 資金集めは、今までと同様に、横浜市障害者地域作業所連絡会の事務局を窓口に皆様からの寄付を募ります。
 また、仕事づくりに関しても、障害福祉の未来を考える集いに向けての缶バッチ作成や、横浜市内で物品販売を行っている事業所の紹介など継続します。
 
■支援先の現状・復興状況等の調査と、復興支援を目的としたシンポジウムの開催
 今年度も、調査員を被災地に派遣し、支援金がどのように役立っているか、今後どのような支援が必要かお話しを聞かせてもらいます。支援金を頂いた方々への報告を行います。
 また、今までの活動報告や、被災地の現状を伝えるシンポジウムを他団体と協力し企画・開催し、多くの方々に横浜に大規模災害が起こった際、障がいがある方の命を守るためにはどんな取り組みが今必要か提言することを目指します。

■広報活動
 今年度も、チラシの作成、横浜市障害者地域作業所連絡会の機関紙「兎と亀」での報告、ブログの更新を定期的に行う予定です。
 実績報告、計画の詳細は、ブログにもUPしてありますので、あわせてご覧下さい。
 TEAM3ブログ 

○平成29年度事務局の構成メンバー
1 活動ホーム連絡会 活動ホームあさひ   水野 ◎
2 活動ホーム連絡会 ほどがや希望の家   早坂
3 活動ホーム連絡会 活動ホームしもごう   甘糟
4 活動ホーム連絡会 みどり福祉ホーム   荒木
5 作業所連絡会 事務局   根本
6 作業所連絡会 みどり福祉ホーム   渡邉
7 作業所連絡会 あいの木 にじ   秋本
8 グループホーム連絡会 GHすぷーん   雨谷
9 グループホーム連絡会 GHビーンズ   松本
9 市社会福祉協議会 障害者支援センター   板垣
10 市社会福祉協議会 障害者支援センター   岡本
11 市社会福祉協議会 障害者支援センター   須藤


平成29年5月 事務局作成
Posted by 市作連 at 10:10 | この記事のURL