CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ネスト7月プログラム [2017年07月01日(Sat)]
ここのところよく降りますね。
蒸し暑い日が続きますが、みなさま体調をくずしたりしていませんか。

さて、いよいよ7月。梅雨があけると夏本番です!暑さに負けず、7月もネストは皆さんをお待ちしています!

7月といえば七夕さま。願い事を短冊に書いて笹飾りを作りましょう。さらに今月のスポーツは「ゲートボール」です。お年寄りのスポーツなんて言ってられないくらい楽しめますよ!そしてネスト寺子屋、テーマは「食中毒」です。堺市より講師の先生にきていただきます。

日曜日も毎週プログラムを用意していますので、初めての方も一度のぞいてみてください。
【LEE】

7月プログラム.png
進路担当者懇談会 [2017年06月21日(Wed)]
毎年2回。支援学校の進路担当の先生にお集まりいただき、進路懇談会を実施しています。センターの実績や支援の状況をより良く知っていただくために、支援学校の進路支援の状況を共有するためにも、欠かせない取組みとして定着しています。

懇談会では、支援学校の状況を聞かせていただいたり、障害福祉サービスにまつわる情報の共有を行ったりして、双方向の情報共有ができています。さらには、学校の先生同士が情報交換をされる場面があるなど、毎回有意義なものとなっています。

おととい、7校の支援学校から7名の進路支援担当の先生に出席いただき、懇談会を実施しました。各校よりお聞かせいただいた進路支援の状況の中で、気にかかる内容がありました。

学校の進路支援と、相談支援事業所(計画相談)の連携がとれずに進路支援に支障をきたしているということです。さらには、放課後デイの事業所が、進路選定にまつわる支援を独自で行ってしまうなども報告いただきました。

生徒さんの進路支援は学校が主導するもの。計画相談はそこに寄り添うものと認識します。放課後デイも機関連携を行った上での支援ならば、生徒さんの進路決定にとっては有効であるかもしれないのに…。

機関(事業者)の都合、まわりの都合、本人の意思はどこへやら。地域における確かなケースワークに危うさを感じ始めていた昨今。「こんな事案があるのかも」と認識しておく必要がありそうです。

毎回懇談会ではセンターより情報提供をさせていただいています。今回は、東京都狛江市手をつなぐ育成会が作成したDVDを鑑賞していただきました。知的障害がある人の選挙にまつわる一連の仕組、補助や支援のあり方を、選挙制度に照らしながらわかりやすく解説された指南ツールです。もちろん障害当事者が見てわかりやすく作られています。

本人の意思決定に重きを置く先生方と、選挙を通して本人の意思決定を考えることができた有意義な一時でした。
【LEE】

1.png
しらさぎ見学会 [2017年06月13日(Tue)]
支援学校では、今後の進路を見通すための取組みとして、生徒さんを対象に事業所見学会を行っておられます。

先日、とある支援学校高等部1年生の生徒さんが20名ほど当事業所の見学に来られました。
高等部1年生ということは15歳。みなさんキラキラした眼差しで、フレッシュ感に満ち溢れていました。

特に食いつきがよかったのが、「工賃」のお話。机に伏せていた方が、急に頭をあげ目を見て話を聞いてくれていました。

作業も少しだけ体験していただきました。初めて取り組む作業に四苦八苦する生徒さんの横で、当事業所の利用者が慣れた手つきでテキパキ取り組む姿。ビフォー → アフターを見ているかのような光景に、改めて当事業所で日々懸命に取り組む利用者の成長を感じられた機会でした。

見学の方をお受けすることで、このように刺激や気づきをいただけます。

当事業所では今年度、7月から毎月1回、定例の見学会を行います。
↓詳細は、当法人ホームページトップの「お知らせ」をご覧ください↓
http://www.osaka-ikuseikai.or.jp/
お電話でのご予約も受け付けておりますので、皆様のお越しを心よりお待ちしております。
【LEE】
みんな笑顔! [2017年06月07日(Wed)]
グループホーム入居者行事「いちご狩り」を去る5月13日(土)に実施しました。今年で4年目。春の恒例行事となりました。朝からあいにくの雨模様でしたが、予定していた全員が参加できました。
 
一部の人にはガイドヘルパーが付き添い、総勢30名を超えるにぎやかな大所帯です。

それぞれハサミとお皿を手に持って、一つ一つ丁寧に摘んでいきます。真っ赤に実ったいちごを頬張り、満足気に微笑む参加者の頬もほんのり赤く染まっていました。

岸和田市の自然豊かな丘陵地で季節を感じ、普段とは違う空気、雰囲気を味わいながら、傍には安心できる仲間や支援者がいる。

そんな解放感と安心感が生み出したワンショット。こんな風に全員が笑顔の集合写真は珍しい。まさに思い出の一枚となりました♪
【tani】

IMG_4674.JPG
しらさぎネスト6月プログラム [2017年06月01日(Thu)]
晩春、初夏、真夏!?
5月というのに毎日真夏日。晩春とは名ばかりで、日差しはすでに夏です。6月に入り気候の変わり目、みなさまご自愛くださいませ。

6月のネストはそんな季節にうってつけのプログラムもご用意しています。食べて、話して、笑って、集う。梅雨空に負けてはおれません!みなさまのお越しをお待ちしています。

なお、6/3(土)10時しらさぎネスト前にて、「しらさぎアートアベニュー」のオープニングセレモニーが開催されます。お得な情報も満載!ぜひお立ち寄りください。
【LEE】

「しらさぎアートアベニュー」
フェイスブックページ→https://ja-jp.facebook.com/shirasagiart/

ネスト6月.png

雨ときどきアート [2017年05月24日(Wed)]
しらさぎ310商友会と中百舌鳥公園団地店舗会が主催する、「堺しらさぎArtAvenue2017」が今年で3回目を迎え、6月3日(土)〜11日(日)までの期間、白鷺駅界隈で開催されます。

今年は「雨上がりのアート展」と題して、梅雨のじめっとした気候を、色とりどりのアート作品で晴れやかに演出しようというものです。

白鷺駅界隈の商店では期間中、白鷺地域にゆかりのあるアーティストの作品が展示されます。また、各商店ではアート展に合わせたお買い得商品の販売など、さまざまなイベントも用意されています。

そして、今年も白鷺駅前ロータリーに巨大なモニュメント「○る○る」が出没します。乞うご期待!!

6月3日(土)は、午前10時から白鷺駅前ロータリーにてオープニングセレモニーが行われます。尚、期間中はイベント「フォトスポットラリー」が開催されます。商店にあるアート作品の写真をとって豪華賞品をゲットだぜ!
【LEE】

P1130562.JPG
今年も盛会!! [2017年05月22日(Mon)]
ご家族に当センターの様子や取組みをよりよく知っていただく機会として昨年からスタートした土曜参観・懇談会。
昨年は盛会に終えることができたため、今年も恒例行事として5/20(土)実施しました。

今年度はより、ご家族・利用者・職員と顔の見える関係を築きたい、というねらいもあり、ご家族には「名札」を付けていただいたり、また、事前に施設に対するアンケート用紙をお配りし、その回答をもとに作業科懇談会を盛り上げよう!と工夫を凝らしました。

約30名のご家族・ご兄弟が来所され今年も盛会!
利用者の皆さんもより良いところを見てもらおうと、挨拶の声にも気合が入ります。

そして、「名札」も大正解!!
「この人はだれの親ですか?」と気になって作業に身が入らない利用者や、
「誰やったかなぁ〜」「名前が・・・」と会話に身が入らない職員もなく、
「○○さんのお母さん、僕の親を紹介します」と礼儀正しい利用者や、
「□□さん、最近どうですか?」と積極的に話しかける職員、まさに顔の見える交流ができました。

また、ある作業科は、利用者・ご家族・職員と全員で懇談会を実施。
親子で横に並び、まずは自己紹介。そして、睡眠・起床時間!?について情報交換。「うちの子、寝るの遅いわ〜」など親に言われて気まずい利用者もいたようです(笑)
他作業科懇談も、就労や余暇支援・日々の困りごとなどなど・・・大変盛り上がり時間が足りないくらいでした。

今年もたくさんのご家族・ご兄弟に来所いただき、本当にありがとうございました。当センターで「家とは異なる姿」「働く姿」を見せることができ、利用者の方の励みにもなったのではないかと思います!
そして、何より私たち職員がご家族やご兄弟からパワーをいただける一日でした。
ぜひまた、来年もお待ちしておりますm(__)m
【LEE】

P1130569.JPG

P1130572.JPG

P1130586.JPG

P1130589.JPG

P1130591.JPG
元気が出た! [2017年05月17日(Wed)]
とても素敵で、そして意味深な、しかしほのぼのとしたイラストを書くHさん。その独特の世界観は、時に私たちに「ハッ」と気づきを与えてくれています。

そういう彼は、イラストを気持ちの表現に使っているのかなあと私たちは思っていました。と同時に、その独特の感性とセンスを多くの人に知ってもらうことはできないかとも思いました。それがさらに、彼の自信につながることになればいいのにとも考えたり。

そんなことを思い始めた昨年の今頃のことです。全日本手をつなぐ育成会連合会の発行する情報誌「手をつなぐ」の表紙絵募集を見つけました。彼の担当するスタッフは早速彼にその事を話すと彼も前向きに。で、彼が書いた絵を応募したのです。

そして今月号の「手をつなぐ」、表紙を飾ったその絵からは彼の魅力が滲み出ていました。

元気の出る情報・交流誌。これが彼の「元気」に繋がれば。そして私たちは大いに元気をいただきました♪
【LEE】

1.jpg
「恒例!新人歓迎BBQ」 [2017年05月16日(Tue)]
去る5月3日、大型連休となったゴールデンウイークの中日でしたが、毎年恒例となりました「新人歓迎バーべキュー」を行いました。

4月に新規で入所された方、人事異動や新規採用などによる新たな職員、みんで大好きなBBQに舌鼓をうちながら、交流を深めようという企画です。

センターの活動としては、休日プログラムの一環ですが、今年は30名を越える多くの利用者に参加をいただきました。職員も合わせて総勢40名を越える大所帯。にぎやかで、アットホームな雰囲気の中、心もお腹も満たされたひと時でした。

そしていつもの!とびっきり「しらさぎスマイル」をお届けします〜♪
【LEE】

P1140363.JPG

P1140372.JPG

P1140374.JPG

P1140393.JPG



ふたたび(汗) [2017年03月31日(Fri)]
前回のブログ更新が3月16日…
そしてその前が2月3日…
物事を継続することはなんと難しいことか。

今や福祉は人材不足です。支援センターしらさぎでも人材確保のことを考えない日はありません。そんな中スタッフの顔ぶれも変わります。経験のある方もいれば、初めてこの仕事に就く人もいます。

このようにスタッフが変わっても、私たちには変わらず継続していかなければならない物事があるのです。事業所がこれまで歩んできた道筋、求め期待されている役割、法人の理念。これらを踏まえながら継続していくことは容易ではありません。

なぜならそれは、伝えていく側の認識とアクションが問われるからです。伝える側は継続するためのプロセスを咀嚼して、抽象的ではなく具体的に、イベントではなく日常的に、全体的ではなく個別でといったアクション(伝える)が必要になるということです。

ブログも伝える手段の一つ。と考えて、私たちの歩みとこれからも続けていく大切な物を内外に伝え続けていければなあ…と考えています。

これを続けていくためのアクションが、今私に求められています。
【tani】
| 次へ
検索
検索語句
最新コメント
支援センターあまみ
きんちょうはきっしょう (07/11)
タグクラウド
プロフィール

支援センターしらさぎさんの画像
支援センターしらさぎ
プロフィール
ブログ
http://blog.canpan.info/sirasagi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sirasagi/index2_0.xml