CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
やすらぎだより
特別養護老人ホーム、地域密着型特別養護老人ホーム、聴覚障害者養護老人ホーム、短期入所支援事業所、居宅介護支援事業所、訪問介護事業所、通所介護事業所など、やすらぎ荘に関する出来事や思い出を綴っています。
Main | 養護 »
<< 2019年07月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
平成27年度春の褒章にて[2015年07月11日(Sat)]
平成27年度春の褒章にて、十勝初となる緑綬褒章を榎本一次様が授章されました。榎本一次様は、平成3年より24年間というとても長い間日帰りサービスセンターやすらぎ荘へボランティアとして通われ、89歳となった今も、同センターにて介助支援などを行ってくれています。

この度、榎本様の受章を称え、『榎本一次様の緑綬褒章受章を祝う会』を厚生協会で開催する運びとなり、11日に開催いたしました。

150711_01.jpg

祝う会には浜田新得町長をはじめ、町議会議員、保健福祉課長、榎本様のお友達など大勢の方が出席され、厚生協会からも理事長以下、各施設長、役職職員などが出席し榎本様の受章を祝いました。

150711_02.jpg

150711_03.jpg
挨拶をされる榎本一次様と茂子夫人

榎本一次様の功績

昭和59年、国鉄(現 JR 北海道)を退職された直後、陶芸センターにて高齢者と関わりをもったことがボランティア活動への動機となりました。日帰りサービスセンターやすらぎ荘が開設した翌年の平成3年にはお友達数人と共にボランティアとして利用者と関わりはじめ、以来24年間ほとんど休まれることなく、週3回午前9時半から午後4時半まで利用者の入浴介助や衣類着脱、配膳の介助、レクリエーションの補佐、話し相手など職員と同じように利用者の安全に目を配られ、協力していただいております。

150711_04.jpg
お披露目して頂いた緑綬褒章

緑綬褒章とは『自ら進んで社会に奉仕する活動に従事し徳行顕著なる者』に授与される褒章の一つで、十勝では榎本様が第1号の受賞者となります。

150711_05.jpg

来賓の皆様も興味深くご覧になっていました。

厚生協会からも受賞記念の記念品と花束が手渡されました。

150711_06.jpg
記念品

150711_07.jpg

榎本様の功績は後身の私たちにとって大きな目標となる事でしょう。これからもお体に留意し、通ってください。授章おめでとうございます。
全国高齢聴覚障害者福祉施設協議会会議開催[2015年06月24日(Wed)]
6月24日〜26日の3日間、全国高齢聴覚障害者福祉施設協議会の総会及び施設長・相談員合同会議が厚生協会地域交流ホーム『ふじ』で行われました。

総会では、全国の町村で最初に手話言語条例を制定した町村として浜田町長をお迎えし、手話による歓迎のあいさつを戴いた後、昨年度の事業・決算報告、それに続いて今年度の事業・予算計画についての承認がおこなわれました。

その後の合同会議では社会福祉法人減免制度、65歳介護保険優先の原則に伴う不合理な問題点について、また、全国各地で高齢聴覚障害者へサービス提供する居宅サービス事業所(通所介護や訪問介護等)の孤立問題等について話し合われ、活発な意見交換が行われています。

翌日に行われた施設長会議と相談員会議は、聴覚障害者を取り巻く環境を少しでも改善しようと各施設の参加者が熱い思いで語りあいました。

来年度は『ななふく苑』で行われる予定です。

150624_01.jpg

150624_02.jpg
全国高齢聴覚障害者福祉施設協議会会議開催[2015年06月24日(Wed)]
6月24日〜26日の3日間、全国高齢聴覚障害者福祉施設協議会の総会及び施設長・相談員合同会議が厚生協会地域交流ホーム『ふじ』で行われました。

総会では、全国の町村で最初に手話言語条例を制定した町村として浜田町長をお迎えし、手話による歓迎のあいさつを戴いた後、昨年度の事業・決算報告、それに続いて今年度の事業・予算計画についての承認がおこなわれました。

その後の合同会議では社会福祉法人減免制度、65歳介護保険優先の原則に伴う不合理な問題点について、また、全国各地で高齢聴覚障害者へサービス提供する居宅サービス事業所(通所介護や訪問介護等)の孤立問題等について話し合われ、活発な意見交換が行われています。

翌日に行われた施設長会議と相談員会議は、聴覚障害者を取り巻く環境を少しでも改善しようと各施設の参加者が熱い思いで語りあいました。

来年度は『ななふく苑』で行われる予定です。

150624_01.jpg

150624_02.jpg
介護職員初任者研修が開講しました[2015年06月14日(Sun)]
150614.jpg

今年度の受講生は9名。

初日と言う事もあり皆緊張した面持ちでしたが、これから半年間、共に過ごす事で絆を深めつつ、介護職員初任者研修を取得して欲しいと思います。

開講式でセレモニーがあり、厚生協会理事長から受講生一人一人にテキストが手渡され、『資格取得へ向けて頑張ってください』と応援を頂きました。
介護職員初任者研修が開講しました[2015年06月14日(Sun)]
150614.jpg

今年度の受講生は9名。

初日と言う事もあり皆緊張した面持ちでしたが、これから半年間、共に過ごす事で絆を深めつつ、介護職員初任者研修を取得して欲しいと思います。

開講式でセレモニーがあり、厚生協会理事長から受講生一人一人にテキストが手渡され、『資格取得へ向けて頑張ってください』と応援を頂きました。
外食行事[2015年05月26日(Tue)]
150526.jpg

5月26日に清水デイサービスセンターやすらぎ荘の利用者さんと外食行事に行ってきました。

今回は清水町内のスーパーいちまる・ひまわりでした。利用者の皆さんは自分の好きな物を注文して食べていました。

利用者さんから「美味しかった」や「また食べに来たいね」との声が聞かれていました。
緑綬褒章受章、おめでとうございます[2015年05月15日(Fri)]
150515.jpg

日帰りサービスセンターやすらぎ荘で24年間ボランティアをされている、榎本一次さんが春の褒章で緑綬褒章を十勝で初めて受章されました !

緑綬褒章とは社会奉仕活動の功績がある方に国から授与されるものです。話を聞くと受章者代表で謝辞を述べたとの事。「いや〜、緊張するよ」と出発前日に笑いながら話されていました。

24年もの間ボランティア活動をされ、御年89歳ですが「体がしっかり動くうちは続けるよ」と話されています。いや〜頭が上がらないですね(汗)

榎本さん緑綬褒章おめでとうございます !
25年間の勤務、お疲れ様でした[2015年03月31日(Tue)]
本日、日帰りサービスセンターやすらぎ荘に25年間勤務されてきた鈴木さんが、無事定年を迎え、退職することなりました。

150331.jpg

4分の1世紀と言う長きに渡り勤務して頂きました。大変お疲れ様でした。職員互助会より、感謝の気持ちを込めて花束贈呈。

「皆様にも支えられ、無事定年を迎える事ができました。本当にありがとうございました。」(鈴木さん)

鈴木さんに置かれましては、継続して4月より嘱託職員として勤務されることが決まっています。

本当にお疲れ様でした。そして、これからも宜しくお願い致します。
送別の会[2015年03月30日(Mon)]
本日の勤務をもって退職される方へささやかながら送別の会を行いました。

短時間パートとして勤務して頂いた伊藤さん。

150330_01.jpg

夜警として勤務して頂いた橋本さん。

150330_02.jpg

職員一同より記念として花束が手渡されました。

お二人とも、これからもお元気でご活躍ください。
折り紙作品(150319)[2015年03月19日(Thu)]
150319_01.jpg

清水デイサービスセンターやすらぎ荘では、利用者さんの手指のリハビリ練習や楽しみとして折り紙などをしています。

150319_02.jpg

今回は職員が作った作品を撮影してみました。

150319_03.jpg

また素敵な作品ができたら紹介したいと思います。
検索
検索語句
タグクラウド
養護
特養
プロフィール

厚生協会 やすらぎ荘さんの画像
http://blog.canpan.info/sintokuyasuragi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/sintokuyasuragi/index2_0.xml