CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集

↓人気のおもちゃたち



おはなし迷路絵ハガキ
うまく迷路をたどるとお話が完成。
間違った道を行くと笑っちゃうオチ。
ポスターもありますが(URL)、
はがきサイズお手軽です。




伸縮ボール
伸び縮みボール。不思議おもしろ。




スティッキー
子どもも大人もあそべます。




ラッシュアワー
車脱出パズル。頭使います。




ニコケーキゲーム
つみあげたりオセロにしたり…




アイスクリームタワー
サーティーワンに行きたくなります(笑)




おにぎりトランプ
あそびにくいです(笑)。でもウケます。




壁をぺたんぺたんと落ちていきます
人気者!




水でお絵かきできるシート
他にもいろんな種類が




カラフルまがレール
プラレールの線路。曲がるし可愛い!




バルーンスライム
ひみつにしておきたいおもしろさ!










2018年もよろしくお願いいたします! [2018年01月04日(Thu)]

nenga18.jpg
新しい年がはじまりました!
ぴよぴよと始まった昨年は、
3月、憧れだったH2Oサンタさんの輪に入れていただいて、梅田のど真ん中で手作り感満載のシブレッドの登場からスタート(笑)。
http://blog.canpan.info/sib-tane/archive/416

初めてのファンミーティングも開催して法人化のお知らせと、みんなの旗をつくり(楽しすぎたーー。来てくださったみなさまありがとうございました!)

6月には大阪商工信金社会貢献賞をいただき、
http://blog.canpan.info/sib-tane/archive/427

シブサポ研修WS全国キャラバンを兵庫からスタート。愛媛、栃木、秋田、岡山、東京、大阪で開催。研修WSを修了してくださったシブリングサポーターさんは215名に!新しいきょうだい支援のプログラムも生まれつつあります。サポーターミーティングも始めることができました(2017年度の「病気の子どものきょうだい支援を広げるためのシブリングサポーター養成事業」は、タケダ・ウェルビーイング・プログラム2016の助成により行われています。ありがとうございます。)
http://sibtane.com/ssw

11月はよみうり子育て応援団大賞!
http://blog.canpan.info/sib-tane/archive/442

きょうだいさんたちと、支えてくださっている方々に嬉しいご報告をたくさんできて、きょうだい支援の輪の広がりにちょびっと貢献できたような、とても嬉しい1年でした。新しいご縁もたくさんいただきました。本当にありがとうございました。

犬と言えば「ちゃうちゃうちゃう?」が思い浮かぶ、大変大阪らしい団体しぶたね(笑)。今年もこてこてした「きょうだいの日」や「シブサポ」で、子どもたち、大人のみなさまにも、しっかりツッコミ入れていただこうと思っておりますので、お会いできるみなさま、どうぞよろしくお願いいたします!

1月は、「きょうだいさんのための本」の2冊目。兄弟姉妹を亡くした子どもに向けた冊子の作成をしっかり頑張ります。3月末には完成予定ですので、どうぞ見守っていてください。
通信の発行が遅れており申し訳ありません、こちらも2月までにはと思っております…!
9月には法人として2歳に。そして11月にはしぶたね設立15周年を迎える記念YEARでもあります☆
15周年が近づいても相変わらずよちよちしておりますが…きょうだいさんの笑顔につながることならなんでも全力でがんばります!今年もどうぞご一緒によろしくお願いいたします。
Posted by だいひょ at 13:00 | 首領のつぶやき | この記事のURL
今年もありがとうございました。 [2017年12月30日(Sat)]

今年の終わりが近づいています。今年もほんとうにたくさんの方に支えていただき、子どもたち、大人たちの笑顔をいっぱい見ることができました。ほんとうにほんとうにありがとうございました。

しぶたね今年の1番大きかったニュースはやっぱり「よみうり子育て応援団大賞」でした!

yomikosodate1.jpg

↓インターネットだとこちらから記事読めます。
https://info.yomiuri.co.jp/contest/lfmd/detail/3424.html


応援団大賞は、大賞と奨励賞があり、応募する時点で選ぶのですが…
なかなか主役になりづらく、一歩後ろに下がりがちなきょうだいさんたちにも、何が何でも金メダルをかけたい…きょうだい支援で金がいい…!と思って、おもいきって大賞の方に応募したのです。おおげさじゃなく悲願の金で、授賞式では賞状が涙でにじんで…あとでボランティアさんたちに代表が最初で泣くから最初から泣いてしまったやん!とめっちゃ言われることに(笑)。

授賞式はとても厳かなのですが、終始あたたかい空気。
yomi-1.jpg
シブレッドが変身するのを見守ってくださる会場のみなさま…。すみません…。

yomi-2.jpg
読売新聞の社長さんが直々に表彰状を手渡してくださいます。きょうだいさんたちはもちろん、きょうだい支援そのものを認めていただいた気持ち。感動。

yomi-3.jpg
やったー!これでマイヤーさんを呼べます!

yomi-5.jpg
めっちゃ優しい選考委員の先生たち。きょうだいたちに見せたいと話すと快くシブレンジャーポーズをしてくださいました…!ありがとうございます!!
必要なことだね、がんばってね、いい活動だね、強い光のあたるすぐそばが一番暗いのよ、と、すてきなお言葉をたくさんいただきました。

yomi-4.jpg
控室で。駆けつけてくれた自慢の理事とボランティアさんとスタッフと。喜びを分かち合ってくださって本当にありがとうー!夢のような時間でした。
長年の活動、「おおっ?!」と一瞬動揺することが起こっても、この仲間がいるからきっとなんとかなるなあとどこかでどーんと安心して構えていられる、そんなしぶたねの安定感にきっと子どもたちも、そして私がいちばん支えられています。みんな大好きすぎる。

ドキドキのスピーチは、このような感じのことをお話させていただきました。きょうだい支援に限らず、他の団体の方々が関わっておられる方々もきっと似たような気持ちをお持ちなのではと思いながら…。

---
このたびはこのようなすばらしい賞に選んでくださって、本当にありがとうございます。私たちが出会う愛おしいきょうだいさんたち、自慢のボランティアさん、支えてくださる方々、
みんなみんなに金メダルをかけていただいたような気持ちで、とってもうれしく思っています。

先日、京都でがん患者さんのご家族とご遺族の方を対象にひらいておられる「ふらっと」というサロンでお話をさせていただいた時に、こんな質問をしてくださった方がおられました。
私は4歳下の弟が心臓病で他界していて、その頃の経験から今の活動を立ち上げているのですが、こんなふうに当事者が支援活動をするにあたって苦しいことはありませんでしたか?と、その方は聞いてくださいました。

今は子どもたちがとっても可愛くて、活動を通して出会う人がみなさん本当にあたたかく優しい人ばかりで、子どもたちにも一緒に活動してくださる方々にもこんなに支えてもらって、なんて幸せな人生なんだろうと感謝しかない日々なのですが、活動を始めて数年は、とても苦しかったです。

何が苦しかったかというと、自分に支えが必要だった、必要だ、と認めることでした。
支えが必要なのは病気の弟の方なのに。両親は私よりもずっと傷ついているのに。世の中にはもっと苦しい状況でも頑張っている人がたくさんいるのに、どうして自分は頑張れなかったんだろう。大切な家族に関わることなのにつらく思うなんて、自分はなんてひどい人間なんだろう…そんなふうに自分をしばっている鎖と向き合っていくことがなにより苦しいことでした。そして同じように感じている子どもたち、大人たちにたくさん出会ってきました。
でも、こんなふうに思う時、新聞のよみうり子育て応援団の記事を読むとさまざまな子育て支援の活動が紹介されていて、今支えが必要な人にも、支えたいと思う人にも、これでだいじょうぶなんだよ、社会で起こっているしんどいことは、もっとたくさんの人で、しかもこんなに楽しく、関われることなんだよ、と示しておられるように感じました。自分たちの活動も、いつか応募できる日がくるといいなとずっと思っていました。

今回こうしてきょうだい支援というニッチな活動を大賞に選んでいただけたこと、きょうだいたちの頑張りを認めて光を当ててくださり、きょうだいたちのしんどさは、もっと社会のたくさんの人で関わって解決していけることなんだと太鼓判を押していただいたこと、本当に大きな喜びです。
ひとりぼっちと感じるきょうだいさんがいなくなる日まで、これからもしっかり楽しく活動を続けます。本当にありがとうございました。
---

たくさんの方が一緒に起こしてくださっているこの波を途切れさせることのないように、一歩でも、一歩でも、きょうだいさんが安心して大きくなれる社会に近付けるように、偉大な子どもたちから教わりながら、まだまだ全力でがんばります☆来年もよろしくお願いいたします。
Posted by だいひょ at 08:59 | 首領のつぶやき | この記事のURL
インスタフレームできました! [2017年12月29日(Fri)]

4月10日シブリングデーに向けて、インスタフレーム完成しましたきらきら

instaframe-red.jpg

来年1月6日のH2Oサンタさんのトークイベントで初登場予定です。
シブレッドと一緒に写真撮ってください(笑)。

●2018年1月6日(土)
●阪急百貨店うめだ本店 9階祝祭広場
トークイベントの時間は午後1時〜、午後4時〜各回20分程度ですが、シブレッドは午後1時頃から4時頃まで祝祭広場にいる予定です。よろしくお願いします☆

http://www.h2o-retailing.co.jp/h2o-santa/blog/02/00600383/?catCode=181001&subCode=182002
Posted by だいひょ at 23:06 | おしらせ | この記事のURL
メリークリスマス! [2017年12月26日(Tue)]

12月23日、赤い服のサンタさんが大忙しの頃、赤い服のシブレッドはここにおりました。
wishheart0.jpg
兵庫県立こども病院に初上陸☆

wishheart7.jpg
神戸のおしゃれで美味しいコーヒー屋さんLANDMADEさんも上陸!

WishHeartさん主催の清水健さん講演会との連動企画で、病気をもつ子どものきょうだいさんたちのクリスマス会を開かせていただいていました。
wishheart8.jpg
WishHeartさんとは清水健基金さまからご寄付をいただいたつながりでご縁がつながりました。ありがとうございます!
---
WishHeartさんは小児がんによりチャイルドロスを経験されたご家族が中心となって結成された団体です。1年を通してあちこちでレモネードを販売し、その売り上げでクリスマスに闘病中の小児がんの子どもたちにプレゼントを贈るご活動をされています。
---

凄腕おもちゃコンサルタントの方々のグループ「といぽけっと」さんにコラボをお願いして、「おもちゃの広場」とわくわくがいっぱいのプログラムが同時進行の豪華なクリスマス会☆
wishheart1.jpg
次々出てくる楽しいおもちゃ♪
wishheart4.jpg
たくさんのボランティアさんのご協力のおかげで安心してあそぶことができました。みなさま遠くからありがとうございました!
wishheart2.jpg
お花紙を自由にちぎって、おとながうちわでぱたぱたするとこんな楽しいことに!
wishheart3.jpg
子どもたちはもちろん、大人も目がきらきらになります☆
このあとお花紙はスタッフがおいしく…ではなく、傘袋に詰め込んで可愛いリースに変身していました♡

楽しかったクリスマス会。帰りはおみやげもらって帰ってね。
ゆきだるまクリスマスカードと、株式会社ブランさまからご寄付いただいた絵本「キグッシュ」、そして、チクチク会さまから送っていただいたフェルトのにゃーにゃーたちと、ロゼット☆
wishheart5.jpg
「すきなのをひとつえらんでね」
wishheart6.jpg
「この子にする!」

あそんでくれたきょうだいさんにおみやげを選んでもらうと、わくわくして選んで、そしてはっとして、「あっ、これは入院してる○○ちゃんにあげる」と言ってくれる子がたくさんいます。これはあなたとあそべて嬉しかったよーの記念のおみやげだから、もうひとつ○○ちゃんの分も選んでね、2つ持って帰っていいんだよ、そうしてやっと自分のためのおみやげを安心して選べる子どもたち。だからおみやげはたくさん準備しておきたいのです。協力してくださるみなさまに感謝です。

wishheart10.jpg
終了後はチャイケモさんに移動してほっこりクリスマスタイム。プレゼントをもらって表情がほころぶ子どもたち、親御さんたち。すてきな瞬間に立ち合わせていただいて、じーんとあったまりました(*^_^*)

WishHeartさんのすばらしい報告記事はこちら。 →

メリークリスマス!
Posted by だいひょ at 20:44 | この記事のURL
SOCIALSHIP 2017 採択していただきました☆ [2017年12月25日(Mon)]

「中学生からのきょうだいの日」で大きくなったきょうだいさんたちとクリスマスカードをつくり、高級焼き芋を堪能している頃…
imo1.jpg
シルクスイート、甘太くん、安納、里むすめ、五郎島金時、べにほっくりにこにこ
今年も専門店で仕入れてきましたよー光るハート

imo2.jpg
オーブンで焼き芋にすると、蜜でつやつやになっちゃうのです。甘!

副理事長はSOCIAL SHIP FINAL 選考会でプレゼンを頑張ってくれていましたきらきら
24991145_1783464991686005_7423237286595316060_n.jpg
24899823_1268592979922569_5718363847229659466_n.jpg
3日前の打ち合わせ…。3時間でぎゅうぎゅう詰め込んで受験生みたいな顔になってましたが(笑)、プレッシャー引き受けてくれてありがとう!

そしてそして、

SOCIALSHIP 2017 採択していただきましたきらきら
24991351_1269118259870041_8091201252124098097_n.jpg
副理事長頑張ったきらきら応援&心配してくださったみなさまありがとうございましたm(__)m
これでご寄付と会員さんを募集するための新しいリーフレット作れますきらきら

焼き芋を食べ終えてクリスマスカードを作り終えて駆けつけたレッドと理事長も、プレゼン聞いてくださった方々からたくさんあたたかく心強いお言葉かけていただいて感激でした。きょうだいさんの気持ちを想像して泣いてくださった審査員の方まで!(優しい!)

きょうだいたちが安心して子ども時代を過ごせる社会になるように、きょうだいが困った時につながれるサポートがあることが当たり前の社会になるように、これからも全力で頑張ります。
リーフレットは春頃完成予定です。憧れのazuki designNPOのためのデザインの林田さんにデザインしていただきますよ!わくわく!お楽しみにお待ちください♪
Posted by だいひょ at 13:42 | おしらせ | この記事のURL
メリークリスマス2017 [2017年12月24日(Sun)]



クリスマス2017、動画にチャレンジしてみました☆

kojo16.jpg
たくさんのサンタさんのおかげで、今年もクリスマスカードを100人の子どもたちに渡すことができました。

思いのこもった可愛いプレゼントも子どもたちに届けました♪
可愛いものをたくさん送ってくださったチクチク会さまlovehandさま、ありがとうございます。
tona3.jpg


あたたかな気持ちを寄せてくださったみなさま、ありがとうございました。
そしてカードを受け取ってくれる子どもたち、
あなたがいてくれてとってもうれしい私たちです。
ありがとう!メリークリスマス!

そうそう、スペシャルありがとうの「アマゾンのサンタさん」は、Amazonほしいものリストから材料を送ってくださった方々なのですが、子どもたちにはきっとよくわからなくて熱帯雨林にもサンタさんがいると思ってほしいです(笑)。

tona1.jpg

ゆきだるま「わ、誰!?」

カード工場に来てくれた大きなきょうだいさんにはトナカイだるまのカードを送りましたよにこにこ優しい気持ちでたくさん手伝ってくれてありがとうきらきら会えてうれしかったー!

tona2.jpg

いつでも大大大歓迎。また顔を見せに来てね。いつまでもみんなのこと大好きで大切で応援しています。
Posted by だいひょ at 16:33 | 「きょうだいの日」 | この記事のURL
[速報]よみうり子育て応援団大賞「大賞」に選んでいただきました! [2017年11月06日(Mon)]

きょうだいさんたち、応援してくださってるみなさま、嬉しすぎる速報です!
第11回よみうり子育て応援団大賞、大賞(1団体、賞金200万円)に、全国182団体の中から選んでいただきましたーーぴかぴか(新しい)

初めての「大賞」、きょうだいさんたちはもちろん、自慢のボランティアさんたち、縁の下の力持ちでいつも活動を支えてくださってる方々、みんなみんなで金メダルをかけていただいた気持ちです。
きょうだいたちの頑張りに光を当ててくださって、本当に嬉しいです!ありがとうございます!

10月30日の読売新聞にとっても大きな記事、載せてくださいました。

yomikosodate1.jpg

↓インターネットだとこちらから記事読めます。
https://info.yomiuri.co.jp/contest/lfmd/detail/3424.html

子安先生のコメントしみじみ嬉しいです。
選考委員長 子安増生先生(京都大名誉教授)
大賞団体は、病児のきょうだいも重要な支援の対象であることを明らかにした。公認心理師法でも、支援を要する人の関係者の支援が重視されている。今後の子育て支援にとって重要な視点に立つ活動と高く評価した。

賞金200万円で、ついにアメリカからきょうだい支援の神様ドナルドマイヤーさん呼べますよ!やったー!
日本でもきょうだい支援の輪がもっともっとひろがるように、きょうだいたちが安心の中で子ども時代を過ごせることが当たり前になるように、まだまだ全力でがんばります!
これからもみなさまご一緒に、よろしくお願いいたします。
Posted by だいひょ at 22:21 | おしらせ | この記事のURL
大阪第2期シブサポ研修WSと第1回シブサポミーティング [2017年10月29日(Sun)]

昨年開催したはじめてのシブサポ研修WSから1周回って、9月23日大阪第2期シブサポ研修WSを無事開催することができました☆来てくださったみなさま、お手伝いに来てくださったみなさま、本当にありがとうございました!
午前中の講義とグループワークを終え、37名の方がシブリングサポーターさんの輪に加わってくださいました。今日で合計160名!

ssw-o2-1.jpg

午前のプログラムはきょうだいさんたちのしんどさにぐっと近づく内容になっていて頭と心をたくさん使っていただきます。午後のワークショップ体験はきょうだいさんたちの「子ども」の部分に焦点を当てて…安心で、楽しくて、思わず笑っちゃう、そんな時間をみんなでつくることを体験していただきます。今回も楽しみ上手な方がたくさんご参加くださり、いっぱいたすけていただきました(感謝)。きょうだいのサポートのひとつのかたちとして、持ち帰っていただけることがひとつでもたくさんあるといいなと願ってプログラムを考えています。
ひとつひとつのゲームの解説メモがほしいというリクエストよくいただきます。実はテキストにほとんど載せていますし、他にもいろんなゲーム載せてますので参考にしていただけたらと思います。

今回のアクティビティはこんなでした。
@じゃんけん列車
Aごあいさつ
Bキャッチ
C最後に残るのは誰?(洗濯バサミ)
D新聞キャッチボール
Eとおせわっかっか(新聞紙3枚でわっかをつくります)
Fすすめわっかっか(1チームにわっかを2つ)
Gさんかくおに
Iステレオゲーム
J風船サッカー
-----

翌日24日は、第1回シブリングサポーターミーティングを開催しました!
シブリングサポーターになってくださった方々で集まり、つながり、学び合い励まし合い、明日から使える技を持って帰られたりもするような場をつくりたいなあという思いでまずは最初の一歩です。

ssm-1.jpg

部屋争奪戦に負けて特別会議室という無駄にかっこいい部屋になってしまいましたが(笑)、この1年シブサポ事業としてやってきたことのご報告と今後の目標について、サポーターのみなさまに共有していただきました。きょうだいに出会う人はみんなきょうだいの支えになれる人。点から面に。もっともっと輪を広げていきたいです。

今回の「明日から使える技」は、きょうだいさんのことで悩んでおられる親御さんからよく聞かれる「きょうだいとちょこっとあそべること教えてほしい」のご質問にサポーターとしておすすめゲームをいくつかお伝えできるようになったらいいなという思いで、保育士でおもちゃコンサルタントのいちご先生に講師をお願いしました。36枚の大作パワポでたくさんたくさん教えていただきました。

ssm-2.jpg
これはよーいドンでごっつんこしたらじゃんけんをして、勝った人がぐりぐり●を描くゲーム。子どもの描いた線を親御さんがおっかけるゲームも同じ材料でできます♪

ssm-4.jpg
てぶくろちゃんも作りました☆軍手を買う時に「グレーもあったら可愛いんじゃないかしら?」と思いついてしまったばっかりにお地蔵ちゃんが大量発生(笑)。

親子で自然にふれ合えて、ほんの少しの時間で笑顔になれる技、いっぱい笑ってたくさん詰め込んだ後は、自己紹介ゲームで全員と仲良くなっちゃいます。
ssm-5.jpg
(用意、スタート。で、誰も来てくれなくてひとりだけぽつん…の理事長。どういうことなのでしょう…。)

みんなでわいわい仲良くなったところでグループに分かれ、これまでに出会ったきょうだいさんのお話、可愛かったこと、せつなかったこと、悩んだこと、頑張ってること、嬉しいこと、グループごとに共有して終了になりました。また来年、この1年に出会ったきょうだいさんたちのことをみんなで想える場、悲しかったことや悩んでいることを相談できる場、嬉しかったこともみんなで共有して何倍にもできる場、つくります。そんな場があることに、なによりしぶたねが支えられていることを最近よく思います。全国に仲間がいる心強さ!

全国のシブリングサポーターさんとの再会を楽しみにしています。これからもご一緒に、きょうだい支援の波を起こしましょうひろげましょう☆しぶたねも頑張ります。よろしくお願いします_(_^_)_

---
2017年度の「病気の子どものきょうだい支援を広げるためのシブリングサポーター養成事業」は、タケダ・ウェルビーイング・プログラム2016の助成により行われています。ありがとうございます!
Posted by だいひょ at 16:05 | シブリングサポーター | この記事のURL
秋田県NAOのたまごさんでシブサポ研修WSありがとうございました! [2017年10月29日(Sun)]

9月9日、しぶたね初めての秋田に上陸!
飛行機降りたらなまはげの国〜
ssw-a-5.jpg

NAOのたまごさんに呼んでいただいてシブリングサポーター研修ワークショップ出前してきました(NAOのたまごさんは、心のバリアフリーを進め、健常者と障がい者が共生して暮らしていける社会の実現を目指して活動しておられる団体です。昨年から「きょうだいの時間」というきょうだいのためのプログラムを開始されました☆)

ssw-a-1.jpg

木の香りが気持ちいいとってもすてきな会場を準備してくださいました。テキストに沿ってきょうだいさんのもちやすい気持ちと対処法のヒント、きょうだいたちが教えてくれた言葉をみんなで共有します。

米国シブショップのアクティビティ「ブラッビーおばさん」を取り入れて、きょうだいさんたちの気持ちを想像し、みんなでシェアするグループワークでは、自分を透明だと感じているきょうだいさんにこんなふうに絵で伝えたい!というシブサポ研修WS史上初めての発想が!

ssw-a-2.jpg
きょうだいさんの優しい気持ちをハートであらわしてくれています。じーんと感動。。。

今年度のシブサポ研修WSは、すべての会場で同じグループワークを体験していただいているのですが、毎回その答えの優しさ、ぐーっときょうだいさんたちの気持ちを感じとろうとしてくださるみなさまのあたたかさに感動しています。すてきなイラスト。心の宝箱に入れました(*^_^*)

午後の「きょうだいの日」体験はひろーい会場を生かしてたくさん動いていただきました☆
ssw-a-3.jpg
走ります!

ssw-a-4.jpg
跳びます!

「壁にでんして戻ってくる」の「でん」がまったく伝わらなくてびっくり(笑)。「でん」は関西弁だったのですね…。「秋田では鬼ごっこでつかまえる時、でんじゃなくて何て言うんですか?」とたずねたら「タッチ」だそうです。ハイカラ。

走って笑って12名のシブリングサポーターさんが秋田に誕生し、サポーターさん合計123名になりました☆受け入れてくださったNAOのたまごさん、来てくださったみなさま、本当にありがとうございました。楽しかったです〜。
今のところシブリングサポーターさん活躍の最北端は秋田。きょうだい支援が点から面になるように、まだまだひろげます!

ssw-a-0.jpg
ちょうどねんりんピック開催中で、駅前で念願のババヘラアイスも食べられました!

-----
キャラバンはまだまだ続きます。赤いところは今年行かせていただくところ。お会いできるみなさまよろしくお願いいたします。
そしてもっともっと色塗りできるようまだまだがんばります!
17caravan.jpg

2017年度の「病気の子どものきょうだい支援を広げるためのシブリングサポーター養成事業」は、タケダ・ウェルビーイング・プログラム2016の助成により行われています。ありがとうございます!

※シブサポ研修WSはまだまだ育っている途中で、開催費用は助成金が頼り、講師をつとめる代表とレッドの講師料は毎回0円です。もっともっと広げるために、たくさんのアイディアをかたちにするために、賛助会員さんになって一緒に育てていただけると大変大変ありがたいです。よろしくお願いします。
しぶたね賛助会員さん募集のお願い
Posted by だいひょ at 14:18 | シブリングサポーター | この記事のURL
28回目のきょうだいの日、10月22日です☆ [2017年10月09日(Mon)]

28回目の「きょうだいの日」までいよいよあと2週間です。
シブサポ研修WS受けていただいた方はシブレンジャーになれます☆
研修受けておられない方も、10月12日(木)19時から20時半の事前打ち合わせ会に出席していただくとシブレンジャーに変身できるようになります☆
しぶたねホームページのメールフォームからご連絡お願いいたします。
http://sibtane.com/

kyodainohi28omote.jpg

kyodainohi28ura.jpg

-----
秋の「きょうだいの日」は、親御さんと一緒にみんなであそぶ時間&親御さんと離れてお友達とシブレンジャーとはじける時間になっています。きょうだいがはじけている間、親御さんには自由参加の「ほぐしのひととき」と「交流タイム」を準備させていただく予定です。よろしければぜひ(^^)よろしくお願いいたします。
-----
第28回「きょうだいの日」
■日時:10月22日(日)午後1時〜午後4時
■会場:ドーンセンター
    (京阪/地下鉄 天満橋駅徒歩5分ぐらい)
■参加費無料
■対象:病気の子どものきょうだい(小学生)10人ぐらい
    と、お父さんお母さん(2人一緒も大歓迎)
■申し込み方法:申込用紙に記入し、FAXか郵送
※申込用紙は郵送させていただきます。ご送付先をメールで教えてください。
sbtn0311-toiawase☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)
こくちーずからも申し込みできます。手書きよりネット申し込みの方が楽な方は
こちらからお願いします。 http://www.kokuchpro.com/event/kyodainohi28/
■しめきり:10月13日(金)必着
※申し込み多数の時は抽選。定員に余裕があればしめきり後も受け付けますが、一時保育をご利用の方はボランティアさんの人数調整のため早めにお申し込みいただけるとたすかります。
■問い合わせ先:sbtn0311-toiawase☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてください)
-----
「きょうだいの日」は病気の子どものきょうだいさんが主役になって大歓迎され、同じ立場の仲間と出会い、安心してあそびきることが目的のワークショップです。大きな体育館を貸し切りにして、シブレンジャーのおにいさんおねえさん、お父さんお母さんと一緒に走り回ったり、みんなでゲームしたり、おやつを食べたりします。
はじめてさんも大歓迎。病気のお子さんと年齢の小さなきょうだいさんは「おもちゃの部屋」という名の一時保育室で保育ボランティアさんと楽しく過ごしていただきます(「きょうだいの日」の会場に入ることはできません。必ず一時保育をお申込みください)。
ただただあそぶだけですが、きょうだいさんたちはたくさんの大人の愛情をシャワーみたいに浴びて「ここは私を守ってくれる大人がいるところ」「きょうだいの日があるからがんばれる」と話してくれます。きょうだいさんのこと気になっているけど…と悩んでおられる親御さんからも「うちの子こんな可愛い顔で笑うんですね」「子どもも私も充電しました!」と嬉しいお言葉いただいています。
無料なのでどうぞお気軽にお越しください。お申込みお待ちしております_(_^_)_
Posted by だいひょ at 12:28 | 「きょうだいの日」 | この記事のURL