CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ほぐしのひととき | Main | ダウンロードできるもの»
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集

↓人気のおもちゃたち



おはなし迷路絵ハガキ
うまく迷路をたどるとお話が完成。
間違った道を行くと笑っちゃうオチ。
ポスターもありますが(URL)、
はがきサイズお手軽です。




伸縮ボール
伸び縮みボール。不思議おもしろ。




スティッキー
子どもも大人もあそべます。




ラッシュアワー
車脱出パズル。頭使います。




ニコケーキゲーム
つみあげたりオセロにしたり…




アイスクリームタワー
サーティーワンに行きたくなります(笑)




おにぎりトランプ
あそびにくいです(笑)。でもウケます。




壁をぺたんぺたんと落ちていきます
人気者!




水でお絵かきできるシート
他にもいろんな種類が




カラフルまがレール
プラレールの線路。曲がるし可愛い!




バルーンスライム
ひみつにしておきたいおもしろさ!










お花見のお礼に行ってきました! [2018年12月05日(Wed)]

先週、初めての「Maxとき」の2階に乗って…

maebashi3.jpg

シブサポと公開講座のために群馬に初上陸して来ましたきらきら

maebashi0.jpg

はじめまして、ぐんまちゃん!

会場は伊勢崎市なのですが、その前に。群馬に来たらどーーーしても寄りたいところがありました。

話はさかのぼって…
今年の4月、「きょうだいさんのための本」を全国に届ける際に、たくさんの切手をご寄付くださった武田薬品工業株式会社のみなさま。
↓その時の記事です。たくさんいただいた100円切手がサクラソウだったので、「この春最高のお花見」になりました^^
http://blog.canpan.info/sib-tane/archive/463

この切手を集めてくださることを最初に思いついてくださった社員さんが群馬の前橋営業所にいらっしゃると聞いて、ひとめお会いしてお礼を伝えたくて仕方なかった私たち。お忙しい中、無理を言ってお邪魔して来ました(すみませんあせあせ(飛び散る汗))。

maebashi1.jpg

こちらに。神アイディアを思いついてくださった方がきらきら

私たちの突然の訪問をみなさまあたたかく迎え入れてくださり、「きょうだいさんたちに、群馬にもみんなのみかたがいるんだよーって伝えたい」とお話しすると、快くお写真も撮らせてくださいました。本当にありがとうございます。

maebashi2.jpg

シブレッドが真ん中ですみません…あせあせ(飛び散る汗)レッドと並べばみんなもうシブレンジャーです(笑)!心強い!
この日は外のお仕事に出ていらっしゃったたくさんの方々も、みんな、きょうだいたちの頑張りを知ってくれているひとたちです。きょうだいさんたち、ひとりぼっちじゃないんだよ。
群馬県にも、きょうだいのための場、きょうだいのための人、増えるように…前橋営業所のみなさまに力をいただいて、次の日のシブサポも、その次の日の公開講座も、しっかりがんばってきましたよ。その報告はまた次回に!
しぶたねのしあわせな旅はまだまだつづきますきらきら
Posted by だいひょ at 13:40 | きょうだいさんのための本 | この記事のURL
この春最高のお花見をしたご報告です [2018年04月16日(Mon)]

3月末、「きょうだいさんのための本A」がどどんと届きました!
上手く営業所止めができなくて、自宅に…入りきらない分がこんなことに…。戸惑いながらもたくさん箱を積んでくださった佐川さん、ありがとうございました。(そしてこの後、挟む用の別紙が入った箱がさらに7箱届くのです…)

hassou4-1.jpg

ご近所さんに「引っ越しするの?」と聞かれまくりながらの7時間の青空発送作業を経て、まずは箱単位で受け取っていただける団体さんのもとに40箱、飛び立っていきました(全国で受け取ってくださったみなさま、青空の下たくさんの集荷作業をしてくださったクロネコさん、ありがとうございます!)。

hassou5 (2).JPG

病気で兄弟姉妹を亡くす経験をする子どもは、数はきっと多くなく、だけど少ないからこそひとりぼっちと感じやすくて、なんとか上手にふわりと届くようにどうすればいいのか…うーんと考えています。箱の次は、まずは全国の大きな小児科をもつ病院と保健所、関連団体の方々に送りたいけれど、ざっと計算して560カ所。送料が大きな壁でした。

そんなときに届いたあたたかなお気持ち!

hassou7 (2).JPG

数え切れないほどの100円切手が!

遡って…1月、いつも活動を支えてくださっている武田薬品工業株式会社さまのジャパンファーマビジネスユニット(国内営業部門)の方々が「患者さんや、患者さんご家族の気持ちに寄り添う」をテーマに講演会を企画してくださいました。大阪本社だけでも50名ほどの方が参加してくださり感激だったのですが、全国の営業所にもWeb配信をしていただき、合わせて300名くらいの方がきょうだいたちのおかれている状況やしんどさに寄り添い、考えてくださいました。
その時のご感想も同封してくださっていたので、許可をいただいて抜粋します。

・日々、病院を訪問していながら病気のお子さんの「きょうだい」について意識したことはなかったので、大変興味深く印象的なお話でした。また当社としてもそのような取り組み支援をしていることはお恥ずかしながら初めて知りました。非常に大切な取り組みだと思いますので、今後も全国に広がっていくことを強く望みます。

・“病気”について考えた時に、当事者か、当事者の両親または子どもに対して思いを寄せることが大抵ではないかと思う。そんな中で“当事者のきょうだい”という、実は一番苦しみを表現することが難しい立場のお子さんを支援している点に感銘を受けました。このような患者さん支援の何らかの活動を、病院等で行ってみたいです。

・小児科病棟にお伺いする機会があった時に、入院している子どもたちも大変と感じてしましたが、今回の境遇におかれている子どもたちも病棟内の共有スペースでよく見かけていたのを思い出しました。「しぶたね」の皆さんのような活動は本来ならもっと前から実施されていてもいい活動だと思いました。個人として何ができるのかを考えつつ、協力できることをみつけたいと思います。

・途中、しぶたねさんのホームページを全員に紹介・共有し、LINEスタンプを購入する者もいました。実際の現場でできることは限られますが、病院やクリニックでそんな場面に遭遇したら、温かく声掛け・手助け・見守ってあげたいと思いました。

・まずは私にもすぐできる行動をしたいと思い、LINEスタンプを購入しました。知人にプレゼントしたり紹介したりもしています。しぶたねさんの活動を知れば、協力したいと思う人もどんどん増えると思うので、タケダでの講演も継続的に行っていただきたいです。

こんな優しいご感想をたくさんいただき、これだけでも本当に嬉しくてありがたくてもうどこにも足を向けて寝られないのですが、さらにある部署の方がもう一歩踏み込んで「社内の年賀状の書き損じや余りを回収して切手に交換してしぶたねに寄付しては?」のアイディアを思いついてくださり→呼びかけられた全国の営業所の方々もご協力くださり→そしてこの切手の数です。きょうだいさんたちのために集まった切手、すごいです。

hassou3.JPG

4月1日、桜の花びらが舞う中、お花見に行く人たちの間をすり抜けて、たくさんの人が冊子の発送作業のお手伝いに来てくださいました。いただいた切手を早速貼って、全国のきょうだいに向けて、たくさんの人の優しいお気持ちを足しながら冊子を送り出すことができました。
冊子を手にしてくれた高校生のきょうだいさんがこんなふうに話してくれたそうです。
「いい本だねぇ。僕たちきょうだいさんには、当たり前の話なんだよね。」
「もっと小さい時に読みたかったな」

100円切手はサクラソウです。たくさんのサクラソウの切手に囲まれて、この春のどこのお花見よりもきれいでしあわせなお花見をさせていただきました。ご協力くださったみなさま、本当にありがとうございました。
Posted by だいひょ at 23:47 | きょうだいさんのための本 | この記事のURL
きょうだいさんのための本第2弾完成しました! [2018年04月05日(Thu)]

sassi2-hyoshi.jpg

http://sibtane.com/
「きょうだいさんのための本Aおにいちゃん、おねえちゃん、おとうと、いもうとを亡くしたあなたへ」しぶたねホームページで公開しました。

一般財団法人冠婚葬祭文化振興財団さまに印刷費を助成していただき、防衛医科大学校 精神看護学 教授の高橋聡美さんに監修をお願いして、病気で兄弟姉妹を亡くした子どものために作成した小冊子です(A5サイズ16ページ)。
きょうだいを亡くすというつらい経験をしたきょうだいさんたちがひとりぼっちじゃないように、がんばりすぎてしまわないように、周りの大人の気持ちを伝え、きょうだいさんの気持ちを聞かせてもらうきっかけに使っていただけたらと思っています。
ずっとつくりたいと思ってきた冊子です。兄弟姉妹を見送った子ども、そんな子どもの周りにいる人、そんな子どもが胸の中に いる大人の方々に届けばうれしいです。

---
この冊子を全国のNICUを持つ病院300箇所と、全国の病弱教育部門のある特別支援学校173箇所、合計473の場所に届けるための資金・96,965円を集めることを目標に、4月9日(月)からの1週間、京都発のチャリティ専門ファッションブランドJAMMINさんとコラボして、Tシャツなどチャリティつきのアイテムを販売します。
ずっと憧れだったJAMMINさんが、きょうだいさんたちのために、こんなすてきなメッセージをデザインしてくださいました。

180409-item000.jpg

“Today you are you, that is true”、「どんな感情があってもいい。君は君のままでいいんだよ」。

180409-item003.jpg

Tシャツだけじゃなく、パーカーやトートバッグも。子ども用Tシャツで親子お揃いも可能です。

180409-item071.jpg

4月9日0時から、JAMMINさんのサイトで購入できるようになります。
https://jammin.co.jp/
FacebookやTwitterの記事のシェアで10円キャンペーンもありますのでそちらもご協力いただけたら大変ありがたいです。
シブリングデーも合わせて、どうかどうかみなさま一緒に盛り上げてください。きょうだいさんを応援する人みんなでおそろいTシャツを着られるということにもすでに感激していますきらきらどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by だいひょ at 00:36 | きょうだいさんのための本 | この記事のURL
「きょうだいさんのための本」増刷についてのお知らせとお願い [2015年01月29日(Thu)]

sassi.jpg
おかげさまで、7000冊つくった「きょうだいさんのための本」が詰まっていた箱の底が見えてきました。これまでたくさんのきょうだいさんに配ってくださったみなさま、本当にありがとうございます。
まだ問い合わせもたくさんいただいているので、さらに3000冊増刷したいと思っています(これで合計1万冊!です)。

いつも冊子を送りながら、この冊子をつくるため、たったひとりのきょうだいさんに渡すために、本当にたくさんの人が助けてくださっていることを想っていました。この感じ、もっときょうだいさんたちに伝わるようにできないだろうか。もっともっとたくさんの人にきょうだいさんの頑張りを知ってもらい、応援してもらうことはできないだろうかと考えて、次の増刷はクラウドファンディングでチャレンジしようと決めました。

増刷のためのお金を出してくださった方の人数分のイラストとハートを描いたカードを冊子にはさみこめたら、と考えています。
card.png
イメージはこんな感じで…。ぎゅぎゅっとたくさんの人を描かせていただけたら嬉しいです。

こちらのMakuakeさんでお世話になります。とても親切にいちから教えていただきながら、「2月16日」スタートを目指して準備をしています。
https://www.makuake.com/

お礼の品も考え中です(^^)
リターン用バッジ.png

2月になったらこちらでもお知らせをさせていただくことになると思います。その際はぜひお力を貸してください。よろしくお願いいたします!
Posted by だいひょ at 22:44 | きょうだいさんのための本 | この記事のURL
「きょうだいさんのための本」残り半分になりました [2014年07月18日(Fri)]

たくさんの方が手に取り、配ってくださっている「きょうだいさんのための本」(ありがとうございます!)、おかげさまで、昨年増刷した分が残り半分(1500冊)になりました。

10502287_431537383628137_5636963890031406558_n.jpg
最近はひげ梱包です(笑)。

病院で配ってますと教えてくださるお医者さん、看護師さん、保育士さん、心理士さんやCLSの方々、「これ見たことあります」と教えてくださる親御さんに出会うことも増えました。本当にありがたいことです。

先日は、こちらのすてきな写真展にも置いてくださいました。ありがとうございます_(_^_)_!
+Happyの天使たち 〜やさしさをありがとう〜

こちらの写真展からつながって、浜松の「えほん文庫」さんでも配布していただけるようになりました。ありがとうございます_(_^_)_!
http://ehonbunko.hamazo.tv/e5439606.html

冊子を受け取ってくださった親御さんからこんな嬉しいメールもいただいています。
(許可をいただいたので、メールから抜粋させていただきます)
-----
下の子はまだ4歳ですが、この本を読むと涙をぽろぽろと流し、最後は大号泣…どちらも大切だよ〜と伝えてきてたつもりだったけど、思った以上に4歳のちいさい心でもいろんなことも考えているんだなと、私自身考えさせられました。

下の子は「○○の宝物の本」としぶたねさんの冊子を呼んでいます。
読み聞かせの定番です笑 本当に大切で素敵な冊子をありがとうございます。
-----

「宝物」と言ってくれているなんて、ありがたくて、そして親御さんの力はすごいなあと感動します。大切だよ〜の気持ち、いっぱい伝えてこられたから、冊子に込められた親御さんの気持ちが、すっと入っていくのだと思いました。こんなにすてきに使っていただいて、冊子つくってよかったなあとしみじみします…。

内容はこちらから見られます。印刷もできますし、カンパ配布の案内もしていますが、無料配布でもちろん大丈夫ですので、遠慮なく取り寄せてください。
http://blog.canpan.info/sib-tane/archive/225

きょうだいさんと親御さんとがお互いを大好きな気持ちを伝え合うお手伝いをできれば嬉しいです。必要なきょうだいさんに届きますように…みなさまのお力貸してください。引き続きよろしくお願いいたします。
Posted by だいひょ at 13:33 | きょうだいさんのための本 | この記事のURL
「きょうだいさんのための本」増刷できました [2013年11月08日(Fri)]

2年前に4000冊つくった「きょうだいさんのための本」、ありがたいことにすべて旅立っていき、再びタケダ・ウェルビーイング・プログラムの助成をいただいて増刷することができました(感謝)。
きょうだいさんのために取り寄せてくださったみなさま、カンパ購入してくださったみなさま、たくさん配ってくださったみなさま、本当にありがとうございました☆

sassi-zosatu.jpg
若干色が変わった…ような(p_-)?
増刷分は奥になります。ほんのり青みが強くなったかなと思うのですが…どうでしょう?微妙?

変わらずこちらからダウンロードとカンパ購入をしていただけますが
http://blog.canpan.info/sib-tane/archive/225

無償配布もまたしばらく続けられそうなので、どうぞどうぞご遠慮なく必要部数とご送付先をお知らせください。興味を持ってくださった方、おうちのきょうだいさんや近くにいるきょうだいさんに渡したいなと思ってくださった方、いつも配ってくださっていて(感謝)在庫が尽きそうな方、ご連絡いただけたらすぐに「よろこんでー!」と送らせていただきますのでよろしくお願いします☆
1冊でも10冊でも100冊でも!在庫があるうちに、送料無料のうちに、お気軽にお声掛けください。
sbtn0311-sassimuryo☆yahoo.co.jp (☆を@に変えて送信してください)

きょうだいさんに大好きな気持ち伝えたいなと思っていらっしゃる親御さんや周りの大人の方々に、1人でもたくさんの頑張っているきょうだいさんに、届けたいと思っています。
きょうだいさんにかかわる方の来られそうな研究会や勉強会、病院や施設などにも置いていただけたら、とても嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。


-----

10周年記念に、しぶたねの活動を紹介するリーフレットもつくることができました。A4 三つ折りサイズです。

leaf-3.jpg

こちらもご連絡いただけたらよろこんで送らせていただきますので、あわせてよろしくお願いいたします☆


-----

なんせだいひょの家の玄関がこんな感じなので…今作成中の10周年記念誌が届く前に、どんどんもらってくださると助かります…_(_^_)_

sassi-genkan.jpg

ほそーくなって出入りしています(笑)。
Posted by だいひょ at 13:36 | きょうだいさんのための本 | この記事のURL
きょうだいさんのための小冊子まだあります☆ [2012年06月28日(Thu)]

sassi1-hyosi2.jpg

病気の子どものきょうだいさんのための小冊子「きょうだいさんのための本」
おかげさまでたくさんの方が取り寄せてくださり、うれしい感想をいただいています。

入院中の病院から、お家で留守番しているきょうだいさんに書き込んで送ってくださった方、
きょうだいさんのお誕生日プレゼントにそえてくださった方、
同じ病室の親御さんにも渡したいのでとたくさん申し込んでくださった方…

色を塗り、シールやご家族の写真でいっぱい可愛く飾った1冊を作り上げ、看護師さんに自慢してくださったおかあさん、看護師さんからちゃんと写真見せてもらいましたよー!すてきすぎて涙出ました!ありがとうございます。

きょうだいさんと親御さんや周りの大人の方が、一緒に読んだり書き込んだりしてお互いの大好きな気持ちを伝えあうきっかけになれば…、きょうだいさんがさみしいときに開いて少し元気が出るものを渡してあげられたら…と願ってつくった冊子。私たちが思っていたよりずっとずっとあたたかに、上手に使っていただいていて、感激しています。

sassi1-haco1.jpg

わが家の玄関を埋めていた箱も半分になりました(笑)。

こちらからダウンロードできますが
http://blog.canpan.info/sib-tane/archive/225

まだ無償配布続けていますので、どうぞどうぞご遠慮なく必要部数とご送付先をお知らせください。
1冊でも、10冊でも〜!喜んで!くるくるまわってから発送いたします黒ハート
sbtn0311-sassimuryo☆yahoo.co.jp (☆を@に変えて送信してください)

きょうだいさんにかかわる方の来られそうな研究会や勉強会などでも置いていただけたら、とても嬉しいです。

今週末ひらかれるチャイルド・ケモ・ハウスさんのシンポジウムでも置いていただけることになりました(感謝!)。来られる方、どうぞ持って帰ってやってください。よろしくお願いいたします。
Posted by だいひょ at 14:20 | きょうだいさんのための本 | この記事のURL
きょうだいさんのための本 [2011年09月24日(Sat)]


以前から作りたい作りたいと思っていた、きょうだいさん向けの冊子の1冊目が完成しました。
助成してくださった武田薬品工業株式会社のみなさま、特定非営利活動法人市民社会創造ファンドのみなさま、ありがとうございます!



「きょうだいさんのための本 たいせつなあなたへ」

A5サイズ 24ページ

病気の子どものきょうだいさんたちが、さみしいとき、ひとりきりだと思うとき、親御さんをはじめ、たくさんの人から注がれている愛情を確認できるものを届けたいと思ってつくりました。

親御さんや周りの大人の人と一緒に書き込んだり、読んでもらったりしながら、ちょっと甘えるきっかけ、愛情を伝えあえる時間につながったらいいなと願っています。

小学校低学年ぐらいのお子さんをイメージしてつくっていますが、もっと小さなきょうだいさん、もっと大きなきょうだいさんにも渡してもらえたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします。





1. こちらからPDFファイルを開き、印刷することができます。


sassi1.pdf





2.完成した冊子をお取り寄せいただくこともできます。

@もA(兄弟姉妹を亡くした子どもに向けた冊子)も、きょうだいさんの手元に届く分は無料でお配りしています。(そうでない分も無料で送らせていただきますが、カンパにご協力いただけましたら大変ありがたいです)

しぶたねホームページのお問い合わせフォームから
@「きょうだいさんのための本」@とAのどちらなのかわかるようご記入お願いいたします。
A必要な冊数
Bご送付先のご住所(郵便番号からお願いします)
Cお名前
をお知らせください。挟み込みや梱包など手作業で行っているので、少しお時間いただくこともありますが、どうぞご遠慮なくお問い合わせください。


3.「カンパで活動を応援してやろう!」という方は(ありがとうございます!)

きょうだいさんに届く分は無料配布を続けていきたいと思っていますが、送料や増刷費用は常に綱渡りな状況です。1冊200円くらいのカンパで応援していただけると大変たすかります。
こちらの応援メニューからお力貸してください。よろしくお願いいたします。
http://sibtane.com/ouen
Posted by だいひょ at 21:15 | きょうだいさんのための本 | この記事のURL