CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«秋田県NAOのたまごさんでシブサポ研修WSありがとうございました! | Main | [速報]よみうり子育て応援団大賞「大賞」に選んでいただきました!»
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集

↓人気のおもちゃたち



おはなし迷路絵ハガキ
うまく迷路をたどるとお話が完成。
間違った道を行くと笑っちゃうオチ。
ポスターもありますが(URL)、
はがきサイズお手軽です。




伸縮ボール
伸び縮みボール。不思議おもしろ。




スティッキー
子どもも大人もあそべます。




ラッシュアワー
車脱出パズル。頭使います。




ニコケーキゲーム
つみあげたりオセロにしたり…




アイスクリームタワー
サーティーワンに行きたくなります(笑)




おにぎりトランプ
あそびにくいです(笑)。でもウケます。




壁をぺたんぺたんと落ちていきます
人気者!




水でお絵かきできるシート
他にもいろんな種類が




カラフルまがレール
プラレールの線路。曲がるし可愛い!




バルーンスライム
ひみつにしておきたいおもしろさ!










大阪第2期シブサポ研修WSと第1回シブサポミーティング [2017年10月29日(Sun)]

昨年開催したはじめてのシブサポ研修WSから1周回って、9月23日大阪第2期シブサポ研修WSを無事開催することができました☆来てくださったみなさま、お手伝いに来てくださったみなさま、本当にありがとうございました!
午前中の講義とグループワークを終え、37名の方がシブリングサポーターさんの輪に加わってくださいました。今日で合計160名!

ssw-o2-1.jpg

午前のプログラムはきょうだいさんたちのしんどさにぐっと近づく内容になっていて頭と心をたくさん使っていただきます。午後のワークショップ体験はきょうだいさんたちの「子ども」の部分に焦点を当てて…安心で、楽しくて、思わず笑っちゃう、そんな時間をみんなでつくることを体験していただきます。今回も楽しみ上手な方がたくさんご参加くださり、いっぱいたすけていただきました(感謝)。きょうだいのサポートのひとつのかたちとして、持ち帰っていただけることがひとつでもたくさんあるといいなと願ってプログラムを考えています。
ひとつひとつのゲームの解説メモがほしいというリクエストよくいただきます。実はテキストにほとんど載せていますし、他にもいろんなゲーム載せてますので参考にしていただけたらと思います。

今回のアクティビティはこんなでした。
@じゃんけん列車
Aごあいさつ
Bキャッチ
C最後に残るのは誰?(洗濯バサミ)
D新聞キャッチボール
Eとおせわっかっか(新聞紙3枚でわっかをつくります)
Fすすめわっかっか(1チームにわっかを2つ)
Gさんかくおに
Iステレオゲーム
J風船サッカー
-----

翌日24日は、第1回シブリングサポーターミーティングを開催しました!
シブリングサポーターになってくださった方々で集まり、つながり、学び合い励まし合い、明日から使える技を持って帰られたりもするような場をつくりたいなあという思いでまずは最初の一歩です。

ssm-1.jpg

部屋争奪戦に負けて特別会議室という無駄にかっこいい部屋になってしまいましたが(笑)、この1年シブサポ事業としてやってきたことのご報告と今後の目標について、サポーターのみなさまに共有していただきました。きょうだいに出会う人はみんなきょうだいの支えになれる人。点から面に。もっともっと輪を広げていきたいです。

今回の「明日から使える技」は、きょうだいさんのことで悩んでおられる親御さんからよく聞かれる「きょうだいとちょこっとあそべること教えてほしい」のご質問にサポーターとしておすすめゲームをいくつかお伝えできるようになったらいいなという思いで、保育士でおもちゃコンサルタントのいちご先生に講師をお願いしました。36枚の大作パワポでたくさんたくさん教えていただきました。

ssm-2.jpg
これはよーいドンでごっつんこしたらじゃんけんをして、勝った人がぐりぐり●を描くゲーム。子どもの描いた線を親御さんがおっかけるゲームも同じ材料でできます♪

ssm-4.jpg
てぶくろちゃんも作りました☆軍手を買う時に「グレーもあったら可愛いんじゃないかしら?」と思いついてしまったばっかりにお地蔵ちゃんが大量発生(笑)。

親子で自然にふれ合えて、ほんの少しの時間で笑顔になれる技、いっぱい笑ってたくさん詰め込んだ後は、自己紹介ゲームで全員と仲良くなっちゃいます。
ssm-5.jpg
(用意、スタート。で、誰も来てくれなくてひとりだけぽつん…の理事長。どういうことなのでしょう…。)

みんなでわいわい仲良くなったところでグループに分かれ、これまでに出会ったきょうだいさんのお話、可愛かったこと、せつなかったこと、悩んだこと、頑張ってること、嬉しいこと、グループごとに共有して終了になりました。また来年、この1年に出会ったきょうだいさんたちのことをみんなで想える場、悲しかったことや悩んでいることを相談できる場、嬉しかったこともみんなで共有して何倍にもできる場、つくります。そんな場があることに、なによりしぶたねが支えられていることを最近よく思います。全国に仲間がいる心強さ!

全国のシブリングサポーターさんとの再会を楽しみにしています。これからもご一緒に、きょうだい支援の波を起こしましょうひろげましょう☆しぶたねも頑張ります。よろしくお願いします_(_^_)_

---
2017年度の「病気の子どものきょうだい支援を広げるためのシブリングサポーター養成事業」は、タケダ・ウェルビーイング・プログラム2016の助成により行われています。ありがとうございます!
Posted by だいひょ at 16:05 | シブリングサポーター | この記事のURL