CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集

↓人気のおもちゃたち



おはなし迷路絵ハガキ
うまく迷路をたどるとお話が完成。
間違った道を行くと笑っちゃうオチ。
ポスターもありますが(URL)、
はがきサイズお手軽です。




伸縮ボール
伸び縮みボール。不思議おもしろ。




スティッキー
子どもも大人もあそべます。




ラッシュアワー
車脱出パズル。頭使います。




ニコケーキゲーム
つみあげたりオセロにしたり…




アイスクリームタワー
サーティーワンに行きたくなります(笑)




おにぎりトランプ
あそびにくいです(笑)。でもウケます。




壁をぺたんぺたんと落ちていきます
人気者!




水でお絵かきできるシート
他にもいろんな種類が




カラフルまがレール
プラレールの線路。曲がるし可愛い!




バルーンスライム
ひみつにしておきたいおもしろさ!










おしらせいろいろ [2016年12月31日(Sat)]

↑ここのスペースに出るように設定しているのですが、我が家のPCで確認する限り出てないので、とりあえず変な日付で失礼します…

title-mini.jpg
↑ホームページ作成中です。こちらからの方が必要な情報にたどり着きやすいはず…?がんばります…。


■ しぶたねでボランティアを希望してくださる方はこちらをお読みください

病院ボランティアさん、一時保育ボランティアさん、熱烈大歓迎!です!


borasan-chirashi.pdf
 ←チラシ(PDF)はこちらです。よろしくお願いします。


鳥  鳥  鳥  鳥  鳥  鳥  鳥
次回「きょうだいの日」は2016年3月6日(日)の午後を予定しています。
鳥  鳥  鳥  鳥  鳥  鳥ダッシュ(走り出すさま)

■ 問い合わせメールアドレスが変わりました。
  (☆を@に変えて送信してください)

・病院ボランティア→ sbtn0311-byoin☆yahoo.co.jp
・.きょうだいさんとあそぶボランティア→ sbtn0311-ranger☆yahoo.co.jp
・.一時保育ボランティア→ sbtn0311-hoiker☆yahoo.co.jp

・それ以外のお問い合わせはこちらまでお願いいたします。
sbtn0311-toiawase☆yahoo.co.jp

鳥  鳥  鳥  鳥  鳥  鳥  鳥


小冊子「きょうだいさんのための本」はこちら
http://blog.canpan.info/sib-tane/archive/225

学校の先生にきょうだいさんの心配事を伝える用のシートはこちら
http://blog.canpan.info/sib-tane/archive/331

「しぶたね10年ありがとうの本」はこちらからお願いします。
http://blog.canpan.info/sib-tane/archive/344
Posted by だいひょ at 09:06 | おしらせ | この記事のURL
9月4日、出前のお知らせ [2016年08月11日(Thu)]

9月4日、全国心臓病の子どもを守る会兵庫県支部さんに呼んでいただくことになりました。
きょうだいさんのきもちのお話と、おもちゃコンサルタントさんにお願いするあそびの時間の予定です(*^_^*)
会員でない方も、どなたでも参加できるそうです。きょうだいさん、ご家族のみなさまとお会いできることとっても楽しみです。よろしくお願いいたします。


0904.jpg
Posted by だいひょ at 23:55 | おしらせ | この記事のURL
明日はあそびかたフェスタですよ☆ [2016年08月06日(Sat)]

16フェスタ会場案内.jpg

いよいよ明日は年に1度の「あそびかたフェスタ」です!
あそフェスは、病気や障がいをもつお子さん、きょうだい、ご家族、子どもたちと一緒にあそびたい大人たち、みんなみんなで楽しくあそんじゃおう!な夏の1日です(*^_^*)
会場案内がやっと完成_(_^_;_遅くなりました…陳謝。
すべてのブースを満喫する時間はきっとないと思うので、ここは絶対!なところ、しっかりチェックしてお越しください(*^_^*)
さらに、ここに書かれてないブースが当日増えちゃうサプライズもあるかも?なわくわく感です(笑)。
今年の見どころは、大会議室をまるまる使った、東京おもちゃ美術館さんのホスピタルキャラバンです。おもちゃコンサルタントの方々のスキルとあそび心ほんとうにすごいので、いっぱいお話して体験されてくださいね☆
たくさんのお子さん、大人のみなさまにお会いできること楽しみにしています。よろしくお願いいたします!
Posted by だいひょ at 22:50 | おしらせ | この記事のURL
チャイケモさんに出前きょうだいの日☆(後編) [2016年07月26日(Tue)]

前編はこちら→http://blog.canpan.info/sib-tane/archive/395

チャイケモさんにははじめての出前(*^_^*)プログラムは定番のものを多めにしました。
なふだつくり、ごあいさつ、キャッチ、さんかく鬼…
さんかく鬼は4人1組であそぶゲームです。
@3人で手をつないで三角をつくり、そのうちの1人をターゲットに決めて腕に印の布を巻く。
A3人とは別に鬼を決め、三角の外側からターゲットにタッチしたら終了です。
アメリカのシブショップのアクティビティなのですが、スタートの瞬間にわーっと子どもたちのテンションが上がる感じが大好きで、今回もレンジャーぐるぐる走って頑張りました(笑)。

走ったあとはおやつタイム。今回はランチパックをつくりましたよ〜。
ck02.jpg
この子はランチパック名人。ぎゅーっと押すのがコツなのだそう。

自分の分をつくって、お父さんお母さんの分もつくって、「チャイケモさんのひとの分もつくる!」と、優しい子どもたちがそれぞれに可愛いランチパック屋さんをしていました。
ck01.jpg
リクエストを聞きながら、真剣につくりますよ。ランチパックつくり器はおみやげに持って帰ってもらいました。おうちでも楽しんでね。

それから、LUSHさんにいただいた「洗隊レンジャー」も登場しました☆きょうだいたちが楽しく過ごせるようにと昨年に続いてご寄付いただいてます。きょうだいのみんなのことこうして応援してる人がいっぱいいます(*^_^*)

201607-5.jpg
きょうだいさんと親御さんとの合作。前髪(?)の短いドラえもんに爆笑して、とっても楽しそうでした。
201607-2.jpg
この子は宇宙をつくります☆写真にうつりきらない惑星たちの美しさ、うっとりでした。
201607-3.jpg
家族みんなの作品。テーマは海だったようで、机に敷いたシートの青い色が、ばっちりでした☆
201607-4.jpg
なんて可愛いお弁当!持ち帰り用のケースにぴったり。おいしそうです〜。

最後はいつもの風船サッカー!と思いきや、ちょっと趣向を変えた風船バレーで終了でした。家族対抗、こどもVS大人、の2試合、キラキラの笑顔で風船をはたいて頑張る子どもたち、可愛くて可愛くて、ほんとに来てくれてありがとう!の気持ちです。また一緒にあそぼうね!

参加記念メダル贈呈のあとは、おみやげに株式会社ブランさまにいただいた、らくがきOK絵本「トマにん」をプレゼントさせていただきました。
ck03.jpg
めっちゃ可愛いのです〜。

たくさんの人のやさしさに包まれて「きょうだいの日」は開催されています。「あなたが頑張ってるの知ってるよ」「応援してるよ」の気持ちで満たされたひとときをきょうだいさんたちに過ごしてもらえるように、出前「きょうだいの日」これからも1回1回大切に届けていきたいと思っています。
呼んでくださったチャイケモさん、開催を応援してくださるみなさま、走り回ってくれるシブレンジャーのみんな、本当にありがとうございました!これからもよろしくお願いします。


Posted by だいひょ at 09:14 | 「きょうだいの日」 | この記事のURL
チャイケモさんに出前きょうだいの日☆(前編) [2016年07月23日(Sat)]

めっちゃお知らせしたかったことその1!

13709486_1089992864427063_1452881823_o.jpg

遂に遂に、念願叶ってチャイルド・ケモ・ハウスさんに「きょうだいの日」の出前をさせていただきました☆
チャイケモさんのおしゃれパワーに包まれて、シブレンジャーもちょっとおしゃれに見え…ることはありませんが(笑)、きょうだいさんたちとぎゅぎゅっと楽しいひととき過ごさせてもらって大変しあわせでした〜(*^_^*)

どうでもいいことですが、代表がお面をかぶるのはしぶたね12年の歴史の中で2回目です。納得のへっぴり具合。初めてシブブルーをしたのは昨年京大病院に出前をさせていただいた時…。ポーズをちゃんとできるか心配すぎて、最初のあいさつがぐだぐだでした…(遠い目)。
そして2回目の今回。ポーズを間違えないか緊張しながら作った名札、手の向きが逆でした(笑)。
13769470_1065740900184853_1298207030695866455_n.jpg
壁をなでる代表。

レアと言えば、コレ。きょうだいさんに渡す「来てくれてありがとうメダル」、なんと貴重なご許可をいただいて、チャイケロくんとつぶたねのコラボになってますきらきらチャイケロくんと他のキャラのコラボは超レアなことなのですよー。つぶたねしあわせもの!

13718574_1065740923518184_5415115572841745752_n.jpg

そんなこんなの夢みたいなきょうだいの日、まずはいつものあいさつからはじまります。

aisatu1.jpg

きょうだいの日はごほうびの日だから、やらないといけないことは何にもないよ(^^)

→つづきます〜
Posted by だいひょ at 14:51 | 「きょうだいの日」 | この記事のURL
もう1人の主役(52) [2016年07月23日(Sat)]

京大病院小児科に「楽しい時間」をプレゼントしていらっしゃるボランティアグループ
にこにこトマトさんのニュースレターに04年10月からへなちょこなコラムを書かせていただいています。コラムのタイトルは「もう一人の主役」。前代表の神田さんがつけてくださいました(わーい)。



「いい子」は危険?


 保健所などで親御さんにきょうだいさんのもちやすい気持ちについてお話をさせていただく機会が増えました。最近多いなと感じるご質問の中に「うちの子いい子なので心配なんです」というのがあります。「いい子ってだめなんでしょう?」と話してくださるのを聞いていると、「いい子はあぶない」的な話が親御さんたちをよけいにしんどくしているのを感じます…。

 確かに、病気をもつ子どものきょうだいたちの中には、「いい子」でいようと頑張りすぎている子もいます。「いい子の自分でいなければ愛される価値がない」と感じてしまっていたり、「完璧でなければ意味がない」と自分にプレッシャーをかけすぎている時には、そうではないことが伝わればいいなと思っています。あなたのこと、そのまんままるごといつでも大好きなんだよの気持ちや、失敗したり頑張れないことがあってもあなたの大切さはなんにも変わらないし、ちゃんとリカバーできるからだいじょうぶなんだよ、の安心感に包まれてきょうだいたちに過ごしてほしいと願います。

 きょうだいが「いい子」でいようとすることは、親御さんや病気の兄弟姉妹への気遣いであったり優しさであったりもします。それを「いい子でいなくていい」と否定してしまうと、きょうだいの気持ちは迷路に入りこんでしまうことがあるので、優しさ自体はきょうだいからのギフトとして受け取ったらよいのではと感じることが多いです。それはそれとしていったん受け取った上で、きょうだいには「楽しかった!」と感じられる機会や、「頑張れなくても大丈夫だった」という体験を増やし、少しずつ肩の力を抜いてあげられたらいいなと思っています。
 
 そして「いい子」になる子もいれば「手のかかる子」になる子もいます。どちらもその子なりに頑張っている結果で、不安や寂しさの素直な表現なんだなあと感じます。きょうだいたちの不安な気持ち、苦しい気持ち、一人で抱えなくてもいいように、親御さんだけが抱えなくてもいいように、いろんな場所で、みんなでちょっとずつ聞かせてもらえるようになるといいなと思っています。

Posted by だいひょ at 13:06 | もう1人の主役(コラム) | この記事のURL
あそびかたフェスタ2016です! [2016年07月18日(Mon)]

夏がきました!いろいろご報告したいことが特盛りなのですが、
まずは、あそびかたフェスタのおしらせです☆

asofes3.jpg

あそびかた研究会、年に1度の、子ども&子どもの心の大人たちのための大イベント「あそびかたフェスタ」☆今年は3回目になります。
昨年は250人の方がぎゅうぎゅう御礼でした。今年はとなりの大会議室も会場に加え、さらにわいわい楽しい1日になればいいなと準備中です。ぜひぜひよろしくお願いいたします。
純粋に各ブースのあそびを楽しんでいただくも嬉し、
あそびに来ている子どもたちとあそんでいただくも嬉し、です。
明日つかえるあそびの技がもりだくさんですよー。お申込みお待ちしております(*^_^*)

日時:8月7日(日)13時から16時まで。
会場:大阪市立総合医療センターさくらホールです。

今年は東京おもちゃ美術館のみなさまの「ホスピタル・トイ・キャラバン」もやってきますよ!大会議室まるまる使ってすてきおもちゃをおもちゃコンサルタントの方々が紹介してくださいます。
-----
http://goodtoy.org/act/act5-2.html

ホスピタル・トイ・キャラバン:全国の小児病棟に良質な遊びを届けるために作られた移動型おもちゃ美術館セット。開催地では、おもちゃコンサルタントが病気の子どもたちの心のケアを行い、遊びの重要性を伝えています。
普段の遊び支援活動で人気のおもちゃや、病気や手術の不安を和らげるプレパレーショントイ・メディカルトイも紹介しています。
-----
Posted by だいひょ at 13:56 | おしらせ | この記事のURL
もう1人の主役(51) [2016年06月23日(Thu)]

京大病院小児科に「楽しい時間」をプレゼントしていらっしゃるボランティアグループ
にこにこトマトさんのニュースレターに04年10月からへなちょこなコラムを書かせていただいています。コラムのタイトルは「もう一人の主役」。前代表の神田さんがつけてくださいました(わーい)。


 私たちが開いている「きょうだいの日」のベースになっているのは、アメリカで広く行われている、特別なニーズをもつ子ども達の兄弟姉妹のための「シブショップ」というワークショップのプログラムです。シブショップは4月で25周年を迎えました。私がシブショップに出会ったのは16年前。トレーニング中に、開発者のドナルド・マイヤーさんがきょうだいたちに「ひとりじゃないよ」と話しかけるのを見ているうちに、自分の中の「きょうだい」にそう言ってもらったように感じて涙があふれ、日本のきょうだいたちにも「ひとりじゃない」と感じられる場をつくりたくて「しぶたね」を立ち上げました。

 そんなマイヤーさんが最初に「シブショップ」をつくった理由を昨年初めて教わりました。シブショップが開発されるまで、アメリカのきょうだいたちのためのプログラムと言えばセラピーしかなく、何にもない静かな小部屋にぽつんと置かれた椅子にきょうだいが座り、セラピストの治療を受けるしかなかったそうです。マイヤーさんは「治療だけでなく、もっと楽しい場があればいいんじゃないか」と考え、きょうだいが出会い、あそび、嬉しいことも悲しいこともどちらでもないこともみんなで共有できる場をつくろうと、シブショップをつくり、広めておられます。

 シブショップは治療プログラムではなく、そして、参加者と運営者にとって「お祭り」なのだと説明されます☆私たちはこの「お祭り」が、繰り返し参加してくれているきょうだいたちにとって大切な意味があることを体感していますが、治療の必要がない(=今何の問題も生じていない、あるいはそう見える)子どもたちが、ただ仲間と安心して楽しく過ごす場の必要性や効果を伝えることはなかなかに難しく、私たちの中の大きな課題のひとつになっています。

 先週、25回目になる「きょうだいの日」を開催しました。前回参加してくれたきょうだいさんの親御さんが「きょうだいの日に参加して、うちの子とっても変わりました。明るくなって…自分に自信がもてたみたいです」と話してくださいました。ただ大歓迎されて、思いっきりあそんで、いっぱい笑う、そんな時間を過ごすことで自分に自信がもてたなんて、子どもって本当にすごいです。
 きょうだいの日は広い広い体育館を貸し切りにして開いているのですが、すみからすみ…高い天井まで、きょうだいたちを大切に思うボランティアさんたち、イベントを支えてくれるたくさんの人たちの気持ちが満ちているのをいつも感じます。この空気をたくさん吸い込んで過ごすことがきょうだい達の心を支え、充電する効果がちゃんとあるんだなあと改めて思いました。そんな場がひとつでも増えるように、当たり前になるように、これからも活動を続け広めていきたいのです。

Posted by だいひょ at 13:02 | もう1人の主役(コラム) | この記事のURL
ほぐしのひととき その16(春) [2016年05月06日(Fri)]

お待たせしすぎてすみません!(例のように代表があたためすぎていました…すみませんすみません)ありんこさんのほぐしのコラム春編、はじまりますよ〜。
秋の「きょうだいの日」も、親御さんたちのほぐしのひととき用に、張り切って和室を2部屋ぶちぬいて予約しちゃいました(笑)。みなさまお楽しみになのです〜(*^_^*)

-----
こんにちは、ありんこです

太陽が暖かです
日差しが柔かです
コートを脱いだので体が少し動きやすくなりました
お花もあちこちで見かけます
春ですね〜(#^^#)
hogu16s-1.jpg
でも・・・・
今年の春は花粉が多いのですかね・・・私の周りでも目がウルウルな方や、お鼻ジュルジュルな方がいます。出来るだけしんどくなりませんように!(祈)

さて、春は肝臓の季節です
春になると冬に老廃物を出す作業が体の中で行われるのです
アクの強いものを食べるのも昔から伝わった毒出しの作業
ふきのとう、菜の花、たけのこ、春キャベツ、セリ、セロリ、ニラなどなど
これらを食べることで体内の悪いものを出してくれるそうです

あっ!毒を出さなきゃって食べすぎは禁物ですよ〜
なんせ、アクが強いのですから摂りすぎたら体に負担かかります
どんなに体に良いというものでも適量ってものがありますからね(^_-)-☆

春はこの「肝」が刺激されるものですから心まで刺激を受けるのです
「肝」って「きも」とも読むでしょ
イライラしたり、ど〜〜んと凹んだりね

そこで今回は体の中の肝臓にエネルギーを送る道の一部をほぐしたり
心にエネルギーを送る道の一部をほぐしたりしてみましょうね〜(*’▽’)

まずは足の甲です
肝臓に繋がるエネルギーの道は
脚の甲の親指と人差し指の骨があるでしょ〜その間にあります
骨と骨の間の溝!
そこに手の親指をぐりぐりと入れて指先の方向へと流してみてください
痛かったり、なんか固まりみたいなのがある人も居るかもしれません
歯を食いしばるほど痛いことはしなくていいですからね〜
でも、痛みや固まりがなくなるまでやってあげるといいです

で、そこだけほぐすのももったいないので〜
そのお隣、人差し指と中指の間の溝も!
中指と薬指の間の溝も!
薬指と小指の間の溝もお掃除、お掃除♪

左右の足のお掃除が終わったころには足がポカポカになってるんですよ〜
hogu16s-2.jpg
ではでは、四つん這いになってみてくださいね
そしてまずは左手を逆手にします
四つん這いの状態で床に着いた手の指を少しずつ外側に回していくのです
ゆっくりでいいですよ〜
出来れば、グルんと回して指先がご自分の方へ向くくらいまで行くと逆手になりますが、
そこまで回せなくても構いませんので無理はしないでくださいね

手のひらが床にぴたりと着いた状態で体を少し後ろに引いてみましょう
手首の内側にツッパリが感じられ始めます
hogu16s-4.jpg
ご自身が気持ちエエな〜って思うところまで後ろに引いていってみてください
あとはそのまま体をゆら〜りゆら〜りと左右に揺するのです
手首の内側のツッパリが取れるまでやってみてくださいね

最後はパッ!っと手を解放するのではなく、ゆ〜〜っくりと緩めていってくださいね
最初の四つん這いの状態に戻ったら「ふぅぅぅぅ〜〜」ってため息を吐いちゃってください
さぁ、今度は右手もやってみましょう


お次は手首の内側にあるツボを刺激しますね
まずは左手首の内側からです
手首の付け根にしわがあるでしょ〜そこから5cm(指三本分)肘に寄ったところに、そのツボはあります
hogu16s-3.jpg
内関(ないかん)のツボと言います

そこを右手の指で押してあげてください
でね、これって右手が疲れるじゃないですか〜なのでズボラしちゃいますね
先ほどのように四つん這いになって
左手の平を天井に向けた状態で膝の前に持っていくのです
この時おでこを床につけてしまうと楽です
そしてツボを膝で踏んじゃいましょ〜
ここも痛いと感じる方は歯を食いしばるほど痛く踏むのではなく、気持ちエエなぁ〜って思うくらいの強さで踏みながら、痛みがなくなるまでやってみてください
そしてこれも解放する時はジワ〜っと力を緩め、ジワ〜っと四つん這いに戻り、ジワ〜っと楽な格好になって、「ふぅぅぅぅ〜〜」ってため息吐いてね

さぁ!立ち上がりましょ〜
そしたら四股立ちです
hogu16s-5.jpg
( 「ほぐしのひととき その11 秋バージョン」にて紹介していますよね )
 
最後は
立ち上がって、目を閉じてみてください
体の末端が暖かく感じられますか?
両足が安定していて、しっかりと立ててる感じがしますか?
深呼吸もしてみてくださいね
おっ!とっても深く息が吸い込めて、気持ちいいほど吐きだせる〜〜って思えましたか?

安定感を感じられ
呼吸が深くなっていたら嬉しいです(#^^#)

お次にお会いするのは夏ですかね〜
その時に元気であるために、春は大切な季節です
どうぞ春を大切に過ごしてくださいね
焦らず、またしゃかりきにならず、ボチボチとね(^_-)-☆

-----
ありんこさん、ありがとうございました!
ありんこさんのブログはこちら☆
「自力整体ゆらりゆらり」
http://ameblo.jp/jirikideari/
ありんこさんの優しく包み込んでくれる雰囲気そのままのブログです。
ぜひぜひどうぞ(*^_^*)
Posted by だいひょ at 09:13 | ほぐしのひととき | この記事のURL
描かせていただきました☆ [2016年05月06日(Fri)]

大阪市の小慢手帳の表紙を描かせていただきました☆
12936507_746982058750333_4762366921834601368_n.jpg
子どもたちがそれぞれの心の花を自由に大きく咲かせられますように、手帳を手にされる保護者の方々の気持ちが一瞬ゆるみますようにと思いながら、楽しく描きましたにこにこ

表紙の裏にはしぶたねの名前と、きょうだいのためのグループなことも書いてくださったので、きょうだいを応援してる人たちがいることも伝わればいいなと思います。大阪市保健所のみなさま、すてきな機会をありがとうございました_(_^_)_

それから、難病のこども支援全国ネットワークさんの「ピアサポート活動」紹介ページにもイラストちょこっと描かせていただきました。
ピアサポート活動は、病気や障がいのあるお子さんを育てられた親御さんたちが養成講座を受講され、「なかま」として悩んでおられるご家族を支援する活動。病院の中にピアサポーターさんがおられるカウンターが用意されてること、すごいなあと思います。
image_jpg.jpg
Posted by だいひょ at 08:38 | おしらせ | この記事のURL
| 次へ