CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年12月 | Main | 2013年02月»
<< 2013年01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
一緒に笑顔でいたいから 〜親子で向き合う発達障害〜 [2013年01月31日(Thu)]
130130hii4.JPG

数年前にNHKで放映されたテレビ番組

一緒に笑顔でいたいから 〜親子で向き合う発達障害〜」。


130130hii.JPG

ひいちゃんにっき」という、

発達障害の子どもの日々を描いたホームページが

静かな人気を呼んでいるそうです。


作者は、島根県浜田市の河上昌樹さん。


息子の「ひいちゃん」こと

光くんの成長を書き続けてきたそうです。


130130hii3.JPG

発達障害に対する理解を深めてもらいたいという思いから

ホームページを作ったそうです。


このテレビ番組は、

自分の障害と向き合い、

自立の一歩を踏み出し始めた光くんと、

それを温かく見守る父親の姿が描かれています。


障害者雇用 超氷河期どころでない [2013年01月30日(Wed)]
130130tokyo.JPG

「障害者手帳の発行数によると、

 身体障害者が約370万人、知的障害者が約55万人、

 精神障害者が約325万人の計750万人。

 国民のおよそ6%にあたる」


「これに対し、働く障害者は約38万人しかいない。

 これは、手帳交付者数のたった5%」


「障害者が通う特別支援学級を卒業しても、

 就職できるのは3割にすぎない」


「法定雇用率を守らない企業は半数を超える」


「障害者雇用率の未達成企業のうち、

 たび重なる指導でも改善しない場合は企業名を公表されるが、

 公表企業数は毎年1ケタ台」


「改善を約束して公表を免れ、実際は未達成なままの企業が

 多数存在するということ」


「このような法律違反を放置している現状は

 明らかにおかしい」


「法定雇用率を未達成の企業から、

 不足分に応じ、1人につき月5万円を徴収する

 障害者雇用納付金制度がある」


「このため、お金(納付金)で解決できると理解する企業も多い」


「企業に望みたいのは、発想を根本から見直すべきだということ」


「形だけの社会貢献事業など見透かされる時代である」


いろいろと考えなくてはならないことが、

あるようですね…。


東京新聞の社説より)
自閉症に特化ケアホーム 個性に応じて支援 [2013年01月29日(Tue)]
130129saga.JPG

発達障害者を支援するNPO「それいゆ」は、

自閉症に特化したケアホームを

佐賀市高木瀬町に開設したそうです。


重度の知的障害と自閉症がある20、30代の男女4人が

介護を受けながら共同生活しているそうです。


130129saga3.JPG

人によって特性が異なる障害のため、

本人の状況に応じて支援するのが特徴。


自閉症に特化したケアホームは県内では珍しく、

自尊感情を傷つけずに

問題行動を起こさない環境づくりのモデルとして、

関係者の注目を集めているそうです。


130129saga2.JPG

自閉症は、騒音や足音を嫌う傾向があり、

窓はペアガラス、床や壁にはクッション材を入れたそうです。


複数の事柄を同時に処理するのが苦手なため、

約6畳の居室は、

休憩・就寝・着替えなど、目的別に仕切ったそうです。


時間の流れも理解しづらい特性があり、

写真を使ったスケジュールを居室に貼り付け、

自発的に食事や入浴ができるように工夫しているそうです。


佐賀新聞より)
難病の助成300種類に拡大を [2013年01月28日(Mon)]
130128nanbyou.JPG

難病の患者への医療費助成について、

厚生労働省の専門家会議は、

対象を症状が重い患者に限ったうえで、

現在の56種類から300種類程度に

拡大すべきだとする報告書をまとめたそうです。


130128nanbyou2.JPG

厚生労働省は、

平成26年度からの実施を目指し、

対象になる難病の指定や判定の基準づくりを

進めることにしているそうです。


NHKのニュースより)
輝くステージへ 〜 障害をのりこえて働く喜び [2013年01月27日(Sun)]
130127uemura.JPG

2006年に放映されたテレビ番組

輝くステージへ 〜 障害をのりこえて働く喜び」で、

奈良の「植村牧場」さんが紹介されています。


130127uemura3.JPG

冊子「働く広場」でも

そのテレビ番組の紹介がされています。


130127uemura2.JPG

昨日、植村牧場の黒瀬礼子さんの講演をお聞きしたので、

もう一度、このテレビ番組の録画を見てみようと思っています。
障がい者の農業参加による地域の活性化を考えるシンポジウム [2013年01月26日(Sat)]
130127rakunou.JPG

札幌の隣町の「江別市」にあります「酪農学園大学」で、

2012年度江別市大学連携研究調査採択事業として、

「障がい者の農業参加による地域の活性化を考えるシンポジウム」が

行われました。


静岡の京丸園の鈴木厚志さん、

奈良の植村牧場の黒瀬礼子さん、

地元の農業生産法人「輝楽里」の方の発表など、

魅力的なお話を、たくさん聞くことができました。


この企画をされた

酪農学園大学の義平先生、どうもありがとうございました。
大津市が障害者の自立支援事業 [2013年01月25日(Fri)]
130124ootsu.jpg

大津市は、2013年度にも、

特別支援学校の卒業生を市立の障害者支援施設に受け入れ、

2年間にわたり社会生活についての講義や職業訓練などをして

自活や就労を支援する事業に乗り出すそうです。


130124ootsu2.jpg

市によると、

特別支援学校の卒業生の自立支援プログラムを

自治体が事業として進める例は珍しく、

担当者は、

「特別支援学校の卒業生が“自分探し”をする場にもなれば」と

期待しているそうです。


中日新聞より)
体罰と「見通し」 (ブログ「青く、老いたい」より) [2013年01月24日(Thu)]
130125aoku.JPG

中日新聞の

医療福祉の担当記者の

安藤明夫さんのブログ「青く、老いたい」。


愛知県西三河地方の小学校での体罰事件のことが

書かれていました。


教育現場の努力次第で、自閉症の子たちの日常は大きく好転する。

そのとおりですね。


深く受け止めなくてはなりませんね。


ブログ「青く、老いたい」より)
担任、自閉症児に体罰 愛知の小学校 [2013年01月23日(Wed)]
130124tainatsu.jpg

愛知県西三河地方の小学校で、

特別支援学級の担任の男性教諭(58)が、

教室内で、自閉症の4年生の男児の両手をひもで縛り、

保護者への連絡帳に「たいほしました」などと

書いていたことが分かったそうです。


130124taibatsu2.jpg

保護者に伝える「連絡帳」に書いたということは、

担任は、悪いことだとは思っていなかったんでしょうか…


ひどい話です…。


中日新聞より)
植村牧場さん(奈良県) [2013年01月22日(Tue)]
130127uemura-bokujou.JPG

奈良にあります、「植村牧場」さんの

ホームページです。




知的障害者の方々も、

日夜がんばって働いている牧場さんです。


おいしい牛乳を飲みに、一度行ってみたいです。
| 次へ