CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「精神保健福祉手帳」と「自立支援医療」の診断書の様式の見直し | Main | 箕面市の障害者就労支援制度の導入検討 − 厚労省方針»
<< 2013年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
理解の努力 学校あげて (教育ルネサンス 広げる障害児支援) [2011年02月03日(Thu)]

 何年か前(2006年1月17日)の読売新聞の記事です。

 「複数の問題を出すときは、集中力が続かない子に配慮して、10分おきに1問ずつ解かせる」、「言葉で言うだけでは指示を理解しづらい子のためには、矢印で解いている問題を示すなど、黒板の書き方を工夫する」など、小学校の算数の授業での工夫が紹介されていました。

 こういうちょっとした配慮・工夫が大事なんですよねー。


↓ 今日も応援のクリックありがとうございます。


にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
コメントする
コメント