CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
食育暮楽部
暮らしを楽しみながら食育推進団体
« 健康事業 | Main | 食育アドバイザー養成講座 »
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
大堀聡子
食育暮楽部10周年記念講演 (05/31)
「生産者とのふれあい」〜都心で繰り広げる牧畜の試み〜[2012年09月02日(Sun)]
ジェシー.JPG都心で民家と隣り合わせながらも、
牧畜を経営している磯沼さんから、
その知識やモッツァレラチーズ作り、乳搾りなど
様々なことを体験させて頂き教わりました。

牧場には磯沼さんが石を積み上げて作った窯があります。
牛舎の牛は、牛の年齢ごとに分けられ、その階級社会を学べるようになっています。
牛舎の中は自由放牧になっていて、牛は自分たちの意志で、
自由に寝て自由にえさを食べることが出来ます。
このおかげで牛にはほとんどストレスがなく、鳴くことがありません。
また臭い消しのために、堆肥などにコーヒーやカカオマスを混ぜます。
牛の鳴き声がなく臭いもないので、近隣には全くと言って良いほど迷惑がかかっていません。
これが都心の真ん中で牧畜が出来る理由です。

milk.JPG牛乳、飲むヨーグルト、キャラメルシロップの試飲をさせていただきました。
昼には、モッツァレラチーズと野菜をはさんだパニーニ、
あらかじめ磯沼さんが煮込んでくださっていた牛すね肉のスープ、
そしてサラダを頂きました。
牛の乳からはチーズやヨーグルトが作られ、
牛自身からは肉がとれ、捨てる所がないことを肌で学びました。

P1200048.JPGモッァレラチーズ作り体験では、牛乳にヨーグルトを入れ
少し固まってきた状態のチーズをナイフでカットしたり、
最後にチーズの成形をするお手伝いをさせて頂きました。
工程の途中に出てくるホエーは昼食の時に試飲しましたが、
酸味がなくとても飲みやすいものでした。

DSCF8256.JPG今回の体験では、臭いが気にならない、牛の鳴き声が目立たないなど、
牧場に対する印象が変わったと思います。
ほとんどの牧場は自然のある田舎で経営していますが、
努力次第では住宅街が周りにある都心であったとしても成り立つものなのだと肌で感じました。
<担当 K>
磯沼ミルクファーム体験 生産者と交流しよう[2012年08月20日(Mon)]
P1190094.JPG大人の食育講座の一環として開催される講座です。
都心で酪農を営むための生産者のご苦労や,こだわり,他との差別化のために努力されていることなどを,生産者から直に聞ける貴重な機会です。
講座終了後は牛への愛情が自然と湧いてくるはず!
是非この機会にご参加ください!

● 日時:2012年9月2日(日)10:00〜15:30
...● 場所:磯沼ミルクファーム  東京都八王子小比企町1625
    ★JR八王子駅南口よりバス10分
  「和田経由 めじろ台行き 中小比企下車」 
八王子駅南口バス停に9:40分集合


● 費用:4000円(会員・非会員ともに)軽食付き
 磯沼牧場ミルク・ヨーグルト・フレッシュチーズ・アイスクリームなど試食。
 乳製品を使って牧場ランチ(モッアレッラチーズのパニーニとヨーグルト野菜スープ・デザートチーズケーキ)を予定
 乳搾り体験(一般の方も一緒になります)
磯沼さんを囲んで牧場見学

● 対象:食育アドバイザー受講者優先・先着20名

● 持ち物:筆記用具・タオル・帽子,飲み物・保冷バック(乳製品購入の方)あると便利です
      熱中症対策など各自でお願いします。

● その他:運動靴等歩きやすい靴、汚れてもかまわない服装でお越しください。

申込先
食育暮楽部 shokuiku@zar.att.ne.jp
メールにて、参加者の氏名、住所、携帯をご連絡ください。詳細を折り返しご返信します。
生産者と交流[2012年01月21日(Sat)]
食育暮楽部 恒例の生産者との交流音符
今年は東日本大震災による風評被害にあわれている
生産者
福島県田村市の大河原さんをお招きして
今の現状をお聞きしながら、

私達は生産者の努力によって食材調達がなりたっていること
消費者として食を選ぶ目を養う
食の正しい情報から食の安心は自分でみつけるもの


こんなことを学び合い、交流できればと企画しましたキラキラ

たまたまでしたが、お願いしたレストランのシェフも
福島県田村市近くご出身でした笑顔

福島県出身のシェフと生産者がタッグを組んで東北復興のために立ち上がりましたキラキラ

食の大切さを伝えたい、安全性を理解していただくために企画しています。
ご自身の知識と選択力により、食の安心度は変わるものですよっ

●日 時:2012年2月19日(日) 11:30〜14:30
●場 所:はなの木 Dining BARU Hananoki   http://hananoki.blog.so-net.ne.jp/
     最寄駅:京王線「初台」駅 徒歩5分  代々木4−37−13セザール参宮橋1F
●参加費 一 般2800円   会員2500円
(大河原さんの野菜お土産付き!!)

お料理は冬野菜をいかしたヘルシー野菜膳!旬の野菜の美味しさを引き出しおしゃれに仕上げています。


●講 師 :生産者 大河原 伸 さん
福島県田村市生まれ 55歳。高校卒業後、2年間の農業研修後就農。5年後、農業が嫌になり、
他の職業を考えることで農業を再考することになる。そこから“有機農業”への道を歩む。
年間50〜60種の野菜、平飼い養鶏のタマゴを契約家庭に宅配し25年。25年前、結婚後劇団“赤いトマト”を結成。人形劇を中心に1400回の公演。2男3女の父。


会員優先申込締め切り 1月31日

参加希望の場合は下記必要事項を記入の上、
食育暮楽部までお申し込み下さい。後日詳細をご連絡いたします。
いただいた情報は運営以外一切使用いたしません。

●氏名(ふりがな)  ●ご同伴者がいる場合、お名前
●住所〒       ●携帯        ●E-mailアドレス

協力:ハビタット・フォー・ヒューマニティー・ジャパン  http://www.habitatjp.org/

お申し込み・お問い合わせは 食育暮楽部 まで
メールアドレス:shokuiku@zar.att.ne.jp    
TEL&FAX : 03−3485−1899

一部の情報だけに頼ることなく、表示の見方、情報源の確認、
そして、あまりにも過敏になりすぎず、
ご自身に排泄機能が十分にあるのだということも信じて健康を維持しましょう♪

みやじ豚から聞く養豚の現状[2009年10月04日(Sun)]
9月27日にオシャレな中にも庶民性が残る魅力的な街、
麻布十番の「カリフォルニア ワインガーデン」にて開催
「大人の食育講座 みやじ豚から聞く養豚の現状」は、
とても実り多い会となりましたキラキラ
鰍ンやじ豚の宮治氏によれば、養豚業はじめ農業が発展しない問題点とは

1.農産物の価格は全て相場と規格で決められること
2.卸売り市場に出荷してしまうと生産者が特定できないシステムになっている


ことであるそうです。
日本の農家の現状を変えるには
全国に若手生産者を5年以内に
増やさなければならないびっくりびっくり
という切実なお話もうかがいました。

みやじ豚がおいしい3つのポイントは、

1.血統 2.えさ 3.環境 

だそうです。
大麦を豊富に含んだえさを食べさせ、
兄弟だけを同じ部屋で飼育する「腹飼い」を実践されています。

お話の後は、お店のご協力のもと美味しいワインをいただきながら、
こだわり野菜とみやじ豚のすばらしいコラボレーションのお料理を堪能。
ぎりぎりの火加減でドリップが出ないように旨みを閉じ込めたという
絶品ハムの前菜、
メインはバラ肉のバーベキューソースと豚肩ロースのローストという夢の盛り合わせ。
ラブ大満足の一日でした。
大人の食育講座〜生産者の話を聞こう!〜[2009年09月10日(Thu)]
大人の食育講座〜生産者の話を聞こう!〜
「みやじ豚から聞く養豚の現状」

残り残席 2席程になってきましたっ汗

今、TV,新聞等で話題となりよく耳にするようになった
『みやじ豚』の宮治さんを囲んで、
美味しい豚を育てるための努力や取り組み、
養豚業の実状など語っていただきます。
次世代の農業を若手でプロデュース。
NPO農家のこせがれネットワークを立ち上げ、
日本の自給率改善にも取り組みます。

日ごろ何気なく食している食べ物について
少し考えてみませんかはてな

【宮治勇輔 プロフィール】
一次産業をかっこよくて・感動があって・稼げる3K産業にするべく活動をくりひろげ、
全国をかけめぐり、NPO法人 農家のこせがれネットワークを設立。
全国の農家・こせがれが作る農業実験レストラン「六本木農園」が6月にオープン。
丸の内朝大学農業クラス講師など。

(株)みやじ豚 宮治 勇輔氏 http://www.miyajibuta.com/
NPO農家のこせがれネットワーク(http://ameblo.jp/kosegarenet/)

試食内容
お料理はいつでもみやじ豚が食べれる、
カリフォルニアワインガーデンにて開催。
豚肉の部位違いを前菜、メインで食べ比べていただきます。
また特別にカリフォルニアワイン(白ワインまたはソフトドリンク)が1杯サービスとなります。
(2杯目以降、実費精算です)

■日 時:2009年9月27日(日)
■時 間:11:30〜14:30の予定(予約名:食育暮楽部) 受付11:20〜 
■会 場:カリフォルニア ワイン ガーデン
  California Wine Garden (http://www.cwg.jp/cwg.html)
■住 所:東京都港区麻布十番1-7-7 ハセベヤビルB1F
      最寄駅:麻布十番駅 徒歩5分
■会 費:一般4,000円  食育暮楽部会員3500円
      会員優先申込締め切り 9月6日   
      一般締め切り 9月17日

■ゲストスピーカー :宮治勇輔(株)みやじ豚

※当日、食育暮楽部にご入会いただいた方は会員価格となります(年会費2000円)

-----------------------------------------------------------------
<お願い&注意>
・出欠については必ずご連絡願います。
・出欠回答は、会場予約都合上9月17日(木)<厳守> とさせていただきます。
・ご参加の方への最終案内は 9月24日(木)に致しますのでご了承ください。
・9月17日以降にやむを得ずキャンセルされる場合は、100%参加費がかかります。

 できれば、お知り合い、お友達に代替出席などを依頼した形で
 ご連絡をお願いいたします。
・ご参加の方で会場に11:30に間に合わない場合は、返信の際に到着予定時刻をお知ら
せください。

<ご友人をお誘いの方々へのお願い>
・参加される方のお名前とご案内の為のPCアドレスをご連絡ください。

では、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
食育暮楽部(暮らしを楽しみながら食育推進団体)
東京都渋谷区富ヶ谷1−53−4−501
03−3485−1899TEL・FAX
http://blog.canpan.info/shokuiku/
生産者との交流会〜みやじ豚のおいしさの秘密〜[2009年08月24日(Mon)]
☆☆生産者との交流会☆☆

ブタ「みやじ豚のおいしさの秘密」ブタ

日ごろ何気なく食している食べ物の作り手(生産者)と消費者が直接語り合う交流会です。
神奈川県茅ヶ崎で養豚業の後継者として兄弟で営む生産者を招き、
美味しい豚を育てるための努力や取り組み、養豚業の実状など語っていただきます。
宮治さんは次世代の農業を若手で継ぐ「農家のこせがれネットワーク」を立ち上げ、
日本の自給率改善などにも取り組んでいます。

また、みやじ豚、卸し先でもあるカリフォルニアワインガーデンさんでは、
通常グランドメニューにみやじ豚を扱ったオリジナルメニューがあります。
今回はその中から豚肉の部位違いを前菜、メインで食べ比べていただきます。
また特別にカリフォルニアワイン(白ワインまたはソフトドリンク)が1杯サービスとなります。
(2杯目以降、実費精算です)乾杯

■日 時:2009年9月27日(日)
■時 間:11:30〜14:30の予定(予約名:食育暮楽部) 受付11:20〜 
■会 場:カリフォルニア ワイン ガーデン
  California Wine Garden (http://www.cwg.jp/cwg.html)
     カリフォルニアワインとこだわり食材が充実のお店です
■住 所:東京都港区麻布十番1-7-7 ハセベヤビルB1F
      最寄駅:麻布十番駅 徒歩5分
■会 費:一般4,000円  食育暮楽部会員3500円
      会員優先申込締め切り 8月30日   
      一般締め切り 9月17日

■ゲストスピーカー (株)みやじ豚 宮治 勇輔氏 http://www.miyajibuta.com/
             NPO農家のこせがれネットワーク(http://ameblo.jp/kosegarenet/)

※当日、食育暮楽部にご入会いただいた方は会員価格となります(年会費2000円)

-----------------------------------------------------------------
<お願い&注意>
・出欠については必ずご連絡願います。
・出欠回答は、会場予約都合上9月17日(木)<厳守> とさせていただきます。
・ご参加の方への最終案内は 9月24日(木)に致しますのでご了承ください。
・9月17日以降にやむを得ずキャンセルされる場合は、100%参加費がかかります。

 できれば、お知り合い、お友達に代替出席などを依頼した形で
 ご連絡をお願いいたします。
・ご参加の方で会場に11:30に間に合わない場合は、返信の際に到着予定時刻をお知ら
せください。

<ご友人をお誘いの方々へのお願い>
・参加される方のお名前とご案内の為のPCアドレスをご連絡ください。

では、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

**************************************************
食育暮楽部(暮らしを楽しみながら食育推進団体)
〒151−0063渋谷区富ヶ谷1−53−4−501
TEL/FAX03−3485−1899
食育暮楽部 shokuiku@zar.att.ne.jp
プロフィール

食育暮楽部さんの画像
食育暮楽部
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/shokuiku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shokuiku/index2_0.xml