CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
食育暮楽部
暮らしを楽しみながら食育推進団体
« 会員登録 | Main | 交流会 »
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
大堀聡子
食育暮楽部10周年記念講演 (05/31)
講師派遣依頼[2011年04月26日(Tue)]
世田谷にて地域で「ゆったりカフェ」という、食事作りを
通じて多世代が交流できるコミュニティカフェを月に2回
開いらっしゃる
わいコムさんから
食育講座のご依頼をいただきました。

今回は代表 森野がお伺いさせていただきました。

参加されている子育て中や妊婦ママさんが企画したようで

食の疑問をぶつけてみましょう!
『毎日役立つ食育講座〜幼児期〜』
依頼したい内容
・幼児期に必要な一日、もしくは一週間の栄養素の目安
・野菜嫌いの子の対応方やオススメレシピ
・幼児期に身に付けたい食のマナー(お箸の使わせ方、個食などの問題点)
・一日、もしくは一週間分の○○くん、○○ちゃんの実際の食事内容を事前に提出して、改善点(炭水化物に麺類が多い?、カロリー不足?、野菜
不足など)のワンポイントアドバイス
・質疑応答

こんな内容で開催してきました。

詳しい内容はこちら→

リアルな食事日記から、できそうなことへのアドバイス
参加者も5〜6名と少人数だからこそできた内容となりました。

なんといってもこういった場が近所にあるということが
何よりも大切。
子育て中、食育だけでなく、夜鳴き、しつけ・・・と
悩みや不安はつきもの。
一人で考えるよりも、誰かに話すだけでずっと楽な気持ちになれますね。
わいコムさんの活動をこれからも応援していければと思いました。

こんな地域のちょっとした集まりに
食育暮楽部の食育アドバイザーがお伺いして
お役にたてたらうれしいです。
ぜひ、講師料など気にせず、
まずはお問い合わせください。

親子でお弁当作り[2008年08月02日(Sat)]
北区滝野川文化センターにて
「食べたくなるお弁当の秘密]
小学1〜3年生親子を対象に
開催されました。

包丁を使う
火を扱う
魚に触る
と3大課題があったのですが・・・

みんなお上手にこなして行きました

おうちでもお手伝いをしていますか?という質問には、
「サラダを作ったことがある」
「きゅうりを切ったことがある」
など積極的に答えてくれます。

たぶん時間はすごくかかって手間はかかるのだろうけど、
自分はお手伝いをして役にたっているんだと
言わんばかりに自身満々に答えてくれます

さて、実際に実習が始まると、目は真剣。
丁寧に野菜を切っていきます。
包丁使いは、いつもの3つのお約束。
さすがに小学生ともなると、しっかりした手つきになりますが、
やはり野菜を押える左手があやしい・・・・

最後にいわしの手開きです
みんなきゃ〜きゃ〜言いながら格闘?
していました

今日はみんないわしととっても仲良しになりましたね魚

魚調理などは大人が思うより
子どもたちの目線のほうがまな板に近いので、
大人よりももっと魚臭いのかもしれませんね

最後に夏休みの自由研究にするので、
先生写真撮っていいですか〜〜
なんていう親子さんもいて
あ〜〜夏休みなんだなあ〜を実感したのです
プロフィール

食育暮楽部さんの画像
食育暮楽部
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/shokuiku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shokuiku/index2_0.xml