CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
しずおか障害者就労支援ネットワーク(静岡県ジョブコーチよりこんにちは)
 浜松NPOネットワークセンター(N-Pocket)が2001年から2002年まで静岡県から委託された「静岡県障害者就労支援ネットワーク体制づくり」において開かれたジョブコーチ養成講座受講生(52名)の中から15名の静岡県ジョブコーチが生まれました。
 翌年には、誕生した静岡県ジョブコーチ自身が、静岡県内に6つの拠点をつくりました。それら6つの拠点が繋がって「しずおか障害者就労支援ネットワーク」が誕生しました。
 現在は、三島、富士、静岡、藤枝、中遠、浜松、湖西の7拠点になっており、所属する静岡県ジョブコーチも50名を超えています。
 ブログでは、静岡県ジョブコーチの日ごろの活動ぶりや、ときには美味しい話題などものせていきます。
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
我が家の主[2019年10月08日(Tue)]
我が家の主と言えば平成2年4月生まれの長男です。

染色体異常11番として生まれ(生後9ヶ月で診断)、10ヶ月お腹にいたのに生まれる時は大変でした。緊急帝王切開で看護師さんがバタバタ走る中、分娩室で承諾書を書きました。
全身麻酔で眠る時に小児科のドクターも待機していたので大変な事だと感じました。
目が覚め39度の熱で対面できたのが2日後、あっ、えっ、宇宙人exclamation&question
ムンクの叫びの顏の様でした(今だから表現できる)。とても可愛いと思えませんでした。
染色体異常の本を見た所、11番はほとんど資料に乗っておらず、ただ印象深かったのは余命10才位と記してありました。
息子の10才の誕生日、主人は息子に向かい「おい、話が違うぞ!父さんは10年頑張ろうと一生懸命育てたがこんなに元気じゃないか」わーい(嬉しい顔)
この日は我が家の大ニュースとして記念日になりました。

順調に大きくなり特別支援学校卒業、彼なりの就労先(生活介護ですが)で10周年になります。表彰式が10月にあります。
彼の仕事はアルミ缶つぶし(高等部作業班で熟練したので完璧です)、父親の飲んだビール等の空缶を息子が仕事でつぶしています。
畑仕事は草と野菜の見分けができないので職員が取った草を運ぶ、洗った軍手を取り込み干す係。最近、銅線剥がし、金属とビニールを分ける作業を集中してやれるようになってから少し工賃が増えました。

父親がギター練習で弾き語りをしていると、ほぼ毎日一緒に歌っています。古い歌も良く知っていて昭和の懐メロが多いです。これはやはり父親の影響かな?
音楽は人に大きな影響を与えることができます。
私もレクリエーションを学び、やることが多いのですが、音楽がとても有効で取り入れています。のどを鍛えると『10年若返る、脳トレになり健康になる、ストレスの解消につながる』と言われています。
今盛んに健康寿命を伸ばそう言われていますよね。

るんるん 人生楽ありゃ苦もあるさ、涙の後には虹もでる
   歩いてゆくんだしっかりと、自分の道をふみしめて 
そう水戸黄門の主題歌です。
「これが目に入らぬか、ハハァー」と台詞も入れています。
昨年11月に倒れてけいれん発作による右側手足に麻痺が残りましたが、現在生活しながらリハビリです。この歌のように、人生を歌っているのかなと思う今日この頃です。
自分との対話[2019年09月06日(Fri)]
富士拠点のジョブコーチ(JC)小林です。

今回、ブログを書くにあたり、私の中に何かお伝えすることがあるのかとずっと考えていましたが、以前からアウトプットが苦手な私ふらふら
自他共に認めるその能力が大活躍し、悶々とする毎日を過ごすことになりました。
自分の中にある思いや考えを言葉にすることは、自分自身と向き合わなければならず、とても労力を要します。
ふと、慣れない環境の中、緊張した表情で一生懸命考えていた人たち(JC活動で出会った)の顔が浮かんできました。

私自身がJCと出会った時、その活動を知った時の喜びは今でも覚えており、息子の就職の際には是非支援依頼したいと思っていました。
あれから、何年たったでしょうか。気がつけば、JCとして活動し、新たな仲間ができました。
仕事上、苦手な部分の自分と再び向き合うことになりましたが、JCの先輩として、また親としても色々な助言を富士拠点の皆さんからいただいています。
この出会いは、私の人生をより深く、豊かにしてくれました四つ葉

息子が小さかった時は、何もわからず先の見通しが立たないことが不安で、親子共に暗闇の中にいました。
でも今、その暗闇の時代が私を後押しし、応援してくれているのだと強く感じます。どんなことも無駄ではないと…。

この機会をいただき、振り返りを通して自分と対話することで、あらためて息子に感謝することができました。
この先も息子が繋いでくれた縁を大切に、焦らず、腐らず、諦めず、JCの活動を行っていきたいと、今胸を熱くしています黒ハート

「心のままアート展」チームとジョブコーチ支援[2019年08月06日(Tue)]

昨年2018年のジョブコーチ養成研修を受講し、今年4月からJC活動を始めた、三島拠点 新人の露木と申します。


私には特別支援学校高等部へ進学した息子がおります。
息子の通う学校は静岡県東部愛鷹山のふもとにあり、小・中・高等部の児童・生徒が在籍しており、今年で創立40周年を迎えました。
私は主に同じ学校に通う保護者たちと「障害者のしごとを考える母の会」としても活動をしております。

そのなかで今年3回目となる「心のままアート展2019」を9/11(水)〜9/17(火)に沼津市千本プラザにて開催させていただくことになりました。
このアート展は、『地域の方たちに障害のある子供たちを身近に感じていただきたい』、『彼らの持っている感性あふれる作品を通して障害理解と関心を持っていただきたい』、そして、障害者雇用の推進・就労先の拡大も目的としております。
子供たちが学校の授業のなかで思い思いに作り上げた作品は、豊かな発想、自由で鮮やかな色彩、個性あふれるユニークな造形は、心に響き感動を与えてくれます。
この「心のままアート展」のつながりから、ジョブコーチ支援を知るきっかけにもなりました。ぴかぴか(新しい)

また千本プラザでは、お絵描きや文字を書くのが好きな息子と日本理化学工業の「キットパス」とハンドスタンプアートプロジェクトとの出会いもありました。
日本理化学工業は、学校などで使用されるチョークの製造会社であり、従業員の7割が障害のある社員で構成されております。
実際に工場見学にも行かせていただき、製造過程は一人一人に合わせたわかりやすい工程で作業できる、さまざまな創意工夫がありました。

障害がある方が働きやすい環境にあることは、まわりの従業員においても快適な職場であるといわれております。
息子も高等部では、木工班として将来の「はたらく」を意識して作業学習を経験させていただいております。

これからもっと障害のある方達の活動の場が増え、いろいろなチーム支援で可能性を見つけ、人の役に立ち必要とされる環境が整えられて行けると良いです。
私もジョブコーチとしての役割を、先輩JCの方々から勉強させていただき、母たちの活動もチカラに一歩ずつ歩んでいきたいと思います。

心のままアート展 2019」は、9/14()15()16()は無料キットパスワークショップを行います。よろしかったらぜひ作品をご覧に足をお運びください。

るんるんハンドスタンプアートプロジェクト・は10万人を目指す手形アートで2020年の東京パラリンピックを応援しています。

2.jpg 1.jpg



「準備体操」の大切さ[2019年06月28日(Fri)]

湖西拠点の嶽木場です。


湖西拠点は大先輩の女性ジョブコーチ3名と私の4名で活動しています。私は去年の7月からジョブコーチ活動を始めた新米です。とはいえ先日年相応の体力の低下を感じさせられることがありました。


月に数回障害のある息子と一緒にテニス教室に出掛けています。その日は少し行くのが遅くなったので体育館に着くとすぐにゲームを始めました。しばらくすると体に異変が…どんっ(衝撃)

腰が痛いのです。すぐに治るだろうと思っていましたがその後1ヶ月位痛みました。こんなことは初めてです。準備体操をしていたらこんなことにはならなかったと反省しています。


このことは働くことにも通じるのではないかと思います。

働くために「準備体操」をするのです。障害者雇用でこれから働こうとする方は前職からのブランクがあったり学校を卒業して初めて就職する方もいるでしょう。その方がいきなり働きたいと思っても事前の「準備体操」がなければちょっとしたことで躓いたり息切れがして長く働き続けることは難しいかもしれません。


では働くための「準備体操」って何をしたらよいのでしょうか?

・あいさつなどの社会的マナー

・働きたいという意欲

 ・わからないことを聞く力

この3点を身につけて就労に臨めば怖いものはないでしょう。

ですがこの「準備体操」が身についていないまま実習や雇用に進みジョブコーチが支援をするというのは本来の支援とは異なります。受け入れる事業所にとっても不利益になりかねませんし、なにより本人が苦労することになるのです。

就労前に「準備体操」が出来ているかを見極め、時には「就労にはまだ早いのでは」という判断が必要な時もあるでしょう。


ジョブコーチは支援した方が安定して働き続けていけることを目指しています。「準備体操」をして末永い雇用に結びつけられるよう、黒子となって支えられたらいいなと思います黒ハート


令和元年 好スタート![2019年05月28日(Tue)]

浜松拠点の美甘です。


「何か変わりはないですか?」⇒「特にないですが新しい仕事も教えてもらってます」、「疲れは?夜は眠れていますか?」⇒「眠れてます」、「心配事もないですか?」⇒「何かあったほうがいいですか?」⇒「いえいえ!」 

つい先日の支援対象者との会話です。昨年度精神障害者雇用環境アドバイスの研修時には該当部署10名ほどの方から、かなり具体的でやや心配しすぎの活発な質疑があった企業に今年度新規就労。環境に慣れるか当初は不安がありましたが、事業所が新入社員として自然体で受け入れて下さりすぐに冗談も飛び交うように。ご本人の緊張もほどなく取れてやりがいも感じてきました。


 昨年度は、ジョブコーチからの口頭報告を「生産性のない時間はとれない。メールで。」と支援先の担当者から言われ、非常に残念な思いをしました。全社で取り組んでいるという“働き方改革”が社員に重くのしかかり、かえって余裕を失っているようでした。


  一方今年度私のかかわった5社の企業さんはどこも社員の方が笑顔。支援した全員が仕事を気に入っている。やはり受け入れ企業の社風と、そのなかで働く喜びを感じられるかが定着のための大きなポイントと改めて感じました。

15才の初めての就職、50代で手帳(発達)を取得した方、特性の強い方など、ペアのジョブコーチといろいろな想定をしつつ支援をスタートしましたが、ジョブコーチは企業には「とても良い対応です。」対象者には「長く働き続けることを目標に飛ばしすぎないように。」などの助言が主で、いずれもうれしい拍子抜け。


浜松拠点の他のジョブコーチからも受け入れサイドの雰囲気がよく、障害者も就労に意欲的との報告が多くありました。2か月が経ちそろそろフェイドアウトです。




ストレスチェク制度の義務化[2019年02月27日(Wed)]

中遠拠点 植田です。


先日、ストレスチェック実施者研修を受講してきました。
「ストレス」は、外部から力が加わることによって生じる歪み。その歪みに抵抗する身体的・心理的・行動的な自然な反応が「ストレス反応」です。
人が生きていくうえで、ほとんどの方が、常に何らかの「ストレス」を持っています。
対処できる限りの「ストレス」は人を成長させる「良いストレス」になると言われています。でも、対処できない場合には、「悪いストレス」となり、精神的、身体的に影響を与えてしまう事になります。この対処できないと感じ始めた時に何らかの形で気づくことができれば、良いストレスに方向転換をしていける可能性があると思います。ぴかぴか(新しい)


メンタルヘルス不調の未然防止として、労働者50人以上の事業所については、2015年12月から義務化されました。私たちの活動のなかでかかわる事業所は、その範囲ではないところもありますが、心理的な負担の程度を把握するための検査(ストレスチェック)及びその結果に基づく面接指導の実施等を内容としたストレスチェック制度が創設されましたので、以下その内容について紹介させていただきます。


◎メンタルヘルス不調
●サインは仕事上どこに見えるか?
ケ…欠勤
チ…遅刻・早退
ナ…泣き言を言う
ノ…能率の低下
ミ…ミス、事故、トラブル
ヤ…仕事を辞めたいと言う


◎メンタルヘルス対応
●「病気かもしれない?」場合の対応<
した方がよい対応
・声をかけ、メンタルヘルス不調の状態や心当たりの原因について聴く
・業務の遂行状況を確認しサポートを行う
・コントロールが難しそうな場合は、病院受診を勧める
・重要な決断は病気が回復してからにするように促す


しない方がよい対応
・叱ったり非難したりしない
・無理に励まさない
・問題を先送りにしない
・気持ちの問題にしない
・決断を迫らない


◎メンタルヘルスの予防
1.次予防(健康づくり・発症予防
・2次予防(早期発見・早期対応)
・3次予防(職場復帰・再発予防)


★ストレスチェックの狙う範囲は1次予防視点(3つの領域がからむ)
・ストレス要因(人間関係・仕事の量・仕事の質など)
・緩衝要因・周囲のサポート
・ストレス反応(心理的反応・身体的反応)


★ストレスチェック=心理的負担の程度の把握の検査


負担:負荷の違い 
例:負担…ピーマンが苦手だと、1個たべるのもつらい
負荷…ピーマンを100個食べるのは誰にとってもつらい
※主観的負担を多数集めることで、客観的負荷を推測する ⇒ 集団分析に意味が出る


この早い段階の気づきの方法の一つとして、ストレスチェックがあります。しかし、その環境にない場合も多くあり、常に必要とするのは、悪いストレスを抱えている方が、何らかのサインを出している時、そのサインにいち早く気付いてあげることが大切だと思いました。

男性ジョブコーチの役割[2019年01月16日(Wed)]
藤枝拠点の長橋です。
藤枝拠点では、女性ジョブコーチ2名男性ジョブコーチ1名の3名で活動しています。
新規支援対象の担当は代表が決めますが、基本的に対象者が女性の場合は、女性特有の課題もあるので女性のジョブコーチが入ります。
対象者が男性で特に男性ジョブコーチを拒否しない限り男性ジョブコーチが入ります。
中にはあからさまに「女のジョブコーチがいい」などという人もいるのです。
拠点唯一の男性ジョブコーチが私です。
私には知的障害の子がいるため、支援の現場で障害者と接することには何の違和感を感じることもなく、障害者のお話をゆっくりと聞くことはできると思っています。
ただ、私が最も苦手としているのは、いわゆる「おばちゃんトーク」です。
障害者支援の中で「聴く」ことが重要なことは養成研修の時から聞いていますが、「聞き出す」ことも重要なことだと思います。
「聞き出す」ためにはこちらから積極的に話かける必要があり、それによって心を開き、さらに多くを話してくれると思いますが、それが一番苦手なのです。ふらふら
自分が長く支援している障害者のところに、たまたま女性のジョブコーチが支援に入ったときに、これまで自分の支援の時には出てこなかったような言葉や悩みが出ることを聞くと、チョット複雑な気持ちになり力不足を感じてしまいます。
そんな私でも、障害者のなかには支援予定日の数日前から「今度いつ来ますか?」「今日来ますか?」「何時ころ来ますか?」とメールや電話をくれて待っていてくれる人もいるのです。ぴかぴか(新しい)
障害者の「笑顔」を引き出せる支援者になることを目指します。
紅(くれ)ちゃんの焼肉のたれ[2018年11月14日(Wed)]
私が焼肉のたれを作るようになったのは長男が特別支援学校高等部1年の夏(H17)。
学生は部活で汗あせあせ(飛び散る汗)を流して高校生活を謳歌しています。
生活コースや部活に入っていない人は家と学校との往復、お母さん達が考えて夏休みにバーベキューをやろうということになりましたイベント
クラスのある家庭ではお父さんが焼肉のたれを自分で作っていると聞き、材料を聞き役員が事前に集まり手作りで試作品を作ってみました。それが始まりです。
バーベキューはそれから毎年恒例となりました。
私は少しこだわり、鍋・おたま・すり金をたれ専用に決め、材料の醤油・ゴマは同じ銘柄にしました手(チョキ)
心をこめて作り黒ハート、現在の焼肉のたれは生まれましたぴかぴか(新しい)
13年間続き多くの人に広めてきました。
紅(くれ)ちゃんの焼肉のたれのリピーターが増え、友達は砂糖 醤油の特売を見れば買いに走ってくれますダッシュ(走り出すさま)
作り方を教えて欲しい方はどうぞ、こっそりと教えます。
伝わり易い言葉と思っていても・・・[2018年08月09日(Thu)]
富士拠点の岩崎です。
早いもので、JCとなって今年で7年目になります。
私には知的障害の娘がいます。毎日楽しく学校に通う娘を見送りながら、熱心な先生方や優しい放課後デイサービスの皆さんに感謝しています。

娘を育てていて思うのが、
こちらが当たり前だと思っている言葉や動作を、
一つ一つ丁寧に教えないと理解できない・・・
本人の困難さや、親(支援者)の忍耐の必要を感じます。

例えばタオル掛けにタオルを掛ける、
これだけの動作が定着出来るのに数カ月かかりました。

タオルの端を摘まみ、ポールの上に載せる、
ポールの裏側からタオルの端を引っ張る、
ポールの裏側から引っ張っているタオルを丁度いい長さで手を放す。ここで「ストップ」と声を掛けないとズルズルと床に落としてしまいます。
この長さで手を放す目印、声掛けがないと難しいのです。
(今は出来るようになりました。ぴかぴか(新しい)

健常のお兄ちゃんの子育てでタオルの掛け方など教えたことはありません。ある年齢になると自然に出来ていました。
娘の子育ては常識では考えられない思いの連続ですが、
しかし小さなことでも出来た時の喜びは格別です。
今は靴を揃える・・を定着できるよう頑張っています。
揃えた靴

JC支援で私は常に分かり易い言葉で伝えることを意識しています。

数年前の支援ですが、
雑巾を上手く洗えない方への支援でのことです。
「岩崎さん、ゴシゴシと洗いましょうと幼児に伝える時のような言い方で言うのは止めてください」と、対象者に言われました。この方は高次脳機能障害者でした。中途で障害者となった悔しさや、大人としてのプライドがありました。分かり易い言葉=子供に伝えるように・・と私は勘違いしていました。
「すみませんでした」と謝り、「雑巾の汚れを擦り合わせて洗いましょう」と言葉を変えて再度、対象者へ伝えると納得したように頷き雑巾を洗いました。

障害者と一括りにせず、
目の前の障害を持った対象者の特性、性格、育った環境など、
全てを考慮して分かり易い言葉を選ぶ大切さを思いました。

主役は障害者(対象者)・・JCはそっとサポートする伴走者、または黒子として障害者を尊重しながら、
これからも分かり易い言葉を伝え支援していきたいです。
新人 勝又です[2018年06月27日(Wed)]
三島拠点 新人の勝又です。
私は2016年12月に福祉施設を退職いたしまして
2017年10月からジョブコーチとして活動しています。

私は裾野市に住んでいます。
我が家は東の箱根山から朝日が昇り晴れ、北側の窓を開けると富士山がどーんと裾まで見えます。
年の初めには朝焼けの富士を拝し、箱根山から昇る初日の出を拝し、今年一年が良い年でありますようにと祈ります。
日々は窓を開けて富士山に「おはよう」と挨拶をしまするんるん
富士山がきれいに見えるときは、今日は良いことがあるかなと期待します。
この話をすると皆さんに羨ましがられますが、冬は雪は降りませんがやや寒いです。

私はジョブコーチ支援を行う中で
企業は利益を求めます。障害者であっても生産性は必要です。
やる気、根気、元気、責任感、職業人としての意識が大事です。
」と話します
これは私にも通じることです。
自分自身には相手の方を尊重し決して上から目線にならない事と思っています。
障害者の継続雇用、自立に向けて共に歩んで行きたいと思います。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

しずおか障害者就労支援ネットワークさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/shizuokakenjobcoach/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shizuokakenjobcoach/index2_0.xml