CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2017年10月11日

霞ヶ浦から出前授業in八束学園(その1)

ヤッホー!
山陰のアイドル
なかうみちゃんだよ〜

今日はね〜朝からビュンっと大根島にある学校に行ってきたよ
もーこれでもか!!!
っていうくらい中海に囲まれている学校。
そう!八束学園
しかも今回は、茨城県の霞ヶ浦から特別講師をお招きしたの〜ひらめき
ジャジャン
認定NPO法人アサザ基金の飯島博さんだよ〜

CIMG9336.JPG

日時:平成29年10月11日(水)9:00〜10:20
場所:八束学園4年生の教室
講師:飯島博さん(認定NPO法人アサザ基金)
参加者:八束学園4年生(34名)

茨木県にある霞ヶ浦は、日本で2番目に広い湖
昔はしじみやウナギがたくさん獲れたんだって
でも人間の勝手な都合で、湖岸をコンクリートで固めたり、
海から水を入らなくするために門を作って閉めたりしたら、
水質が悪くなって魚がいなくなってしまったそう・・・

ねぇ!!!
これによく似た話、聞いたことあるよねあせあせ(飛び散る汗)

霞ヶ浦では壊れてしまった自然を取り戻すためにみんなが活動したんだってひらめき

飯島さん達は、霞ヶ浦に住んでいる生きものとお話して、
生きものたちが何に困っているのか、どうして欲しいのか、
生きものたちに相談してお話したんだよぴかぴか(新しい)

それは生きものたちについて、
よく調べて、よく知ってあげて、
気づいてあげるということぴかぴか(新しい)


さて、中海に囲まれた八束学園に通うみなさんexclamation
みんなも生きものたちとお話して、困っていることに気づいてあげよう
ということで・・・今日のテーマは
「生きものとおはなしする方法」を教えてもらいました〜るんるん

ポイントは3つ
1.体のつくり(形や大きさ、色)
2.すみか(環境)
3.くらし


蜂や、恐竜や、とんぼや、蛙や、いろんな生きものを例にあげて、
黒板いっぱいにイラストを描いて
会話でキャッチボールしながら興味を深めていったよ〜るんるん

CIMG9346.JPG

CIMG9358.JPG

飯島さんから教えてもらった大切なことぴかぴか(新しい)

CIMG9343.JPG

しぜんはありがとう≠ナつながっている

例えば、蜂は花から蜜をもらってありがとう
花も蜂から花粉をもらってありがとう

こんな風に、生きものと自然はありがとう≠ナつながっていて、
同じように自然と人間もありがとう≠ナつながっていないといけない

でもありがとう≠フつながりが、今、世界中で壊れてきていること
普段の暮らしのなかで、あまり考えないから気づかないだけで、
日々自然界は絶滅していっているという事実がある
だから、たまには生きものとお話してみて、自分の世界を広げようねぴかぴか(新しい)

CIMG9368.JPG

ということで・・・
さっそくなかうみちゃんも中海にすむ生きものたちの声を集めるべく始動!
海底に相談窓口を設置、
それから中海ホットラインの開通するわよ〜
posted by 自然再生センター at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■環境学習
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1309409
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック