CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
認定NPO法人自然再生センター
マスコットキャラクターなかうみちゃんだよ〜
遊べる、豊かな汽水域を取り戻すために、日々奮闘中!
応援よろしくね〜だんだん♡

2018年12月06日

中海産赤貝と県外産赤貝の食べ比べ

中海大好きの授業を意東小学校の5年生と6月から開催しています。なかうみちゃんも船に乗ってみんなと一緒に中海出たりしましたよ。そこでは、赤貝の養殖のつるしてあるかごも見ました。
貝の外にフジツボがつくの掃除するところも見せてもらいました。

DSC02263.JPG

今日は、中海産の赤貝は県外産と同じなのか?、違いがあるのか?
ちょっと食べ比べしてみようと思います。
まず、よく洗ってね♪
「どんだけあらったらいいかわからないよ」の声が聞こえてきましたわーい(嬉しい顔)

IMG_0327.JPG

IMG_0334.JPG

確かに!!
手伝っていただくのは、地元のおばちゃまたち。。。教えて、教えて〜

こんなもんかな?

IMG_0345.JPG

IMG_0347.JPG

IMG_0338.JPG

あくをとってね! はい!!

IMG_0343.JPG

はしゃぐ男子、冷静な女子 早く食べたいよね〜

IMG_0351.JPG

美味しいー、こっちが中海産だでー
甘い
まきごたえがある
IMG_0356.JPG
今回は、最後までどちらが中海産か知らせていませんでした。

さあ白板に書いてもらった感想が。。。。
じゃっ、じゃぁ〜ん
IMG_E0361.JPG

もう一度かしかめて食べてみるとなるほどね〜
でしょう〜、間違えたからわかるこの違い。


今年もTV、新聞社からの取材には自分の考えをしっかり言葉にできたかなぁ。
この食べ比べの感想を使ってしっかりPRしてくれるかな?!
日時 12月18日 
場所 意東公民館
販売価格 @750円税込み(500g) 全部で60k 
どんなパフォーマンスで赤貝の良さをPRしてくれるか楽しみです。
IMG_E0357.JPG

IMG_0331.JPG

取材のお礼
NHK松江放送局
日本海TV
山陰中央新報社
posted by 認定NPO法人自然再生センター at 10:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■環境学習・・・意東小学校

2018年11月20日

「中海・宍道湖の食を広めよう会」11月開催!

黒ハートやっほ〜るんるん
なかうみちゃんです黒ハート

天高く馬肥ゆる秋、「中海・宍道湖の食を広めよう会」が開催されたよ〜ぴかぴか(新しい)

日時:11月1日(木)18:00〜20:00
参加人数:35名
メイン食材:スズキ・セイゴ・コチ・赤貝

今回は前の時間に「助成金獲得セミナー」を開催していたこともあり、県外の方も多く参加してくださり、初参加の方は15名
さらに今回は参加人数も過去最高の35名と、賑やかな会になりましたぴかぴか(新しい)
ありがとうございますぴかぴか(新しい)

今回の料理ももちろん宮内舎さん
メニューは…
【下流域】
・鱸のソテー
・セイゴ、コチ、黒ソイ、タナゴの南蛮漬け
・赤貝と里芋のけんちん汁
・枝豆と新生姜のごはん
・コチの塩こうじ焼き

【上流域】
・水菜と大根のサラダ
・枝豆とマコモのナムル
・里芋の和風グラタン風
・カブの枝豆出汁あんかけ
・ゆず大根
・玄米麺新生姜の香味パスタ
・白うさぎ豆腐の卯の花
・マコモみそと厚揚げ
・米粉パウンドケーキ

じゅるりハートたち(複数ハート)

今回はビュッフェ形式で、テーブル内に高低差をつけて上流域と下流域を表現してくださいましたぴかぴか(新しい)
IMG_0926.JPG

IMG_0929.JPG
すてきぴかぴか(新しい)
いつもお魚を提供してくださる柏木さんも、朝どれスズキのお刺身と昆布締めを作ってきてくださいましたexclamation
昆布も北海道産のものだそうで、う〜ん、美味ぴかぴか(新しい)
うまみが爆発exclamation×2
(あっという間になくなっちゃって、写真がないの〜涙)

みんな我先にと料理を取りに向かいますダッシュ(走り出すさま)(笑)
IMG_0927.JPG

お子さんも目玉おやじを引き連れてきてくれました黒ハート
IMG_0932.JPG

そして恒例の歌唱タイムもるんるん
IMG_6324.JPG

今日もだんだんだんだんわーい(嬉しい顔)

はあ〜きょうもおなかいっぱい、胸いっぱい揺れるハート
天高くなかうみちゃん肥ゆる秋ぴかぴか(新しい)
みなさんも、中海・宍道湖の幸が美味しいからって、食べ過ぎにはおきをつけてひらめき

IMG_6325.JPG




posted by 認定NPO法人自然再生センター at 15:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■中海・宍道湖の食を広めよう会

2018年10月16日

霞ヶ浦から出前授業!in八束学園〜屋内授業編〜

こんにちは、なかうみちゃんでするんるん

最近めっきり涼しくなって、なかうみちゃんも過ごしやすくなりました〜ぴかぴか(新しい)
今日も秋晴れでとってもいいお天気晴れ

さてさて今年も茨城県は霞ヶ浦から認定NPO法人アサザ基金の飯島さん達が、特別講師として来てくださいましたぴかぴか(新しい)
今年もよろしくお願いしますexclamation
DSCF2425.JPG

日時:2018年10月16日(火)10:40〜15:15(休憩含む)
場所:八束学園(屋内授業)/田島港(屋外授業)
参加者:八束学園4年生(23人)

ということで、早速授業開始!
テーマは「いきものとおはなしする方法」

飯島さん
「いきものは私たちが知らないことをたくさん知っている。そのいきものたちとおはなしできるようにならないと、環境のこと、自然のことはわからないんだよ。」

なかうみちゃんはいきもののみんなとおはなしするのだーいすき黒ハートだけど、みんなはどうやっておはなしするのかな?


飯島さんは、花とミツバチの話を例に、みんなに
”ありがとうのつながり”のはなしをしてくれました。
ミツバチは花に蜜をもらって”ありがとう”
花はミツバチに花粉を運んでもらって”ありがとう”
いきものたちはこんな風に、いろいろなところで”ありがとう”でつながっている
人間だっておんなじ。

昔は中海にもたくさんの”ありがとうのつながり”があった、でも今は…?
どうすればまた”ありがとうのつながり”を取り戻すことができるかな…?

「ごみを捨てない!」「いきものにエサをあげたら?」
みんなから、いろんな案がでてきました。
大切なのは、”ありがとうのつながり”を減らしてしまっている原因をみんなで考えること、
そしてそれを無くすこと。
それが、中海をよくすることにつながるんだよ。
そう教えてもらいました。

みんな飯島さんのお話をとっても真剣に、まっすぐなまなざしできいてくれました。
DSCF2482.JPG

授業では、飯島さんがシャシャっと描くカッパや恐竜、リスの絵に大盛り上がりグッド(上向き矢印)
DSCF2478.JPG
みんなも一生懸命メモしていましたねわーい(嬉しい顔)
DSCF2476.JPG

わたしたちの周りには、花とミツバチのようなちいさな範囲から、
山と川と海と土のような大きな範囲まで、さまざまな”ありがとうのつながり”があるんだね。

最後に、いきものとおはなしするための3つのポイントを教えてもらいました
1.体のつくりをよく観察する(形や大きさ)
2.すみか
3.くらし


さーて、午後からの授業は実際に中海に出て、教えてもらったことを活かして中海を見てみようね〜ぴかぴか(新しい)




posted by 認定NPO法人自然再生センター at 16:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■環境学習・・・八束学園

霞ケ浦から出前授業!in八束学園〜屋外授業編〜

やっほ〜るんるん
なかうみちゃんですぴかぴか(新しい)

前の投稿に引き続き、八束学園での環境学習の様子をリポートするよ〜ダッシュ(走り出すさま)


午前中は飯島さんに”ありがとうのつながり”について学んだみんな。
午後からは実際に中海にでて、”ありがとうのつながり”を見つけてみようexclamation

ということで、小学校からすぐ近くの田島港に向かって出発〜晴れ

今日は海班と陸班に分かれ、途中で交代し、交互に学習していきました。

まずは当法人の渡部副理事長から中海のお話。
オゴノリはいきものののゆりかごであること、今年は猛暑でオゴノリが少ないこと、そして昔の豊かな中海の様子を教えてくれました。
44083882_339945493442553_2947184203210424320_n.jpg

そのお話を頭にいれて、お次は岸からオゴノリ刈りぴかぴか(新しい)

DSCF2508.JPG
約4mの「オゴガキ」という道具を使って、沈んでいるオゴノリを引き揚げます。
(この「オゴガキ」も漁師さんの手作りぴかぴか(新しい)伝統的な取り方です)

みんな長いオゴガキに悪戦苦闘しながらも、楽しそうにとっていましたるんるん

オゴノリから出てきた生き物にみんな興味津々〜グッド(上向き矢印)

IMG_20181016_141515.jpg

小さなカニやサンゴタツ(タツノオトシゴに似た生き物)、プランクトンもたくさんいたね〜
オゴノリがいきもののゆりかごになっていることを体験しましたexclamation

44259777_2159146474352790_1971335034757447680_n.jpg

地元の漁師の皆さんのご協力を得て、中海をクルージングぴかぴか(新しい)
中海の湧水場所を見学しました。

DSCF2500.JPG
船に乗るのは初めての生徒さんも多かったみたい目
降りた後も「もう一回乗りたい!」と興奮気味。(笑)

44079056_478191529353101_944280445862805504_n.jpg

興奮冷めやらぬまま、最後に赤貝の養殖見学exclamation
漁師さんが、みんなが見やすいように赤貝を養殖するカゴを岸に持ってきてくれていました。
カゴを引き上げると…ジャラジャラぴかぴか(新しい)稚貝からお店でよく見るサイズまで、赤貝がたくさんひらめき
ほかの生き物もたくさん目
みんなが食べる赤貝は、こんな風に育てられているんだね〜ひらめき

IMG_6211.JPG

子ども達からは、色々な質問がありました。
「昔の中海はどんなだったの?」
「昔は、この田島港も周りは岩場で、ヨシなどがたくさん生えていたし、
その時は赤貝も湖底で元気に育っていた。だけど今は、湖底では赤貝は育たなくて、こうして養殖しているんだよ。」

「漁師さんはどうしてこの仕事を選んだの?」
中海が好きだからだよ」

中海への愛を感じます黒ハート



そして最後に、当法人が地元の方のご協力を得て管理している畑へダッシュ(走り出すさま)

44094696_1910952432327266_1801265582650163200_n[1].jpg

とったオゴノリを畑にまいて、土へと返します。
オゴノリをとるだけでなく、活かすことが大切であり、それを子ども達にも知ってもらいたいと考えています。

最後に、子ども達から
「教科書にはのっていないことをたくさん学べて楽しかった」
という感想がありました。
そうexclamationみんなの住んでいる地域では、教科書には載っていないことがまだまだたくさん見つけれるはずexclamation×2
みんなどんどんいろんなところへでかけて、体験して欲しいなあぴかぴか(新しい)
なかうみちゃんはいつでもウエルカムよ揺れるハート

さあ、今日一日だけでもたくさんの”ありがとうのつながり”がありました
オゴノリ、赤貝、サンゴタツ…
飯島さん、小桐さん、漁師の皆さん、保護者の皆さん、学校の先生…
今日のこの気持ちを忘れないようにしなきゃね

本当にみなさん
今日はありがとうございました〜!!


IMG_6216.JPG



posted by 認定NPO法人自然再生センター at 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■環境学習・・・八束学園

2018年10月05日

大好き♡中海 意東港でゴズ釣り!

やっほ〜るんるん
なかうみちゃんだよ黒ハート

今日は毎年恒例の・・・
ゴズ釣りexclamation×2

日時:2018年10月5日(月)9:00〜13:00
参加者:意東小学校5年生(37名)
場所:(つり)意東港
   (調理)意東小学校家庭科室

意東小のみんなと一緒にゴズ釣りするのを楽しみにしてたのぴかぴか(新しい)

噂によると、今年の宍道湖ではゴズがたくさん釣れてるみたいひらめき
中海でも釣れるかしら?

今年も釣りの仕方を教えてくれるのは、「おやじの会」のみなさまぴかぴか(新しい)
今日の為に竿もバッチリ用意してきてくださいましたexclamation×2

DSCF2400.JPG

また、毎回授業でお世話になっている桑原弘道さんも釣り方を教えてくださいますぴかぴか(新しい)
本日はよろしくお願いいたしますexclamation×2

とりあえず、ひとり1匹を目標にexclamation
エイ、エイ、オー手(グー)

IMG_5963.JPG

気合十分だねぴかぴか(新しい)


さあ、早速釣っていこうグッド(上向き矢印)
エサのアオイソメ(ゴカイの仲間)を針につけるのですが…
「ねえねえ〜これつけて〜」「これどうやってつけるの?」
初めて釣りをする子も多いみたい目

IMG_5967.JPG


・・・。

IMG_20181005_092009.jpg

・・・。

IMG_20181005_095245.jpg

・・・。

IMG_20181005_095734.jpg

キターーーーーー(*'▽')ーーーーーーー!!

IMG_5997.JPG
そしたらまた、
「とってーー!」という子も(笑)
慣れてる子は率先して他の子のお手伝いをしてくれていましたね。

そんな中、こんな珍しい収穫も手(チョキ)
手(チョキ)モクズガニ手(チョキ)はさむ力が強いどんっ(衝撃)

IMG_0540.JPG

こんな感じでみんなどんどん釣りあげて…
なんと合計114匹釣りあげることができましたグッド(上向き矢印)
イエーイぴかぴか(新しい)
目標をはるかに上回る数exclamation×2

IMG_0535.JPG

まだ名残惜しいですが、次の調理にむけて学校へもどりますダッシュ(走り出すさま)
(ぎりぎりまで白熱して釣ってる子もいましたよ〜るんるん

学校についたらいよいよ調理の開始exclamation
桑原弘道さんと地元の婦人部の方に教えていただきます。
今日はゴズの唐揚げぴかぴか(新しい)よろしくお願いしまーすグッド(上向き矢印)

さてさて、どうやって調理するのかというと…
用意するのはペットボトルのキャップとキッチンばさみ目

まずはペットボトルのキャップでウロコとりー(長音記号2)

IMG_20181005_110640.jpg
そのあと頭をハサミでチョッキン手(チョキ)
そして背中側から開きます(こうすると骨まで食べれるんだって!)

IMG_6038.JPG
さあ、みんなもやってみようexclamation

「うわー!まだ生きとるで!」「あ、心臓が動いとる・・・!」
みんな最初はおそるおそるあせあせ(飛び散る汗)

慣れてくると順調にぴかぴか(新しい)
水気をよくふいて

IMG_6051.JPG

油で揚げて

IMG_6054.JPG

さあできたぴかぴか(新しい)

IMG_6071.JPG

たべる前に桑原さんからひとこと
「このゴズ、さっきまで中海で泳いでたよね。
だけど私達が食べるために釣ってしごをしました。
これが命をいただくということです。」
今日一日を通して、みんな「いただきます」の意味を改めて感じたと思います。
みんな今日感じたことを忘れずに、また周りの人にも伝えていってねぴかぴか(新しい)

はあ〜 みんなお腹いっぱいになったかな?
(あのモクズガニもゆでてたべたみたいよ)

みんな今日をきっかけに、なかうみちゃんとももっと仲良くしてね〜黒ハート

IMG_0543.JPG

だんだんでした〜揺れるハート

posted by 認定NPO法人自然再生センター at 15:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■環境学習・・・意東小学校