CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

山の自然学クラブのサイト
<< 2012年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

さんの画像
カテゴリアーカイブ
最新記事
http://blog.canpan.info/shizengaku/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shizengaku/index2_0.xml
ピザ釜用、大谷石! [2012年03月11日(Sun)]

今日は、来週組み立て予定のピザ釜に使う大谷石を七ヶ宿の水守の郷さんまで運んできました!
ご協力下さったみなさん、本当にありがとうございます。

大谷の池田石材工務店さんから、七ヶ宿へ。
いろんな方が関わりながら、みんなの手で切り出した石が製材され、運ばれます。そして、加工して頂いて、来週、組み立てに入ることに!

本当に楽しみです。

写真入りのレポートはこちらをご覧下さい。
十三浜・チャリティライブ [2012年03月07日(Wed)]

3月3日夕方、この日は石巻市十三浜 相川・小指地区で一緒に活動をさせて頂いている「水守の郷・七ヶ宿」の理事長、海藤さんが中心になって行うチャリティライブでした。
この地では、海藤さんが中心になって本当に様々な方がつながりを形成してきました。
海藤さんの地元、七ヶ宿での縁でご一緒しているみなさん、古川林業などの有志の方々、高畠町からのボランティアのみなさん。
日本エコツーリズムセンターが中心となった活動からつながりができ、独自でボランティアバスを仕立てて活動された「あそんで学ぶ環境と科学倶楽部」さん。
海藤さんのファンからのつながりで活動に参加し、熱心に活動されている何人もの方々。
そして、震災前からずっと、十三浜大指のわかめや昆布を販売されていた社会福祉法人、「はぐるまの会」のみなさん。何度も現地へいらして活動されています。
練習されてきたとおっしゃっていたスピーチ、見事でした!!

昨年の災害後に生まれたたくさんの方々のつながりを、不思議なご縁だとも思いますが、本当に素晴らしいなと思います。みなさんすてきな方ばかり、このようなご縁が自分の、そしてみなさんの宝物になっていったら、と願わずにいられません。
私たちも3月17日から十三浜にお邪魔して少しだけお手伝いをして参ります。楽しみです。

写真入りの報告はこちらをご覧下さい(山の自然学クラブ関連ブログへ)。

気仙沼で出張寄席 [2012年02月12日(Sun)]

2月12日は知人の企画として、気仙沼で寄席を催しました。

集まって下さったみなさん、楽しそうに聞いて下さって嬉しかったです。


業務用の魚屋さんや酒屋さんが共同でひらいた仮店舗、さかなの駅 です。さすが、専門店が集まっているだけあって、地元の方がたくさん利用されています。
賑わっています!
この日のお昼はマグロやさん特製のマグロ丼でした!


小原木中学校が避難所として使われていたころいらした、ドイツの方が提供してくれる、毛糸でつくっている小原木タコちゃん。今ではすっかり分業化ができて、楽しい手仕事になっているようです。
ウールらしい色あいを生かして、愛嬌のある個性の光るタコちゃん達が出来上がっています!

詳しい写真レポートはこちらのページでご覧下さい(山の自然学クラブ関連ブログへ)。
石巻市北上町十三浜・相川 [2012年01月19日(Thu)]

水守の郷さん達の活動地、石巻市北上町十三浜・相川です。
相川小学校の前に移動式炭化炉を持ってきてあります。畑がずい分広くなりました!


周辺の斜面はスギの人工林ですが、捜索、片付けなどでかなりの樹木を伐採しています。その中の一部を製材し、地域の方の必要に応じて活用しています。
スクールバス用のバス停、こんなにきれいにつくられています。近日に、新しい看板も届くそうです!どんなデザインのものが届くのか、楽しみです。
会員の活動発表会 [2011年12月20日(Tue)]

12月18日は年末恒例の、会員発表会でした。
6名の方がそれぞれの体験などを仲間にお話しました。



西田さんの、地球の裏側からみた壮大な地球の歴史!からはじまり、
地球の屋根・ヒマラヤの麓を訪れた湊さんの紀行、
山岳ガイドであり、志賀高原のインタープリターとしてもご活躍下さった山田さんの体験談、
出身地の植物を記録し始めて、ついに単独の写真展まで企画された傍島さんの楽しいお話、
大蔵隊長率いるこどもたちとのキャンプつれづれ…

私は近所のさんぽスポットをご紹介しました。こちらは近日中に実際に歩く講座を実施いたします。

飛び入りでご参加下さった一関の佐々木さんからは、三陸海岸をジオパークに、というお話を伺いました。素晴らしいスポットがたくさんです。

終了後の忘年会も含めて、楽しい1日になりました!
紅葉の富士山での種子採取 [2011年10月27日(Thu)]

10月22日〜23日は、富士山森林復元の活動で、種子採取をしました。
富士山の森林復元活動では遺伝子の多様性を大切にするため、自分たちで採った種子から実生から育てた苗だけを使用することにしています。

種子を探しながら天然林を歩き回ることで、目標となる森の構成を学んだり、再確認したりすることにもなります。

22日の午前中には少し雨に見舞われましたが、23日には写真の通りの快晴に!
気持ちのよい森林浴にもなりました。



ところで、今年の紅葉は、色づく時期が少し遅いようです。
例年ではこの時期が標高1000m〜1500mくらいの最盛期なのですが、今年は1週間から10日くらい遅いようです。

当日の様子は、こちらに写真を何枚か載せましたので、ご覧下さい。
南三陸地域の現地講座 [2011年10月09日(Sun)]

かねてより検討しておりました、宮城県での現地講座、まず第一弾を来年早々に企画できることになりました!

当会でいつもお世話になっております信州大学の原山先生にご相談申し上げたところ、地質関係でしたら弘前大学の鎌田先生にお願いしたらいかが、とアドバイス頂き、鎌田先生をご紹介下さいました。
鎌田先生は快く現地講座の案相役をご了承下さり、現在、鎌田先生と一緒に、来年以降にジオツアーとしてまず数回、場所を変えて企画することになりました!

また具体的な案ができましたら会のホームページなどでご案内致しますが、楽しみです。
歌津といえばウタツギョリュウ、一関といえば宮沢賢治が採掘していた石灰、など、あげてみたらきりがありませんが、ゆっくり見てみたいところがたくさんです。

環境省では、三陸復興国立公園(仮称)の検討が進んでいます。
当会の小泉武栄先生にも、この辺りの動きとの兼ね合いをご相談しながら、企画を進めていきたいと考えています。
国営みちのく杜の湖畔公園「子育て応援ひろば」 [2011年10月05日(Wed)]

2011年10月1日(土)、2日(日)はみちのく国営公園で、
特定非営利活動法人 地球の楽好さんが提供する「子育て応援ひろば」に参加しました。



後方に写っている黄色い車体が、塗装が終わって今日お披露目の「えほんバス」です。
すてきですね! これから、中の棚などをきちんと作ったら、いろんなところへ出かけていって、青空図書館をやるそうです。楽しみです。

私たち山の自然学クラブのメンバーはこの絵本バスの企画「えほんひろば」の中で、絵本や図鑑を見に来て下さった参加者の方々を対象に、近くでとった小枝やドングリ、栃の実などで、小さなクラフトを作って頂きました。

今後、地球の楽好さんが各地を回られるとき、スケジュールを合わせて私たちも参画させて頂くことに致しました。

当日の様子は、こちらに写真を何枚か載せましたので、ご覧下さい。
石巻市北上町十三浜での活動 [2011年09月24日(Sat)]

十三浜の水守の郷さんの基地、こんなにきれいになりました!



裏の蕎麦畑にはお花が咲きました。
昨日の台風の大雨で水が溜まってしまいましたので、水が抜けるように溝を切りました。



相川運動公園にできた、地域の方の交流場所(医師住宅を改良)でも、地域の方と懇談できるようになりました。こちらに報告があります。

また、この際の現地調査の様子をレポートにまとめました。こちらからご覧下さい。
チャリティライブ [2011年09月20日(Tue)]

20日は石巻市北上町十三浜チャリティ トーク&ライブ「ありがとうを未来につなげたい」でした。




当日参加の方も多く、120人を越える方が来場してくださいました。スタッフ参加を合わせれば160名くらいの方々がプログラムを見てくださったことになります。
準備期間が短く大変でしたが、今回のご縁がきっと、今後につながるものになると感じました。

ご来場くださった皆様、お手伝い頂いた皆様、ありがとうございます!

当日の様子はUSTREAM中継されました。プログラムを映像でご覧頂くことができます。
リンクはこちらです。是非ご覧ください。



SEAVERSの活動紹介の展示です。日頃は、東京の水辺を楽しみながら環境について学ぶ活動や、水辺の清掃活動をされています。
理事長の中林さんはじめ、ボランティアにご参加頂いた皆さんは、久しぶりにお会いした十三浜の方と、この日、さらに懇親を深められたようです。

| 次へ