CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
らんらんるんるん♪
« いちお本職? | Main
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
shiraga
初打ち合わせ (09/03) kawasaki
初打ち合わせ (08/22)
新規開拓の覚悟:ファンドレイジング日本2013記録メモ(3)[2013年03月23日(Sat)]
1日目最初に参加したセッションはコレ。

セッション3「READYFOR?を活用して2カ月で800万円以上を集めた秘訣、大公開!」

このセッションでは、オンライン寄付に関する私の課題(というかモヤモヤ)を払しょくしてもらいました。



内容は、
「READYFOR?」というクラウドファンディングの紹介を、READYFOR?代表の米良はるかさん、

これを使って寄付集めをした成功例を、公益社団法人シャンティ国際ボランティア会の鎌倉幸子さんが報告といったもの。

単純に
「READYFOR?」 https://readyfor.jp/
の仕組みを良く分かっていなかったので、それは学びになりました。



■READYFOR?ってなんだ?

簡単にいえば
あるプロジェクトに対して、資金をオンラインで集める仕組みなのですが

おもしろいのは、
目標金額に、期限内に達しなければ、不成立ということで
それまでの支援金はすべて、返されるという仕組み。

(=正確には、成立した時点で、初めて決済処理が行われる)


つまり、目標金額を100万円にしていた場合

〆切日時点で、99万円しか集まっていなければ
その99万円も、入ってこないってことなんです。

シビア〜(笑)。


そして、もう1つは
「引換券」

金額に応じて、設定されたリターンがあるということ。


こういった、仕組みをつかってシャンティさんは、

被災地に図書館をつくるプロジェクトへの支援をもとめ
800万円以上を集めたって話でした。




■直接、手渡した方が・・・

このころの私は
オンライン寄付に対して、もやもやしていて・・・。

それは手数料のこと。

こうしたオンライン寄付に関しては
集まったお金に対して、一定の手数料を支払うようになっているんですよね。


READYFOR?は、金額に対して、17%。

つまり、あるプロジェクトを応援しようと
1万円の寄付としたとしても
最終的には、8300円分になるってこと。

それなら、直接、1万円を団体に渡しちゃったほうが
いいんじゃない?って、モヤモヤモヤモヤ。


もらうほうも、手数料ひかれるぐらいなら、直接もらったほうがいいんじゃない?
なんて。

そんなモヤモヤを、セッション終了後
名刺交換会の際に、シャンティの鎌倉さんにぶつけてみた。



■パイの取り合いをしない

「被災地支援の寄付を
国際支援の寄付者からとらないで」。

もともと、国際協力のシャンティは
他の国際支援団体から、既存の寄付との競合は避けるべきだと言われていたそうで

今回の被災地支援は、新規の寄付者開拓が求められている事案だったようです。


確かに、震災関係の寄付が増える一方で
従来の事業への寄付が減って、活動に支障がでているという
事例もよく聞く話です。


そして、
今回のプロジェクトへの寄付者は・・・。

ほとんど「新規」の方だったそうです。


鎌倉さんが言っていましたが


『「我がこと」として感じて、生みだし、伝える。

本好きは、日本全国にいる。』


共感して、支援してもらう。


それは、既存の支援者以外にも
支援してもらえる可能性は充分にある。


そんな、新規の支援者を獲得するためには
オンライン寄付って
いい仕組みかもしれない。



■手数料は、広告宣伝費

その結論へ至ってしまえば、当然の話なのですが


「寄付を集める」ことを考えると、つい、身近な人々へのお願いとしてとらえてしまい


そうなると、手数料がもったいない。

だから、オンライン寄付って、どうなのよ。


って、感じてた。


でも
オンライン寄付(クラウドファンディング)って
寄付者の新規開拓の大事なツールですわ。

そもそも、既存の支援者を念頭においてするものではないですわ。


手数料って、「広告宣伝費」と思えば、安いものかもしれない。


「支援者からのコメントなどにレスするなど
コミュニケーションをとることによって、
シャンティのファンになってくれるかなー」
と、鎌倉さんもいっていたように

お金を集めるだけでなく
自分の団体のファンを、増やしていく
そのためのコミュニケーションツールでもあるんだと思う。


ただ、ほんとに
新規開拓をおこなうってことを
覚悟してやっていかなければ、

絶対に中途半端に終わるなぁと思うのであります。



そこを、組織内できちんと共有できるか
まず、そこですよね。(うちは)
ファンドレイジング2013振り返りの会in福岡[2013年03月23日(Sat)]
前回の記事にも書きましたが

ファンドレイジングの大会で
「福岡の方と知り合いになるっ」という目標を掲げ

無事、お知り合いになった方々と
振り返りの会を
3月19日に行いました。

(企画してくださってありがとうございます)


それぞれが参加したセッションの紹介と
その中で、印象に残ったこと、学びになったことなどを

共有していきましたが

自分が参加していなかったセッションの様子がわかったり

同じセッションでも、人によって
とらえ方や印象に残った点が違ったり、

こうやって、振り返りをする場があるっていいなぁと思いました。


で、大会から、あまり時間がたってないにも関わらず
記憶がおぼろげな点があったり・・・なので

覚えているうちに、私が得たことを、まとめてきたいと思います。


ということで、次回をお楽しみに-
目的:ファンドレイジング日本2013記録メモ(2)[2013年03月20日(Wed)]
今回のファンドレイジング大会では
2つ、目的を定めていきましたっ。えらいっ(笑)。

-----------------------------------------
その1:ファンドレイジングの学習会用資料について確認をする。
その2:福岡県の方とお知り合いになる。
-----------------------------------------

これは、どちらも、1日目のファンドレイザーギャザリングの席で、目的達成!

鵜尾代表理事のおかげで達成できました。ありがとうございます。


いやぁ、しかし、
講師との名刺交換に時間をとられ、
だいぶ遅れてファンドレイザー限定ギャザリングの会場に向かいましたが、
扉を開けた瞬間、熱気むんむん!
しかも、軽食のサンドイッチの大半が、消費されてるっ!!(きゃぁ)

という状況で、気後れした私が、どうしようかと思案したその時!


鵜尾代表理事が、満面の笑みで近づいて、話しかけてくださった!!

渡りに舟ってこういうことだー(ちょと違う?)



ここぞとばかりに、目的の2つについて聞いてみる。


【その1】

来年度4月から、倉敷で、ファンドレイジングの学習会を開催しようと考えているんです。

その際に使う資料を作る上で、赤いファイルの資料をそのままコピーして使うなんて
著作権侵害はもちろん考えていないけれども、図表とか使わせていただいて資料を作れないかなぁなんて思っていたのを伺ってみた。

→ 結果、簡単にいうとOK!
 出典をきちんと書くことは必須。そりゃもちろん書きますっ。やったー。


【その2】

結婚して、引っ越して、福岡市民なんだけれども
知り合いがいないので、今回ぜひ、福岡の人に出会いたいんですっ

→ 4人もの方を、その場で紹介いただきましたー。わーい。うれしー。


ほんと、ありがたいことです。
こう気さくに話しかけてくださって、なおかつ、こんなにもいろんな人につなげてくださって。

大きな声でお礼申し上げます―!!
鵜尾さん、ありがとうございますー。



さてさて、これ以外にも、
自分に課していたことがありまして

■名刺交換の際、並んで待っている間に、かならず、後ろの人と名刺交換する!

■人見知り-だけど、がんばって、話しかけるっ。

■ふるさとの部屋に、団体パンフを置く(あ、回収し忘れた)


などなど。


1回目から、
ずっと、この大会やファンドレイジング関係は、自費でやってきているので、
(出すといわれても断ってきた)
自分の中でも、とても充実感があって、うれしいのであります。
参加セッション:ファンドレイジング日本2013記録メモ(1)[2013年03月19日(Tue)]
ファンドレイジング日本2013

今回、学んだセッションは、次のとおり。

いやぁ、おもしろかった。やっぱり、事例があると、ためになる。
かつ、講師と直接、話ができるのがいい。


■開会セレモニー

■セッション3「READYFOR?を活用して2カ月で800万円以上を集めた秘訣、大公開!」



■認定/准認定ファンドレイザー限定ギャザリング

■セッション12「寄付から投資へのパラダイムシフト」

■セッション19「オフィスはなくても寄付は集まる!クラウド事務局のファンドレイジング」

■セッション26「ファンドレイジングで効果をあげるためのコツ&多様な資金調達手法のご紹介」

■セッション28「もっと伝える!もっと伝わる!」広報ツールの見直し道場

■セッション40「大学への法人寄付」企画と実践

■地方でも開催できる!ファンドレイジング大会&准認定ファンドレイザー必修研修

■セッション47「徹底比較!最も使いやすいNPOの決済システムとは」
「ファンドレイジング大会2013」行ってきました[2013年03月11日(Mon)]
前回の大会から、決意表明だけは高らかに、結局3日坊主の白神ブログです。ハイ・・・。

今年も、
ファンドレイジング大会2013が

3月9−10日
国際ファッションセンターを会場に開かれました。


1回目から、ずっと参加していますが
今年は、認定ファンドレイザーの資格をとって初めての大会。

いままでと、ちょっと違いました。


会場にいって、
ともに研修やレポートをがんばった仲間たちに会える!

活動場所も、活動テーマも違うけど
ファンドレイジングという共通のテーマで
「あ、ひさしぶりー」と、挨拶できる仲間がいるっていうのは
とってもうれしいことだなぁと思いました。



そして、もちろん、いろいろな学びを得ました!!

それはおいおい、まとめてみたいと思います。


あらためて、更新頑張りますっ・・・。(汗)。
エレベータートーク 個人ネタになるとムズカシイの巻[2012年11月13日(Tue)]
「エレベータートーク」というものがあります。

エレベーターに乗っている短い時間で、いいたいことを、わかりやすく伝えること。


アメリカかどっかの企業家が
偶然をよそおって、ターゲットとエレベータに乗り合わせて
プレゼンしたっていう話がもととか、なんとか・・・。


ポイントは

「短い時間に、関心を持たせる」ことだそうです。


自分のところの、ミッションやビジョン、1分程度で話せますか?



ところで、なんで、こんなことを思い出したかというと
「自分がしてきたことを話す」という点で失敗したなぁという出来事があったから。


つい最近
上京したついでに

相方の年の離れたお兄様家族のところへ
相方と二人で、ご挨拶に伺ったんです。

ドキドキ・・・。


その際、いろいろと聞かれますよね。聞かれました。


ま、相手は私に関心をもっているってとこで、
そもそもの前提が違うんですが





「どんな仕事をしてたのー?」と、お兄さんに聞かれ・・・。


あーうーと
しどろもどろになり・・・。


話すネタは沢山あるんですが

みずしま財団という、ある意味わかりにくい(説明のいる)
組織のミッションだけでなく

その中で、私がやってきたことも
ちゃんと伝えなきゃって思って、

一生懸命になりすぎて

えぇ、もーのすごく、わかりにくい話をしていたと
反省しているんです。



もちろん、よく思われたいっていう思いはあったわけで
(そりゃ、これから長い付き合いになるであろう夫のお兄様、お姉さまですし)


そんな思惑も相まって

あぁ、ぜんぜんうまく伝えられてないーーーー。


もうちょっと
わかりやすい内容や、話ようがあったんじゃないかと・・・


やってきたことも
環境学習なんかのネタもあったのに
もっともわかりにくい「環境保健ネタ」に偏りすぎたわけで・・・。



そんなこんなで
エレベータートークとまでいわなくても


うまく伝わる話の組み立て方って、大事だ!


個人的な話であっても、ちゃんと全体が伝わるような設計をしないといけない!!


と、週末、大いに反省したわけでございます。





ま、お兄さん家族が
とても温かく迎えてくださってよかったよかったのではあります・・・。

すてきな家庭でしたー。


岡山県内は私だけかー。准認定ファンドレイザー。[2012年11月09日(Fri)]
今年の6月に、第1回目が開催された、
准認定ファンドレーザー試験。

その、結果が公表されています。

じゃん!
http://jfra.jp/cfr/result.html


受験者数 215名
合格者数 183名


そーかー。
合格率85%って、どうなのかしらー。
高いような・・・(笑)



120910_074157.jpg

まぁ、受かったからよかったからいいんだけど。
12月は、「認定」の試験・・・。

課題は出したから
あとは、筆記試験・・・。

がんばろ・・・。



あ、ちなみに
やっぱり、関東の方が多いですね。

まぁ、交通費もろもろで、有利ですもんねー。


岡山県は、私だけらしい。
て、岡山県でいいのかってことだけど、いいんですわ。一人だもん(笑)。
11月3日は自然史博物館まつり![2012年11月09日(Fri)]
ひさびさに
「11月3日は自然史博物館まつり!」に参加しました。
スタッフで。

121103_084821.jpg
(よくわかんない写真ですが、開会式での1枚)


倉敷市立自然史博物館を会場に
毎年、文化の日におこなわれているこのイベントですが

今年が12回目!!

ひとまわりしましたねー。

一ケタ時代は
私もチラシ製作や、クイズラリーの問題製作などなど
かなり関わっていましたが

しばらく、ご無沙汰してました。


ひさびさに、参加すると
パワーアップしていました。

なにが?と言われると困るのですが(笑)
運営が・・・かな。


基本的に運営は
博物館の学芸員含めたスタッフと、博物館友の会の幹事さん達が中心。


毎月1回の幹事会で
行事の計画や反省をかなりちゃんとやっています。


まつりに関しても
12年間開催してきたノウハウを蓄積しつつ

各コーナーの担当者が責任をもって進めて

改善を重ねています。

さらに、地元大学のボランティアの参加を数年前から増やし
コーディネートして、活躍してもらっていました。


今年のまつり終了後も
すぐに、各コーナー担当から
よかった点や改善点などなどが
幹事用MLで共有されていました。

このPDCAやボランティアコーディネートを
きちんとしている仕組みは
見習わなければと思うんですよね。


って、いいながら、
私も幹事の一員なんですけどね(笑)。


博物館友の会のサイト
http://www2.city.kurashiki.okayama.jp/musnat/tomohome.htm


121103_130745.jpg

友の会喫茶のメニュー一部。おいしかった〜。これらも幹事さんの手作り♪
明治村で見たこんな寄付あつめ[2012年11月08日(Thu)]
はい、今日のファンドレイジングのお時間!

ずいぶん前からアップしたかった、この写真!

DVC00227.JPG


愛知県犬山市にある
「博物館 明治村」にあった、自動販売機!


拡大すると、ハイ

DVC00226.JPG

寄付 3種類 お買い上げ〜♪

なんです。


おもわず、ぽちっと押しちゃいました。「100円ボタン」(笑)。



寄付しやすい仕組みって大事だなとおもった自販機でした。

でも
もちょっと、高額ボタンあってもいいんじゃないかと・・・。

この自販機で
どのくらい、寄付あつまってんだろうねー。


ちなみに、私、明治村には毎年1〜3回は必ずいく
明治村の住民なんですよん♪


やっとログイン・・・。再度決意表明(笑)[2012年11月07日(Wed)]
ファンドレイジングがんばりま〜す と言って、早数カ月。

日々の取り組みを、振り返りも込めて
ブログに書くはずが・・・


ここにログインできない日々が・・・。


パスワードの再設定のために
「秘密の質問の答え」を入力すると

「違う」と言われ(これしかないのにっ)、

にっちもさっちもいかなくて
放置してました(笑)。


結果、
よくわかんないけど、メールアドレスじゃログインできなくて
ユーザー名ではログインできることが判明。

今日に至ります・・・。


ということで、
再度、決意表明

ファンドレイジングネタを
1日 1題 可能な限り(←ここがポイント・・・)
書きたいと思います〜♪


ま、見てる人、ほとんどいないだろうけど
ファンドレイザー准認定とったんで
認定にむけての、自分のためだということで
がんばりますー。


しかし、ちょっと見ない間に
canpanブログの仕様がかなり変わりましねー





| 次へ
プロフィール

shiraga kanakoさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/shiraga/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shiraga/index2_0.xml