CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
らんらんるんるん♪
« エレベータートーク 個人ネタになるとムズカシイの巻 | Main | 河川整備における、良好な景観って!? 文化や歴史も »
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
shiraga
初打ち合わせ (09/03) kawasaki
初打ち合わせ (08/22)
南極日和[ 2012年11月14日(Wed)]
今日は、雑記。

facebookで
西村さんが、お友達の樋口さんが
「南極日和」にでる という情報を書いていたので。

久しぶりに、番組を見て、その当時を思い出したなぁって話。



「南極日和」って
南極に関わった人をとりあげる3分程度の番組。

水曜日の夜、BS朝日で放映されている。


そして、今日、出演されていた樋口さん って
私の相方と同じ隊(52次)で、南極いかれてたんです。



うちの相方は、
オーストラリアを離れてから戻るまで
音信不通だからね と言い残して南極へいっちゃった人です。

(若干補足:
大半の観測隊員は、オーストラリアまで、飛行機でとんで行ってから、「しらせ」にのる。)


夏隊なので、
まぁ、4か月間なのですが、その間、どこで何をしているのかは
まったく不明でした(笑)。


で、やっぱり気になるでしょう?

そんな私の唯一の情報源は
同じ時期に南極にいっていた人々のブログ記事。

結構、いろんな方が
更新頻度はまちまちですが、ブログを書いていらっしゃる。

毎日、ブログの更新をまちわびてました。


そして、今回、番組に取り上げられていた、
樋口さんも、結構な頻度でブログを更新されていた方。

しかも、フィールドアシスタントとして
相方達と行動をともにしていたりしていたので
いま、こんなところに行ってるんだ―。と
もう、目を皿のようにして見てました(おおげさだけど)。



ここまで、読んで
あれっ と思ったあなたは正しいです!(笑)。


ブログを更新できるぐらいだから
「音信不通」 ではないんですよね。

「音信不通にするから」 と相方の意思で不通になってんですよ(笑)。


なんだかなぁですよね。


まぁ、
南極だから、ある意味、安心だし。

オーストラリアに戻ってきてから連絡があればいいか
なんてあきらめていたら

想いもがけないときに
しらせにのっているはずの相方からメールが届いたのです。



相方からのメールには、

「大丈夫だと思うけど
いろんなところ、ふらふら行っているんで心配になって・・・」と。


そう、東日本大震災がおきて
充分な情報を得られない中で心配になって
オーストラリアに着く前に
メールしてきたようです。

心配してくれるのはうれしいですが
「ふらふら行ってるって・・・」。


しかし、あれから、2年近くたつんだなぁー。

今回も、しらせ、接岸が難しいって
新聞にありましたねー。


と、今日は、ほんとに雑記でした。




ちなみに、
相方が南極に行っている時には
「心配でしょう?」とよく聞かれてましたが

どっちかっていうと
南極いっているほうが、いろいろ安全面に対しても
これまでの蓄積があるだろうから
まぁ、ある意味安心してました。
これが、東南アジアの奥地とかなんかに調査に行かれる方が
よっぽど心配だと思うのですよね。




この記事のURL
http://blog.canpan.info/shiraga/archive/94
コメントする
コメント
プロフィール

shiraga kanakoさんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/shiraga/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shiraga/index2_0.xml