CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2018年01月 | Main | 2018年03月»
プロフィール

震災がつなぐ全国ネットワークさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
東北地方太平洋沖地震支援基金 日本財団ROADプロジェクト
最新コメント
震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月21日追記) (08/01) 三好 雄三
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月21日追記) (07/31) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月21日追記) (07/27) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月21日追記) (07/27) (協)岡山県食連 鳥越慶子
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月21日追記) (07/27) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月21日追記) (07/20) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月21日追記) (07/20) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月21日追記) (07/20) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月21日追記) (07/20) Kazu
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月21日追記) (07/20)
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
http://blog.canpan.info/shintsuna/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shintsuna/index2_0.xml
【開催案内】2017年度 移動寺子屋in三重(3/18開催) [2018年02月14日(Wed)]
事務局より、移動寺子屋in三重のご案内です。

昨年発生した台風21号の被害を受けた三重県玉城町において、
移動寺子屋in三重を開催します。
水害被害家屋の片付け講習会@玉城町20180318.jpg
水害被害家屋の片付け講習会@玉城町20180318.pdf
==============================
日時:2018年3月18日(日)10:30〜15:40 (昼食は各自持参)

場所:玉城町保険福祉会館(三重県玉城町勝田4876−1)

内容:講義&実践講習
<講義>
・台風21号における玉城町の被害と災害VCの取り組み(玉城町社協)
・災害支援団体の活動報告(風組関東 他)
<実技>
・床下対応基礎講習 ※床下キットを使用しての実践講習です
・各種資器材の使い方基礎講習(風組関東、DRT-JAPAN 他)

申し込み:https://ws.formzu.net/fgen/S26876025/
==============================
今回のテーマは、毎年頻発する水害の対応について、
 「水害で被災した家屋の片付け講習会」と題して、
みえ防災市民会議の災害ボランティア実践道場と同時開催します。

昨年度助成で作成した「水害にあったときに」を活用しながら、
  【参考】http://blog.canpan.info/shintsuna/archive/1420
水害被害にあった家屋の復旧過程を知り、どのような支援が
可能なのかについて、認識を深めたいと考えています。

今回の開催にあたっては、震つなが支援に関わった玉城町
社会福祉協議会の協力をいただき、開催する運びとなりました。

当日は座学だけでなく、家の復旧を学ぶための模擬キットを
使用して、実践を踏まえての講座となっています。

申し込みはWebからも可能になっています。
https://ws.formzu.net/fgen/S26876025/
是非、みなさまお誘いあわせの上、ご参加ください。

震つな会員の方々には交通費の一部補助を予定しています。
参加人数により何割の補助ができるか後日決定しますが、
公共交通機関の領収証を取得いただきますようお願いします。

みなさまご利用のSNS等での情報拡散にもご協力ください。
Posted by RSY事務局 at 16:51 | イベント案内 | この記事のURL | コメント(0)
DRT2018山梨 開催のご案内 [2018年02月08日(Thu)]
【緊急開催】災害ボランティアエキスパート講習会のお知らせ【拡散歓迎】

近年の災害の大規模化・複雑化に鑑み、緊急講習会を開催します。
この取り組みは2007年より続けてきたDRTトレーニングのプログラムの一環
として多くの団体の協力を頂き開催します。
急なご案内で恐縮ですが、ぜひご参加をお待ちしています。
DRT2018山梨_告知画像.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
DRT2018 山梨
-Disaster Relief Training 2018 in YAMANASHI

地震・水害・竜巻・雪害など日本を襲う自然災害は、環境破壊なども影響し年々深刻
さを増し、その度に多くのボランティアが被災地に入り救援活動を行ってきました。
1995 年の阪神淡路大震災に災害ボランティアが誕生し、それからほぼ毎年のように
水害や地震が列島を襲い、とりわけ 2011 年 3 月に発生した東日本大震災では、
M9 という日本における観測史上最大の地震は大きく長い揺れと巨大津波によって
東北沿岸地域を中心に壊滅的な被害をもたらしました。その救援活動にも多くの
ボランティアの活躍がありました。

また、2016 年 4 月に発生した熊本震災では一部においては重機や動力機械を駆使
した専門性の高いボランティアによる救援活動が展開された地域もありますが、
ほとんどの災害 VC においては、応急危険度判定の危険を意味するいわゆる赤紙家屋
への対応は原則不可とされました。

この講習会はそのような背景を受け、災害ボランティアのスキルアップを目的として、
様々な観点から災害ボランティアとしての役割を考え、活動における安全衛生を十分に
踏まえ、その精鋭化・機械化・高度化などを目的に実施し、加えて、大規模災害に対する
備えとして自助・共助の時間帯による救援活動の一助となれば幸いです。

■会 期:
2018 年 2 月 17 日(土曜日):10:00〜15:30

■開催場所:
大月市社会福祉協議会総合福祉センター 6 階会議室
山梨県大月市大月町花咲 10(〒401-0015)

■主 催:
DRT2018 山梨実行委員会

■後 援
大月市(依頼予定)

■協 力:
大月市社会福祉協議会
日本財団
風組関東
DPLS-JAPAN
震災がつなぐ全国ネットワーク
技術系災害ボランティアネットワーク(DRT-JAPAN)

■参加条件:
(下記のいずれかで)
・過去に被災地で活動経験のある方
・自主防災組織のリーダー・消防団員等

■募集定員:50 名

■講習会参加費:500 円(資料代)

■参加申込み(全てメールにて)
DRT2018 山梨実行委員会宛て
teambeavertail@msn.com または
kazemusashi@gmail.com
もしくは風組関東FBページ、小林まで直接メッセージをお願いします。
・氏 名
・所 属(個人の方は不要)
・連絡先(当日連絡のつく電話番号)
・過去の災害で活動場所、被災地経験等(任意)
※満員となり次第締切とさせていただきます

■講 師:
DRT2018 山梨実行委員会構成団体等

■講習内容:
※当日変更の場合もあり
《座学講習》
・技術系ボランティア活動について(技術系プロボノについて)
・災害ボランティアセンターと災害系 NPO 等との連携(一般ボランティアと技術系プロボノ)
・応急危険度判定に準じた対応についての考え方(赤紙・黄紙家屋の対応)
・活動における危険回避と安全管理(赤紙家屋での安全確保・ショアリング等)
・重機等特殊車両の活用について(小型重機・小型クレーンほか)
・災害現場で役に立つハンドツール(バール・ジャッキ・チルホールほか)
・災害現場で役に立つパワーツール(チェーンソー・エンジンカッター・電動工具類)
・災害の種別で異なる支援活動(地震・土砂災害・内水氾濫等)
《実技講習》
・パワーツールのメンテナンス(チェーンソー・エンジンカッターほか)
・ジャッキの種類別特性と活用例(爪ジャッキ・車載ジャッキほか)
・牽引機材の種類と活用例(チルホール・プラロックほか)
・揃えて便利な個人装備(機材・工具類・テスターほか)
・これだけは覚えておきたい活動時に役に立つロープワーク 等
Posted by RSY事務局 at 10:20 | イベント案内 | この記事のURL | コメント(0)