CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 緊急時災害情報(過去の災害含む) | Main | 村井雑感»
プロフィール

震災がつなぐ全国ネットワークさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
東北地方太平洋沖地震支援基金 日本財団ROADプロジェクト
最新コメント
震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (10/14) 島田@りんごの木
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (10/14) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (08/01) 三好 雄三
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (07/31) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (07/27) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (07/27) (協)岡山県食連 鳥越慶子
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (07/27) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (07/20) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (07/20) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (07/20)
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
http://blog.canpan.info/shintsuna/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shintsuna/index2_0.xml
2013年度 第3回 移動寺子屋in東京 開催します [2014年03月10日(Mon)]
皆さま

お世話になります。震つな事務局より移動寺子屋のご案内です。

3月26日に今年度第3回目の移動寺子屋を開催します。
今回の寺子屋は、東京ボランティア・市民活動センターの講座との協働開催となりました。

東京では首都直下型地震が想定されていますが、それに対する備えが十分とは言えません。
東京ボランティア・市民活動センターでは、防災・減災をテーマに、災害時に備えての講座を
開催していますが、今回の移動寺子屋では、防災・減災にかかる様々な研修ツールを紹介し、
参加される方々の今後の防災・減災活動のヒントを見つけてもらうことを目的に開催します。

平日昼間の開催ではありますが、ご都合のつく方は是非ご参加ください。

20140326移動寺子屋_震つな版チラシ.pdf

日時:2014年3月26日(水)13:30〜16:30

会場:飯田橋レインボーホール2A会議室
  (新宿区市谷船河原町11 JR飯田橋駅西口徒歩5分)

内容:防災ツール紹介
      ・HUG(避難所運営ゲーム)
      ・被災者の声から読み解くプログラム
      ・被災シミュレーション
      ・変形クロスロード
   ブーストーク
      ・災害ボランティア養成講座
      ・災害ボランティアセンター運営訓練
      ・防災市民講座

   講師:松山文紀 (震災がつなぐ全国ネットワーク)
      浦野 愛 (レスキューストックヤード)
      渡辺日出夫(ADRA Japan)
      福田信章 (東京災害ボランティアネットワーク)

対象:防災に関心のある方であればどなたでも可

参加費:無料

主催:震災がつなぐ全国ネットワーク、東京ボランティア・市民活動センター

協力:東京災害ボランティアネットワーク

助成:日本財団

申込み・問合せ:東京ボランティア・市民活動センター(加納・福田・若林)
      〒162-0823新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階
      TEL 03-3235-1171 Eーmail saigai@tvac.or.JP
Posted by RSY事務局 at 16:26 | イベント案内 | この記事のURL | コメント(0)
3 月 16 日開催、震つな× ROAD プロジェクト 東日本大震災支援活動報告〜一万人の暮らしから見える現場の声(つぶやき)〜のご案内 [2012年03月12日(Mon)]
皆様

お世話になっております。震つな×ROAD事務局の法化図です。

東日本大震災からまもなく1年。
 
昨年3月から現在まで、約130クール、のべ1500人の ROAD足湯ボランティアが被災地で活動を行いました。
足湯を楽しんでいただいた方はのべ1万人にもなろうとしています。

このROAD足湯ボランティアの活動を含む、1年の活動の報告として、「震つな×ROADプロジェクト 東日本大震災支援活動報告」会を来週3月16日に開催いたします。

震つながこだわり続けてきた「現場」の声に改めて耳を傾け、被災地の現状を知り、今後の継続した支援のあり方について考える機会にしたいと思っております。

直前のご連絡で大変申し訳ありませんが、多くの方のご参加お待ちしております。

----------------------------------------------------
日時:3月16日(金)18:30〜20:30
場所:日本財団ビル1階バウルーム(港区赤坂1−2−2)
対象:被災地の現状に興味のある方、
災害ボランティアに関心のある方、
足湯ボランティア参加者、
被災地支援に関心のある企業・NPO関係者
------------------------------------------------------
★チラシは↓からダウンロード
http://road-nf.typepad.jp/michi/files/0310.pdf
Posted by RSY事務局 at 16:14 | イベント案内 | この記事のURL | コメント(0)
【寺子屋セミナー「福島の再生のために、“フクシマ”と向き合おう!」】第 2 回 [2012年03月12日(Mon)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          寺子屋セミナー4回シリーズ
     「福島の再生のために、“フクシマ”と向き合おう!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
…………………………………………………………………………………………………
各分野で活動する4名の講師のお話を聞き、
地震・津波に加えて原発事故に苦しむフクシマのいまを見つめることから、福島の再生について考えます。

第1回「水俣から福島へ」は、2月21日に谷洋一さん
(アジアと水俣を結ぶ会事務局長、水俣病被害者互助会事務局長。熊本県水俣市在住)を講師にお迎えし、参加者20名超にお越しいただき盛会となりました。
講師から重要な問題提議をいただくとともに、参加者からの質問やコメントも活発に行われました。
引き続き、
続きを読む・・・
Posted by RSY事務局 at 16:07 | イベント案内 | この記事のURL | コメント(0)
【イベント案内】 1 月 15 日「シンサイミライ Meeting2012」 [2012年01月07日(Sat)]
被災地NGO恊働センターです。
1.17関連のイベントのご案内です。
1月15日(日)に神戸で行われるNPO法人Co.to.hana さん主催の、「シンサイミライMeeting2012」。
恊働センターも「まけないぞう」を連れて出展します。

以下Co.to.hana さんからの案内文を転送します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■シンサイミライMeeting2012■■■
………………………………………………………………………………………

みなさま

新春の候 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

この度、私たちNPO法人Co.to.hana /コトハナは、1月15日(日)神戸市中央区のみなとのもり公園で「シンサイミライMeeting2012」と題した
続きを読む・・・
Posted by RSY事務局 at 09:57 | イベント案内 | この記事のURL | コメント(0)
【寺子屋セミナー「減災サイクル」 3.18 】第 3 回「もうひとつの社会」 [2011年02月23日(Wed)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          <寺子屋セミナー10周年企画>
         「不良」ボランティアが社会を変える
     ◆◇◆寺子屋セミナー「減災サイクル」 シリーズII◆◇◆
  〜減災サイクルの具現化に挑戦!ボランティアが担う減災活動とは?〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「減災サイクル」という考えをご存じでしょうか。
「減災サイクル」とは、災害を減じるための活動を、
「応急対応」、「復旧・復興」、「事前の備え」、「もうひとつの社会」というステージにおいて整理し、サイクル状に表した考え方です。

「寺子屋セミナー『減災サイクル』」では、このサイクルを具現化し、実践するための「智恵」を学びます。

この事業は、「公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構」と「ひょうご安全の日推進県民会議」の助成を受けて被災地NGO恊働センターが実施します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■第3回  「もうひとつの社会」 3月18日(金) 
講師:矢野 正広さん
(とちぎボランティアネットワーク 事務局長)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
…………………………………………………………………………………………………
【講師プロフィール】
●1962年宇都宮生まれ。
高校の時から在宅障害者とお友達になり、福祉系の大学へ。
難民問題、全身性障害者の自 立生活、ボランティア自主広報誌づくり、福祉系イベント各種の活動などをやりつつ、福祉作業所勤務。のち、有機農業見習い、フリーの校正者を経て、NGO/NPOのための編集プロダクションを自営。
95年阪神淡路大震災でのボランティア派遣活動を契機に、ボラ・コーディネートの専門機関(ボランティアセンター&NPOセンター)として栃木県域の中間支援団体「NPO法人とちぎボランティアネットワーク」を設立。常務理事兼事務局長。

続きを読む・・・
Posted by RSY事務局 at 10:45 | イベント案内 | この記事のURL | コメント(0)
【お知らせ】震つな移動寺子屋 被害抑止 in 佐用  2011/2/19 (土) [2011年02月16日(Wed)]
震つな会員のみなさま

 いつもお世話になっております。
 2/19(土)開催の震つな移動寺子屋「減災サイクル−被害抑止in 佐用」につ
いて下記にお知らせいたしますので、ご確認ください。

 参加を希望される方は事務局までご一報いただければ幸いです。
 よろしくお願いいたします。

---------------------------------------
震災がつなぐ全国ネットワーク・移動寺子屋
減災サイクル−被害抑止in佐用
「山・川・海とわたしたちの暮らし〜もうひとつの社会への歩み」

■開催趣旨:
2009年台風9号によって被災した兵庫県佐用町では、阪神間の若者による伝統技術を活かした地域の特産品である竹炭を使った復興・復旧の活動と水害の一因となった荒廃した山林の整備活動が進められている。二度とあのような被害に遭わないために、今こそ自然と向き合おうという発想が広がりつつある。
今回の震つな移動寺子屋は、水害を機に、今一度私たちの暮らしと山・川・海のつながりを見直し、先人が遺した多様な財産を活かしながら、流域全体で地域の再生に向き合う機会としたい。「流域コミュニティ」という言葉が謂われ始めている中で、まさに「自分たちの地域は、自分たちで守る」という減災サイクルの本質に立ち返り、もうひとつの社会への歩みとしたい。

■日 程:2011年2月19日(土)13:00〜16:00
■場 所:佐用町奧海(おねみ)地区 奧海公民館(奧海倶楽部)(住所:佐用町奧海)
■スピーカー  安本文男さん(佐用町森林組合作業員)
         江見義弘さん(佐用町社会福祉協議会)
         村井雅清さん(震災がつなぐ全国ネットワーク顧問・被災地NGO恊働センター代表)
■コメンテーター 末村祐子 先生(元尼崎参与、大阪市仕分け人、大阪経済大学客員教授)
  
■対 象:佐用町奧海(おねみ)町民、佐用町社協関係者、奧海地区自治会、まちづくり協議会、阪神間の若者など
■参加費:無料
---------------------------------------
詳細(チラシ)は下記をご覧ください。

Posted by RSY事務局 at 13:40 | イベント案内 | この記事のURL | コメント(0)
【寺子屋セミナー「減災サイクル」 2.18 】第 2 回「復旧・復興」 [2011年02月14日(Mon)]
間近になりましたので、再度ご案内します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■寺子屋セミナー「減災サイクル」第2回 復旧・復興 2月18日(金) 
講師:永松 伸吾さん
(関西大学社会安全学部・大学院社会安全研究科 准教授)

<時間>18:30〜21:00
※途中、食事を挟みます。

<場所>被災地NGO恊働センター 事務所
※神戸高速鉄道 新開地駅西口・1番出口より徒歩5分
※地図 http://www.pure.ne.jp/~ngo/map.html

<セミナー参加費>500円

<飲食代(実費)>一般2000円、学生1500円
※途中、食事を挟みますのでセミナー参加費とは別途いただきます。

<申込み方法>
予約制で、定員20名(先着順)です。
お名前・連絡先、一般/学生の別を、お電話かメールで下記までご連絡下さい。

被災地NGO恊働センター
TEL: 078-574-0701
E-mail: ngo@pure.ne.jp

…………………………………………………………………………………
【講師プ
続きを読む・・・
Posted by RSY事務局 at 09:33 | イベント案内 | この記事のURL | コメント(0)
【寺子屋セミナー「減災サイクル」 2.18 】第 2 回「復旧・復興」 [2011年01月20日(Thu)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          <寺子屋セミナー10周年企画>
         「不良」ボランティアが社会を変える
     ◆◇◆寺子屋セミナー「減災サイクル」 シリーズII◆◇◆
  〜減災サイクルの具現化に挑戦!ボランティアが担う減災活動とは?〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「減災サイクル」という考えをご存じでしょうか。
「減災サイクル」とは、災害を減じるための活動を、「応急対応」、「復旧・復興」、「事前の備え」、「もうひとつの社会」というステージにおいて整理し、サイクル状に表した考え方です。

「寺子屋セミナー『減災サイクル』」では、このサイクルを具現化し、実践するための「智恵」を学びます。

この事業は、「公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構」と「ひょうご安全の日推進県民会議」の助成を受けて被災地NGO恊働センターが実施します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■第2回 復旧・復興 2月18日(金) 
講師:永松 伸吾さん
(関西大学社会安全学部・大学院社会安全研究科 准教授)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
…………………………………………………………………………………………………
【講師プロフィール】
1972年福岡県北九州市生まれ。1996年に大阪大学大学院国際公共政策研究科に進学し経済学に基づく公共政策理論を専攻。博士後期課程を2000年に退学し
続きを読む・・・
Posted by RSY事務局 at 16:12 | イベント案内 | この記事のURL | コメント(0)
【ご案内】第4回『 RSY サロン with 有識者パートナー』のお知らせ [2011年01月07日(Fri)]
第4回『RSYサロンwith有識者パートナー』のご案内をさせていただきます。今回は、名古屋大学大学院教授の広瀬幸雄先生をお迎えして2月10日(木)に行います。
タイトル:『環境計画での市民の間の対立は話せば解消するのか?〜ドイツの市民参加の事例から考える』

詳しくはチラシをダウンロード↓してご覧ください。
http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/chirashi_ptn04.pdf

★ココに注目★
 RSY会員はお得な会員価格でご参加いただけます。(資料・お茶代を含む)
この機会に是非!
 ■RSY会員:500円
 ■一般:2,500円

RSYサロンwith有識者パートナーとは?
 47名(2011年1月現在)の先生方がRSYの有識者パートナーとして、各々の専門知識を2カ月に
続きを読む・・・
Posted by RSY事務局 at 14:31 | イベント案内 | この記事のURL | コメント(0)
【寺子屋セミナー「減災サイクル」 1.18 】第 1 回「事前の備え」 [2011年01月06日(Thu)]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          <寺子屋セミナー10周年企画>
         「不良」ボランティアが社会を変える
     ◆◇◆寺子屋セミナー「減災サイクル」 シリーズII◆◇◆
  〜減災サイクルの具現化に挑戦!ボランティアが担う減災活動とは?〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「減災サイクル」という考えをご存じでしょうか。
「減災サイクル」とは、災害を減じるための活動を、「応急対応」、「復旧・復興」、「事前の備え」、「もうひとつの社会」というステージにおいて整理し、サイクル状に表した考え方です。

「寺子屋セミナー『減災サイクル』」では、このサイクルを具現化し、実践するための「智恵」を学びます。

この事業は、「公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構」と「ひょうご安全の日推進県民会議」の助成を受けて被災地NGO恊働センターが実施します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■第1回  「事前の備え」 1月18日(火) 
講師:村野 淳子さん
(大分県社会福祉協議会 ボランティア・市民活動センター専門員)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
……………………………………………………………………………………………
【講師プロフィール】
2000年大分県社会福祉協議会に採用後、大分
続きを読む・・・
Posted by RSY事務局 at 10:02 | イベント案内 | この記事のURL | コメント(0)