CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
Main | 震つなとは»
プロフィール

震災がつなぐ全国ネットワークさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
東北地方太平洋沖地震支援基金 日本財団ROADプロジェクト
最新コメント
震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (10/14) 島田@りんごの木
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (10/14) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (08/01) 三好 雄三
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (07/31) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (07/27) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (07/27) (協)岡山県食連 鳥越慶子
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (07/27) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (07/20) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (07/20) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (07/20)
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
http://blog.canpan.info/shintsuna/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shintsuna/index2_0.xml
イベントのご案内 [2014年04月27日(Sun)]
震つな事務局より、イベントのご案内です。
http://www.japanplatform.org/event/nvoad2014_1/

今年1月に、アメリカの災害支援における官民連携について、代表の栗田の他、
震つなメンバー数名が現地視察に行き、アメリカの現状を学んできました。
今回のイベントは、その報告会として開催します。
=============================
震災がつなぐ全国ネットワークは、構成団体の一員をつとめる広域災害に備えた
官民連携を考える研究会実行委員会として、「広域災害に備えた官民連携を考え
る研究会Vol.1〜米国NVOAD※に学ぶ」を5月27日(火)に開催します。

東日本大震災から3年が経過し、一日も早い被災地の真の復興を願う一方で、
南海トラフ巨大地震や首都直下型地震などの発生が危惧されています。
東日本大震災における民間の動きを振り返れば、個別には一人ひとりの
ボランティアが、組織としては一つひとつのNPO・NGO、企業等が持てる力を
存分に発揮したといえるでしょう。しかし、「連携・協働」という観点からは、
多くの課題が残されました。
今回の開催は、官民連携の先進的な取り組みである米国NVOAD等への視察の
機会を得たことから、特に政府や行政と民間の連携において、その参考事例
から学びを共有し、日本における市民セクターがさらに活性化することを目的
としています。

NVOAD :National Voluntary Organizations Active in Disaster
 http://www.nvoad.org/about/
1970年設立の全米の主要な災害対策支援団体が集まるフォーラム型NGO。
災害前の備えから災害時の対応、復興にいたるまで、連邦政府と協働し、
各団体の互いの知識やリソースの共有をはかり、地域コミュニティの
防災減災に貢献する組織。

【日時】2014年5月27日(火)14:30-17:30(14:10より受付)
【会場】TKP大手町ビジネスセンター カンファレンスセンター 6A会議室
    (東京都千代田区内神田2-1-2 第5中央ビル内)
    http://www.kashikaigishitsu.net/search-rooms/access?id=163
【参加費】無料  
【定員】60名(事前申し込み制)
【対象】今後の災害支援に関心のある方
    (NPO/NGO、中間支援組織、企業、社協、行政、研究機関、各種団体)
【申込方法】E-mail kenkyukai@japanplatform.orgまたはこちらの申し込みフォームから
      研究会のちらし兼申込書のダウンロードはこちら↓(PDFファイル 189KB)
      http://www.japanplatform.org/info/docs/20140527_nvoad2014_vol1.pdf
【内容】東日本大震災における支援の課題と米国視察に至る背景、米国の官民連携の仕組みについて
    パネルディスカッション「次の広域災害の官民連携を考える」等を予定
【登壇者】予定
 斎藤 仁 氏(一般社団法人日本経済団体連合会 政治社会本部長)
 阪本 真由美 氏(名古屋大学減災連携研究センター特任准教授、人と防災未来センター・リサーチフェロー)
 丸谷浩明 氏(東北大学 災害科学国際研究所 教授(元内閣府防災担当参事官、同企画官(ボランティア等担当))
 森 毅彦 氏(総務省総合通信基盤局基幹通信課長(元内閣府防災災害緊急事態対処担当企画官))
 明城 徹也(特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム国内事業部長)

・コーディネーター
 栗田 暢之(震災がつなぐ全国ネットワーク代表)

・閉会挨拶
 齊藤 馨 氏(内閣府政策統括官(防災担当)付参事官(普及啓発・連携担当))
 坂田 敦志 氏(公益社団法人日本青年会議所 2014年度 災害・復興支援委員会 委員長)

【主催】広域災害に備えた官民連携を考える研究会実行委員会
・構成団体(法人格を除き、五十音順にて表記)
 特定非営利活動法人国際協力NGOセンター(JANIC)
 災害ボランティア活動支援プロジェクト会議(支援P)
 認定特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム(JPF)
 震災がつなぐ全国ネットワーク(震つな)
 東京災害ボランティアネットワーク(東災ボ)
 認定特定非営利活動法人日本NPOセンター
 公益社団法人日本青年会議所(JC):調整中

【事務局】認定特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム国内事業部
     震災がつなぐ全国ネットワーク
=============================
定員に限りがありますので、希望される方はお早目にお申込みください。
Posted by RSY事務局 at 11:12 | 事務局から | この記事のURL | コメント(0)
第33回定例会 資料と議事録 [2013年12月05日(Thu)]
事務局の松山です。
大変遅くなりましたが、10月27日に開催された第33回定例会の資料と議事録です。
ご確認ください。

第33回定例会次第.pdf

00_第33回定例会当日資料.pdf

20131027震つな第33回定例会議事録.pdf
Posted by RSY事務局 at 12:16 | 事務局から | この記事のURL | コメント(0)
【ご案内】震つな移動寺子屋in浜松「地域での防災減災に対して寺院にできること」 [2013年10月15日(Tue)]
皆さま

お世話になります。震つな事務局より移動寺子屋のご案内です。

11月16日に今年度第2回目の移動寺子屋を開催します。
今回の寺子屋は、加盟団体のシャンティ国際ボランティア会とつながりの深い、静岡県曹洞宗第四宗務所主催の取り組みに協力する形で行うこととなりました。

曹洞宗静岡県第四宗務所では、「地域での防災減災に対して寺院にできること」をテーマに、想定されている東海・南海トラフ地震や津波の想定から対策が進められ、防災の取り組みも各地で行われていることから、地域とその中の一人一人がどう対応できるのかを話し合い、そのために平時から何ができるのかを考える機会として、本企画を開催することになりました。
直前のご案内となりましたが、参加制限はありませんので、お近くの方は是非ご参加ください。

日時:2013年11月16日(土)13:00〜16:30
会場:大昌寺(静岡県浜松市南区江之島町300)
内容:浜松市危機管理課より防災講座(被害想定の解説)
   座談会(浜松市・浜松市市社協・照自会)
   ワークショップ「来るべき災害に対して、私たちは何ができるか」
対象:防災に関心のある方であればどなたでも可
参加費:無料

主催:静岡県曹洞宗第四宗務所
協力:シャンティ国際ボランティア会、震災がつなぐ全国ネットワーク、
   浜松市(危機管理課)、浜松市社会福祉協議会、
   照自会(浜松曹洞宗青年会)
助成:日本財団

申し込み・お問い合わせ:大昌寺 053-425-3305
Posted by RSY事務局 at 20:09 | 事務局から | この記事のURL | コメント(0)
【ご案内】震災がつなぐ全国ネットワーク・2013年の夏の水害を振り返って<10月27日(日)> [2013年10月04日(Fri)]
皆様

お世話になります。震つな事務局です。
10月27日(日)震災がつなぐ全国ネットワーク第33回定例会を名古屋で開催します。
定例会(13〜15時)終了後、以下のとおり、特別企画を予定しています。
お時間にご都合のつく方は、ぜひご参加ください。

 ★震つな事務局を担っているRSY主催で、以下の企画を行います。
 
「2013年の夏の水害を振り返って それぞれの被災地、どうなっていたの?」

□趣旨
 2013年夏、全国各地で記録的な豪雨による被害が発生した。震災がつなぐ全国ネットワークでは、日ごろからつながりのある団体が各地で支援活動を行ったが、動けた範囲やできたことは限られたようにも感じた。改めてこの夏の支援活動(特に初動対応)がどうであったかを皆で振り返り、各地の取り組みの違いや地域性を共有し、それぞれの活動に活かしていく機会としたい。また、せっかく震つなの定例会が名古屋で開催されることになったため、震つなという全国のネットワークの強みも名古屋の仲間に知ってもらう機会にしたい。

□日時:2013年10月27日(日)16:00〜18:00
□場所:名建協1F会議室(名古屋市東区泉1-13-34)
□参加費:500円 □定員30名
スケジュール等の詳細はこちらのチラシをご覧ください。
RSY×震つな企画チラシ.pdf

終了後、懇親会を予定しています。せっかくの機会ですので、懇親会までご参加ください。

【申し込み】下記内容をメールで震つな事務局(info@rsy-nagoya.com)
までご連絡ください。

----------------------------------------
氏名:
所属団体名:
電話番号:
Mail:
RSY企画 : 参加・不参加
懇親会(27日晩): 参加・不参加
----------------------------------------
何か不明点等ありましたら事務局までお問い合わせください。
どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by RSY事務局 at 14:45 | 事務局から | この記事のURL | コメント(0)
【ご案内】震つな移動寺子屋in東京「防災・減災の取り組みを学ぶ」 [2013年03月12日(Tue)]
皆さま

お世話になります。震つな事務局の加藤です。
3月26日に今年度最後の移動寺子屋を開催します。
今回の寺子屋は平時に取り組む「防災・減災」の取り組みを様々なセクターから
報告してもらい、より良い防災・減災活動へのきっかけやヒントを持ち帰る機会と
なることと思います。直前のご案内となりましたが、ぜひぜひご参加ください。

日時:2013年3月26日(火)18:00〜21:00
会場:飯田橋セントラルプラザ12階会議室
対象:震つな関係者・都内社協社員・国際協力NGO関係者・NPO関係者・その他
参加費:無料
主催:震災がつなぐ全国ネットワーク
協力:東京災害ボランティアネットワーク
助成:日本財団

■詳細はチラシをご覧ください(以下のURLよりダウンロード)
移動寺子屋in東京チラシ.pdf

【参加申し込み】 3月23日(土)を締切としております。
東京ボランティア・市民活動センター(FAX:03-3235-0050)まで
※番号をお間違えにならないように気をつけてください。
Posted by RSY事務局 at 17:57 | 事務局から | この記事のURL | コメント(0)
【参加者募集】拡大移動寺子屋「高知県内外の支援をつなぐ災害ボランティアワークショップ@高知」のお知らせ [2012年10月12日(Fri)]
震つな会員のみなさま

 平素より震つな活動へのご支援、ご協力ありがとうございます。
 本年震つなでは、寺子屋の拡大企画として、南海トラフ巨大地震の被災地になりうる高知県を舞台にボランティアの広域連携を考える機会を設けました。初めての取り組みですが、ゆくゆくは静岡の訓練と同様、ボランティアが互いにつながり強みを発揮するための第一歩にしたいと考えております。震つな各団体、また、次代を担う世代の方々には交通費助成をいたしますので、みなさまふるってご参加ください。

チラシは高知県内の団体に向けたものです。震つな会員へのご案内は、
 以下のご案内をご参照ください。
※関心のある県外の団体は震つなの会員資格に関係なく参加できます。

----------------------

 震災がつなぐ全国ネットワーク拡大移動寺子屋
 「高知県内外の支援をつなぐ災害ボランティアワークショップ@高知」
 (主催)震災がつなぐ全国ネットワーク (共催)高知県ボランティア・NPOセンター

【日時】 11月10日(土)・11日(日) ※単日のみの参加も可能です。
【場所】 高知県立大学永国寺キャンパス管理棟205教室 http://goo.gl/maps/fBva9 (高知県高知市永国寺町5-15)
※キャンパス内の駐車場は使えませんので周辺の駐車場をご利用ください。
【参加費】 無料(本企画は日本財団の助成によって行われます。)

【スケジュール】
○11月10日(土)
13:00 開会・趣旨説明・オリエンテーション
13:30 【第1部・講演】
  南海トラフ巨大地震発災時における高知県の被害について
  堀田幸雄氏(高知県危機管理部南海地震対策課長)
14:30 【第2部・ワークショップ@】
  地図を広げて被害の様子を想像しよう
17:30 終了
18:00 懇親会(任意/高知パレスホテル1階・エズ 参加費3,800円を予定)
○11月11日(日)
9:30 開会
9:45 【第3部・ワークショップA】
  被災地で求められる支援を考えよう/車座トーク
  ・県内の取り組み紹介(研修や各地域の取組)
  ・被災後の時期に応じた活動内容の紹介〜東日本大震災の経験から〜
12:30 終了予定

※終了後津波被害の想定される沿岸部へのエクスカーションを実施予定です。

【交通費補助】 震つな会員の参加は交通費を助成します。くわしくは事務局までお問い合わせください。

【申込】 下記内容をメールで震つな事務局までご連絡ください。

氏名:
所属団体名:
電話番号:
Mail:
10日(土): 参加・不参加 ※定例会の参加・不参加もあわせて教えてください。
11日(日) : 参加・不参加
懇親会(10日晩): 参加・不参加
エクスカーション(11日午後): 参加・不参加

【その他(現地までの交通について)】
・高知空港には東京、大阪、福岡からの便があります。
 http://www.kochiap.co.jp/flight_time_in.html
・震つなの助成を受ける場合、楽天パック(またはそれに準ずる料金)での予約をお願いします。10月29日(月)までに手配をお願いします。また、宿泊先はできるだけ【高知プラザホテル】を選択してください。
 http://travel.rakuten.co.jp/
・10(土)の午前中には寺子屋と同じ会場にて定例会を行います。10(土)AM9:30に空港着の方は、震つなでレンタカーを手配します。それ以外の方は、バス等公共交通を使って会場まで直接お越しください。
・JR高知駅から会場へは徒歩15分程度です。
Posted by RSY事務局 at 10:29 | 事務局から | この記事のURL | コメント(0)
震災がつなぐ全国ネットワーク拡大移動寺子屋のご案内 [2012年10月12日(Fri)]
災害ボランティアに関心のある高知県のみなさまへ

震災がつなぐ全国ネットワーク拡大移動寺子屋
 「高知県内外の支援をつなぐ災害ボランティアワークショップ@高知」のご案内
チラシはこちら


   ☆ 県内外のボランティアとともに、南海トラフ巨大地震で想定される
      被害の様子を学ぼう。
   ☆ 災害ボランティアの広域支援体制の課題を考えよう。
   ☆ 県内外の災害ボランティア団体どうし交流しよう!

【日時】 11月10日(土)・11日(日) ※単日のみの参加も可能です。
【場所】 高知県立大学永国寺キャンパス管理棟205教室 http://goo.gl/maps/fBva9 (高知県高知市永国寺町5-15)
※キャンパス内の駐車場は使えませんので周辺の駐車場をご利用ください。
【参加費】 無料(本企画は日本財団の助成によって行われます。)
【主催】 震災がつなぐ全国ネットワーク   
【共催】高知県ボランティア・NPOセンター
【宿泊費補助】 10月31日までに申し込みを済ませ、両日とも参加される団体の方には宿泊費を補助します。事務局までお問い合わせください。

 阪神・淡路大震災をきっかけに立ち上がったボランティア団体のネットワーク組織、「震災がつなぐ全国ネットワーク」(以下「震つな」)では1997年の結成以来、被災地の責任として事実を伝え、今後被災地になるかもしれない地域に備えてもらう活動として「移動寺子屋」を毎年4回程度開催してきました。
 その震つなが、東日本大震災で改めて認識したのはボランティアの広域連携の大切さ。高知県においても、南海トラフ巨大地震時を想定したボランティアの連携を目指した取り組みの第1弾として、ワークショップを行います。県内外の災害ボランティアのみなさん!ぜひこの機会に学び、交流しましょう。

※両日参加の団体には宿泊費も補助します。ふるってご参加ください!

----------------------

【スケジュール】
○11月10日(土)
13:00 開会・趣旨説明・オリエンテーション
13:30 【第1部・講演】
  南海トラフ巨大地震発災時における高知県の被害について
  堀田幸雄氏(高知県危機管理部南海地震対策課長)
14:30 【第2部・ワークショップ@】
  地図を広げて被害の様子を想像しよう
17:30 終了
18:00 懇親会(任意/高知パレスホテル1階・エズ 参加費3,800円を予定)
○11月11日(日)
9:30 開会
9:45 【第3部・ワークショップA】
  被災地で求められる支援を考えよう/車座トーク
  ・県内の取り組み紹介(研修や各地域の取組)
  ・被災後の時期に応じた活動内容の紹介〜東日本大震災の経験から〜
12:30 終了予定

【問合せ・申込】 下記内容をメールもしくはFAXにて下記震つな事務局までご連絡ください。
【主催団体】震災がつなぐ全国ネットワーク (事務局:レスキューストックヤード)担当:加藤
    461-0001名古屋市東区泉1-13-34
    電話052-253-7550 FAX:052-253-7552 info@rsy-nagoya.com
 -----------------------------------------
氏名:
性別: 男性・女性
所属団体名:
電話番号:
Mail:
10日(土): 参加・不参加
11日(日) : 参加・不参加
懇親会(10日晩): 参加・不参加
通信欄:
 -----------------------------------------
※頂いた個人情報は参加者の把握以外の目的には使用しません。
Posted by RSY事務局 at 09:51 | 事務局から | この記事のURL | コメント(0)
【ご案内】5月27日(日)震つな・移動寺子屋in気仙沼 [2012年04月27日(Fri)]
皆様

震つな事務局よりご案内です。
第15回総会開催の前日に今年度1回目の震つな・移動寺子屋を開催いたします。
気仙沼で活動を始めた住民の方々の生の声を聴く貴重な機会となります。
ぜひぜひご参加ください。

▼2012年度移動寺子屋in 気仙沼「気仙沼支援活動 知恵共有の集い(仮)」
日時:5月27日(日) 17:00〜19:00
場所:気仙沼市本吉公民館
 http://www.mapfan.com/spotdetail.cgi?SPOTCODEINT=SQCH,J,BJXY4

<開催趣旨>
震つなが東日本大震災の被災地支援を始めて1年余り。今こそ、震つなが移動寺子屋として被災地に出向き、仮設支援相談員さんなど実際に現場で活動する地元の
続きを読む・・・
Posted by RSY事務局 at 12:03 | 事務局から | この記事のURL | コメント(0)
【ご案内】2/22移動寺子屋・被害抑止in名古屋「水俣に学ぶ」 [2012年01月20日(Fri)]
みなさま

事務局の加藤です。
今年度最後の移動寺子屋のご案内です。

■震つな移動寺子屋・被害抑止in名古屋
日時:2012年2月22日(水)19:00〜21:00
場所:愛知県司法書士会館(名古屋市熱田区新尾頭1-12-3(金山総合駅南口徒歩5分))
長きに亘り、水俣病の課題と闘ってきた谷洋一さんをお招きしてお話をうかがいます。

チラシはこちらからご覧ください。

terakoya_chirashi_0222.pdf





愛知県被災者支援センターのパーソナルサポートチームとの共催となります。ご都合つく方はぜひご参加ください。
Posted by RSY事務局 at 12:19 | 事務局から | この記事のURL | コメント(0)
第29回・定例会議事録 [2012年01月13日(Fri)]
事務局の加藤です。
大変遅くなりましたが、11月27日に行った第29回震つな定例会の議事録です。
ご確認ください。

teireikai_29.pdf
Posted by RSY事務局 at 15:48 | 事務局から | この記事のURL | コメント(0)