CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【東日本大震災】レポート No.70 | Main | 【東日本大震災】レポート No.72»
プロフィール

震災がつなぐ全国ネットワークさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
東北地方太平洋沖地震支援基金 日本財団ROADプロジェクト
最新コメント
震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (10/15) 海野千尋
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (10/15) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (10/14) 島田@りんごの木
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (10/14) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (08/01) 三好 雄三
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (07/31) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (07/27) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (07/27) (協)岡山県食連 鳥越慶子
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (07/27) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2019年7月26日追記) (07/20)
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
http://blog.canpan.info/shintsuna/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shintsuna/index2_0.xml
【東日本大震災】レポート No.71 &【新燃岳】レポート No.30 合併号 [2011年04月28日(Thu)]
被災地NGO恊働センターです。
宮崎県新燃岳の本格的な噴火から、26日で3ヶ月が経ちました。
関連してレポートをお送りします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お知らせ
………………………………………………………………………………………
本日4月28日(木)午後3:15〜午後4:00(45分)、NHK総合の下記番組(関西では再放送)にて、被災地NGO恊働センターが紹介されます。
→ろーかる直送便 かんさい特集「今こそ、力になりたい〜神戸発・災害ボランティア」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
レポート〜野菜サポーター〜
………………………………………………………………………………………
宮崎県からの野菜は、東北各地での炊き出しに使われたり、避難所で被災者の方が自ら調理される際の材料となったり、また、在宅避難者に配布・提供されています。
春を迎え、野菜の種類も変化してきました。
トマトや苺などみずみずしいものが加わって喜ばれています。
また、農業と畜産を併せて行っておられる方もいらっしゃるため、お肉や卵もリストに加えています。

野菜の生産地、宮崎県の状況です。
新燃岳の本格的な噴火から4月26日で3ヶ月が経ちましたが、未だ被災地では不安な状態が続いています。
今月18日の噴火でも、
噴石によって高原町内で屋根のソーラーパネルや車のガラスが割れるなどの被害が出ました。
都城市では27日、降雨のため土石流が発生する恐れが高まったとして69日ぶりとなる避難勧告が出されました(同日解除)。

「震災がつなぐ全国ネットワーク」事務局の加藤祐子さんが
高原町の方の声を届けてくれましたので、転載させていただきます。
(しんつなMLの方は重複ご了承下さい)
----------------------
<加藤祐子さんのレポートより>
現在は小康状態となっていますが、ほぼ10日おきの間隔で噴火が続いています。数日前に活動中に足湯をさせていただいたSさんと電話でお話をしました。「忘れたころに噴火するんだよ!この前はなんと噴石が降ってきてびっくりだよー」とのこと。高原の住民の方々は、今も噴火の危険と隣あわせの日々が続いています。近々、山岳会の仲間と一緒に、町内の神社のお祭りで「『山よ静まれ〜』とお願いするんだよ〜」と話すその声は、祭りを楽しみに前向きな気持ちにあふれているようで、とても心強く感じました。

………………………………………………………………………………………

●東北地方でのボランティア活動(避難所運営・ボランティア拠点立上げ)の資金を募集しています。
●宮崎から東北へ、支援の輪を〜「野菜サポーター」を募集しています。
●「粉ミルクを届けようプロジェクト」、アレルギー用粉ミルクとカンパを募集しています。
●岩手県大槌町・仮設診療所建設(AMDAへの協力)への募金を呼びかけています。
●事務局カンパを募集しています。

   振込口座:郵便振替01180-6-68556
   口座名義:被災地NGO恊働センター
   通信欄に、支援事業名をお書き下さい。

コメントする
コメント