CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«新燃岳噴火災害について[第49報] | Main | 【東北地方太平洋沖地震】レポートNo.22»
プロフィール

震災がつなぐ全国ネットワークさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
東北地方太平洋沖地震支援基金 日本財団ROADプロジェクト
最新コメント
震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 赤ちゃんとママの防災講座 代表・上沢聡子
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 杉田佳代子
「水害にあったときに」(冊子版)をダウンロードできるようになりました (10/18) 伊藤陽子
「水害にあったときに」(冊子版)をダウンロードできるようになりました (10/16) 安田まゆみ
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 海野千尋
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/14) 島田@りんごの木
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/14)
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
http://blog.canpan.info/shintsuna/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shintsuna/index2_0.xml
新燃岳噴火災害について[第50報] [2011年03月24日(Thu)]
皆様
被災地NGO恊働センター頼政です。
3月23日の報告をさせていただきます。

今日(23日)は午前中に光明寺のお彼岸の法要で足湯を行いました。

やっぱり噴火がいつまた起きるかわからない、という不安がみなさんあるようでした。朝8時30分くらいにも噴火があり、洗濯物もなかなかできない、という話もありました。
今日の灰はまた都城市だろうけど、春になればまたこちらにも降るんじゃないかとおっしゃっていました。

午後からは、農家さんのお宅にさつまいもを取りに行きました。
その農家さんも何とか東北の方々の力になりたい、という想いを伝えてくださいました。

その後、お寺の近くにあるお宅に灰掃除に行きました。
このお宅はお母さんが一人暮らしでなかなか手がつけられていなかったようです。なかなか話し相手もいなかっ
た様子で、すごくおしゃべりをしてくださいました。その中で、やはり一人暮らしはさびしいとおっしゃっていました。
こういったお宅を訪問して話を聞く活動も大切だなぁと改めて感じました。

明日は、都城市方面に行ければ行ってみようと思います。

宮崎から東北へ、支援の輪〜「野菜サポーター」にご協力ください!
http://shinmoedake.seesaa.net/

※ボランティア活動支援金にご協力ください!
郵便振替00920-7-75997「震災がつなぐ全国ネットワーク」
通信欄に「新燃岳噴火災害」とご記入ください。
コメントする
コメント