CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【インドネシア・ムラピ火山噴火】現地パートナーからの情報 6 | Main | 【寺子屋セミナー】「減災サイクル」シリーズ II ( 2011 年 1 月〜 3 月)»
プロフィール

震災がつなぐ全国ネットワークさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
東北地方太平洋沖地震支援基金 日本財団ROADプロジェクト
最新コメント
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
http://blog.canpan.info/shintsuna/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shintsuna/index2_0.xml
インドネシア・ムラピ火山噴火】関連情報 [2010年12月09日(Thu)]
先日のレポートでもお伝えしたように、ジョグジャカルタのパートナーであるアーティスト、Aさんの支援グループでは、ムラピ火山災害の被災者が生活を再建するための家畜(ウサギ)飼育を始めようとしています。

この地の人々の暮らしにおける家畜の重要性については、11月16日のIOM(国際移住機関)のレポートでも述べられていました。
IOMは、救援物資を配布するなどの緊急支援を行っていますが、その中に、避難する人たちの家畜を避難させるという活動もありました。その箇所を抜粋してご紹介します。

----------------------------------------

 IOMは、ジョグジャカルタ及びBoyolali県の危険度の高い地域から、
ジョグジャ南西のクロンプロゴ県へと、家畜54頭をトラックで避難させました。これは州政府の畜産・家畜保健局との連携で行われました。

IOMジョグジャカルタのJohan Grundberg氏はこう言います。
「多くの人間が危険にさらされている状況で、家畜を避難させるというのは奇妙に聞こえるかもしれませんが、2つの点で重要なのです。まず、そうしなければ、避難指示の出ている20km圏内の人たちは、家畜の世話をしようとおそらくそこに留まっていたことでしょう。また、家畜がいれば、噴火が終わって家に帰ったときすぐに、飼い主は生計を立てることができます。」

原文: http://www.iom.int/jahia/Jahia/media/press-briefing-notes/pbnAS/cache/offonce/lang/en?entryId=28651

-------------------------------------------
CODE海外災害援助市民センター
Posted by RSY事務局 at 15:41 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント