CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«明日土曜日、「粗朶づくり」体験行います | Main | 【 CODE 寺子屋セミナー】「ハイチの歴史に学ぶ」( 11/28 )»
プロフィール

震災がつなぐ全国ネットワークさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
東北地方太平洋沖地震支援基金 日本財団ROADプロジェクト
最新コメント
震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 赤ちゃんとママの防災講座 代表・上沢聡子
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 杉田佳代子
「水害にあったときに」(冊子版)をダウンロードできるようになりました (10/18) 伊藤陽子
「水害にあったときに」(冊子版)をダウンロードできるようになりました (10/16) 安田まゆみ
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 海野千尋
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/14) 島田@りんごの木
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/14)
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
http://blog.canpan.info/shintsuna/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shintsuna/index2_0.xml
青海省地震レポート 30 [2010年11月17日(Wed)]
四川省地震の救援プロジェクトで成都に滞在しているYさんが、10月半ばに青海省
地震の被災地を訪問れました。6月に続いて二度目となります。そのレポートを数回に
わたってお届けします。

------------------------------------

2010年4月14日 青海省玉樹チベット族自治州でM7.1の地震が発生してから半年
の月日が流れた。本格的な冬を前に10月下旬、被災地、玉樹を再び訪れた。

身が締まるような寒さとカラカラに乾燥した空気が、標高3700mという高地を感じさせ
る。最大の避難キャンプである寨馬場(夏の競馬祭の会場)の草原には、6月に訪れ
た時の倍以上のテントがところ狭しと無造作に並んでいた。聞くと、6月に山に「冬虫
夏草」を採取に行っていた無数の被災者が戻ってきた事だけではなく、結古鎮の街
中で被災した人々が移動してきているという。「再建工事が始まるから引っ越ししない
と」、「今月中に引越ししないと補助金がもらえないから」などの言葉のように、これま
で倒壊した自宅の敷地内にテントを張って暮らしていた人々も鎮全体の再建工事で
ガレキは撤去され、徐々に他の場所へと移動せざるを得ない状況になってきている。

一方で、プレハブの仮設の建物も街中
に増えている。至る所に「仮設建てます!」な
どの広告が張られている。寨馬場の避難キャンプでもテントの横にプレハブの仮設住
宅を建てている被災者の人や中心部で商店やレストランを経営している人々も仮設を
建て、営業している。経済的に余裕がある人は自力で仮設を建て、商売をし、徐々に
自分の生活を取り戻そうとしている。

また、ラサや西寧に親戚を頼って、被災地を後にした人々も少なくはない。だが、ほと
んどの被災者はテントのみで暮らし、一日何もやる事もなく暮らさざるを得ない。引っ
越しで二転三転して、ようやく落ち着いても大してする事もなく、先の見えない不安ば
かりが頭をよぎる。震災から半年、格差がはっきりしてきた。


中国・青海省地震救援募金にご協力下さい
 郵便振替:00930−0−330579 加入者名:CODE
 *通信欄に「青海省地震」と明記してください。
募金全体の15%を上限として事務局運営・管理費に充てさせていただきます
コメントする
コメント