CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«〜佐用からの現地レポート〜山林整備活動編 NO 4 | Main | 〜佐用からの現地レポート〜山林整備活動編 NO 5»
プロフィール

震災がつなぐ全国ネットワークさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
東北地方太平洋沖地震支援基金 日本財団ROADプロジェクト
最新コメント
震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 赤ちゃんとママの防災講座 代表・上沢聡子
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 杉田佳代子
「水害にあったときに」(冊子版)をダウンロードできるようになりました (10/18) 伊藤陽子
「水害にあったときに」(冊子版)をダウンロードできるようになりました (10/16) 安田まゆみ
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 海野千尋
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/14) 島田@りんごの木
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/14)
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
http://blog.canpan.info/shintsuna/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shintsuna/index2_0.xml
奄美地方の大雨について(第 2 報) [2010年10月27日(Wed)]
皆様
栗田です。お世話になります。
昨日(26日)より現地入りしていただきました震つなメンバーから電話による報告がありましたので、その概要をお知らせします。
・報道でも頻繁に取り上げられている住用町の被害は深刻で、市内のボランティアさんによる復旧活動が続いている。
・一方で、それ以外の龍郷町や大和村、宇検村などは、被災した地域が限定であったこともあり、ボランティアというより、地域住民の助け合いを主体として(「結(ゆい)」が残る地域互助の模範的な取り組みがあった)、行政・社協等が一致団結して動き、ほぼ復旧作業は終了している。
・ただし、被災者の一部でいまだ自宅に戻れない方や、当然ながら今後の生活に不安を感じられている方も多い。行政の混乱も続いていて、疲労困憊の様子である。
・なお、台風が近づいてきており、これ上の被害が出ないことを祈りつつ、警戒を強めている。

以上簡単ですが、現状をご報告させていただきます。
外部支援としては、作業ボランティアとして現地入りすることではなく、お見舞いの気持ちや引き続き応援しているというメッセージが届く支援のあり方が必要だと感じています。
Posted by RSY事務局 at 14:13 | 2010年 奄美大島豪雨 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント