CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「いとしの能登 よみがえれ!」−能登半島地震・その後  41 | Main | 「いとしの能登 よみがえれ!」−能登半島地震・その後  43»
プロフィール

震災がつなぐ全国ネットワークさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
東北地方太平洋沖地震支援基金 日本財団ROADプロジェクト
最新コメント
震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 赤ちゃんとママの防災講座 代表・上沢聡子
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 杉田佳代子
「水害にあったときに」(冊子版)をダウンロードできるようになりました (10/18) 伊藤陽子
「水害にあったときに」(冊子版)をダウンロードできるようになりました (10/16) 安田まゆみ
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 海野千尋
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/14) 島田@りんごの木
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/14)
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
http://blog.canpan.info/shintsuna/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shintsuna/index2_0.xml
「いとしの能登 よみがえれ!」−能登半島地震・その後  42 [2009年11月30日(Mon)]
 昨日、兵庫県佐用郡佐用町で「佐用町復興フェスティバル」が開催されました。水害から4ヶ月を前にして、「ちょっとここらで一息つこうよ!」という主旨で開催されました。この日に合わせて、実は能登の穴水来迎寺に咲いていた珍しい「10月桜」の苗を購入し、佐用町の仮設住宅にお住まいの被災者が、いつもこの桜の前を歩いたら思い出して頂くようにということで仮設住宅の敷地に植樹をしました。

この植樹に合わせて、能登中島の小牧壮年団から3名、同じく能登の穴水の被災者Tさんはじめ新潟県中越地震および同県中越沖地震の被災者たち、そして関西圏のいろいろな大学からも大学生が応援に駆けつけ、また炭を持って鳥取県智頭町の森林組合の方も参加されました。
佐用町からは町長や社会福祉協議会会長、そして佐用の被災者を代表して仮設住宅の会長さんらが参加して下さり、感動的な被災地つながりとなりました。参加者の全員が参加しての植樹祭では、BGMとして名古屋東海水害の被災者でもある胡弓奏者の石田音人さんが胡弓を演奏して下さいました。予期せぬお申し出で忘れられない一日となったことと思います。そして何よりも、仮設住宅の住民のみなさんと能登の被災者や中越・中越沖の被災者のみなさんとが自然に交流して下さっていたのが印象的でした。またおまけとして、阪神・淡路大震災で生まれ、新潟や能登や名古屋に広がった「まけないぞう」がいろいろなご当地タオル手芸品としての作品が各々の地から提供され、盛り上がりました。

私たちのような「災害救援ボランティア」の役割の一つに、こうした場づくりが大切だなぁと痛感した次第です。能登に咲く「10月桜」が、こうして縁をつなぐという役割をしてくれたのです。この10月桜の寄贈をしてくれた中には、能登半島地震で被災された寺院が集まってつくられた「災害支援ボランティア友の会」も入っておられます。まさにご縁をつなぐ役割を担われたのではないかと感謝しています。

Posted by RSY事務局 at 15:43 | 村井雑感 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント