CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«RECOVERING FROM A FLOOD DISASTER (English) 「水害にあったときに」(英語版) | Main | 大阪府北部を震源とする地震への支援活動(7/18)»
プロフィール

震災がつなぐ全国ネットワークさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
東北地方太平洋沖地震支援基金 日本財団ROADプロジェクト
最新コメント
震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月21日追記) (08/01) 三好 雄三
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月21日追記) (07/31) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月21日追記) (07/27) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月21日追記) (07/27) (協)岡山県食連 鳥越慶子
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月21日追記) (07/27) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月21日追記) (07/20) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月21日追記) (07/20) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月21日追記) (07/20) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月21日追記) (07/20) Kazu
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月21日追記) (07/20)
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
http://blog.canpan.info/shintsuna/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shintsuna/index2_0.xml
2018年7月豪雨災害への支援活動(7/17配信) [2018年07月17日(Tue)]
今回の豪雨災害に対応する震つなと加盟各団体の動きについてお知らせします。

支援団体の方へ
震つなでは、「水害にあったときに」の他、以下のような冊子やポスターも制作しています。参考にしてください。
「足湯のやり方」
「あれ!?あの人大丈夫かな?〜災害関連死防止ポスター〜」

なお、ボランティアバスの運行をを検討されている団体は、みえ発!災害ボラパックの情報を参考にして、法令遵守にご留意ください。

被災された方の声(各現地報告より抜粋・一部重複)
各地の声からは、高齢者が高齢者を支えている被災地の様子、今後続く「暑さ」の対策が何よりも急務であることが読み取れます。

公営住宅は空きがあるといっても倍率は3倍らしい。次の家が見つからないと先が見えなくて何も考えられない。抽選に外れたらどうすればいいのか。仮設住宅を建てると言っても同じ地区には建てられないだろうし。1階は全部土砂で埋まってまだ家にも帰ってないけど、次が見つからないと片付けも頼めない。(広島県・70代女性)

私は間仕切りがあると圧迫感があるので、いらない。もともと知り合いが多いし、回りが見えた方が安心する。(広島県・70代女性)
まだ土砂災害から1回も家に帰っていない。どうなっているのか確認もできない。女房子供はいったん引っ越して親戚のところに行っている。(広島県・50代(役場職員))

今日初めて家の片付けができた。畳もドロドロでとても重くて。でも、隣近所の男の人がみんなで手伝ってくれたんよ。そしたら2時間で大分片付いて。本当に助かりました。もう少しやれるかと思ったけど、こんな暑さでしょ?無理しないようにと思って今日は帰ってきました。少しでも進んでよかった。(岡山県・60代・女性)

わしらは町づくり協議会のもんです。みんな大変な時だからじーさんやばーさんだけど、ちょっとでも役に立ちたいと思ってな。市役所の方と連携して避難所のお手伝いさせてもらってます。水害が起こってから毎日誰かが詰めるようにしてます。(岡山県・80代・男性)

(円背で、室内を歩くのもやっとの様子。病院は月に1回出かけているが、この災害で薬を飲むのを忘れている。大きな商店と住まいが一緒になっているお宅)「被災して、孫も駆けつけてボランティアと一緒に片付けをしてくれている。若い人がいないのでなかなか片付けが進まない。こんなことになって、何が何だかわからない。住まいは、寝るところと台所はかろうじて使えるのでなんとか普通の生活はできているが、 クーラーがないので、窓を開けて寝ている。網戸がないので虫が入ってくるので何とかしたい。病院には、娘が予約を入れて薬を取りに行っくことになっている。」(岐阜県・90代・女性)

被災された方の声(事務局に届いたもの)
「水害にあったときに」を希望された方々のメールに書き添えられていたメッセージをご紹介します(一部加工しています)。決して良いとは言えない避難所環境や片づけが進まない中で、不満を漏らす場所もなく、鬱憤がたまっているように見受けられます。また、冊子送付希望のメールでは、「何から手を付けていいのか分からない」や「今後の生活再建への見通しがつかないことが不安」など、今後の対応についての情報不足による不安の声が多く届いています。

1階の天井から10センチくらい下まで水が来ていました。水道は昼間の時間帯のみ試験送水で水圧も低く、2階ではチョロチョロと出る程度で。夕方には止まりました。電気は届いているようですが、うちでは外のメーターと分電盤が水没してショートしたみたいで、使えず、再開の目処はついていません。食事は避難所に戻って頂いたり、私がいる時は倉敷市街に出て食べたり、親戚の家にお邪魔してお風呂も入れて頂いたりしています。昨晩は私も含めて全員が蕁麻疹のようで、皮膚の痒みがありました。汗が凄いのでその辺りの影響かと思います。(岡山県倉敷市真備町の方)

自宅は床上浸水、地域の中に高低差があり、約20p〜2mとばらつきがある。浸水部分の壁板や押入れの床板が波打ってめくれる。徐々に乾燥し始めて、引き戸が動きにくくなり、湿気がこもり始める。除去しきれない汚泥などがにおう。家電製品は、全てが浸水し使用不能。タンス・食器棚など家具も全て浸水し、使用不能。撤去時は引き出しが開かず破壊。電気は一部に漏電があり、家全体では使用できない。ガスはプロパンガスで使用可。ただしガスコンロが使用不能。
 現在の生活は避難所で寝る。朝8時頃から、夕方5〜6時位まで片づけ作業。食事は基本的に避難所で。カレー等の炊き出し支援もあるが、だんだん食事が単調になりつつある。
 入浴設備がないため、汗ふきシートを使用。車で約5分の所に自衛隊の仮設風呂、約10分の所に総合体育館のシャワー使用可。無料解放も、使用時間が短い、作業時間と重なる、遠いなど、使用に難がある。
 避難所では、一人になる時間がないため、お見舞い品の整理や翌日の予定の計画など、個人的なことが全くできない。持病があるので発作を起こさないために静かな環境にいたいのだが、ストレスと疲れがどんどん溜まっていく。
 不用品の運びだしは終わったが、使用するものの仮置き場が確保できない。水道は復旧したがまだ飲めない。洗濯ができず、やむをえず知人に依頼する時あり。被災範囲が広いため、住宅の補修は順番待ちで、いつになるかわからない。仮設住宅の話もあるようだが、こちらには何も伝わってこない。家財道具一式を再び揃えるために、最低でもいくらかかるのか考えるだけで本当に頭が痛い。……愚痴ばかりになりました。申し訳ございません。何かのお役にたてば幸いです。 (愛媛県大洲市の方)

床上240cm浸水 冷蔵庫、車流され、床、壁はがれおちる報道によくある感じそのまま、日にちが経つにつれ濡れた瓦礫の悪臭で目がさめる乾燥のため窓を開けているため蜂やヤブ蚊がたまらない。日中は復旧作業、夜は約1時間離れた松山市に入浴、洗濯、睡眠に親戚宅へとにかく水が出ないため掃除が進まず、不衛生。料理はもちろんできず、飲料水や救援物資が回り出したのでありがたいがパンやおにぎりばかりなので野菜やサラダを大量に食べたい(贅沢でしょうか)(愛媛県大洲市の方)

活動団体一覧(7月16日現在・事務局で把握しているもの)
※活動を終了したものを除いています

岐阜県 関市/愛・知・人/現場活動/不定期
岐阜県 関市/レスキューストックヤード/災害VC支援/7/11-

岡山県 倉敷市真備/風組関東/現地調査、現場活動/当面の間
岡山県 倉敷市/PBV/災害VC運営サポート/当面の間

広島県 広島市/ひろしまNPOセンター/情報収集、災害VC補助/当面の間
広島県 広島市外/ひろしまNPOセンター/情報収集、災害VC補助/当面の間
広島県 呉市/コミサポひろしま 現地調査、現場活動/ 当面の間
広島県 広島市安芸区/被災地NGO恊働センター/避難所巡回支援/当面の間
広島県 三原市/ADRA Japan/避難所調査、物資配布/ 当面の間

愛媛県 西予市/SVA/状況把握、物資配布/7/12-
愛媛県 宇和島市/IVUSA/現場活動/7/13-

以上
Posted by RSY事務局 at 20:36 | 2018年 国内緊急救援 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント