CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«台風21号への対応(11/1配信) | Main | 「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜»
プロフィール

震災がつなぐ全国ネットワークさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
東北地方太平洋沖地震支援基金 日本財団ROADプロジェクト
最新コメント
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
http://blog.canpan.info/shintsuna/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shintsuna/index2_0.xml
台風21号への対応 伊勢市・玉城町での支援活動報告(11/2-5) [2017年11月07日(Tue)]
台風21号により浸水被害が発生した三重県伊勢市および玉城町では
災害救助法が適用になり、復旧作業が進んでいます。

レスキューストックヤードに資器材貸与の依頼があり、大分県から
資器材を搬入しましたが、土砂や泥がほぼない状況のため、清掃が
主な活動となっていました。

しかし、床下の状況を確認していないお宅が多くありそう、という
ことで、伊勢市社協では、市の被災認定戸別調査の際に、改めて
床下確認のための情報提供を行うことになり、「水害にあったときに」
のチラシ版を被災者宅に全戸配布することで、情報周知を図ることに
なりました。

玉城町では、社会福祉協議会から被災地域の区長さんを通じて、床下の
状況を確認するように周知したことにより、社協宛に床下確認のニーズ
が上がってくるようになりました。
2017玉城町_003.jpg

床下ニーズに対しては、風組関東、コミサポひろしま、の他、DRT三重、
DRT愛知、など床上げ(床板を上げて床下状態を確認する)のチームを
結成し、対応しています。
2017玉城町_015.jpg

片付けや掃除のニーズ総数が130件ほどあり、そのほぼすべてが完了して
いますが、床下確認ニーズが20件以上入ってきていることから、人数的
には多くありませんが、災害ボランティアセンター体制の対応が続く
見込みです。
2017玉城町_022.jpg

震つなとしては、風組関東の他、現地に継続的に滞在できる団体会員に
協力を呼びかけ、床下確認のニーズに対応できるように支援を続けて
いく予定をしています。
2017玉城町_026.jpg

※画像提供:風組関東(無断転用はご遠慮ください)
Posted by RSY事務局 at 15:02 | 2017年 国内緊急救援 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント