CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«2017年度 移動寺子屋in静岡のお知らせ | Main
プロフィール

震災がつなぐ全国ネットワークさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
東北地方太平洋沖地震支援基金 日本財団ROADプロジェクト
最新コメント
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
http://blog.canpan.info/shintsuna/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shintsuna/index2_0.xml
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 [2018年05月16日(Wed)]
日本財団の2016年度助成事業の一環として取り組んできた
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜
チラシ版(A4版4頁)・冊子版(A5版32頁)が完成しました。

チラシでは、水害被害にあった際の必要最低限の情報を掲載しています。
チラシ版は以下よりダウンロード可能となっております。
水害にあったときに_チラシ版.pdf"

水害にあったときに_チラシ版.pdf

本手引きは、毎年のように頻発する水害にあった被災者の生活再建を応援する、
というコンセプトとして、過去の水害被災地への支援経験をもとに作成しました。

作成には、実際に被災した方の他、弁護士、行政職員、社会福祉協議会など
多様な方々の協力をいただきました。 また、実際に支援活動を行った多くの
震つな会員も関わり、完成するに至りました。

冊子では、写真やイラストを用いて、
1.まずは落ち着いて(ある程度の期間がかかるので慌てずに)
2.必要な手続き(役所や保険会社、税務署など手続きもいろいろ)
3.家屋のかたづけと掃除(何をどうすればいいのか写真とイラストで解説)
4.水害からの生活再建「私の場合」(被災者の生の声を掲載)
以上のような構成で、水害にあった際の対応について情報を掲載しています。

水害がにあったときに_表紙.jpg
  ※掲載の画像は冊子版の表紙

冊子を希望の方は、事務局までメールにてお申込みください。
なお、水害被害にあった地域に迅速に持ち込み配布することを想定して
作成しているため、被災していない地域の一般家庭等への全戸配布などは
想定しておりません。

多数ご希望される場合は、事務局までお問い合わせください。

震つな事務局E-mail:info@rsy-nagoya.com まで
 ※件名に「震つなへの問い合わせ」と記載をお願いします。

(以下、7月6日に追記)
九州北部における豪雨災害の被災地に送ることを優先しているため、現在増刷手配を進めており、被災していない地域のみなさまへの対応をお待ちいただいております。増刷が完了するまで、今しばらくお待ちいただきますよう、お願いいたします。

(以下、7月7日に追記)
本日、大変多くのお問合せをいただきました。その多くが被災地域以外からのお問合せとなっております。被災地域への配送を優先させていただくため、被災地域以外のみなさまからのお問合せは、8月に入ってからお願いできますでしょうか。ご理解とご協力をお願いいたします。
Posted by RSY事務局 at 15:40 | 成果物 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント