CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«【大阪北部地震】シート張り講習会@高槻市(2)開催しました | Main
プロフィール

震災がつなぐ全国ネットワークさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
東北地方太平洋沖地震支援基金 日本財団ROADプロジェクト
最新コメント
震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月13日追記) (07/20) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月13日追記) (07/20) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月13日追記) (07/20) 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月13日追記) (07/20) Kazu
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月13日追記) (07/20) 北山紀明
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月13日追記) (07/17) 井口 光
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月13日追記) (07/17) 仲山 哲男
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月13日追記) (07/15) 肥山光夫
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月13日追記) (07/11) 中尾哲夫
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月13日追記) (07/11)
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
http://blog.canpan.info/shintsuna/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shintsuna/index2_0.xml
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜(2018年7月21日追記) [2019年01月01日(Tue)]
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜チラシ版・冊子版が完成しました(日本財団2016年度助成事業)。

本手引きは、水害にあった被災者の生活再建を手助けするという目的のため、過去の水害被災地での支援経験をもとに作成しています。

被害認定の基準について平成30(2018)年3月に改訂がありました
2018.3基準改定のお知らせ_1.pdf (2018年7月20日更新)

チラシ版(A4版4頁)
・水害被害にあった際の必要最低限の情報を掲載しています。
・以下よりダウンロードできます。(画像をクリック)
・英語版RECOVERING FROM A FLOOD DISASTER (English Version)はこちら
なお、英語版には2018年3月の被災認定基準改定に伴う更新がされてません。ご注意ください。

水害にあったときに_チラシ版_201807改訂Web用_ページ_1.jpg

水害にあったときに_チラシ版_201807改訂Web用.pdf


冊子版(A5版32頁)
冊子では、写真やイラストを用いて、
1.まずは落ち着いて(ある程度の期間がかかるので慌てずに)
2.必要な手続き(役所や保険会社、税務署など手続きもいろいろ)
3.家屋のかたづけと掃除(何をどうすればいいのか写真とイラストで解説)
4.水害からの生活再建「私の場合」(被災者の生の声を掲載)
という構成で、水害にあった際の対応について情報を掲載しています。

水害がにあったときに_表紙.jpg
  ※掲載の画像は冊子版の表紙

冊子版の配布について(2018年7月10日追記)

被災地からの問い合わせ
現在お困りで冊子を希望の方は、事務局までメールにてお申込みください。なお、冊子は水害被害にあった地域に支援者が迅速に持ち込み、直接配布することを想定しており、一般地域を含めた全戸配布などは想定していません。被災された自治体等で多数希望される場合も、事務局までお問い合わせください。

震つな事務局E-mail:info@rsy-nagoya.com まで
 ※件名に「震つなへの問い合わせ(水害にあったときに)」と記載し、
  本文にお名前、被災された地域名、ご希望の送付先住所、宛名をお書きください。

被災地外からの問い合わせ
・2018年7月に発生した西日本での大規模水害の発生に伴い、現在増刷中です。当面の間、配布は被災された方に限定します。
・被災地外での冊子の利用ご希望については、水害対応が終息次第、有償(1冊200円(税別))にて頒布予定です。準備ができ次第ご案内しますので、事務局への直接の問い合わせはお控えください。ご理解とご協力をお願いいたします。
Posted by RSY事務局 at 00:00 | 成果物 | この記事のURL | コメント(12)
コメントする
コメント
お世話になります。
リンクをたどって到達致しました。
弊ウェブサイトでも「「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜」を紹介させていただきたいのですが、可能でしょうか。
特に冊子は、これからのいろんなケースでとても大切な手引きになると考えています。
=========================
ご連絡、お問合せ、ありがとうございます。震災がつなぐ全国ネットワーク事務局です。

本ブログへのリンクはフリーですので、URLの表記などは問題ございません。 よろしくお願いします。
Posted by: 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より  at 2018年07月20日(Fri) 19:33

貴NWのブログで「被災地外での冊子の利用ご希望については、水害対応が終息次第、有償(1冊200円(税別))にて頒布予定です。準備ができ次第ご案内します。」とありましたが、どのような方法で案内するのでしょうか。
=========================
お問合せありがとうございます。震災がつなぐ全国ネットワーク事務局です。

この度の水害は被災地域が広範囲かつ件数も多いため、現在の在庫で足りるかの判断が難しいところです。

有償での配布の案内については、本ブログおよびfacebookページにてお知らせする予定です。
申し訳ございませんが、ご理解をいただきますう、お願い申し上げます。
Posted by: 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より  at 2018年07月20日(Fri) 19:31

RCCラジオでいます知りました。
現在、周囲がかなり床上浸水被害を
受けまして、冊子を読みたいのですが
チラシに加え、冊子のダウンロードが
できると嬉しいです。近所に配布したいと、思っております。
=========================
井口さま
この度はお問い合わせいただき、ありがとうございます。
ご近所で浸水被害とのこと、お見舞い申し上げます。

さて、冊子版についてですが、冊子版のPDFはWeb上には挙げておりません。被災地域ということですので、事務局宛<info@rsy-nagoya.com>に件名を「震つなへの問合せ」とし、

被災地域:  送付先住所:  送付先の宛名:
以上を記載いただき、送信していただきますよう、お願いいたします。

その他のお問合せに着きましても同様のアドレスにて承っております。よろしくお願いします。
Posted by: 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より  at 2018年07月20日(Fri) 19:25

「水害にあったときに」の冊子版のPDFはどこかで見れるのでしょうか?
=========================
お問い合わせありがとうございます。震つな事務局です。
冊子版はWeb上には載せておりません。
この度の被災地域には優先的に送付しております。

被災地域以外には有償(1冊200円)にてお渡しいたしますが、現在は被災地域からの問合せが多いため、8月以降(できればお盆以降)に再度お問い合わせいただくようにお願いしております。

8月後半になりましたら、info@rsy-nagoya.com宛に「水害にあったときに冊子購入希望」として、ご連絡いただきますよう、終え願いいたします。

この度の被災地域であればこの限りではありませんので、info@rsy-nagoya.com 宛にご連絡ください。
Posted by: 震災がつなぐ全国ネットワーク事務局より  at 2018年07月20日(Fri) 19:22

本日届きました。大変わかりやすく参考になります。
早急に被災された方にお配り致します。
ありがとうございました。
Posted by: Kazu  at 2018年07月20日(Fri) 19:07

昨日、早速に届きました。
迅速な対応に感謝しています。

本当にありがとうございます平謝り🏻‍♂️平謝り🏻‍♂️
Posted by: 北山紀明  at 2018年07月17日(Tue) 22:09

RCCラジオでいます知りました。
現在、周囲がかなり床上浸水被害を
受けまして、冊子を読みたいのですが
チラシに加え、冊子のダウンロードが
できると嬉しいです。近所に配布したいと、思っております。
Posted by: 井口 光  at 2018年07月17日(Tue) 07:38

「水害にあったときに」の冊子版のPDFはどこかで見れるのでしょうか?
Posted by: 仲山 哲男  at 2018年07月15日(Sun) 03:10

先日の豪雨で近くの一級河川がキワドイ所まで迫って来ましたので万が一を考えて、対策を考えていました。
Posted by: 肥山光夫  at 2018年07月11日(Wed) 20:56

貴NWのブログで「被災地外での冊子の利用ご希望については、水害対応が終息次第、有償(1冊200円(税別))にて頒布予定です。準備ができ次第ご案内します。」とありましたが、どのような方法で案内するのでしょうか。
Posted by: 中尾哲夫  at 2018年07月11日(Wed) 09:14

Facebookにシェアさせて頂きます。
Posted by:  at 2018年07月08日(Sun) 20:49

お世話になります。
リンクをたどって到達致しました。
弊ウェブサイトでも「「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜」を紹介させていただきたいのですが、可能でしょうか。
特に冊子は、これからのいろんなケースでとても大切な手引きになると考えています。
Posted by: りんもん  at 2018年07月08日(Sun) 18:43