CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«平成27年9月関東・東北豪雨水害活動状況(10月22日) | Main | 避難所での「災害関連死」について考えるシンポジウムのお知らせ(3/27開催)»
プロフィール

震災がつなぐ全国ネットワークさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
東北地方太平洋沖地震支援基金 日本財団ROADプロジェクト
最新コメント
震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 赤ちゃんとママの防災講座 代表・上沢聡子
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 杉田佳代子
「水害にあったときに」(冊子版)をダウンロードできるようになりました (10/18) 伊藤陽子
「水害にあったときに」(冊子版)をダウンロードできるようになりました (10/16) 安田まゆみ
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 海野千尋
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/14) 島田@りんごの木
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/14)
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
http://blog.canpan.info/shintsuna/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shintsuna/index2_0.xml
平成27年9月関東・東北豪雨水害活動状況(11月13日) [2015年11月13日(Fri)]
発信が滞っており大変申し訳ございません。
常総市災害VCでは、11月9日までに33766名のボランティアが参加し、5124件のニーズに
対応でき11月16日より常総市災害VCから「地域支えあいセンター」へと移行するそうです。

緊急救援から、徐々に生活を立て直す支援に変わってきています。
冬が近づき、避難所での生活を余儀なくされている方は大変苦しい状況になっているだろうと
想像しています。
支援がどんどん減っていく中で、足湯やお茶会やまだできていない泥だしなどは一層被災した
人の力になると思います。


(茨城県常総市で活動中の団体)

◆茨城NPOセンター・コモンズ http://www.npocommons.org/
・常総事務所にて「たすけあいセンターJUNTOS」を運営。
・地元の情報を掲載したJUNTOS通信(日・英・ポルトガル・スペイン・中国語対応)を引き続き
 発信しています。
 通訳つきで個別相談にのっています。
 詳しくは上記ウェブページをご覧下さい。
・日本カーシェアリング協会と協力し、カーシェアを開始し避難所にいる方や、ブラジルの方に
 3台貸し出されています。
・2ヶ月が経過し、再度現状課題を踏まえた提案書を10日午前中に市長に再度提出してきました。
<今、支援団体・民間団体・個人にお願いしたいこと>
・炊き出し・サロンなどの交流イベントの運営補助
・家のリフォームや引越しの補助
・防寒器具や生活に必要な物資や食材を集めたり届ける活動
・住民の声や、必要な情報を集めて情報紙にまとめたり発信する活動
・移動サービスの車の運転

◆ピースボート災害ボランティアセンター http://pbv.or.jp/ https://www.facebook.com/PBVsaigai/
・JUNTOSにてイベント・リラクゼーションの担当を担い、炊き出し現場で他団体と地域のマッチング
 を行っています。
・ボランティアセンターと連動し、現場でのリーダーを務めています。
・「NPO連絡会議in常総」にスタッフ2名(11月末まで派遣予定)、「常総市災害VC」にスタッフ1名
 (VC収束まで)を派遣しています。

◆被災地NGO恊働センター http://2015higashinihongou.blog.jp/
・スタッフ2名(11月末まで派遣予定)が、引き続き現地入りし、避難所運営のサポート、および避難
 所や地域での足湯を行っています。
・避難所の様子や活動の詳細は団体のブログをご覧下さい。

◆レスキューストックヤード http://rsy-nagoya.com/
・スタッフ1名を派遣し、被災地NGO恊働センターと連携し、避難所の環境整備に取り組んでいます。
・活動の詳細は団体ブログをご覧下さい。

◆ADRAJapan http://blog.canpan.info/adrajapan/
・スタッフ1名が、現地入りし、現場での声を、行政サイドに伝える役割として活動しています。

◆震災がつなぐ全国ネットワーク http://blog.canpan.info/shintsuna/
・事務局長松山をJUNTOSに長期派遣。コモンズ横田氏のサポートを行っています。

◆とちぎボランティアネットワーク http://www.tochigivnet.com/
・11月14日に常総市にボランティアバスを出します。
・11月21日、28日 12月5、12日に常総市の避難所にて足湯・喫茶ボランティアを行います。

◆かながわ311ネットワーク http://kanagawa311.net/
・10月31日、11月3日に常総市にボランティアバスを出しました。両日とも44名の参加でした。


(被災された方の声)

「夜は湯たんぽを使って寝ている。お弁当の量が多くて食べきれないけど、捨てに行くのが
 恥ずかしくて。」80代男性
「お弁当プラス炊き出しの日もあって一日5食とかの日もあったから、太っちゃった」50代男性
「隣の家は大規模半壊なのに、私の家は半壊。おかしいと思う。市役所の人にもう一度判定を
 やり直してもらいたい。」20代女性
「家の修理は大工さんの見積もりもまだだから、いつになるか…年内に出れればいいけど。
 年明けも避難所かもねぇ…。」70代女性
「公営住宅に移ろうと思ったけど、引っ越し先があまりにも汚くて辞退した。まだ家は当分かか
 るし、二次募集で応募したい」60代夫婦
「夜になると考えちゃって眠れない。2〜3時間くらい。なんともならないんだけどね。」40代女性
(被災地NGO恊働センター・頼政)

震災がつなぐ全国ネットワーク事務局           徳田博明
Posted by RSY事務局 at 18:34 | 2015年 国内緊急救援 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント