CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«平成27年9月関東・東北豪雨水害活動状況(10月1日) | Main | 2015年度第2回移動寺子屋 「これからの広島を考える会」のお知らせ»
プロフィール

震災がつなぐ全国ネットワークさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
東北地方太平洋沖地震支援基金 日本財団ROADプロジェクト
最新コメント
震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 赤ちゃんとママの防災講座 代表・上沢聡子
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 杉田佳代子
「水害にあったときに」(冊子版)をダウンロードできるようになりました (10/18) 伊藤陽子
「水害にあったときに」(冊子版)をダウンロードできるようになりました (10/16) 安田まゆみ
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 海野千尋
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/14) 島田@りんごの木
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/14)
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
http://blog.canpan.info/shintsuna/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shintsuna/index2_0.xml
平成27年9月関東・東北豪雨水害活動状況(10月15日) [2015年10月17日(Sat)]
=================================
10月15日(木)現在の情報
=================================
災害から1ヶ月経ちました。事務局として10日〜16日まで私も茨城県常総市に入って
います。状態は徐々に好転してますが、いまだに厳しい環境の中避難している人がいて、
家では食事を作ることができないので、炊き出しに並ぶ人がいます。

そして、全国からの支援者が毎日ぎりぎりまで支援を模索して活動しています。
ボラセンも生活支援もまだまだここからです。じっくり、一人一人に合わせた活動が大切になってきます。

(茨城県常総市で活動中の団体)

◆茨城NPOセンター・コモンズ http://www.npocommons.org/
・常総事務所にて「たすけあいセンターJUNTOS」を運営。
・地元の情報を掲載したJUNTOS通信(日・英・ポルトガル・スペイン・中国語対応)を引き続き発信しています。
 詳しくは上記ウェブページをご覧下さい。
常総市長への被災者支援策に関する提案書を常総市水害対応NPO連絡会議(呼びかけ人:横田能洋)
として、提出。現地でJUNTOSに関わる支援者が被災した人から拾ってきた声を市長に提出しました。

◆ピースボート災害ボランティアセンター
・JUNTOSにてイベント・リラクゼーションの担当を担い、炊き出し現場で他団体と地域のマッチングを行っています。
・ボランティアセンターと連動し、現場でのリーダーを務めています。

◆被災地NGO恊働センター http://2015higashinihongou.blog.jp/
・スタッフ2名が、引き続き現地入りし、避難所運営のサポート、および避難所や地域での足湯を行っています。
・避難所の様子や活動の詳細は団体のブログをご覧下さい。

◆レスキューストックヤード http://rsy-nagoya.com/
・避難所チームとして、災害ボランティアコーディネーターなごやと連携し、計6名が現地入りし、あすなろの里(避難所)にて環境整備、福祉避難室の整備、憩いの場づくりを行いました。
・炊き出しチームとして計6名が現地入りし、10月12日には北水海道駅にて炊き出しを行いました。
・活動の詳細は団体ブログをご覧下さい。

◆災害ボランティアコーディネーターなごや
・避難所チームとして、レスキューストックヤードと連携し、計6名が現地入り。看護師などの専門家を派遣し、避難所の環境整備、福祉避難室の整備、憩いの場作りを行いました。

◆震災がつなぐ全国ネットワーク
・事務局長松山をJUNTOSに長期派遣。横田氏のサポートを行っています。
・他団体のイベントに合わせて足湯を開催。つくば市民大学、RQ災害教育センター等、地元を拠点とする団体への引き継ぎを行いました。

(栃木県鹿沼市で活動中の団体)

◆とちぎVネット http://www.tochigivnet.com/




−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
被災された方の声
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
・ここでお茶会は続けてほしいね。1ヶ月間、こういった場所が無かったからさ。食堂なんてさ、おしゃべりする
時間もなく、時間がきたら閉めるからね。
(70代女性・避難所)
みんなこうやって話をできる場があることは嬉しいと思っているね。ストレスがさ、すごく溜まっているんだ。
最初は行政に、「こうしてくれませんか?」という言葉遣いだったのに、今ではみんな溜まって、罵倒のように
なっているんだ。私たちでも嬉しいのに、年寄りの人たちはもっと嬉しいだろうね。
(30代女性・避難所)
・決壊した水はあっという間に、家の中に入ってきて、何も持って逃げられなかった。印鑑だけ、泥の中から
出てきた。洗ったら使えそうだね。
(70代女性・避難所)
・平屋の家に住んでいて、全部流されちゃった。大家さんは、もう家を取り壊す予定だから、次行くとこの検討が
つかないよね。
(70代女性・避難所)
・足湯、昨日もやってもらって気持ちいい。温泉で足湯とかあるけど、これは全然違っている。ありがとう。家は
床上1mまで水がきていて、片付けも中々進まない。避難する時持ってきたのはこのバッグだけ。
(50代男性・避難所)
(RSY・震つな/徳田)


Posted by RSY事務局 at 21:29 | 2015年 国内緊急救援 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント