CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«平成27年9月関東・東北豪雨水害活動状況(9月19日) | Main | 平成27年9月関東・東北豪雨水害活動状況(10月1日)»
プロフィール

震災がつなぐ全国ネットワークさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
東北地方太平洋沖地震支援基金 日本財団ROADプロジェクト
最新コメント
震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 赤ちゃんとママの防災講座 代表・上沢聡子
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 杉田佳代子
「水害にあったときに」(冊子版)をダウンロードできるようになりました (10/18) 伊藤陽子
「水害にあったときに」(冊子版)をダウンロードできるようになりました (10/16) 安田まゆみ
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 海野千尋
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/14) 島田@りんごの木
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/14)
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
http://blog.canpan.info/shintsuna/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shintsuna/index2_0.xml
平成27年9月関東・東北豪雨水害活動状況(9月22日) [2015年09月22日(Tue)]
平成27年9月関東・東北豪雨水害につきまして、9月22日現在の震つな加盟団体、
関係団体の動きを事務局よりお知らせします。

なお、震つなでは9月24日18:30より東京の日本財団にて「足湯のつぶやきガイドブック完成披露会」を行います。お時間のある方は足をお運びください。(詳細はこちらをご覧ください)

=================================
9月22日(火)の情報
=================================

現地からの報告によると、現地では未だ沢山の避難者がいて、避難所の衛生管理が心配されています。

22日現在、茨城県では1,272名、栃木県では233名、宮城県で6名の方が避難所に入っているとのこと(各県の報告による)、避難所に入らずとも家の2階等で避難生活をおくっている方も相当数いるものと思われます。


◆御前崎災害支援ネットワーク
・10月4日(日)に30~40名くらいのボラバスを常総市に出す予定

◆認定NPO法人レスキューストックヤード
・(浦野)20日〜23日まで、常総市の避難所の環境整備にあたる。愛知医大の佐々木裕子先生
(看護学「避難所運営の知恵袋」作成委員)、早稲田大学の浅野幸子先生(専門:減災と男女共同参画)
も同行の予定。
・(森本・浜田)21 、22日と常総市で炊き出し支援を行う。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
被災された方の声
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「水道は(被災後)3日目から出るようになったが、水圧が低くて、2階はちょろちょろしか出ない、トイレが大変」(在宅/60代男性)
「昨日炊き出しが配られると聞いていった先で「避難所にいる人しかダメ」と断られた。くやしくくやしく・・・」(在宅/70代男性)
「運よく引越し先は見つかったけど、大家さんから今の部屋をそのままにしてほしいって言われてる。保険が下りるためには必要なんだってさ。それじゃいつまでたっても片付かないよ」(在宅/40代男性)
「本当に野菜いっぱいだね。炭水化物ばっかりだったから嬉しいよ」(男性)
(RSYスタッフ浜田・常総市にて炊き出し支援)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
現在の震つな会員の入っている地域(順不同・敬称略)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

現在、震つなの会員がどこで活動しているかを簡単に下記にまとめたのでご覧下さい。(事務局把握分)
※活動場所など間違っている・抜けている場合は、事務局までご一報下さい。

(栃木県)
 鹿沼市

 ・とちぎVネット http://bit.ly/1QcArUy

 ・レスキューストックヤード http://bit.ly/1LcmiHy

 ・村野(個人会員・大分県社会福祉協議会)/鹿沼市VC(22日まで)

(茨城県)
 常総市

 ・茨城NPOセンター・コモンズ(地元のつながりを活かし活動) http://www.npocommons.org/topics/
 ・震つな(松山)/コモンズサポート

 ・レスキューストックヤード(栗田・浦野・浜田・森本)/避難所支援・炊き出し支援など

 ・被災地NGO恊働センター/避難所での足湯など http://2015higashinihongou.blog.jp/

 ・ADRA JAPAN/茨城県VC http://bit.ly/1NLfgvx
 ・SVA/茨城県VC・足湯など

 ・チーム中越/常総市VC https://www.facebook.com/team.chuetsu
 ・水澤電気/常総市VC

 ・ピースボート災害ボランティアセンター http://pbv.or.jp/

 ・愛知ネット/炊き出し等 https://www.facebook.com/npoaichinet?fref=ts

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
その他 ※一部過去の報告と重複しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

・「被災したときに」(日本災害復興学会・編)のポルトガル語訳をJARに作成して頂きました。

◆茨城NPOセンター・コモンズ
・常総事務所を拠点に「たすけあいセンター JUNTOS」を立ち上げ。
県内外のネットワークと、常総事務所で行ってきた在住外国人支援の経験を活かして、常総市での水害で影響を受けた方を支える活動をする予定。

◆NPO法人かながわ311ネットワーク  http://kanagawa311.net/

ボランティアバスの実施
活動場所:栃木県鹿沼市
活動日 :第1便 9月22日(火)
     第2便 9月23日(水)
     第3便 9月25日(金)
     第4便 9月27日(日)
定員 : 各便40名

◆認定NPO法人 とちぎボランティアネットワーク http://bit.ly/1QcArUy
・栃木県内のVCを回って感じたこと。情報。(とちぎVN 矢野さんより)

【日光市災害VC】
・ボランティア40名。ニーズ継続が多い。
【鹿沼市災害VC】
・9月20日ボランティア733名、21日ボランティア499名。鹿沼は農地への土砂流入があるため、産業(農家)再生もテーマになっている。
【栃木市災害VC】
・9月22日ボランティア190名。
【小山市災害VC】
・9月20日ボランティア133名、9月21日ボランティア111名。

◆個人会員 岡野谷さん 日本ファースト・エイド・ソサイエティ(JFAS)

・被災地外の施設(ホテル、旅館、マンション)などを一時借り上げ、家族に提供するという
プロジェクトを呼びかけ。
Posted by RSY事務局 at 23:33 | 2015年 国内緊急救援 | この記事のURL | コメント(0)
コメントする
コメント