CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«宮城県七ヶ浜町報告【第 52 報】 | Main | 仮設支援情報レポート(25)»
プロフィール

震災がつなぐ全国ネットワークさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
東北地方太平洋沖地震支援基金 日本財団ROADプロジェクト
最新コメント
震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 赤ちゃんとママの防災講座 代表・上沢聡子
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 杉田佳代子
「水害にあったときに」(冊子版)をダウンロードできるようになりました (10/18) 伊藤陽子
「水害にあったときに」(冊子版)をダウンロードできるようになりました (10/16) 安田まゆみ
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 海野千尋
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/14) 島田@りんごの木
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/14)
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
http://blog.canpan.info/shintsuna/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shintsuna/index2_0.xml
仮設支援情報レポート( 24 ) [2011年11月14日(Mon)]
仮設支援連絡会 支援情報レポート
※複数のメーリングリストに配信しています。重複はご容赦ください。

震災がつなぐ全国ネットワークの分科会として全国各地で仮設住宅支援を行っている団体が集まる仮設支援連絡会が発足しています。
各地の仮設住宅への支援に関するレポートをお伝えします。
      ROADプロジェクト東京事務局 頼政良太

過去のレポートはこちら↓
http://blog.canpan.info/shintsuna/category_39/

--------------------------

〜唐桑半島・小原木小仮設住宅〜

唐桑半島にある仮設住宅の一つ、小原木小学校に建設された仮設住宅へ訪問しました。
この仮設住宅では、談話室が一つ設置してあるだけの比較的規模の小さな仮設住宅団地です。
自治会長さんも決定しており、
談話室の管理・運営は自治会長さんが行っています。

談話室は基本的には1日中解放されており、仮設の方はだれでも利用できるようになっています。
また、談話室内にはたくさんの図書が置いてあり、貸出も出来るとのこと。
お茶セットも談話室内にあるので、お茶っ子の会も出来ます。

また、談話室の中に乾燥機が2台設置してあります。
東北地方は、冬の寒さで洗濯物が凍ってしまうということで、乾燥機が重宝されるとのこと。
コインランドリーも乾燥機のみの物が設置されています。
この乾燥機は、仮設の方々が使えるように談話室に置かれているそうです。
仮設のお母さん方のアイデアで1回の使用につき100円ということになっているそうです。
その100円は談話室関係の備品購入に使ったりする予定とのこと。

このように談話室に乾燥機が設置してあることによって、自然と談話室に人が集まりさらに自分たちでアイデアを出していろんなことを考えて決めるようになっています。

また、この仮設では仮設住宅から出た後のことを考える会を開いたそうです。
住民の方々の意見は様々だったようで、ホワイトボードの両面にたくさんの意見が書かれていました。
ボランティアなどの第3者が入って聞きだすことによって、これほどの意見が出てくるのかととても驚きました。

やはり主役は住民の方で、その力をどうやってボランティアが引き出すか、ということがとても大切なのではないでしょうか?
コメントする
コメント