CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«宮城県七ヶ浜町報告【第 47 報】 | Main | 宮城県七ヶ浜町報告【第 48 報】»
プロフィール

震災がつなぐ全国ネットワークさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
東北地方太平洋沖地震支援基金 日本財団ROADプロジェクト
最新コメント
震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 赤ちゃんとママの防災講座 代表・上沢聡子
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 杉田佳代子
「水害にあったときに」(冊子版)をダウンロードできるようになりました (10/18) 伊藤陽子
「水害にあったときに」(冊子版)をダウンロードできるようになりました (10/16) 安田まゆみ
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 海野千尋
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/14) 島田@りんごの木
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/14)
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
http://blog.canpan.info/shintsuna/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shintsuna/index2_0.xml
仮設支援情報レポート (23) [2011年11月05日(Sat)]
仮設支援連絡会 支援情報レポート
※複数のメーリングリストに配信しています。重複はご容赦ください。

震災がつなぐ全国ネットワークの分科会として全国各地で仮設住宅支援を行っている団体が集まる仮設支援連絡会が発足しています。
各地の仮設住宅への支援に関するレポートをお伝えします。
      ROADプロジェクト東京事務局 頼政良太

過去のレポートはこちら↓
http://blog.canpan.info/shintsuna/category_39/
--------------------------
〜大槌町・生活支援相談員〜

大槌町では、生活支援相談員が20名体制(10/18現在)で
活動をしているそうです。
生活支援相談員さんは社協が統括をしているとのこと。
毎月1回は、役場の担当の方と情報共有の会議を開いているそうです。

大槌町社協では、町全体を3つのエリアに分け、それぞれのエリアごとにチームを組んで、生活支援相談員さんが訪問活動をしているそうです。
3人一組の3チームがそれぞれの担当の仮設住宅を巡回しています。

大槌町社協と連携して動いているボランティアやNPOは、まごころネットの生活支援隊です。
週1回のミーティングで情報共有をしています。
また、お茶っこサロンを社協と一緒に開くなどの連携を取っています。

一方で、その他のNPOやボランティア団体が独自に動いているケースもあるそうです。
特に仮設住宅への物資配りが多いようですが、社協ではそういった団体は把握していないし、コンタクトも取らないようにしているそうです。
役場の方もそういった団体は特に把握はしていないそうです。
そういった団体のすべてがそうというわけではないですが、物資の配り方に偏りがあるという事実も一部ではあります。
特にそういった物資の件についての住民からの苦情が多いようです。

大槌町内の仮設住宅は、全部で約50か所の仮設住宅の団地がありますが、自治会が出来ているのは10か所(10/18現在)だそうです。
社協では、月に1回は全仮設でお茶会などの場づくりを行えるように計画を立てているそうです。
自治会が出来ているところでは、自治会長さんとのやり取りで集会所を使えるそうですが、自治会のない仮設に関しては町がカギを管理している状態だそうです。
お茶会をするごとに町に申請を出しているようですので、かなり手間がかかるとおっしゃっていました。
また、他団体(例えば企業の説明会など)とかぶっていると使えなかったりということがあるとのことでした。

今後は、社会福祉協議会の復興支援センターが中心となりながら、どうやって仮設住宅を見守り隙間が生まれないような連携を作っていくのかということが課題になるのではないか?と思いました。
コメントする
コメント