CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«仮設支援情報レポート (18) | Main | 仮設支援情報レポート (20)»
プロフィール

震災がつなぐ全国ネットワークさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
東北地方太平洋沖地震支援基金 日本財団ROADプロジェクト
最新コメント
震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 赤ちゃんとママの防災講座 代表・上沢聡子
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 杉田佳代子
「水害にあったときに」(冊子版)をダウンロードできるようになりました (10/18) 伊藤陽子
「水害にあったときに」(冊子版)をダウンロードできるようになりました (10/16) 安田まゆみ
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 海野千尋
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/14) 島田@りんごの木
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/14)
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
http://blog.canpan.info/shintsuna/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shintsuna/index2_0.xml
仮設支援情報レポート (19) [2011年10月13日(Thu)]
仮設支援連絡会 支援情報レポート(19)

震災がつなぐ全国ネットワークの分科会として全国各地で仮設住宅支援を行っている団体が集まる仮設支援連絡会が発足しています。
各地の仮設住宅への支援に関するレポートをお伝えします。
      ROADプロジェクト東京事務局 頼政良太

過去のレポートはこちら↓
http://blog.canpan.info/shintsuna/category_39/
--------------------------
〜○○支援員問題・自治会長さんとの関係は〜

大船渡市では、先のレポートで紹介した仮設住宅団地運営支援員と社会福祉協議会の生活支援相談員が活動をしています。しかしながら、2つの支援員・相談員の役割がかなり似通っていてややこしい、どっちに
相談すればいいのか分からない、という問題がしばしば仮設住宅の中で起こっています。

仮設住宅の談話室などもこの2つの支援員・相談員のビラが貼ってあり、いつでも相談してください、という風に貼っています。しかし、どちらがどういう役割を担っているのかがそのビラを見ただけではわかりません。大船渡市では、支援員さんが仮設住宅の集会所などの管理・運営、相談員さんは戸別訪問などを行っているようです。

一方で、仮設住宅の中にはこの支援員の制度が出来る前から自治会が発足しており、積極的にボランティアを受け入れて来たりしているところもあります。そういった自治会が機能しているところに、後から支援員が入ってきてしまったがために、自治会長さんとの間であまりうまくいってない、というケースがあります。

ある仮設住宅では、ボランティアがお茶会をする場合に、元々は自治会長さんと話を付けて実施をしていたのに支援員からはコールセンターに電話してもらわないと、と言われる。一方で自治会長さんは俺がいいって言えばいいんだから、そんなところにいちいちお伺いを立てる必要はない、という風におっしゃっています。しかし、支援員として雇われている人の中には実際にその仮設住宅に住んでいる人も含まれています。結果として自治会長さんとその人との間にいざこざが生じてしまう可能性があるのではないかと心配しています。支援員の方が悪いというわけではなく、システムそのものに問題があるのではないかと感じます。

あくまでも支援員は自治会のサポート役である、という位置づけです。
何でもかんでもコールセンターに、というやり方ではなく、一つひとつの仮設住宅に合わせた柔軟な対応をすることが必要ではないかと思います。

コメントする
コメント