CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«台風12号【第 5 報】 | Main | 仮設支援情報レポート( 15 )»
プロフィール

震災がつなぐ全国ネットワークさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
東北地方太平洋沖地震支援基金 日本財団ROADプロジェクト
最新コメント
震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 赤ちゃんとママの防災講座 代表・上沢聡子
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/18) 杉田佳代子
「水害にあったときに」(冊子版)をダウンロードできるようになりました (10/18) 伊藤陽子
「水害にあったときに」(冊子版)をダウンロードできるようになりました (10/16) 安田まゆみ
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 海野千尋
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/15) 震つな事務局
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/14) 島田@りんごの木
「水害にあったときに」〜浸水被害からの生活再建の手引き〜 (2019年10月16日、データ更新) (10/14)
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
http://blog.canpan.info/shintsuna/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shintsuna/index2_0.xml
仮設支援情報レポート (14) [2011年09月15日(Thu)]
みなさま、ROAD事務局の頼政です。

仮設支援情報レポートです。
よろしくお願いします。

第14弾 〜南方仮設住宅〜

登米市にある南方仮設住宅でのイベントに参加させていただきました。
登米市には南三陸町で被災された方のための仮設住宅が5か所設置されています。
そのうち
最大規模のものがイオン跡地南方仮設です。
ここには319戸の仮設住宅が建設されており、約280世帯1000人が入居しています。

南方仮設は南三陸町から一番遠い仮設住宅で、第一次で200戸建設され第二次で119戸が建設されています。
当初の予定ではもう少し建設する予定だったのですが、申込み数が思ったより少なかったということで建設戸数が減ったそうです。
集会所は2か所設置してあるのですが、中々使い勝手は悪いようです。
グループホームと書かれた建物も設置してあるのですが、まだ中はガラガラで話はうまく進んでいないそうです。

集会所の管理は基本的には役場が行い、仮設住宅団地内に自治会が出来た場合には自治会長さんに管理を任せるという方針だそうですが、自治会長さんが決まっている仮設はあまりありません。南方仮設も自治会長さんが決まっていないため、ボランティアは自由に使うことはできません。
現在は、南方仮設を担当している生活支援相談員さんたちの暫定的な事務所として使われてますが、住民たちも自治会長が決まっていないため集会所を使うことはNGだそうです。
ですので、ボランティアの方々は基本的には自前のテントを使ってイベントやお茶会をしています。

また、南方仮設住宅は規模が大きいためお茶会を開いてもたくさんの方が来るそうです。
どちらかというと炊き出しに近いようなイメージで皆さん、列になってかき氷をもらっていったりホットケーキを食べたりしていました。
ただ、第一次の方に比べて第二次の方は少し来づらい感情を持っているようです。
第二次の方が遅く建てられたので、入居も遅かったですし空き部屋も多いです。
集会所も2か所のうち第一次の仮設住宅に近いところで行っている影響も多少あるようです。

そうは言ってもたくさんの方がいらっしゃるので、住民同士の交流も生まれているようです。
ある方は「ここで色んな人と知り合いになれたからとっても感謝してる」とおっしゃっていました。
今後は、こういったお茶会などの場に出て来られない人をどうやってカバーしていくか、というところが課題なのではないでしょうか?

コメントする
コメント