CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

震災がつなぐ全国ネットワークさんの画像
カテゴリアーカイブ
リンク集
最新記事
東北地方太平洋沖地震支援基金 日本財団ROADプロジェクト
最新コメント
<< 2014年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
http://blog.canpan.info/shintsuna/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/shintsuna/index2_0.xml
★震つなのボランティア活動支援金にご協力ください。
2013年度 第3回 移動寺子屋in東京 開催します [2014年03月10日(Mon)]
皆さま

お世話になります。震つな事務局より移動寺子屋のご案内です。

3月26日に今年度第3回目の移動寺子屋を開催します。
今回の寺子屋は、東京ボランティア・市民活動センターの講座との協働開催となりました。

東京では首都直下型地震が想定されていますが、それに対する備えが十分とは言えません。
東京ボランティア・市民活動センターでは、防災・減災をテーマに、災害時に備えての講座を
開催していますが、今回の移動寺子屋では、防災・減災にかかる様々な研修ツールを紹介し、
参加される方々の今後の防災・減災活動のヒントを見つけてもらうことを目的に開催します。

平日昼間の開催ではありますが、ご都合のつく方は是非ご参加ください。

20140326移動寺子屋_震つな版チラシ.pdf

日時:2014年3月26日(水)13:30〜16:30

会場:飯田橋レインボーホール2A会議室
  (新宿区市谷船河原町11 JR飯田橋駅西口徒歩5分)

内容:防災ツール紹介
      ・HUG(避難所運営ゲーム)
      ・被災者の声から読み解くプログラム
      ・被災シミュレーション
      ・変形クロスロード
   ブーストーク
      ・災害ボランティア養成講座
      ・災害ボランティアセンター運営訓練
      ・防災市民講座

   講師:松山文紀 (震災がつなぐ全国ネットワーク)
      浦野 愛 (レスキューストックヤード)
      渡辺日出夫(ADRA Japan)
      福田信章 (東京災害ボランティアネットワーク)

対象:防災に関心のある方であればどなたでも可

参加費:無料

主催:震災がつなぐ全国ネットワーク、東京ボランティア・市民活動センター

協力:東京災害ボランティアネットワーク

助成:日本財団

申込み・問合せ:東京ボランティア・市民活動センター(加納・福田・若林)
      〒162-0823新宿区神楽河岸1-1 セントラルプラザ10階
      TEL 03-3235-1171 Eーmail saigai@tvac.or.JP
Posted by RSY事務局 at 16:26
フィリピン台風30号被災地支援情報(24) [2013年12月19日(Thu)]
2013年11月8日にフィリピンに上陸した台風30号により、
死者6000人以上。1800人の方々が依然行方不明となっており、
被災者は1600万人とも言われています。
http://japanese.ruvr.ru/2013_12_13/125857988/

震つなと関わりの深い、CODE海外災害援助市民センター(略称:CODE)では
11月15日から現地にスタッフを派遣して支援を行っています。

現地に入ったスタッフからの情報含め、CODEからの情報をお知らせします。
====================================
 ☆フィリピン台風救援募金にご協力下さい
   ◆郵便振替:00930−0−330579 加入者名:CODE
      通信欄に「フィリピン」と明記してください。
   ◆クレジットカードをご利用の方は下記のページからお願い致します。
      https://mp.canpan.info/code/
 ※募金全体の15%を上限として事務局運営・管理費に充てさせていただきます。
====================================
(CODE 12/19配信メールより)

CODE海外災害援助市民センターです。
フィリピンの台風被災地へのご支援ありがとうございます。
引き続き関連情報をお伝えしてまいります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フィリピン台風30号(Haiyan) 救援ニュース No.24
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「生業の再開が復興への鍵」

フィリピンを襲った台風は各島々に大きな被害をもたらした。CODEスタッ
フが視察に訪れたセブ島北部とパナイ島の東海岸では農業や漁業が盛
んだが、この主要な収入源も台風によって甚大な被害を受けた。(パナイ
島北東部の町コンセプションでは町の全就業者のうち78%が農業もしく
は漁業関連の仕事を行っている)

農業は主にココナッツ・バナナ・コーン・さとうきび・ライスなどを栽培
しているが、特にココナッツとバナナは大きな被害を受けている。ココナ
ッツの木については、完全に元通りに戻るまで5年〜7年の歳月が必要だと
言われている。フィリピンは温かい気候のため年中お米を作ることが出来
るが、パナイ島で農業を営むAlma Dinio(30代・女性)さんは「(お米の)
収穫後に台風が来たから私は良かったが、収穫前に来てしまった農家もあ
り、どのくらいの金額の被害を受けたかもわからない」と話してくれた。
漁業従事者の多くは持っていた船が全壊もしくは一部損壊してしまい、漁
に出られない状態だという。パナイ島最大の港町で働くLeona Navarro
(30代・女性)さんは「船を失くしてしまった人は漁師に代わる仕事がな
く収入が無い」と話す。

今回の台風はもともと貧困の問題を抱えている地域により深刻な問題をも
たらしている。収入が少なくなる、あるいはまったくなくなってしまう事
によって、安価な住宅での生活を余儀なくされ、高潮被害を多く受けた地
域や土砂災害の危険がある地域に住まざるを得ない状況だ。主要な産業で
ある農業や漁業が大きな被害を受けていることは、その周辺の小規模な露
天商など地域の経済にも大きく影響を及ぼしている。地域の復興を長い目
で考えれば、生業(なりわい)の再建が必要になるだろう。
(頼政良太)
====================================
Posted by RSY事務局 at 13:20
フィリピン台風30号被災地支援情報(23) [2013年12月10日(Tue)]
2013年11月8日にフィリピンに上陸した台風30号により、
現在でも約300万人が避難生活を余儀なくされていると言われています。

震つなと関わりの深い、CODE海外災害援助市民センター(略称:CODE)では
11月15日から現地にスタッフを派遣して支援を行っています。

現地に入ったスタッフからの情報含め、CODEからの情報をお知らせします。
====================================
 ☆フィリピン台風救援募金にご協力下さい
   ◆郵便振替:00930−0−330579 加入者名:CODE
      通信欄に「フィリピン」と明記してください。
   ◆クレジットカードをご利用の方は下記のページからお願い致します。
      https://mp.canpan.info/code/
 ※募金全体の15%を上限として事務局運営・管理費に充てさせていただきます。
====================================
(CODE 12/10配信メールより)

CODE海外災害援助市民センターです。
フィリピンの台風被災地へのご支援ありがとうございます。
引き続き関連情報をお伝えしてまいります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フィリピン台風30号(Haiyan) 救援ニュース No.23
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「台風Haiyan災害から1か月」

8日で台風Haiyan災害から1か月が過ぎた。甚大な被害を受けたレイテ
島タクロバン市では、強風により屋根の吹き飛んだ教会でしめやかにミサ
が行われ、哀悼の祈りがささげられた。国民の93%がキリスト教徒(うち
83%がカトリック)ならではの風景である。

フィリピン国家災害対策本部による6日の発表では、死者は5786人、行
方不明1779人であるという。また、UNOCHA(国連人道問題調整事務
所)の報告では、現在、385か所の避難所に94310人が暮らしており、未
だ300万人が食糧を必要としていて、山間部や小さな島々に届く物資は
わずかであると言っている。セブやパナイの被災地を調査したスタッフも
「バランガイの拠点まで物資が来ても、山間部の被災者たちは、それを
取りにいく車もガソリンもない」と同様の報告している。また、WHO(世界
保健機関)の報告では、子どもたちの深刻な栄養失調による危険性も指
摘している。

タクロバンでは、キャッシュ・フォー・ワーク(※)で働く被災者によってガ
レキ撤去がだいぶ進み、路上で露天商を営む人たちの姿が現れ、落ち
着きを取り戻し始めている。だが、多くの被災者は援助機関によって配ら
れたトタンと木材を使った簡素な掘立小屋で暮らしている。

1か月を経て、今後、復旧から復興に向けた支援が求められるが、子ども
たちなどの要援護者にとっては緊急状態が依然続いている。
(吉椿雅道)
====================================
Posted by RSY事務局 at 14:04
フィリピン台風30号被災地支援情報(22) [2013年12月05日(Thu)]
2013年11月8日にフィリピンに上陸した台風30号により、
現在でも約300万人が避難生活を余儀なくされていると言われています。

震つなと関わりの深い、CODE海外災害援助市民センター(略称:CODE)では
11月15日から現地にスタッフを派遣して支援を行っています。

現地に入ったスタッフからの情報含め、CODEからの情報をお知らせします。
====================================
 ☆フィリピン台風救援募金にご協力下さい
   ◆郵便振替:00930−0−330579 加入者名:CODE
      通信欄に「フィリピン」と明記してください。
   ◆クレジットカードをご利用の方は下記のページからお願い致します。
      https://mp.canpan.info/code/
 ※募金全体の15%を上限として事務局運営・管理費に充てさせていただきます。
====================================
(CODE 12/4配信メールより)

CODE海外災害援助市民センターです。
フィリピンの台風被災地へのご支援ありがとうございます。
引き続き現地の情報をお伝えします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フィリピン台風30号(Haiyan) 救援ニュース No.22
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「フィリピン台風災害 被災地派遣報告会」開催!!!

 フィリピン台風災害被災地派遣報告会(主催:CODE)が、昨日12
月3日(火)にこうべまちづくり会館(神戸市)で開催されました。神戸
市内だけでなく、関西圏や東京や在日フィリピン人の方々など61名
の方々にお越しいただきました。今回のフィリピン台風災害に多くの
方々が心を痛め、関心を抱いておられるという事を強く感じる機会とな
りました。

 セブ島やパナイ島を訪れたスタッフの報告では、現地の人たちが
「バヤニハン」という相互扶助の精神で互いに支え合いながら過酷な
状況を乗り越えている様子や被災地では家屋再建の材料である竹が
高騰していることや農漁業の再建の見通しが立たないことなどが報告
されました。フィリピンの農漁村に長く横たわる貧困の問題も復興の遅
れにつながっているという大きな課題も見えてきました。

 今後、CODEとしては今回のスタッフの現地調査をもとに被災者の
声や被災地のニーズを大切にした家屋の再建や農漁業の生業支援
などの復興支援プロジェクトを考えていきたいと思います。皆様からお
預かりしている寄付金を最大限に生かせるよう努力していきたいと思い
ます。プロジェクトが決まり次第、ご報告をさせていただきたいと思いま
す。

 この報告会では、スタッフの現地報告に加え、ご協力いただいてい
る団体の方々を紹介させて頂きましたが、この報告会に来られなかっ
た個人・団体の方で寄付を頂いた皆様や翻訳などでCODEの活動を
陰で支えていただいているボランティアの方々にも改めてお礼を申し
上げます。ありがとうございます。

 フィリピンの全人口の14%が被災するという大災害を受けた被災地
の復興にはまだまだ時間も資金も必要となります。今後とも引き続きご
支援、ご協力のほどよろしくお願い致します。

CODE海外災害援助市民センター事務局長 吉椿雅道
====================================
Posted by RSY事務局 at 14:34
フィリピン台風30号被災地支援情報(21) [2013年12月05日(Thu)]
2013年11月8日にフィリピンに上陸した台風30号により、
現在でも約300万人が避難生活を余儀なくされていると言われています。

震つなと関わりの深い、CODE海外災害援助市民センター(略称:CODE)では
11月15日から現地にスタッフを派遣して支援を行っています。

現地に入ったスタッフからの情報含め、CODEからの情報をお知らせします。
 ※既に終了したイベント情報も含まれています。ご了承ください。
====================================
 ☆フィリピン台風救援募金にご協力下さい
   ◆郵便振替:00930−0−330579 加入者名:CODE
      通信欄に「フィリピン」と明記してください。
   ◆クレジットカードをご利用の方は下記のページからお願い致します。
      https://mp.canpan.info/code/
 ※募金全体の15%を上限として事務局運営・管理費に充てさせていただきます。
====================================
(CODE 11/30配信メールより)

CODE海外災害援助市民センターです。
フィリピンの台風被災地へのご支援ありがとうございます。
引き続き現地の情報をお伝えします。

☆12月3日には報告会をさせていただきますので、ぜひお越し下さい。
http://philippines2013typ.seesaa.net/article/380863022.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フィリピン台風30号(Haiyan) 救援ニュース No.21
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「貧困と災害」

フィリピン中部の島々で猛威を振るった台風Haiyan 。28日のフィリピン国家災
害対策本部の発表では、死者5560人、行方不明1757人に上っている。年に20
ほどの台風が来襲するフィリピンでも、これほどの犠牲者を出したことは少な
い。1991年にレイテ島オルモック市を襲った台風に伴う記録的な豪雨が洪水を
発生させ、約8000人(正確な数字は不明。5000〜6000とも言われる)が命を落
とした。だが、この時の台風は決して今回のような大型のものではなく、洪水に
よって川の中州に住む貧困層の住民が多数亡くなった。これだけの大災害を引
き起こした要因は、少数の大資本家によるココナッツやサトウキビなどプランテー
ション農園のために丘陵地帯の森林を伐採したことによると当時のフィリピンのメ
ディアが報じている。

 今回、スタッフが訪れたセブ島北部の被災地は高級リゾート地もある一方で、
貧しい人たちも多く暮らしているという。貧しい人たちが竹や木で自ら作った簡素
な家屋は、この台風で跡形もなく吹き飛ばされている。また、そのような人たちの
営む農業も収穫前で大きな被害を受けている。仕事を求めてセブの中心部へと
出稼ぎに行く交通費さえも捻出できない人もいる。被害の甚大なレイテ島は貧困
層が多い地域でで、バランガイ(地区、最小の行政単位)に届いた物資を取りに
いく交通費や燃料さえもない被災者も少なくないという報道もある。また、レイテ
島では多くの被災者がセブやマニラへと避難しているが、今もレイテ島に残って
いるのは、それさえできない貧しい人たちである。悲しいことに災害はいつも貧し
い人たちを苦しめる。

近年、アジアでも経済成長が著しいフィリピンでは、富が極端に偏り、国民の1割
にあたる1000万人以上が仕事を求め、海外に出稼ぎに出ており、人口の4割
(約4000万人)が未だ1日2ドル以下で生活している。

(吉椿雅道)
====================================
Posted by RSY事務局 at 14:32
フィリピン台風30号被災地支援情報(20) [2013年12月05日(Thu)]
2013年11月8日にフィリピンに上陸した台風30号により、
現在でも約300万人が避難生活を余儀なくされていると言われています。

震つなと関わりの深い、CODE海外災害援助市民センター(略称:CODE)では
11月15日から現地にスタッフを派遣して支援を行っています。

現地に入ったスタッフからの情報含め、CODEからの情報をお知らせします。
 ※既に終了したイベント情報も含まれています。ご了承ください。
====================================
 ☆フィリピン台風救援募金にご協力下さい
   ◆郵便振替:00930−0−330579 加入者名:CODE
      通信欄に「フィリピン」と明記してください。
   ◆クレジットカードをご利用の方は下記のページからお願い致します。
      https://mp.canpan.info/code/
 ※募金全体の15%を上限として事務局運営・管理費に充てさせていただきます。
====================================
(CODE 11/29配信メールより)

CODE海外災害援助市民センターです。
フィリピンの台風被災地へのご支援ありがとうございます。
引き続き現地の情報をお伝えします。

☆12月3日には報告会をさせていただきますので、ぜひお越し下さい。
http://philippines2013typ.seesaa.net/article/380863022.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フィリピン台風30号(Haiyan) 救援ニュース No.20
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「フィリピンの学校事情」(第一次先遣隊 現地レポート)

 皆さんが災害時に避難する場所と言えばどこでしょうか。おそらく大半の方は
「学校」と答えると思います。日本では最も頑丈に作られている施設の一つで
す。フィリピンでも住民にとっては重要な避難の場となります。しかし、今回の台
風被災地では、ほとんどの学校で非常に大きな被害が見られました。

 私たちが訪れたセブ島北部の学校は、強風により屋根は飛ばされ、建物は
大きく損壊し、ガレキと化している校舎もありました。一見無事だった建物でも窓
枠サッシが捻れ、風の影響とは思えない窓が無くなっているという被害が見られ
ます。フィリピンでは学校の強度基準が設けられておらず、耐久力の弱い校舎
が台風で壊れました。

 一方で、学校に避難したくないという声も聞かれた。セブ島北部のタピロンとい
う地域に住むある家族は、財政的な都合で兄弟の内で長男しか小学校へ行か
せることができず、教育を受けていないことが恥ずかしいために学校での避難生
活はしたくないと言います。教育格差が非常時の避難にまで影響を与えている
ことは、今後解決していくべき課題であると思います。

 授業が一部再開した地域もあります。しかし、校舎の一部が崩れていたり、避
難所として使われたりしているために、まだ完全に再開することは難しく、限られ
た教室を学年やクラスごとにかわりばんこに使っています。また学校に避難して
いる人たちは、授業の間は外に出ていなければならず、教育の場と生活の場
がたいへん不足していることが伺えます。現地日本人のKさんによると、もともと
フィリピンには子どもに対して学校の数が少ないそうです。

 セブ島北部のマイヤでお話を聞いた家では、子どもが台風の雨により濡れて
しまった教科書やノートを乾かしていました。彼に早く学校に行きたいか訪ねる
と、元気に「Yes!」と答えてくれました。フィリピンでは教室に教科書を置いておく
ことが多く、そのため学校ごと教科書が吹き飛ばされてしまい、しばらく授業がで
きなくなってしまったところも多いそうで、早めの対策が必要です。そして災害に
対する施設の強度や学校の数、教育格差など多くの問題を抱えていたフィリピ
ンの学校事情を、この災害を契機に見直さなければならないのではと痛感しま
した。
(上野 智彦)
====================================
Posted by RSY事務局 at 14:31
フィリピン台風30号被災地支援情報(19) [2013年12月05日(Thu)]
2013年11月8日にフィリピンに上陸した台風30号により、
現在でも約300万人が避難生活を余儀なくされていると言われています。

震つなと関わりの深い、CODE海外災害援助市民センター(略称:CODE)では
11月15日から現地にスタッフを派遣して支援を行っています。

現地に入ったスタッフからの情報含め、CODEからの情報をお知らせします。
 ※既に終了したイベント情報も含まれています。ご了承ください。
====================================
 ☆フィリピン台風救援募金にご協力下さい
   ◆郵便振替:00930−0−330579 加入者名:CODE
      通信欄に「フィリピン」と明記してください。
   ◆クレジットカードをご利用の方は下記のページからお願い致します。
      https://mp.canpan.info/code/
 ※募金全体の15%を上限として事務局運営・管理費に充てさせていただきます。
====================================
(CODE 11/28配信メールより)

CODE海外災害援助市民センターです。
フィリピンの台風被災地へのご支援ありがとうございます。
引き続き現地の情報をお伝えします。

☆12月3日には報告会をさせていただきますので、ぜひお越し下さい。
http://philippines2013typ.seesaa.net/article/380863022.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フィリピン台風30号(Haiyan) 救援ニュース No.19
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「フィリピンのボランティアたち」

Women's Refugee Commission(WRC)という団体の記事をCODEのボラン
ティアさんが翻訳してくれた。その記事によると、この台風Haiyan後にマニラ
空港で食糧を輸送するボランティアを夜通し行っている学生たちが、「悲し
い思いが動機となって、助けたいという衝動に駆られて・・・」と語ったという。
また、WRCは、「災害や緊急時は、若者たちが新しいスキルを学び、人間と
して成長する機会を与えてくれる」、「フィリピンで湧きあがった若者の自発
的な新しい取り組みを無視しないでほしいと願っている」と語っている。
(※翻訳文はCODE World Voiceに掲載
http://codeworldvoice.seesaa.net/article/381195098.html)

世界で大規模災害が起きるたびに市民による支援が湧き起こってくるが、
フィリピンでもNGOなどの組織を通じたボランティアだけでなく、若者自身が
グループを組織したり、個人でボランティアに駆け付けるという動きも起きて
いる。

CODE発足のきっかけになった阪神淡路大震災(1995)でも、中国四川大
地震(2008)、ハイチ大地震(2010)、東日本大震災(2011)でも、大きな
組織とは別に、被災地に駆け付けたボランティアたちの自由な発想と動き
が展開されてきた。

CODEのスタッフも、セブシティーのテレビ局前に集まり、物資の仕分けを
行う若いボランティアたちを見て、「登録、管理された感じはなく、自由なボ
ランタリーな感じだった」と語っている。 このようなボランタリーな動きは、
フィリピンの相互扶助の精神「バヤニハン」が大きく影響しているのだろう。
フィリピンのある研究者によると「何世紀にもわたる災害の経験がフィリピン
人の行動様式を規定し、それらの経験が助け合いやボランティアの精神を
あらわすバヤニハンの意識を醸成した」と論じている。外部の支援者は、
フィリピンの人たちの自発的でボランタリーな動きを十分に生かすことが求
められる。
(吉椿雅道)
====================================
Posted by RSY事務局 at 14:27
フィリピン台風30号被災地支援情報(18) [2013年12月05日(Thu)]
2013年11月8日にフィリピンに上陸した台風30号により、
現在でも約300万人が避難生活を余儀なくされていると言われています。

震つなと関わりの深い、CODE海外災害援助市民センター(略称:CODE)では
11月15日から現地にスタッフを派遣して支援を行っています。

現地に入ったスタッフからの情報含め、CODEからの情報をお知らせします。
 ※既に終了したイベント情報も含まれています。ご了承ください。
====================================
 ☆フィリピン台風救援募金にご協力下さい
   ◆郵便振替:00930−0−330579 加入者名:CODE
      通信欄に「フィリピン」と明記してください。
   ◆クレジットカードをご利用の方は下記のページからお願い致します。
      https://mp.canpan.info/code/
 ※募金全体の15%を上限として事務局運営・管理費に充てさせていただきます。
====================================
(CODE 11/27配信メールより)

CODE海外災害援助市民センターです。
フィリピンの台風被災地へのご支援ありがとうございます。
本当に多くの方々の助けを借りながら、10日間のフィリピン被災地への派遣を
終え、24日に帰国いたしました。

☆12月3日には報告会をさせていただきますので、ぜひお越し下さい。
http://philippines2013typ.seesaa.net/article/380863022.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フィリピン台風30号(Haiyan) 救援ニュース No.18
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「知られていない広大な被災地」

 実際に被災地へ行くと、様々な面において日本で報道されている情報との
ギャップを感じます。先のレポートでも紹介されている、略奪などの被災地の治
安もその一つです。そして私が何よりギャップを感じたのは、台風による被災地
の広さです。

 今回の台風の被災地として主に取りあげられるのはタクロバン市のあるレイテ
島や高潮被害が甚大であったサマール島です。しかし実際には、台風の被災
地はこの2島だけではなく、フィリピン中部ビサヤ地域の非常に広大な被災地
で多くの住民が厳しい状況での生活を強いられています。

 今回私たちが訪れたセブ島、パナイ島でもセブ市、イロイロ市から車で北上
するとすぐに倒れたバナナの木や屋根が飛ばされてしまった家が見られまし
た。地図で確認してみると、台風の通った所から約50km以上離れた地域でも
甚大な被害が発生していたということがわかりました。このようなあまり周知されて
いない被災地の中でも、特に町と町の間の集落に住む人たちは、さらに支援の
手が届きにくい状況に置かれています。セブ島ダアン・バンタヤンの市街地から
少し外れた地域に住むMさんは、「支援が少ない。今日の食べ物に困るわけで
はないが、十分とは言えない。特にこの地域は支援の車が停まることも少な
い。」と述べていました。

 災害を風化させないために忘れないということは、東日本大震災でも取り上げ
られ、CODEでもシリーズ「災害を忘れない」を発信しています。そして、今回の
台風では、日本で報道されているよりももっと広い地域で、もっと多くの人が災害
によって大きな被害を受けていることを忘れないで欲しいと思います。
(上野智彦)
====================================
Posted by RSY事務局 at 14:25
フィリピン台風30号被災地支援情報(17) [2013年12月05日(Thu)]
2013年11月8日にフィリピンに上陸した台風30号により、
現在でも約300万人が避難生活を余儀なくされていると言われています。

震つなと関わりの深い、CODE海外災害援助市民センター(略称:CODE)では
11月15日から現地にスタッフを派遣して支援を行っています。

現地に入ったスタッフからの情報含め、CODEからの情報をお知らせします。
 ※既に終了したイベント情報も含まれています。ご了承ください。
====================================
 ☆フィリピン台風救援募金にご協力下さい
   ◆郵便振替:00930−0−330579 加入者名:CODE
      通信欄に「フィリピン」と明記してください。
   ◆クレジットカードをご利用の方は下記のページからお願い致します。
      https://mp.canpan.info/code/
 ※募金全体の15%を上限として事務局運営・管理費に充てさせていただきます。
====================================
(CODE 11/26配信メールより)

CODE海外災害援助市民センターです。
フィリピンの台風被災地へのご支援ありがとうございます。
引き続きレポートを発信させていただきます。

☆12月3日には報告会をさせていただきますので、ぜひお越し下さい。
http://philippines2013typ.seesaa.net/article/380863022.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フィリピン台風30号(Haiyan) 救援ニュース No.17
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「支え合い〜被災地から被災地へ」

2011年の東日本大震災の被災地からもフィリピンの被災地へ支援の動きが
起きている。

当団体CODEも1995年の阪神・淡路大震災の際に世界約70カ国からご支
援を頂いた事がきっかけで「困った時はお互い様」と被災地KOBEから世界
の被災地へと救援活動を行って来た。

東日本大震災では、フィリピンは2週間後に岩手や宮城に食料パック1500
個、カップ麺1万2000個、バスタオル1000枚、マット1000枚、防塵マスク
5000枚の物資(外務省発表)を支援してくれた。また、宮城県に医師3名を
派遣し、こころのケアなどを行った。宮城県石巻市を訪れたアキノ大統領
は、市に対して7600万円の義捐金を贈っている。

2011年のデータでは、在日フィリピン人は21万人という。在日外国人として
は中国、韓国・朝鮮、ブラジルに次いで4番目に多く、日本各地に住むフィ
リピン人たちもこの台風災害への支援を開始している。東日本大震災の被
災地である岩手、宮城、福島の3県からも「あの時の恩返しがしたい」と様々
な動きが起きている。

福島県(県内在住フィリピン人2160人、2011年データ)では、南相馬市の
中学生たちが自主的に募金を行い、いわき市では小中学生が救援物資を
集めている。また福島市やいわき市のフィリピン人コミュニティの人たちも祖
国の大災害に心を痛め、募金活動を行っている。

宮城県(県内在住フィリピン人974人、2011年データ)では、県が200万円
の見舞金を贈り、南三陸町では、カップ麺や毛布、カセットコンロなどの物
資を独自に送り、気仙沼のフィリピン人コミュニティの人たち、七ヶ浜の仮設
住宅の女性たち、みやぎ生協、石巻市雄勝、仙台市などで募金も行われて
いる。

岩手県(県内在住フィリピン人885人、2011年データ)では、県庁に募金箱
が設置され、盛岡・マニラ育英会や陸前高田のNPO、大船渡のボランティ
アグループなどもフィリピン台風災害への募金を呼び掛けている。

未だ復興途上の東北の被災地からフィリピンの被災地へと国を超えた支え
合いの輪が着実に広がってきている。災害を通じて世界が確実に近くなって
きている。
(吉椿雅道)
====================================
Posted by RSY事務局 at 14:23
フィリピン台風30号被災地支援情報(16) [2013年12月05日(Thu)]
2013年11月8日にフィリピンに上陸した台風30号により、
現在でも約300万人が避難生活を余儀なくされていると言われています。

震つなと関わりの深い、CODE海外災害援助市民センター(略称:CODE)では
11月15日から現地にスタッフを派遣して支援を行っています。

現地に入ったスタッフからの情報含め、CODEからの情報をお知らせします。
 ※既に終了したイベント情報も含まれています。ご了承ください。
====================================
 ☆フィリピン台風救援募金にご協力下さい
   ◆郵便振替:00930−0−330579 加入者名:CODE
      通信欄に「フィリピン」と明記してください。
   ◆クレジットカードをご利用の方は下記のページからお願い致します。
      https://mp.canpan.info/code/
 ※募金全体の15%を上限として事務局運営・管理費に充てさせていただきます。
====================================
(CODE 11/25配信メールより)

CODE海外災害援助市民センターです。
フィリピンの台風被災地へのご支援ありがとうございます。
頼政・上野の二人は昨日無事に帰国しました。
引き続き、二人が現地で見たこと、聞いたこと等を中心に、
レポートを発信させていただきます。

12月3日には報告会をさせていただきますので、ぜひお越し下さい。
http://philippines2013typ.seesaa.net/article/380863022.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
フィリピン台風30号(Haiyan) 救援ニュース No.16
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「フィリピン政府が被災地でマングローブの植林を検討」

フィリピン中部の島々を襲った台風Haiyanによる被害は、フィリピン国家
災害対策本部によると、25日時点で死者5235人、行方不明1613人とい
う。報道は少なくなっていく反面、被害の甚大さが徐々に明確になってき
た。

本ニュースNo.12でも紹介したが、マングローブが被災地で高潮から住
民の命を守ったという話がある。マニラ新聞記者、大矢さんからの情報に
よると、フィリピンの環境天然資源省がレイテ島やサマール島の被災地で
マングローブを防災林として植林整備を検討すると発表したという。被害
の甚大だったレイテ島のタクロバン市やドゥラグ町とサマール島のパセイ
沿岸部380kmにマングローブの植林を検討しており、アキノ大統領も「悲
劇を繰り返さないような災害に耐えられる町づくりを検討する」という。(マ
ニラ新聞11月21日)

2008年にミャンマーを襲ったサイクロン・ナルギスの際も高潮によって約
13万8000人が亡くなった。その後の復興の過程でJICA(国際協力機
構)は、ミャンマー森林局と協力し、マングローブの被覆率や村落の死亡
率、高潮の高さなどの関連性を調査した。それにより、植生によって死亡
率が異なる事が確認され、それに基づいたハザードマップが作成され
た。JICAは「マングローブがないところは死亡率が高く危ない、マング
ローブがあるところは死亡率が比較的低く、より安全」だとマップを使って
住民に説明し、地域の防災力の強化をはかっているという。

帰国したスタッフの撮った写真を見ているとパナイ島コンセプシオンでも
多少のマングローブが見受けられるが、伐採のせいなのか、それほど密
集していないようだった。

今後、政府の計画でマングローブが植林されるにしても、住民自身がしっ
かりと理解をし、自らの手で行うことが望まれる。
(吉椿雅道)
====================================
Posted by RSY事務局 at 14:21
| 次へ