CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
再開したはずが、、、 [2013年01月07日(Mon)]
 昨年9月に36年半勤めた旧自治省(総務省)を退官して、ブログ再開宣言をしたもののそのままばたばたで、もう4カ月が経つのに、ブログを書けていませんでした。TwitterやFacebookが便利なのでそっちに傾斜してしまったこともありますが、あまりに地方行脚が忙しくなりすぎて、、、
 ということで、今後もあまり気ばらすにやっていこうと思っています。今日は、新年なので、昨年の回顧と抱負をアップしたいと思います。

2012年の回顧と2013年の抱負

 まず、2012年を振り返ってみると、なんといっても一番大きな出来事は36年半勤めた総務省(旧自治省)を退職したことである。「無事これ名馬」という言葉があるが、昨年ほどこの言葉を実感したことはなかった。もちろん、100パーセント満足して後進に道を譲ったわけではないが、われわれ昭和51年旧自治省採用組が4人も総務省幹部として残っていて、二人ぐらいは早く退職すべきだと以前から唱えていたので、自分にお鉢がまわってが来たのも仕方のないことだと観念した。自分の知識、経験、人脈、思い、考えを、もっと広い世界で世の中のために生かしたい、自分の力をそういった世界で試してみたいという気持ちも強くなってきていたので、59歳での公務員退職はあうんの呼吸だったというべきかもしれない。
 案の定、退職後、ライフワークの人材育成と地域おこしの支援活動がますます忙しくなり、自分を呼んでくれる地域がたくさんあるので、そのことに感謝しつつ、自分自身もさらに一層の精進を積みながら、そんな地域の人たちと一緒に地域を活性化していく活動を続けていく決意を固めている。2012年は、退職後の20数回を含め、実に60数回の講演活動を行った。もちろん、現役時代の自治大学校、市町村アカデミー、地方6団体などに対する地方財政関係の講演も含めてだが、本当にありがたいことであり、自分のがんばりも評価をしたい。
 当たり前のことだが、公務員は身分保障がある一方で制約も大きく、こういった活動を続けていくにはリスクも伴うし、不便でもある。プラスワンで社会貢献活動や地域活動をしようと公務員の仲間の皆さんに呼びかけてきたのだが、自分自身のことについてはだんだん両立しがたい状況になっていた。
 公務員生活最後の大仕事が消費税だったのは、皮肉だ。大学ゼミ時代から一緒で同期入省の消防庁長官になった岡崎君(当時は自治税務局長)と、三位一体改革のころから、「俺たちの時代に消費税引き上げをやらないといけないかもしれないな」と語り合っていたのが現実になった。考えてみれば、あの時、三位一体改革で、補助金の整理合理化と税源移譲、そして交付税の改革(地方財政計画の決算乖離解消、地方行財政のスリム化など)をやっていなかったら今回のような首尾はなかったと思う。大変な激動期に地方税財政制度の根幹にかかわる仕事をさせていただいたことは、私にとってかけがえのない思い出である。消費税の引き上げを契機に、地方財政制度についても大きな手直しが必要になる矢先に退職することになったのは若干の心残りではあるが、役所に残っていても、それに専念できる可能性は少なく、ほかのことで忙殺されたに違いないので、今後は民間人として地方財政制度のあり方について意見を言っていくほうが、長らく地方財政制度にかかわってきたものとしての役目を果たすことになるのではないかと考えている。
 嫌いなマラソンを始めて3年が経過し、フルマラソンを3回完走した。シーズンでいうと、昨シーズンに4回、今シーズンこれまでに1回というのが実感だが、暦年でいうとそういうことになる。ハーフマラソンは、この3年半で数えられないほど(おそらく20回近く)走ったが、いずれにしてもすべて完走していて、途中棄権は1回もない。子供のころから大嫌いな走り、ジムに15年間通っても1回もトライしたこともなかったランニングだったが、こつこつと人知れず続けていくうちにここまできた。これがなんとなく東北人の真骨頂に通じるように思えて快感になっている。もちろん走り自体はいまでも苦しく、つらいもので、あまり好きではないのだが、このような努力しだいで大嫌いで苦手なことも克服できるということが、仕事にも地域づくりにも通じる面があると思うので、それが自分を納得させている要因かもしれない。
 さて、2013年であるが、せっかく民間人になったのだから、その利点を生かしつつ、民間の仕事のやり方について実感を持って学び、自分の知識、経験、人脈などをその世界で生かすとどうなるかを確かめてみたいと思う。自分のライフワークが企業のCSRにつながったり、直接営業になったり、幅広い信用構築に役立ったり、いろいろな可能性があるように思う。そういう環境で、今までの制約が取っ払われたなか、思う存分ライフワークに取り組んでみたい気持ちでいっぱいである。そのためには、このことを理解してくれるところに身をおかなければならないので、場合によれば、転職ということも考えなければいけない厳しい状況にあると思っている。幸いいいところが見つかればラッキーだが、そうでないとさまよい続けることになってしまう。しかし、自分をたわめることはしたくない。元気で社会貢献できるのもあと10年ほどだ。フリーエージェントの気持ちで精一杯がんばっていきたい。
 今年は単独での出版は一休みしようと考えている。一人で一冊の本を書くのはとても大変だからだ。二年間連続してに二冊の本を書き、ネタも尽きつつあるのが実態だ。しかし、地方からの発信をし、地方にあるものを生かして小さいながら地域経済に貢献し、経済社会システムの中央集権構造に風穴を開けるためには、地方を歩き回って現場を熟知している力のある先生方の協力を得て、共著という形で地方出版社から出版し、それをそれぞれのネットワークを共振させて販売することができればすばらしいことだと思う。しかし、これは私の初夢である。なにぶんにも賛同者が何人かいなければ実現はむずかしい。これができれば、地方が自信を取り戻し、地方のすばらしさを都会の人たちが再認識し、日本人が自分たちの森里海の水の連環に支えられた国土の成り立ちやそれによって培われてきた稲作漁撈民族としての生活様式、伝統、文化に誇りを取り戻す一助になると思う。そのことにより、日本が先進国ではきわめて稀な民族でありながら、世界に冠たる文明国家として生き残る道が拓けてくると信じている。
 マラソンは、今年はがんばりすぎないように心がけ、楽しんで走れるようにしたいと考えている。もう還暦間近で体力も落ちてきているので、記録更新は望めない。維持するのがやっとだ。しかし、還暦でのフルマラソンフィニッシャーは目前で、まずこれを達成したい。そして、65歳、70歳とハーフマラソンの完走ぐらいはしていきたいと考えている。
いつフルマラソンが走れなくなるかを知ることは、老いの自覚を促すことにつながるだろう。人間は老いを自覚しつつ、それに応じた生き方を見つけ、謙虚に自分の一生の閉じ方を考えていかなければいけないと思う。もう、私も物質的に欲しいものはほとんど何もなく、今あるものを整理したり、活用したりするだけでも時間は足らないと思っている。そしてお金のバランスシートよりも、心のバランスシートを豊かにすることを考えながら、これまでの自分のライフワークの活動を整理し、まとめていくことに取り組んでいきたい。これまで培った人脈を大事にして、自分のやってきたことをうまく後輩に引き継ぐことこそがこれからの自分の役割だと思う。それが人生の仕上げだ。あと10年しかないと観念して、この大仕事に今年から取り組もうと考えている。

平成25年正月

                                                           椎 川  忍
Posted by shechan at 21:15 | 所感 | この記事のURL
ブログ再開! [2012年09月16日(Sun)]
 このたび、36年半の公務員生活を無事終了して、地域活性化伝道師(内閣府、内閣官房)、地域力創造アドバイザー(総務省)、地域に飛び出す公務員ネットワーク代表などとして、ライフワークとしてきた人材育成、地域おこし活動の支援などに専念することになりました。
 年内に、すでに20回の講演依頼があり、さらに、平日も講演可能となりましたので、依頼が増え続けています。また、10月中旬までには、2冊目の出版「地域に飛び出す公務員ハンドブック〜地域から日本を変えよう!(仮題)」も刊行します。
 二、三ヶ月はそうやってすごしますが、その間に就職活動もしなければなりません。大学教授、関西方面の地域再生の仕事、県や市町村のお手伝い、自治体向け営業活動など、得意とするところですので、なにかいい仕事があったらご紹介ください。
 今後、公務員生活を振り返ったエッセイ、専門の地方財政改革の今後の方向性、マラソン完走のコツ、地域力創造と地域おこしのヒント、緑の分権改革、公務員参加型地域おこしのススメ、住民協働や新しい公共の進め方などについて、講演活動をしていきます。やねだんの豊重さんやデフレの招待の藻谷君、スーパー公務員の木村俊昭さん、大森先生、小田切先生、安田喜憲先生、小西先生などとのコラボ講演を希望される方、ご相談ください。
Posted by shechan at 18:34 | 活動紹介 | この記事のURL
ウルグアイからのメール [2012年05月08日(Tue)]
 かつて(昭和62、63年度で、ちょうど消費税の導入のころでした)宮崎県に勤務した当時の仲間である本部さんが、ウルグアイへ農協の指導者としてJICAの専門家で派遣され早くも1年半が経ちました。ときどきメールをいただきますが、今回はちょっと間があきました。でも、とても元気そうで安心しました。

(以下、本部さんからのメールです)

椎川局長へ
長らくご無沙汰しておりますが毎日局長のツイターに元気を貰い、フェイスブックの写真に感動しウルグアイの非日常をENJOYしております。気付いてみれば残り任期も後5月になりました。
この間、極めて多忙な中で多くの講演を消化され、本を執筆され、青太や東京マラソンを素晴らしい記録で完走される等その活躍ぶりと韋駄天の如き進化は目を見張るものがあります。その節目節目に呟かれる言葉に局長の真髄を見る思いがします。
僕は年のせいか腰痛等を抱え必ずしも体調は万全ではありませんがようやっと稚拙なブログを立ち上げ、遅ればせながら自分なりの情報を発信する準備が出来ました。ウルグアイは約330万人の小国ですが、南米では経済的には恵まれている方で極めて親日的でもあり、日本が世界の中で生きていくためにはこの良好な関係を更に発展させていかなければならないと言う気持ちで草の根的ボランティア活動を続けております。
局長の呟き(生き様)に多くの示唆と刺激を受けこれからもツイターを楽しみに残り任期を全うしたいと思っております。今後ともご自愛の上ご活躍される事を祈っております。先週イグアスの滝に行った時の写真を添付します。            本部和敏
                                          
ブログのURLは次の通りです。http://blog.canpan.info/nekochiro/
Posted by shechan at 23:54 | 活動紹介 | この記事のURL
福岡で地域力再生セミナー(緑の分権改革)を開催 [2012年04月05日(Thu)]
学芸出版社からのリリースです。よろしくお願いします。

◎地域力再生セミナー(福岡)
 緑の分権改革〜あるものを生かす地域力創造に向けて
      総務省自治財政局長(前地域力創造審議官) 椎川 忍

○趣旨
 私は、東日本大震災を経た今こそ、「緑の分権改革」の基本理念、これまでの具体
的取り組み、これからの推進方策などを、できるだけ多くの皆さんに分かりやすく伝
え、全国各地の地域再生、さらにもっと大きくいえばわが国の新しい文明の方向性に
ついて考えていただくきっかけにして欲しいと考えています。
 このたび、幸い福岡でも『緑の分権改革』についてご説明し、皆様のご意見をおう
かがいする機会を持つことができましたので、ぜひ、積極的なご参加をお願いしま
す。
                              椎川 忍

○日時:2012年4月27日(金)17時30分開場、18時開演〜20時頃まで
○場所:ホテルレガロ福岡(会議室)
    福岡・地下鉄「千代県庁口駅」より徒歩3分
○会費:1000円、定員150名(先着順)
○主催/学芸出版社 後援/福岡県(予定)
○詳細&申込み
http://www.gakugei-pub.jp/cho_eve/1111siik/index3.htm

○参考図書
椎川忍著『緑の分権改革 あるものを生かす地域力創造』
http://www.gakugei-pub.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2524-8.htm

Posted by shechan at 12:45 | 活動紹介 | この記事のURL
板橋シティーマラソンはつらかった [2012年03月21日(Wed)]
 東京マラソンから3週間。板橋シティーマラソンに出場しました。もともと、東京マラソンに落選した時のためにエントリーしていたのですが、東京マラソンが案外楽に完走できたので、練習のつもりで出場することにしました。普段、自分だけで30キロ走や40キロ走をするのは精神的にも大変です。その点、レースであれば、集団で走りますし、給水、給食などが万全なので、自分は身一つで走ればいいだけで、練習としては最高の環境です。
 また、筋肉疲労が完全には回復してない状態で、また負荷をかけることにより強い筋肉ができるだろうと考えたわけです。
 そんなことで、今回は1週間前も会合続きで、お酒を断つことなく、前日も講演とその交流会に参加、特別なカーボローディングもせずにレースに臨みました。練習も、土日のみの軽い練習で済ませています。そういう意味で、最悪の条件下での走りといえたでしょう。
 案の定、20キロ過ぎからもう脚がつらくなってきて、25キロ過ぎからはペースダウン。それを想定して出だしからかなりゆっくりしたペースで走ったつもりでしたが、それえも5分40秒くらいでしたから、もっと落としていけばよかったのでしょう。
 30キロ過ぎからは大幅にペースダウンし、一番落ちたときのペースは8分ぐらいになったと記憶しています。東京マラソンの最悪のラップが7分くらいでしたから、いかに悪かったかわかります。
 結局、記録は4時間40分を若干切ったくらいだったはずです。でも、最初から想定されたことでしたから、練習としては本当にいい練習になったと思っています。
 いずれにしても、なか3週間でのマラソン連戦は貴重な経験でした。
Posted by shechan at 21:40 | 活動紹介 | この記事のURL
白州郷牧場(山梨県北杜市) [2012年03月13日(Tue)]
白州郷牧場は、30年ほど前に椎名盛男さんが都会の子どもたちの自然、農業体験のために、東京から移ってきて始めたもので、現在では、有畜複合の循環型農業を実践しています。 現在の畜産の主流は、平飼い養鶏で、私たちが見たときは岡崎おうはんという品種が主体で、一定期間卵をとったあとお肉としていただくという兼用種です。この養鶏からでる鶏糞を畑やBMWという活性水製造に使っていて、野菜は季節の旬のものを他品種少量生産し、生協、らでぃっしゅぼーや、生活クラブなどに卸しています。生産方法は、JAS有機の認証を得たものです。 そのほか、子どもたちの自然、農業体験を続けており、キララの学校と呼ばれています。こちらは公募方式ではなく、口コミで根強いファンがいるとのことです。今回案内してくれた従業員の内藤さんも、子どもの頃から何回もこれに参加し、高校生の時は牧場にアルバイトに来ていたということを聞きました。 BMWの活性水製造技術は、生活雑排水などを自然のバクテリアの機能できれいで酵素が活性化している状態に戻して、それを田畑の灌水などに利用するもので、20年の技術的な検証の歴史があるそうです。20周年記念の発表会では、例の安田喜憲先生も講演をされていました。 最近は、ここでは麹の製造をして、味噌、醤油などの発酵食品の製造に力を入れていますが、これは人間の免疫力を高めるという目的を持ってやっていることのようです。  さらに、北杜市などの自治体との連携で、教育ファーム事業も展開しており、これは今後の発展を大いに期待したい事業です。

Posted by shechan at 00:09 | 活動紹介 | この記事のURL
長坂ファーム(山梨県第1号の農事組合法人) [2012年03月11日(Sun)]
 平成17年にそれまでのグループ営農組織を法人化したそうですが、山梨県内第1号の取り組みで、最初は喧嘩腰の大激論が交わされ、結局、3年の準備期間がかかり、平成17年にスタートしたということでした。今では16人の組合員は全員が仲良しで息があっており、年間収入も約1億円に達しようとしています。利益も2千万円近く出ています。集積した農地は今では45ヘクタール、農作業受託面積は約100ヘクタールにもなっています。組合員16名の平均年齢が65歳、協力員として非常勤やパートで働く人が10名だそうで、そのうちの二人は組合員の奥さんだそうです。いずれも自給は1000円と低く抑えられていて、今後の若者の参入が課題ですが、この収入だけでは子育て世代は難しいということのようです。また、1月から3月の仕事が極端に少なく、開墾などをしているようですが、この間の仕事を増やすことが課題であるといわれていました。
 後継者については、地域おこし協力隊(山梨県では農業協力隊として活用)の採用も考えて面接もしてみたが、決められなかったとのこと。組合員の皆さんは兼業農家で定年まで企業などに努めて、退職後、本格的にこの組合農業を始めたとはいえ、農業のプロで、つい教えるよりも自分でやってしまった方が早いということになり、まだ、素人の後継者を入れる気持ちになれないのだとか。
 生産は、半分が稲作ですが、そのうちの3分の1がコシヒカリ、半分弱が黒米(値段がコシヒカリの1.5倍とのこと)、あとは飼料用米ともち米だそうです。その他、大麦、大豆、野菜などもやっています。大型のコンバインなどの機会も所有し、精米所もあり、かなりの大規模経営となっています。
 生産活動、作業受託のほか、社会貢献として、園児や学童の農業体験に協力、大学、社会人の農業体験も受け入れているそうです。また、地元の授産施設との連携も行っており、多角的に地域に貢献している優良農事組合法人で、この成果を見て県内ではたくさんの類似の農事組合法人が設立されたとのことです。
 課題は、なんといっても後継者の確保で、そのためにも年間を通じた作業量の確保、そして処遇改善が必要とのことで、今後そういった方面を検討していきたいとのことでした。いずれにしても、優等生の農業経営で、ご本人たちは対象後の自分の人生をエンジョイしながら、年金も貰いながら農業をするというライフスタイルに満足しておられる様子でした。これは、都会人にはまねのできないなかなかの人生だと思います。
Posted by shechan at 23:49 | 活動紹介 | この記事のURL
緑の分権改革セミナー(山梨県市町村職員研修所) [2012年03月11日(Sun)]
 10日、11日と二日間で、山梨県市町村職員研修所が「緑の分権改革セミナー〜あるものを生かす地域力創造」を開催。県の内外から167人もの参加者があった。一番遠くからの参加者は長崎県町村会(市町村行政振興協議会)の内田参与さん。いつも私の講演に関心を持っていただき、県の地域リーダー養成塾にも毎年呼んでくれる方だ。そのほか、和歌山市の小林さん、糸魚川市の斎藤課長さん、小平市の神山さんなどにも参加いただいた。
 県内でも、土地改良団体連合会の方々、市町村総合事務組合の方々、北杜市や富士川町、山梨県庁から多数の方々が参加していただいた。昭和町の伊藤さんも。
 土曜日の午後から開講し、私の基調講演、そして、北杜市長の白倉さん、横浜商科大学の小濱教授、公共経営機構の関山さんとでパネルディスカッション。そして夕方から交流会。日曜日は朝から北杜市の現場に移動して、まずは長坂ファームの視察、次に白州郷牧場の視察。そして、解散後、最後に私たちは明けのの菅原さんの農場を訪ねた。
 いずれにしても、非常に中身の濃い研修で、これだけのプログラムを組んでいただいたのは光栄の至りですし、よくもここまでやれたと感心するが、これも研修所長さんをはじめスタッフの皆さん方の取り組みの成果だと思います。とくに、次長の保坂さんは北杜市の農家の出身で、農業のことにも詳しく、大変な努力家で、彼のがんばりに負うところが大きいと思います。
 長坂ファームや白州郷牧場のことは、改めて書こうと思います。
Posted by shechan at 23:32 | 活動紹介 | この記事のURL
板橋シティーマラソン [2012年03月10日(Sat)]
 早くも来週は板橋シティーマラソンです。このマラソンは、旧荒川市民マラソンですが、実は2年連続で中止になっていて、今年開催されれば3年ぶりということになります。
 昨年は東日本大震災の直後で自粛、一昨年は春の嵐のため中止でした。
 私は、エントリーを迷いましたが、東京マラソンの抽選結果が分からないのと、いつもこの大会は自治ランナーズの会がみんなで出場していたと聞いていたので、一応エントリーしたのでした。まさか、初エントリーで東京マラソンが当選するとは思ってもいなかったので、どうしようかと迷ったのも事実です。
 しかし、三週間まえにフルマラソンを完走していますから、走りこみという点では問題なく、間の三週間はジョッギング程度で疲労を抜くことで大丈夫そうですし、今度は記録は考えずに、練習のつもりで楽しく走ればいいかなと思い始めました。
 さて、あと一週間。大した練習をしていないし、仕事も忙しくて疲労も残っていますが、どんな結果になるでしょうか?明日、明後日と少しきつめに走り、あとは調整で臨みたいと考えています。そういうことですから、明日は雨でも走るつもりでいます。がんばります!
Posted by shechan at 00:00 | 活動紹介 | この記事のURL
東京マラソンのラップ分析 [2012年03月09日(Fri)]
 もう二週間前になってしまいましたが、東京マラソンを完走して、そのラップを分析してみましたので、ご紹介します。ちなみにグロスの陸連公認記録になるであろう記録は、4時間23分41秒、参考記録のネットタイムは、4時間22分48秒で、私としては望外の記録でした。12月の青島太平洋の記録を20分近く縮めています。昨年8月の初マラソンの北海道より、35分の短縮です。

 スタートまでのロスタイム    53秒                〜さすが陸連登録の強みですね!
 5 キロ               29分11秒(5分50秒/キロ)
 10キロ               29分14秒(5分51秒/キロ)
 15キロ               28分57秒(5分47秒/キロ)
 20キロ               29分09秒(5分49秒/キロ)
 25キロ               30分29秒(6分06秒/キロ)〜ここまでほぼイーブンのいいペースです
 30キロ               33分09秒(6分38秒/キロ)
 35キロ               33分32秒(6分42秒/キロ)
 40キロ               34分58秒(7分00秒/キロ)〜失速がこの程度で踏みとどまりました
 ゴール                14分09秒(6分27秒/キロ)〜最後はスパートできています

 以上ですが、やはり最後まで粘り切れて、キロ7分まででおさめていますので、自己記録を大幅に更新することができました。
Posted by shechan at 23:44 | 活動紹介 | この記事のURL
| 次へ