CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«今治プチグルメツアーI 『やま越』 | Main | 今治プチグルメツアーK 『よしだ食堂』»
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリ
リンク集
取材メンバー紹介

大三島メンバー
智 武 徳
おすすめはコレ
海風と海肌。旅人とのふれあい。
プロジェクトに参加した理由
大三島で多くの人に楽しんでもらいたいから。地域を元気にしたい!

大三島メンバー
大三島をもっと知ってほしい卓さん
「大三島を元気づける仲間を一人でも多く増やし、活気ある島にしたい!声をかけてください。」
おすすめはコレ
多々羅大橋の眺め。飽きることはないです。
プロジェクトに参加した理由
大三島のすばらしさ(自然、人情、景観等)を島内・島外の人たちに知ってもらうため

大三島メンバー
お お み
「あなたの笑顔と出会いたい。」
おすすめはコレ
鷲ヶ頭山から見る日の出
プロジェクトに参加した理由
山本優子さんの熱意に(賛同?)負けて。

大三島メンバー
ゆ き ん こ
「ゆったりと、やさしい気持ちになれますよ。あそびに来てね。」
おすすめはコレ
海、山、空・・・。自然に囲まれて空気がおいしい!
プロジェクトに参加した理由
大三島が好きだから。

大三島メンバー
みつこさん
「風は感じる心にそよぐ」
おすすめはコレ
星 ・ わくわくパーク
プロジェクトに参加した理由
大三島の素敵さを外から感じてもらい、島をルーツに育った人にそれが伝わり、 島の活性化につながればいいなと思って。

大三島メンバー
井上貞子
「瀬戸内海は地中海に負けませんよね。  私の目で確かめてみたいです。」
おすすめはコレ
上浦イチゴは全員が空中栽培(高床)です。
プロジェクトに参加した理由
大三島を楽しんでもらいたい。

大三島メンバー
KiKi.S
おすすめはコレ
海の歴史がいたるところに眠っていますよ。
プロジェクトに参加した理由
楽しい人たちとの出会いを期待して。

今治プチグルメツアーJ 『ときんやバス食堂』 [2009年12月19日(Sat)]
“バス食堂” なるものをご存知だろうか?
全国にチラホラとあるのではないかと思う。

字のごとくバスを改造した食堂で、
その多くは古めかしくレトロな雰囲気を漂わせているハズだ。
夕方から深夜にかけて営業するのも特徴的だ。

自分の故郷の隣町、八幡浜市の港にもかつて“バス食堂”が存在していた。
トラックの運転手やフェリーの乗船客の御用達だった。
父親と夜釣りの帰り道に、ラーメンやおでんを食べる楽しみがあった。

その店は、僕たちがタンデム自転車で世界旅をする前は、確かにあった。
10年後、久しぶりに訪ねてみたら、残念ながら跡形もなく消えていた。



旅を終えてから、僕は今治で自転車を活用した地域づくりの活動に関わり始めた。
そしてある日のこと、「あ!」と声を上げるほどの発見をした。
“バス食堂”である。懐かしくもあり、驚きもした。
ここでは健在だったか…と。それは、JR波止浜駅に程近い場所だった。

発見から一年余りして、ようやく足を踏み込む日がやってきた。
案内人のあちゃYOSHITAKEさんが一緒だ。心強い。

きしむバスのドアを開けて、スッテプを一段二段と上がる。
ボックス式の座席が3つみえた。通路の向かいにカウンター席、
厨房をはさんで奥にバスがもう1台改造されて座敷席がしつらえてある。



厨房から「いらっしゃい!」と声がした。年配の夫婦がふたりと、
40代ぐらいの男性がひとり立ち働いている。家族だろうか?

思いきって聞いてみると、
「私は息子で、2代目なんですよ」と若大将。人当たりの感じがいい。
「昔は、バス1台だけの狭い間取りやったですよね?」と、あちゃYOSHITAKEさん。
「この店、昭和52年に始めたんですが、それは初代のバスですね。」 そして、
「平成元年に新しく2台をつなげて広くしたんですよ」 とのこと。



中華そば、鍋焼きうどん、スタミナ焼、ぎょうざ、を注文した。
おでんもいい感じで煮込んである。
食べていると、なじみのお客が次々と訪れる。

「昔は、夜中に開いている店が少なかったので3時ぐらいまで開けてましたね。」と若大将。
造船所やタオル工場など労働者の町だけに、景気にも左右されやすい。

「自転車のお客さんですか…あまり来んですね。自転車の人は、
前の道をたくさん走ってるんですけどね」
営業時間が夕方6時からなので、サイクリストにはちょっと利用しにくいかもしれない。



でもこの店、しまなみ海道サイクリングの起点“サンライズ糸山”に割りと近いのだ。
そこに宿泊の際には、日暮れ頃、自転車でちょこっと出かけてみてはいかがだろう。

知名度のある“焼き鳥屋”“10円寿司”とは、
また一味違った今治テイストに触れられるに違いない。


■ときんや バス食堂

住 所 :今治市高部甲547-3
電 話 :0898-41-5556
営業時間 :18:00〜1:00

Reported by Kazunari Utsunomiya
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント